プライム会員 解約。 Amazonプライム会員の退会(解約)方法と返金の全手順

Amazonプライムの退会・解約方法を図解入りで紹介

プライム会員 解約

スポンサーリンク Amazonプライム会員を解約・退会した場合の返金や日割り制度について アマゾンのプライム会員を解約・退会したいと思っても、いつどのタイミングで解約手続きをするのが良いのか気になりますよね。 実際の解約方法の手順については下で順次解説をしていますので、まずは返金はいつされるのか、また月の途中で解約した場合どうなるのか、その他、よくありがちなケースなどについて見ておきましょう。 アマゾンプライム会員の解約・退会後、返金はいつされる? まず、Amazonプライム会員を退会した場合の返金は、登録してあるクレジットカードまたはデビットカードにされます。 そして返金されるタイミングに関しては、クレジットカード、デビットカード会社によって異なります。 そのため、詳細は各カード会社に問い合わせください。 一般的には、返金手続きをした翌月か翌々月には戻ってくるようです。 アマゾンプライム会員の解約・退会時、月額の日割り返金は可能? ありがたいことに、Amazonプライム会員の年会費の月額日割りの返金は可能です。 年会費3,900円の残りの日数分が払い戻しされます。 補足ですが、日割り計算の金額が返ってくるのは、 即時退会した場合になります。 解約時、即時に退会するか、今の契約期間一杯まで継続するかを選ぶこともできますが、契約期間一杯まで継続してそこで解約の場合、当然期間満了までサービスを利用していることになるため、返金はありません。 次に、念のため「今すぐには解約・退会しないけれど、来年はもう使わないかも」という方のために、注意点を解説します。 プライム会員の自動継続に注意しましょう アマゾンプライムの正規会員の場合も、無料お試し会員の場合も、自動継続のシステムに注意してください。 デフォルトのシステムは自動継続になります。 つまり、何もしないでいるといつまでも会員のままになり、ずっと会費を払い続けることになります。 お試し会員の方は、ひとまず登録した時点で自動移行しない処理をしておくのが賢いでしょう。 アカウント内の「会員情報の管理」から手続きができます。 正規会員の人の場合も、継続したくないと思ったら、その場で自動継続をしないようにしておくほうがいいと思います。 その際は先程書きましたように、その場で退会を選んでください。 そうでないと、使用しないのに残りの期間の分が返金されない状態になってしまいますので、お気をつけください。 いつの間にか会員になっていて年会費を引き落とされることも なぜかいつの間にか正会員に? Amazonプライムの場合、当人は会員になった覚えがなくても、いつの間にか会員になっていて年会費が引き落とされていた、といったケースがあります。 実際、よくそのような話を聞きますし、またAmazonの公式サイトのFAQにも掲載されています。 これは大方の場合、お試し会員の更新解除忘れが原因です。 例えば、Amazonで注文や決済時、「お急ぎ便を無料でお試し」といったボタンをクリックしてしまい、そのまま自動的にプライム会員となってしまったケースです。 また他にも、以前に30日間の無料お試し会員になり、そのまま自動更新により正規会員になってしまったケースもあげられます。 対処法 こういった場合、どうするのが良いでしょうか。 選択方法としては2つあり、• すぐ自動更新を解除し、とりあえず1年間だけ会員のメリットを受ける• すぐにカスタマーサポートに連絡し、契約の解除と返金をしてもらう(一度も会員特典を利用していない場合可能)。 知らぬ間に無料配達をしてしまったり、無料映画を見てしまったりすると、会員特典を利用したことになってしまい、返金はできなくなるようです。 そのような場合、とりあえず契約の自動更新をしない手続きを済ませ、今の契約期間だけはサービスを利用することになります。 Amazonプライムの落とし穴 ここまで見てきておわかりのように、悪い見方をするとAmazonは最初は無料でサービスを提供し、プライムサービスのメリットを受けられる人には自動更新で正規会員化させ、メリットがない人はプライムのことは忘れてしまい、いつの間にか自動移行で正規会員化させてしまうというシステムになっていると見ることもできます。 よくよく注意していないと、上でも触れたように、知らないうちに無料お試しサービスを利用し、その後自動的に正会員に移行されてしまった、なんてケースも少なくありません。 お試し会員からの正規会員への自動移行と年会費の自動継続さえなくしてくれたら、アマゾン自体は非常によいサービスなのですが、今のところそこが残念に感じます。 