生理用品 軽減税率。 赤ちゃん用品・生理用品は軽減税率導入で消費税10%!おむつ、離乳食、ミルクも介護用品も…

「パンか生理用品か」消費税軽減、学生呼びかけ署名3万:朝日新聞デジタル

生理用品 軽減税率

ただし、飲食料品の中でも「外食・出張料理」「」は軽減税率の適用対象外となります。 日用品は軽減税率の対象外 ここからは本題となりますが、日常の生活で必要となる「日用品」には軽減税率が適用されません。 次は、家族ごとの日用品の消費税の負担額の目安です。 もちろん、上記はあくまでも目安であり、女性であれば化粧用品や生理用品、子育て世代であればオムツ代などで日用品のコストはかさみます。 日用品の例 2019年10月1日から消費税率10%に引き上げられる日用品は、次のとおりです。 衛生用品 紙製品 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ペーパータオル、キッチンペーパー、ウェットティッシュ、紙おむつなど 生理用品 ナプキン、おりものシート、タンポン、軽失禁用品、吸水ライナー、サニタリーショーツなど 医療品 絆創膏、ガーゼ、サポーター、マスク、包帯、医療用テープ、医療機器(血圧計・測定器など)、体温計、磁気治療品、使い捨てカイロなど 洗剤 洗濯用洗剤 粉石鹸、漂白剤・染み抜き、柔軟仕上げ剤、ホームクリーニング洗剤、部分洗い用洗剤、のり・シワ取り剤、衣類用消臭剤、靴用洗剤、洗濯槽クリーナーなど 住宅用洗剤 タイル用、床用、油汚れ用、ガラス用、パイプ用など 台所用洗剤 食器用、クレンザー、食器用漂白剤、ポット洗浄剤など 風呂用洗剤 風呂釜用、排水溝用など トイレ用洗剤 便器用、タンク用、置き型など 家庭日用品 台所用品 たわし、スポンジ、キッチンペーパー、手ぬぐい、エプロン、食器、弁当箱、保存容器、調理器具、鍋・フライパン、ラッピングフィルム、アルミホイル、水切り袋、浄水器・整水器、冷蔵庫脱臭剤、廃油処理剤など 風呂用品 スポンジ、ボディタオル、ボディブラシ、洗顔ネット、湯おけ、バスチェア、風呂マット、風呂ふた、シャワーカーテン、浴室足ふきマットなど トイレ用品 トイレブラシ、ペーパーホルダー、便座カバー、トイレマット、トイレポット、ラバーカップなど 洗濯用品 物干しハンガー、洗濯バサミ、くずとりネット、洗濯用ネット、ビニール手袋、物干しスタンド、ランドリー収納、アイロン台など 掃除用品 ゴミ袋、化学雑巾、粘着ローラー、ダスター、収納シート、モップ、ほうき、デッキブラシ、チリトリ、ぞうきんなど オーラルケア用品 オーラルケア用品 歯磨き粉、ホワイトニング、歯ブラシ、電動歯ブラシ、歯間ブラシ、舌クリーナー、洗口液、口中清涼剤、義歯用品など トイレタリー用品 ボディケア用品 固形石鹸、ハンドソープ、ボディソープなど スキンケア用品 ハンドクリーム、リップクリーム、日焼け止めクリーム、ローション、制汗剤など ヘアケア用品 シャンプー、コンディショナー、ヘアカラー、ヘアスプレー、ヘアワックス、育毛剤など フェイスケア用品 洗顔フォーム、化粧水、乳液、美容液、メイク落とし、クレンジングオイルなど シェーピング用品 カミソリ、カミソリ替え刃、むだ毛処理用剃刀、シェービングフォーム、シェーピングジェル、シェーピングアフターケアなど その他 入浴剤、アロマ用品、トラベル用品 化粧品 化粧品 口紅、化粧下地、ファンデーション、BBクリーム、CCクリーム、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、美白美容液、クレイジング、洗顔料、化粧水、乳液・ミルク、保湿パック、ネイラーなど 化粧小物 化粧コットン、化粧パフ、手鏡、櫛、ビューラー、ブラシ、眉毛ばさみ、毛抜き、メイクボックスなど 家庭用化学製品 殺虫剤及び関連日用品 蚊取り類、虫除け、スプレー剤、捕獲器、ベイト剤、燻煙剤など 防虫剤 タンス用、クローゼット用、収納ケース用など 除湿剤 押し入れ用、靴箱用など 消臭剤・芳香剤 リビング用、トイレ用、衣類用、車内用など キャッシュレス決済でポイント還元を受けよう 現在、日用品を現金で購入している場合は、キャッシュレス決済に切り替えることで 消費税増税分の負担を軽減できます。 政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」で最大5%還元 政府は、2019年10月の消費税増税による消費の冷え込み対策としてキャッシュレス・消費者還元事業を実施します。 ただし、店舗ごとに還元率が違ってくるので注意が必要です。 店舗ごとのポイント還元率 対象店舗 ポイント還元率 中小企業、個人経営の小売、飲食店、宿泊など 5% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列チェーン店 2% 大手スーパー、百貨店など 0% 例えば、小売店については、• 資本金または出資の総額が5,000万円以下• 常時使用する従業員の数が50人以下 の条件を満たしている会社および個人事業主が運営する店舗が還元率5%となります。 例えば、個人店で10万円の買い物をすれば、5,000円分のポイント還元を受けることができます。 なぜなら、• 還元率が高い• 個人店の導入が多い からです。 還元率が高い PayPayは、 通常の還元率が1. それだけでなく、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に合わせて、 まちかどペイペイキャンペーンを実施します。 これは、PayPay決済を「キャッシュレス・ポイント還元」の5%還元対象店舗で行うことにより、PayPayボーナスが5%上乗せされるお得なキャンペーンです。 これにより• まちかどペイペイ:最大5%• キャッシュレス・ポイント還元:最大5% により合計で 最大10%の還元を受けることが可能です。

