ソニック グリーン車 値段。 「ソニック」「にちりん」料金表|格安旅行研究所

新幹線のグリーン車と普通車ってこんなに違う?料金、設備、サービスの違いをご紹介

ソニック グリーン車 値段

【在来線】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上 グリーン料金 1,050円 1,600円 2,570円 DXグリーン料金 1,680円 2,720円 3,770円 グリーン個室料金 2,100円 3,200円 5,140円• また、DXグリーン料金について、佐賀~長崎間をご利用の場合は1,680円、別府~宮崎間 100キロまでの区間は、1,680円 は2,720円です。 グリーン車をご利用の場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 九州新幹線と東海道・山陽新幹線(東京~博多間)を、新幹線の改札口を出ないで乗り継ぐ場合(直通して乗車する場合を含みます)のグリーン料金は、九州新幹線のグリーン料金と、東海道・山陽新幹線のグリーン料金を合計した額です。 【東海道・山陽新幹線のグリーン料金】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 801キロ以上 グリーン料金 1,300円 2,800円 4,190円 5,400円 6,600円 7,790円• 博多~宮崎空港間 鹿児島本線・日豊本線経由に限ります のグリーン券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。 ただし、DXグリーンまたはグリーン個室をご利用の場合のグリーン券を除きます。 JR九州内の普通列車のグリーン料金は、50キロまで780円、51キロ以上は1,000円です。 特急券• 特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。 指定席特急料金はシーズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、ねだんが異なります。 また、自由席特急料金やグリーン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の530円引きです 通年同額です。 特急料金には、新幹線の特急料金と在来線の特急料金があります。 なお、JR九州の在来線には繁忙期・閑散期はありません。 区間によっては、おトクな特急料金もあります。 こどもの特急料金は、おとなの半額(端数切り捨て)です。 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。 自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。 シーズン別の指定席特急料金• ・閑散期に新幹線・特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。 繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。 ・九州新幹線をご利用の場合• ・JR九州内の在来線をご利用の場合 閑散期・繁忙期はありません(通年同額です)。 九州新幹線の特急料金 ・新幹線の特急料金は駅間ごとに決めています。 ご利用になる区間の料金は、でお調べいただけます。 ・全区間自由席をご利用の場合の自由席特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 一部区間指定席をご利用のときは全区間指定席特急料金になります。 ・新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いでも特急料金は新幹線の全乗車区間を通しで計算します。 在来線の特急料金 JR九州内で在来線特急列車をご利用の場合の特急料金は、列車ごとに、実際にご利用になる区間の営業キロによって次の表をご覧ください。 在来線の特急料金表 営業キロ 25キロまで 50キロまで 75キロまで 100キロまで 150キロまで 200キロまで 300キロまで 301キロ以上 指定席特急料金 840円 1,160円 1,370円 1,480円 1,780円 1,940円 2,050円 2,210円 自由席特急料金 310円 630円 840円 950円 1,250円 1,410円 1,520円 1,680円• 特急〔あそぼーい!〕の「パノラマシート」または「白いくろちゃんシート」ならびに特急〔かわせみ やませみ〕の「やませみベンチシート」の指定席をご利用の場合の指定席特急料金は、指定席特急料金に210円増しした額です(通年同額)。 おトクな特急料金表 おトクな特急料金表 門司港または下曽根・小倉~博多間の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円 博多~直方間 篠栗線・筑豊本線経由 の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 自由席 420円 宮崎~南郷間の停車駅相互間 25キロまでの区間を除く の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円 国分~鹿児島中央間、霧島神宮~重富間または吉松~隼人間の停車駅相互間の特急料金 指定席 840円 自由席 310円 上記以外の霧島神宮または吉松~鹿児島中央間の停車駅相互間の特急料金 指定席 1,050円 自由席 520円• 博多~宮崎空港間 鹿児島本線・日豊本線経由に限ります の特急券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。 乗継割引 以下に紹介する条件で、JR線の特急列車や急行列車を乗り継ぐと特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 特急グリーン(個室を除きます)、特急寝台(2人用の個室及び一部の列車を除きます)をご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 なお、10円未満の端数は切り捨てとなります。 出発前に、乗車券及び乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります(乗車券をすでにお持ちの場合はご呈示ください)。 乗車後はこのお取扱いはいたしません。 なお、JR線とJR以外の会社線を乗り継ぐ場合は、このお取扱いはいたしません。 新幹線と在来線の乗継割引 東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、東北新幹線の新青森駅、上越新幹線の長岡駅・新潟駅、北陸新幹線の長野駅、直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、金沢駅、津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、大阪駅 新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります 、坂出駅・高松駅 坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります または青森駅 新青森駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日に乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。 在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高い方の料金が割引となります。 九州新幹線には乗継割引はありません。 指定席券• JR九州内の普通列車の指定席料金は次の表のとおりです。