それでは、アマゾンプライム会員を実際に 解約・退会する手順について見ていきましょう。 PCでの解約方法• androidでの解約方法• iPhoneで解約方法• 電話での解約方法 について順に解説をしていきます。 基本的に通常の会員の方も無料お試し会員の方も、解約方法はほぼ同じです。 アマゾンプライムのPCでの解約・退会方法 PCでの解約方法は以下の手順になります。 からログインし、アカウント情報の中の「Amazonプライム会員情報」をクリックします。 左側のメニューの中の下の方にある「会員資格を終了する(特典を終了) 」をクリックします。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能になります。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」「特典と会員資格を継続」の3種類のボタンの中から、真ん中の「特典と会員資格を終了」をクリックします。 「〇年〇月〇日に終了する」または「今すぐ解約」のうちどちらかを選択します。 以上で終了となります。 アマゾンプライムのandroidでの解約・退会方法 次に、androidでの解約方法についてです。 スマホでブラウザを開いて、にアクセス。 右上にある「ログイン」の文字をタップしてログインする。 左上にある3本線のアイコンをタップし、メニューを表示させる。 メニューの中から、「アカウントサービス」をタップ。 画面をスクロールして行き、アカウント設定の中の「プライム会員情報の設定・変更」をタップ。 画面をスクロールして行き、下の方の「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップ。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能に。 「特典と会員資格を継続」「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」の3種類のボタンの中から、一番下の「特典と会員資格を終了」をクリック。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を継続する」のボタンが再度表示され、さらに画面を下にスクロールすると「〇年〇月〇日 特典と会員資格を終了」というボタンがあるため、そこをタップ。 以上で完了です。 アマゾンプライムのiPhoneでの解約・退会方法 次に、iPhoneの場合の解約方法を見ていきましょう。 Amazonのトップページからログインし、の左上の三本線をタップします。 メニューが出てきますので、プライムをタップします。 一番下までスクロールし、「Amazonプライム会員情報を管理する」という項目をタッチします。 ここでも下までスクロールしてください。 「会員資格を終了する(特典を終了)」という項目をタッチします。 更に次のページにいくと、いろいろと引き留めようという文章が並びますが、再度一番下までいくと「特典と会員資格を終了」をタップして終了になります。 アマゾンプライムの電話での解約・退会方法 中には、Amazonプライム会員の解約・退会手続きをウェブでやるのは煩わしいという方もいらしゃると思います。 その際には、電話で依頼する方法も用意されています。 フリーダイヤル:0120-999-373• カスタマーサービス:011-330-3000 上のうちのどちらにかけて、プライム会員を解約したい意向を伝えれば、電話でも手続きが可能です。 スポンサーリンク まとめ Amazonプライム会員の解約・退会方法についてまとめてみました。 解約は月のいつでも可能で、即時退会の場合、年会費が日割りで返金されます。 いつ返金されるのかについては、クレジット会社によって異なっていますが、大方の場合、翌月または翌々月のようです。 また解約・退会はPC、スマホ(android&iPhone)、そして電話でも可能です。 Amazonの場合、普通に買い物をしていたら、いつの間にかプライム会員になって年会費が引き落としされていた、なんてケースが少なくありません。 そのため、「無料でお急ぎ便を利用」「無料でお試し」などといったサービスを使う場合、そこでプライムのお試し会員になったということをしっかり意識しておくと良いでしょう。 そして自動継続するつもりがないのであれば、無料お試し期間の30日が経つ前に自動移行をしない手続きをしておく必要があります。 また正規会員の場合、常にいつまでの契約かを頭に入れておいて、解約しようと思ったらすぐその時点で解約して日割りの返金をしてもらうか、期間一杯で終了するように手続きをするようにしましょう。 [担当:Vergil|編集:運営スタッフ].

