妊娠初期 下痢。 妊娠初期の下痢・腹痛で流産が心配…吐き気や冷や汗が出るときは?

【医療監修】妊娠初期に起こる腹痛はいつまで続く?便秘や下痢などの原因と対処法 [ママリ]

妊娠初期 下痢

妊娠初期に下痢・腹痛・冷や汗 下痢がひどくて流産って可能性アリ? 妊娠中は思いがけない不調がつきものですし、 下痢が直接流産の原因やサインとなるわけではありません。 子宮と腸は場所が近いので、刺激が子宮収縮を起こさせないか不安になりますが、便を出して痛みが落ち着くのであれば様子を見て良いでしょう。 冷や汗が出るほどの腹痛ってやばくない? 生理痛のときのように、キューッと収縮を感じる痛みは少し心配ですが、 ラクな姿勢を取ってリラックスしてみましょう。 便を出したら楽になる• いわゆる下痢の腹痛だと思う• 性器からの出血やオリモノの異常はない 腹痛で冷や汗が出ると、 「血管迷走神経反射」で失神することがあります。 顔面蒼白になって体温が下がるようなら、暖かくして横になり転倒しないように注意してください。 痛みが強い場合には、胃腸炎以外の異常事態も想定して体調の変化をチェックしてください。 子宮外妊娠の可能性はないか• 性器からの出血はないか 必ずしも下痢と同時に起こるわけではありませんが、冷や汗レベルの強い痛みと出血があわせて起これば、ただ事ではありません。 また、胆石や尿管結石では、下痢以上の差し込むような激しい痛みになるでしょう。 下痢に吐き気まで!つらい… 妊娠初期はつわりがある時期ですから、吐き気に悩まされることも多いですね。 ただ、下痢と吐き気が同時に起こっている場合には、 ウィルス性の胃腸炎 の疑いがあります。 下痢症状はつらいですが、下痢止めは使わず、ウィルスを体の外に出し切ってしまうのが基本の治療になります。 常温の経口補水液(OS1など)をこまめに口に含んで脱水を防ぎましょう。 水分が摂れないなら、病院で点滴などの処置を受けたほうが良いでしょう。 妊娠初期の下痢腹痛はなぜ起こる 看護師の美奈子さんに聞いてみた kenkon:妊娠中は便秘や下痢みたいなお腹のトラブルが増えるけど… 美奈子さん:妊娠するとホルモンが劇的に変化するので、 自律神経がみだれて、体調が不安定になりやすいのよね。 あと、 貧血の薬 なん かが関係していることもあるの。 kenkon: 薬をはじめたタイミングの下痢は、お医者さんに相談したほうが良いわね。 でも、下痢でつらい時はどうすればいいの? 美奈子さん: 温める・水分補給・排泄を我慢しない! kenkon:やっぱり、それしかないの? 美奈子さん:不安に思ったり焦ると余計にお腹痛くなっちゃうでしょ。 暖かくしてリラックス、消化の良い食べものを選んでね。 薬を飲むなら処方薬にしましょう。 kenkon:もし、出血したら? 美奈子さん:消化器からの出血は便が黒いことがあるわ。 下痢続きで肛門付近がただれたり、切れた場合には鮮血がでてびっくりすることがあるけれど、深刻なことは少ないわね。 ティッシュで押さえてみて 、 膣から生理並みに出血しているなら、すぐに産婦人科に行ってね。 特に、腸内の水分調節がうまく行かずに、下痢と便秘を繰り返すこともあります。 けれども、腸の動きを鈍らせる事があるので、便秘や下痢傾向になることがあります。 妊娠初期は気持ちが不安定になることもありますし、ストレスが下痢を長引かせることもあります。 薬を飲みはじめて下痢になった場合には、処方した医師に相談しましょう。 発熱や嘔吐があれば、ウィルス性胃腸炎かもしれません。 原因と症状に合わせた対処は診察を受けなければ出来ません。 妊娠していることを伝えて内科にかかるか、産婦人科で診察を受けましょう。 妊娠初期の下痢・腹痛対策 下痢のときに食べたいもの 梅入りおかゆ 梅は殺菌作用、整腸作用があります。 食あたりを防いでくれるスーパー食材ですし、消化がよく体を温めてくれるおかゆと食べると回復が早くなります。 煮込みうどんやあたたかいそうめん あたたかい麺類は、体を温めて体力を回復するのに役立ちます。 あっさりした和風だしなら、ラーメンと違って脂肪過多になることもありません。 甘酒 飲む点滴と言われるほど、アミノ酸やビタミンB類が含まれていて、体力回復に役立ちます。 こうじでご飯を発酵させたタイプは、消化分解しやすくノンアルコールなのでおすすめです。 酒粕で作ったものは、糖類が添加されている上、アルコール分が微量ながら入っているものがあるので避けましょう。 すりおろしりんご りんごは繊維質と水溶性繊維ペクチンが含まれているので、便秘にも下痢にも良い果物です。 下痢のときにすりおろしりんごを食べると、整腸効果が期待できます 下痢のときに避けたいもの フライドポテト つわり中ジャンクな食べ物が欲しくなることがありますが、下痢のときに揚げ物はNGです。 胃腸に負担がかかって長引きます。 イチゴやオレンジなどの果物 果物は体に良いイメージですが、イチゴやオレンジは腸に刺激を与える可能性があります。 バナナも控えておいた方が良いでしょう。 脂肪分の多い肉 消化が追いつかなければ、下痢がいつまでも続く原因になってしまいます。 下痢が落ち着くまではタンパク源は豆腐や半熟たまごにしましょう。 冷たい飲み物やアイス 脱水をさせるために水分を摂るときは、常温または白湯にしましょう。 お腹が落ち着くまで、冷たい飲み物や食べ物は避けましょう。 砂糖・甘味料 砂糖は、浸透圧の関係で腸内に水分を貯めてしまう傾向があります。 また、カロリーオフの食品に入っている甘味料は消化しにくい性質があります。 低カロリーの飲料やヨーグルト、お菓子類(ガムやキャンディーも)など、気付かずに食べすぎてしまうことがあるので、下痢のときはやめておきましょう。