次の

新幹線グリーン車と普通車との違い 座席設備や待遇の差を写真付きで解説

ソニック グリーン車 値段

九州新幹線のチケット料金はいくら? 博多駅から鹿児島中央駅までを結ぶ九州新幹線は、全線が開通された際に流されたCMが感動的だと話題になり、一気に知名度が上がった新幹線です。 有名な工業デザイナーがデザインした車両は、独特で、新しく、しかし日本の伝統的な美しさも取り入れられています。 使用列車の愛称もJRの伝統を引き継ぐという意志が表れており、九州新幹線には他の新幹線とはまた違った魅力が詰まっています。 今回は、そんな魅力の詰まった 九州新幹線の料金を一覧表にしてまとめていきたいと思います。 なお、一覧表には支払うべき料金を簡単に確認できるようにするため、 「乗車券」と「特急料金」の合計金額を記載しています。 また、記載しているのは通常期の料金となりますので、 繁忙期は200円増し、閑散期は200円引きとなります。 新幹線の料金制度について詳しく知りたい方は、をご参考ください。 九州新幹線の料金一覧表 それでは早速、山陽新幹線の料金を一覧表にまとめていきます。 乗車駅ごとに分けていますので、利用される駅の一覧表をご参考ください。 九州新幹線の乗車駅から料金をチェックする 博多駅から九州新幹線に乗車する場合の料金一覧表 まずは、 博多駅から九州新幹線に乗車する場合の料金をまとめていきます。

次の

特急ソニックのグリーン車って普通の指定席より快適に過ごせますか?い...

ソニック グリーン車 値段

広告 新幹線のグリーン車の座席は? 新幹線のグリーン車は横4列(2列+2列)です。 新幹線の多くの普通車は横5列(2列+3列)ですから、1列分少なくなっています。 そのぶん座席の横幅は広くなっています。 シートの前後間隔もゆったりしています。 標準的なグリーン車のシートピッチは1,160mmで、普通車の1,040mmより12センチほど広いです。 リクライニング角度も深くなっており、シートを大きく倒すことができます。 新幹線のグリーン車のリクライニング角度は車両により異なりますが、たとえばE2系が26度、E5系が31度です。 全体的におおよそ25度〜31度程度のようです。 リクライニング角度に関しては普通車も結構深く倒れますので、「グリーン車といっても思ったほとではないかな」と感じるかもしれません。 飛行機の「プレミアムエコノミー」レベル グリーン車のシートの質も車種によって多少異なりますが、N700系のシートは「シンクロナイズド・コンフォートシート」というリクライニングすると座面後部が沈む構造が採用されています。 これは日本航空のクラスJに近い構造といえます。 他の車両のグリーン車も、飛行機でのプレミアムエコノミーレベルで、ビジネスクラスほどの快適性はありません。 足元にはフットレスト(足置き)が置かれています。 室内照明は普通車に比べてやや暗めで、寝るにはちょうどいい雰囲気です。 本を読む人のためには、手元を照らす読書灯があります。 座席テーブルも普通車よりは広く使いやすくなっています。 新幹線のグリーン車のコンセントは? 新幹線のグリーン車では、最近の車両では全席にコンセントが装備されています。 おおむね、2010年頃以降に増備された車両はコンセント付きです。 一方、やや古い車両では付いていないものもあります。 たとえばJR東日本のE2系では、初期車両ではグリーン車でもコンセントはありませんが、2010年頃に増備された車両(J70-75編成)にはグリーン車に全席コンセントがあります。 新幹線のグリーン車で全席コンセントが装備されている車両• E2系1000番台 J70〜J75編成• E3系2000番台• E6系• 新幹線のグリーン車は利用価値がある? 新幹線のグリーン車の価値は、座席が良い、ということに尽きます。 「横4列」ですからシート幅が広く、肘掛け部分が大きいので、隣の人と接触することがない、という点でもストレスがありません。 一方で、新幹線は普通車でもリクライニングがそこそこ倒れますし、足も十分伸ばせますので、「普通車でも十分」という意見も多いです。 普通席が満席で、3列シートの中央に座らされると窮屈ですが、普通車の2人掛けに座れるなら、グリーン車と比べて快適性が大きく変わることはないかもしれません。 ただ、実際に利用してみると、静寂さや室内照明の雰囲気も含めて、やはりグリーン車は普通車より快適に感じます。 普通車との差額は2〜3時間で3,000円〜5,000円程度ですから、コストパフォーマンスは悪くはないでしょう。 とくに、普通車が混んでいるときは、グリーン車の快適性は高く、利用価値は高いといえるでしょう。 逆に、普通車がガラガラのときは、グリーン車よりも自由席のほうが開放感があってくつろげると考える人もいるかもしれません。

次の