次の

Yahooプレミアム会員の解約・退会方法です

プライム会員 解約

amazonのプライム会員、勝手に会員になっていた!? プライム会員の無料体験というのは、年会費4,900円(月会費の場合は500円)の有料のサービスを30日間は無料で体験できますよ、というもの。 そして、Amazonの説明でもちゃんと書かれているのですが、 無料体験して、その後解約の意思表示をしなければ、自動的に有料会員になるものとして扱われます。 無料体験から会員登録をしないためには、無料体験期間中に「本会員にはなりません」という意思表示をしないといけません。 この手続をしないことで、「勝手に」会費の請求がされる、という事態になってしまったのです。 まったく利用してないのに、会費なんて払いたくない!!って思っているあなた、そこは慌てなくて大丈夫です。 プライム会員になっているか確認したい場合はこちらの記事をどうぞ アカウントサービスのプライム会員のメニューから進みます。 以下、プライム会員情報の画面が表示されます。 あなたのプライム会員の状況がここで確認できます。 画面右端のほうに、「プライム会員情報」とあり、その下に「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」という青文字が表示されますので、そちらをクリックします。 すると、このようなポップアップが表示されますので、一番下の「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」のボタンから進みます。 次に以下の画面となります。 こちらでは、これまでプライム会員になっていたから節約できていたた配送料の金額が表示されます。 これだけ節約できてたのに、やめますか?プライム特典も利用できなくなりますよ。 っていうメッセージですね。 私の場合は過去一年間で11,000円の配送料が節約できていたようです。 プライムビデオとか、特典も使い倒していて、それで年間4,900円(月あたり約408円)ですから、コスパいいです。 全然高いとは感じません。 解約するので良ければ、「特典と会員資格を終了」から進みます。 次に再度、確認のメッセージ、注意事項など表示されるとともに、解約で返金される会費があれば、その金額が表示されます。 こちらの例は私の年払い会員の場合の画面です。 私は4月にプライム会員を更新したばかり。 年払いの場合は、すでに会費を支払っているので、• 会員期間終了時に解約• 今すぐ解約 のふたつの選択肢があります。 会員期間終了時に解約すると、会員期間終了日まではプライム会員として利用できて、自動継続なし、次回の会費請求なし、ということになります。 今すぐ解約の場合は、4,116円の返金があるということになります。 これは、プライム会員を更新してから約1ヶ月半ちょっと経過した頃の画面表示です。 一度でもサービスを利用していれば、このように一部返金でその時点で返金される金額が表示されるので確認しましょう。 Amazonのプライム会員は、このように返金も自動的に、しかも良心的に対応してくれます。 amazonプライム会員、返金方法は? 会員登録のキャンセルが完了すると、キャンセル受付のメールがAmazonから届きます。 この返金は後日、引き落としをされたクレジットカードや携帯決済にマイナス表示で記載され、返金されます。 Amazonギフト券で支払った場合はギフト券で返金となります。 反映される日付はクレジットカード会社によりますが、翌月か翌々月には反映されるのでクレジットカードの明細で確認しましょう。 また、会員手続き後、間違いなく解約が行われたかどうか確認するには、アカウントサービス画面で 「Amazonプライム会員方法の管理」をクリックすることでその時のプライム会員の状態が確認ができます。