次の

生理用品が軽減税率対象外で新聞は軽減税率対象な件について【考察】〈日本と海外〉

生理用品 軽減税率

消費税率が8%から10%へ引き上げられる10月1日が迫っている。 併せて導入されるのが、主に低所得者の家計負担を和らげるため、飲食料品などの生活必需品の税率を8%に据え置く「軽減税率」だ。 しかし、どこまで軽減税率の適用範囲に含まれるのかなど仕組みが複雑で、もともと対象外の「生理用品」「おむつ」が対象にならないのかといった問い合わせが、税務当局などに寄せられている。 このままでは、増税後に消費者の問い合わせやクレームがスーパーなどにも殺到し、販売現場が混乱することになりかねない。 「生理用品が軽減税率外れるってマジ?もしかしてオムツも?」「誰決めてんだか名前出せや!お前らの周りに女も赤ん坊も介護必要な老人もいないのか!!」。 7月初め、あるツイッターのユーザーによる投稿だ。 「生理用品に10%とか、女性に喧嘩売ってるとしか思えない」。 8月に入っても、こうした投稿が絶えない。 冒頭に紹介した生理用品などに関する問い合わせが相次いでいる背景には、こうしたネット上の盛り上がりもあるとみられる。 ただ、軽減税率の対象となるのは、酒類を除く飲食料品と、週2回以上発行され、定期購読されている新聞というのが、そもそものルールだ。 一部で誤解されているように、全ての生活必需品を対象とするわけではない。 「生理用品」「おむつ」「トイレットぺーパー」は、飲食料品ではないので、もともと軽減税率の対象とならないし、現時点で対象となる予定もない。 PR 増税後も財務省や国税庁には、「これらを軽減税率の対象に入れるべきだ」という要望、問い合わせは尽きないとみられる。 迫られる従業員教育 問題は、消費者がスーパーなどの店頭で従業員に問い合わせたり、クレームをつけたりするケースだ。 店側は客へ詳しく正確に制度を説明できるよう、パートやアルバイトを含めた従業員をしっかり教育し、店頭にマニュアルなどを備え付ける必要がある。 店員が知識を身につけずあやふやな態度に終始すれば、販売現場に客の怒号が飛び交い、店の業務が著しく停滞にすることになりかねない。 また、小売店では、中国人、ベトナム人、韓国人といった、外国人の従業員が増えていることも重視する必要がある。 たとえば、女子高生に人気の東京都内のあるタピオカドリンク専門店は、従業員が中国人だ。 タピオカドリンク専門店の場合、ドリンクを持ち帰るか店内で飲むかで税率が違ってくる。 持ち帰れば軽減税率の対象になり8%だが、店内で飲めば外食扱いで10%となるのだ。 こうした税率の違いを客から聞かれたとき、母国語が日本語でない従業員でも正確に説明できるように、店側は教育が求められる。