次の

妊娠初期に下痢で腹痛が続く?原因や対処法は?流産の可能性はある?

妊娠初期 下痢

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠1~4ヶ月にあたる妊娠初期は体内のホルモンバランスが急激に変わるので、体調も変化しやすくなります。 つわりに悩まされる妊娠さんが多いですが、実は下痢も妊娠初期症状の一つとして現れることがあります。 今回は、妊娠初期の下痢について、原因や対策、流産を引き起こす可能性があるのかどうかをご説明します。 妊娠初期の下痢の原因は? 妊娠初期に下痢が起こりやすいのには、いくつかの理由があります。 下記に、妊娠初期の下痢の主な原因をご紹介します。 ホルモンバランスの変化 妊娠が成立すると、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量がどんどん増えていきます。 そのため、消化機能が弱って下痢が引き起こされることがあります。 消化不良によって便秘が起こることもありますが、妊婦さんによっては下痢がひどくなったり、便秘と下痢を繰り返したりするようになります。 つわり 妊娠初期につわりの症状が現れると、味の好みの変化や食欲不振などから、食べられるものや飲めるものが偏ることがあります。 「脂っこいものばかりを食べすぎて胃腸に負担がかかる」「冷たい飲み物ばかりでお腹が冷える」といったことが原因で下痢が起こりやすくなります。 関連記事 妊娠初期の下痢の対処法は? ここでは、妊娠初期の下痢の対処法や予防法をご紹介するので、できることから実践してみてくださいね。 胃腸に負担をかけない 妊娠中の便秘対策には食物繊維を含む食べ物がおすすめですが、下痢のときは胃腸への負担を軽くするため、食物繊維は避けましょう。 また、香辛料を多く含む食べ物や飲み物は刺激が強いので、おすすめできません。 冷え対策をする お腹を冷やすと下痢になりやすいだけでなく、風邪などの体調不良を引き起こす原因になります。 妊娠初期のうちから体を冷やさないように、腹巻でお腹を温めたり、防寒着やひざ掛けを常備したりしましょう。 つわりでお風呂に入るのがつらいときは無理する必要はありませんが、湯船に浸かって体の芯から温めてから寝床につくのもいいですね。 妊娠初期に下痢が続くときの注意点は? 妊娠初期に下痢が起きたときは、下記の点に気をつけてください。 脱水症状に注意 妊娠初期の下痢で注意したいのが、脱水症状です。 下痢が続くと、どうしても体内の水分が不足してしまいます。 さらに、妊娠初期のつわりがひどいと十分に水分を摂れないこともあるため、ますます脱水症状が進んでしまいます。 つわりや体調不良で食べ物を口にできないときでも、氷を舐めたりストローで水を飲んだりと、水分補給だけは欠かさないようにしましょう。 なお、つわりの症状が悪化し、脱水症状や栄養失調になって「妊娠悪阻(おそ)」と診断されると、入院治療が必要となることもあります。 関連記事 妊娠初期の下痢が心配なときは病院へ 妊娠初期に下痢になるのはよくあることなので、あまり心配しすぎないようにしましょう。 ただし、ノロウイルスのような食中毒や風邪の症状が見られるときは、感染症の恐れもあるので早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。 場合によっては、内科の受診を勧められることもあります。 また、激しい腹痛が続いたり出血があったりした場合は、切迫流産や流産の兆候の可能性もあるため、すぐに産婦人科を受診してください。 下痢が長く続くと体力が落ちてしまったり、肛門に負担がかかって痔になってしまったりすることもあるので、早めに対処してストレスの少ない妊婦生活を送れるといいですね。