次の

Amazonプライム年会費の返金条件と解約手順を解説

プライム会員 解約

スポンサーリンク Amazonプライム会員を解約・退会した場合の返金や日割り制度について アマゾンのプライム会員を解約・退会したいと思っても、いつどのタイミングで解約手続きをするのが良いのか気になりますよね。 実際の解約方法の手順については下で順次解説をしていますので、まずは返金はいつされるのか、また月の途中で解約した場合どうなるのか、その他、よくありがちなケースなどについて見ておきましょう。 アマゾンプライム会員の解約・退会後、返金はいつされる? まず、Amazonプライム会員を退会した場合の返金は、登録してあるクレジットカードまたはデビットカードにされます。 そして返金されるタイミングに関しては、クレジットカード、デビットカード会社によって異なります。 そのため、詳細は各カード会社に問い合わせください。 一般的には、返金手続きをした翌月か翌々月には戻ってくるようです。 アマゾンプライム会員の解約・退会時、月額の日割り返金は可能? ありがたいことに、Amazonプライム会員の年会費の月額日割りの返金は可能です。 年会費3,900円の残りの日数分が払い戻しされます。 補足ですが、日割り計算の金額が返ってくるのは、 即時退会した場合になります。 解約時、即時に退会するか、今の契約期間一杯まで継続するかを選ぶこともできますが、契約期間一杯まで継続してそこで解約の場合、当然期間満了までサービスを利用していることになるため、返金はありません。 次に、念のため「今すぐには解約・退会しないけれど、来年はもう使わないかも」という方のために、注意点を解説します。 プライム会員の自動継続に注意しましょう アマゾンプライムの正規会員の場合も、無料お試し会員の場合も、自動継続のシステムに注意してください。 デフォルトのシステムは自動継続になります。 つまり、何もしないでいるといつまでも会員のままになり、ずっと会費を払い続けることになります。 お試し会員の方は、ひとまず登録した時点で自動移行しない処理をしておくのが賢いでしょう。 アカウント内の「会員情報の管理」から手続きができます。 正規会員の人の場合も、継続したくないと思ったら、その場で自動継続をしないようにしておくほうがいいと思います。 その際は先程書きましたように、その場で退会を選んでください。 そうでないと、使用しないのに残りの期間の分が返金されない状態になってしまいますので、お気をつけください。 いつの間にか会員になっていて年会費を引き落とされることも なぜかいつの間にか正会員に? Amazonプライムの場合、当人は会員になった覚えがなくても、いつの間にか会員になっていて年会費が引き落とされていた、といったケースがあります。 実際、よくそのような話を聞きますし、またAmazonの公式サイトのFAQにも掲載されています。 これは大方の場合、お試し会員の更新解除忘れが原因です。 例えば、Amazonで注文や決済時、「お急ぎ便を無料でお試し」といったボタンをクリックしてしまい、そのまま自動的にプライム会員となってしまったケースです。 また他にも、以前に30日間の無料お試し会員になり、そのまま自動更新により正規会員になってしまったケースもあげられます。 対処法 こういった場合、どうするのが良いでしょうか。 選択方法としては2つあり、• すぐ自動更新を解除し、とりあえず1年間だけ会員のメリットを受ける• すぐにカスタマーサポートに連絡し、契約の解除と返金をしてもらう(一度も会員特典を利用していない場合可能)。 知らぬ間に無料配達をしてしまったり、無料映画を見てしまったりすると、会員特典を利用したことになってしまい、返金はできなくなるようです。 そのような場合、とりあえず契約の自動更新をしない手続きを済ませ、今の契約期間だけはサービスを利用することになります。 Amazonプライムの落とし穴 ここまで見てきておわかりのように、悪い見方をするとAmazonは最初は無料でサービスを提供し、プライムサービスのメリットを受けられる人には自動更新で正規会員化させ、メリットがない人はプライムのことは忘れてしまい、いつの間にか自動移行で正規会員化させてしまうというシステムになっていると見ることもできます。 よくよく注意していないと、上でも触れたように、知らないうちに無料お試しサービスを利用し、その後自動的に正会員に移行されてしまった、なんてケースも少なくありません。 お試し会員からの正規会員への自動移行と年会費の自動継続さえなくしてくれたら、アマゾン自体は非常によいサービスなのですが、今のところそこが残念に感じます。 それでは、アマゾンプライム会員を実際に 解約・退会する手順について見ていきましょう。 