次の

赤ちゃん用品・生理用品は軽減税率導入で消費税10%!おむつ、離乳食、ミルクも介護用品も…

生理用品 軽減税率

生理用品が軽減税率対象外で新聞は軽減税率対象な件について【考察】〈日本と海外〉 どうも、とらよし()です。 今日はTwitterを見てたら 「生理用品が軽減税率の対象に入っていない」という情報を見たので、それについて少し調べてみました。 軽減税率とは? 軽減税率とは、特定の商品の消費税率を、その他の一般的な消費税率より低くすることです。 日本は3ヵ月後の 2019年の10月から税率が10%になります。 そのとき、スーパーなんかで、消費税8%のままの商品(軽減税率の対象)と、一般の消費税10%の商品が売られるということになります。 このことからも、軽減税率は複数税率とも呼ばれるそうです。 軽減税率は、 「低所得者へ経済的な配慮」という目的があります。 というのも、消費税というのは全員が負担することになるので、 低所得者への負担が大きい税金だからです。 つまり、消費税が上がれば家庭ごとの エンゲル係数(1世帯ごとの家計における消費支出に占める飲食費の割合)が増えます。 そして エンゲル係数が高い家庭は基本的に貧困です。 そんなときに、生活必需品が安ければ貧困層は負担を減らすことが可能になるのでこういった税収の仕組みがあるわけです。 日本の軽減税率の対象品 軽減税率の対象品はの国税庁のサイトでまとめられています。 簡単にまとめると以下の品目です。 酒類・外食を除く飲食料品(テイクアウト・宅配は含む)• 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの) これらが軽減税率の対象品で、税率は8%据え置きになります。 最近、都内だと宅配のテイクアウトが盛り上がってきているのはこれを見越してなんですね。 そして昨日のTwitterでの「生理用品」でトレンド入りした内容をまとめた記事が以下のような感じになります。 今年10月から始まる「」の対象品目に注目が集まっている。 7月3日、あるツイッターユーザーが、対象品目に生理用品や子供用オムツ、介護用オムツなどが入っていないことを指摘したことが発端だ。 軽減税率は、酒などの嗜好品を除く食品と、定期購読の新聞にのみ適用される。 ネットでは「新聞が安くなって生理用品が安くならない理由に納得がいかない」「とか生理用品軽減税率対象外っておかしくない?食品と同じくらい必須じゃん」と、不満の声が噴出している。 ニューヨーク州やフロリダ州は生理用品にかかるを廃止 軽減税率は10月から始まる消費税10%への引き上げに伴い実施されるもの。 低所得者に配慮し、対象品目の消費税が8%に据え置かれる。 国内では反発の声が多いが、新聞への軽減税率適用は、海外では主流だ。 EUでは20%前後の標準税率を設けている国が多い中、ほとんどの国で新聞の税率を10%以下にしている。 ベルギー、デンマーク、イギリスとノルウェーは新聞に税金をかけていない。 日本新聞協会によると、これは欧州には「活字文化は単なる消費財ではなく『思索のための食料』という考え方がある」ためだという。 新聞だけでなく、書籍や雑誌も軽減税率の対象になっている。 日本でも、日本書籍出版協会など4団体が、有害図書を除く書籍・雑誌への軽減税率適用を求め働きかけていたが、昨年12月に適用見送りが決まっている。 生理用品への課税は、世界でも議論が起こっている。 インドでは2018年、生理用ナプキンに課していた12%の税金を廃止した。 アメリカでもここ数年で、ニューヨーク州、イリノイ州、フロリダ州などが生理用品にかかる税金を廃止している。 「 niftyニュースから」 というわけで、外国での軽減税率について、そして議論を簡単にまとめると以下のような感じになります。 生理用品の課税については外国でも議論されている。 インドやカナダ、オーストラリア、アメリカの一部の州では廃止されている。 ただし、国際的なトレンド的には生理用品非課税の流れは進むと予想される。 