次の

授かったと判った「あの時」と妊娠超初期症状★先輩ママ体験まとめ|たまひよ

妊娠初期 下痢

妊娠初期症状のひとつとして便秘や痔になりやすい傾向があります。 実際には 下痢に悩まされる妊婦さんも少なくありません。 下痢は症状としてつらいだけでなく、切迫流産などお腹の赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。 妊娠初期を中心に、妊娠中期、妊娠後期それぞれの時期に下痢が起こりやすい原因や対処法をまとめました。 1.妊娠初期の下痢 妊娠初期は様々な体の不調を感じることで、妊娠に気が付く人が多いです。 妊娠初期は妊婦さんの体が徐々に変化を始める大切な時期。 そんな妊娠初期症状のひとつに、お腹の調子を崩す、つまり下痢になるケースがあります。 下痢と便秘を繰り返す場合も多いようです。 そのほか、眠気、貧血、胸の張り、脇の痛み、耳鳴りなどが妊娠初期のマイナートラブルとして挙げられます。 妊娠初期はまだまだお腹の赤ちゃんの状態が安定していないだけに、下痢など、お腹に負担がかかる症状はとても心配ですよね。 妊娠初期の下痢の原因 妊娠初期に下痢が起こりやすい大きな原因は女性ホルモンの影響です。 妊娠を維持するために、妊娠中には黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。 このプロゲステロンは妊娠を維持すると同時に、腸の運動を妨げる性質があります。 腸の運動が妨げられると腸内の水分調節がうまくいかなくなり、便秘になったり、便の状態が硬くなったり、反対に緩くなったりと不安定になります。 また、妊娠初期のつわりも下痢を引き起こす原因のひとつ。 つわりで栄養が偏ったり、水分しか摂れない、などの食生活の変化によってお腹が緩くなってしまうことがあります。 妊娠初期の下痢は流産の兆候? 妊娠初期の下痢は流産に繋がるという噂があります。 しかし、医学的には下痢と流産の直接的な関係は認められていません。 生理的な下痢が流産を引き起こす原因にはならないため、過度に心配する必要はありません。 妊娠初期の下痢の対処法 妊娠初期症状としての生理的な下痢であれば、神経質になりすぎる必要はありません。 ただし、長期間下痢が続いたり、強い腹痛や発熱を伴う場合は感染症の疑いがあります。 異変を感じたら、病院を受診しましょう。 妊娠中は自己判断で下痢止めなどの薬を服用せずに、まずは医師に相談することが大切です。 2.妊娠中期の下痢について 妊娠中期の下痢の原因 妊娠中期はつわりが落ち着き、それまで食欲がなかった人も食べられるようになる時期です。 ついつい食べ過ぎてしまうことも多く、妊娠中期の下痢の原因の多くは食べ過ぎや冷えによるもの。 妊娠中期は子宮が徐々に大きくなっており胃腸を圧迫するため、胃腸に負担がかかりやすく消化がうまくいかないことも。 胃や腸の調子が悪くなり、下痢になってしまうことがあります。 妊娠中期の下痢の対処法 妊娠中期は暴飲暴食をしないよう注意して、1日3食バランスのよい食生活を送るようにしてください。 妊娠初期と同様に過度な心配は必要ありませんが、激しい腹痛を伴う下痢は、他のウイルス感染などの可能性が考えられます。 かかりつけの産婦人科を受診してください。 3.妊娠後期の下痢 妊娠後期の下痢の原因 妊娠後期は、お腹が大きくなると食欲が落ちる人がいる一方で、臨月が近づくと子宮が下がり胃への圧迫が減るため、食欲が増す人も。 食べ過ぎによる下痢が考えられます。 妊娠後期は抵抗力が落ちる時期なので、ウイルスの感染症などにかかりやすくなる危険もあります。 また、臨月の下痢は出産が近いことを示している可能性が。 妊娠を維持するために多く分泌されていたプロゲステロンは、出産が近くなると分泌量が減るために、腸の働きが活発になる結果、お腹がゆるくなり下痢に繋がることがあります。 鉄剤による下痢の可能性も 妊娠中は鉄分が不足しがちになります。 特に妊娠後期は鉄不足になるため、鉄剤やサプリを飲む妊婦さんが増えます。 実は鉄剤が原因になり下痢を起こすことがあります。 下痢だけではなく、反対に便秘を起こしたり吐き気を伴うなどの副作用が出てつらい場合は、医師と相談した方がよいでしょう。 妊娠後期の下痢の対処法 妊娠後期の下痢の症状自体が原因となり、早産になることはないと考えられています。 妊娠初期や妊娠中期と同様に、神経質になりすぎる必要はありません。 食生活に関しては、胃の圧迫が少なくなったときに、暴飲暴食することのないように、栄養バランスの整った食生活を心掛けることが大切です。 妊娠後期は体の抵抗力が落ちている状況なので、特に冬場など、感染症が流行する時期はいつも以上に注意する必要があります。 妊娠中の下痢が気になるときは病院を受診して 妊娠中に長期間下痢が続いてつらかったり、少しでも心配な場合は、無理をせずにかかりつけの産婦人科に相談してください。 特別深刻な症状ではなくても、下痢を放置しておくと脱水症状を起こす可能性も否定できません。 何よりも、母体へのストレスにもなるので、心にも体にもよくありません。 病院では、妊婦さんでも内服できる下痢の症状を抑える薬などを処方してもらえます。 妊娠中にお腹がゆるくなるのがつらい場合は、病院を受診しましょう。

次の