PCでの解約方法• androidでの解約方法• iPhoneで解約方法• 電話での解約方法 について順に解説をしていきます。 基本的に通常の会員の方も無料お試し会員の方も、解約方法はほぼ同じです。 アマゾンプライムのPCでの解約・退会方法 PCでの解約方法は以下の手順になります。 からログインし、アカウント情報の中の「Amazonプライム会員情報」をクリックします。 左側のメニューの中の下の方にある「会員資格を終了する(特典を終了) 」をクリックします。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能になります。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」「特典と会員資格を継続」の3種類のボタンの中から、真ん中の「特典と会員資格を終了」をクリックします。 「〇年〇月〇日に終了する」または「今すぐ解約」のうちどちらかを選択します。 以上で終了となります。 アマゾンプライムのandroidでの解約・退会方法 次に、androidでの解約方法についてです。 スマホでブラウザを開いて、にアクセス。 右上にある「ログイン」の文字をタップしてログインする。 左上にある3本線のアイコンをタップし、メニューを表示させる。 メニューの中から、「アカウントサービス」をタップ。 画面をスクロールして行き、アカウント設定の中の「プライム会員情報の設定・変更」をタップ。 画面をスクロールして行き、下の方の「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップ。 画面に「・・・プライム会員の特典が利用できなくなります。 よろしいですか?」といった文章が表示され、ページ下から3種類選択可能に。 「特典と会員資格を継続」「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を終了」の3種類のボタンの中から、一番下の「特典と会員資格を終了」をクリック。 「更新前にお知らせを受けとる」「特典と会員資格を継続する」のボタンが再度表示され、さらに画面を下にスクロールすると「〇年〇月〇日 特典と会員資格を終了」というボタンがあるため、そこをタップ。 以上で完了です。 アマゾンプライムのiPhoneでの解約・退会方法 次に、iPhoneの場合の解約方法を見ていきましょう。 Amazonのトップページからログインし、の左上の三本線をタップします。 メニューが出てきますので、プライムをタップします。 一番下までスクロールし、「Amazonプライム会員情報を管理する」という項目をタッチします。 ここでも下までスクロールしてください。 「会員資格を終了する(特典を終了)」という項目をタッチします。 更に次のページにいくと、いろいろと引き留めようという文章が並びますが、再度一番下までいくと「特典と会員資格を終了」をタップして終了になります。 アマゾンプライムの電話での解約・退会方法 中には、Amazonプライム会員の解約・退会手続きをウェブでやるのは煩わしいという方もいらしゃると思います。 その際には、電話で依頼する方法も用意されています。 フリーダイヤル:0120-999-373• カスタマーサービス:011-330-3000 上のうちのどちらにかけて、プライム会員を解約したい意向を伝えれば、電話でも手続きが可能です。 スポンサーリンク まとめ Amazonプライム会員の解約・退会方法についてまとめてみました。 解約は月のいつでも可能で、即時退会の場合、年会費が日割りで返金されます。 いつ返金されるのかについては、クレジット会社によって異なっていますが、大方の場合、翌月または翌々月のようです。 また解約・退会はPC、スマホ(android&iPhone)、そして電話でも可能です。 Amazonの場合、普通に買い物をしていたら、いつの間にかプライム会員になって年会費が引き落としされていた、なんてケースが少なくありません。 そのため、「無料でお急ぎ便を利用」「無料でお試し」などといったサービスを使う場合、そこでプライムのお試し会員になったということをしっかり意識しておくと良いでしょう。 そして自動継続するつもりがないのであれば、無料お試し期間の30日が経つ前に自動移行をしない手続きをしておく必要があります。 また正規会員の場合、常にいつまでの契約かを頭に入れておいて、解約しようと思ったらすぐその時点で解約して日割りの返金をしてもらうか、期間一杯で終了するように手続きをするようにしましょう。 [担当:Vergil|編集:運営スタッフ].

次の