新聞に軽減税率は海外でもある。 トイレットペーパーや生理用品は軽減税率にならないの? なぜ新聞が軽減税率なのか? 日本新聞協会が主張する、 《欧州には「活字文化は単なる消費財ではなく『思索のための食料』という考え方がある」ためだ》というのはハッキリ言って(笑)って感じです。 新聞が今もそういう役割を果たしているのであれば、軽減税率であるべきだと思います。 しかしご存知の通り、今はインターネットやテレビの普及で 情報における新聞の価値は驚くほど下がっています。 この時代の流れに対応できていない古い世代の人たちは新聞からしか情報を入手していないのかもしれませんが、さすがに時代遅れすぎです。 そして次に、 日本はメディアが政治を監視していません。 酷いときには、政治家がメディアに圧力をかけたりします。 欧米に比べて 日本のメディアリテラシーやレベルは低いです。 もっと政治に疑問を投げかけたり、社会問題を積極的に取り上げていかなければ新聞を通して社会が良くなったりはしません。 ) そういった観点からも私は新聞が軽減税率の対象であることには納得できません。 新聞が許可されるなら書籍を軽減税率にしなければおかしい 軽減税率は最初にお話したとおり 「低所得者への配慮」がひとつの目的です。 しかし、そもそもの話として低所得者は新聞なんか読みません。 もっと言えば活字をあまり読みません。 そもそもそれが貧困とも関係していると私は思うのですが…。 ただ社会の仕組みとして、 学びたいときに学べる環境というのはとても大事なことです。 そういう観点からも、新聞や書籍は安い方が手に取りやすくなりますし、流通量が増えて良いと思います。 しかしよく考えれば、 新聞も書籍も図書館にいけばいくらでも読めますよね。 お金がなくても 新聞や本が読みたい人は図書館に通っています。 結局のところ、新聞だけ「食品」という枠から外れて軽減税率の対象品目にしてしまうと 「他のものも軽減税率の対象にしろー!」という話になってきてしまいます。 男性より女性の方が大変ということ ということで、生理用品に限らず人間には生きるために必要なものがあります。 そうなってくると、なんでも軽減税率の対象になってしまいます。 しかし今回は折角 「生理用品」が議題に上がっているのでその話をしましょう。 女性には生理があります。 これは生きている限りどうしようもないことです。 そして 多くの男性は想像力不足なのか、誰とも付き合ったことないからなのか分かりませんが、 生理はどう考えても大変です。 生理用品は当然ながら必需品ですし、いちいちケアしなければいけません。 そして 生理痛があります。 1か月に1週間前後フルパワーで活動できないとか最悪じゃないでしょうか? 生理には薬代とかもかかっています。 もし日本社会が男女平等を謳うならば、その部分をケアするのは自然な発想です。 私たちの社会は男女が協力して作っています。 痛みまで伴って、しかも出費もしなければならないなら、少しでも負担を減らすべきだというのは当然の考え方だと私は思います。 もし次に軽減税率の対象品目が増える場合には、トイレットペーパーなんかと一緒に生理用品を含めるべきだろうと思います。 まとめ 結局、私の意見をまとめると次のようになります。 新聞が軽減税率の対象だと、他の物も認めないといけなくなるので例外を作るのは良くない。 生理用品が軽減税率の対象になるかどうかより、男性 はもっと女性の生理が大変なことを理解しましょう。 生理用品はパートナーと割り勘で買いましょう。 いきなり話飛んでますがそんな感じです。 男性の皆さんは女性の生理が大変なことを理解しましょう。 間違ってもネタにしたり茶化したりしないでください。 それは 最悪です。 女性の皆さんは、 もし現在パートナーがいたら生理がどれだけ大変かちゃんと議論してみてください。 私はそうやって学びましたし、男性は生理がないわけですから、当事者から話を聞かないと実感がわきません。

次の