えい らく ドラマ あらすじ。 実況!瓔珞エイラク~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 第43話あらすじ感想ネタバレ

[中国ドラマ]《延禧功略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』あらすじ、見どころ、名言など。魏璎珞の男を虜にする裏技とは?※ネタバレあり

えい らく ドラマ あらすじ

配信がスタートするやいなや瞬く間に口コミで人気が広がり、一大ブームを巻き起こしたメガヒットドラマが、ついに日本に上陸する。 本作はドラマ部門デイリー再生数20日間連続1位、総再生数180億回を突破する歴史的記録を打ち立て、神劇(神のようなドラマ)・爽劇(史上最も爽快なドラマ)とまで称される話題作となり、中国版エミー賞と言われる国劇盛典の4冠にも輝いた。 そして香港で放送されると視聴率30%を超えて中国ドラマ歴代No. 1を記録、さらにはアメリカ・カナダをはじめ90ヵ国以上が版権を購入。 あまりの盛り上がりに、華美な描写や欲望渦巻く宮廷闘争が社会主義的価値観に悪影響を及ぼすとして、中国当局の批判を受け、テレビ放送が中止に追い込まれるという異例の事態に発展したほどだ。 それは後宮で謎の死を遂げた姉の死の真相を突き止めることであった…。 彼女は富察(フチャ)皇后の弟・傅恒(ふこう)を犯人と疑い近づくが、意に反して彼に惹かれていく。 同時に、思いがけず乾隆(けんりゅう)帝からも好意を寄せられ、愛憎渦巻く宮廷で波乱の人生を歩むことに…。 妃や女官たちの陰謀に晒されながらも、常にそれを上回る知略で相手を追い詰めていく瓔珞の大逆転劇に胸がすく。 二転三転するミステリーの行方、一筋縄ではいかない三角関係の恋愛など、ドラマチックな展開から一瞬たりとも目が離せない。 主人公・魏瓔珞のモデルとなったのは、最盛期の清朝を治めた乾隆帝の時代(在位1735~1795年)、数多い妃嬪の中で最も寵愛されたと言われる実在の女性で、のちの孝儀純(こうぎじゅん)皇后となる人物。 彼女は元々、奴婢と呼ばれる最下層の身分であったが、知性と勇気、行動力をもって、一介の女官から皇后にまで成り上がった。 決して折れることのない瓔珞の凛々しい生き様は、現代の女性たちにとってもお手本になると女性誌が競って特集を組み、視聴者からの動画投稿やSNSでも爆発的な人気を集めた。 理不尽を許さない彼女の強さに、憧れとともに共感の嵐が吹き荒れた。 出演者が軒並みトップスターへと大ブレイク 宮廷ドラマのヒットメーカーのプロデュースで歴史に残る傑作が誕生 本作で瓔珞を演じたウー・ジンイェンは熱狂的なファンを獲得し、一躍トップ女優の仲間入り。 早くも本作のチームが再結集した主演作「皓鑭傳(原題)」でマオ・ズージュンと共演するなど、注目の新作も目白押しだ。 さらに、富察皇后役のチン・ラン、乾隆帝役のニエ・ユエン、後に悲劇の皇后となる嫻妃役のカーメイン・シェーといった実力派俳優たちも一気にスターダムを駆け上がった。 また瓔珞に想いを寄せる傅恒を演じたシュー・カイも、その端正なマスクと新人らしからぬ演技力で女性を中心に人気を集めた。 製作を務めるのは、これまで「後宮の涙」「宮 パレス~時をかける宮女~」など、数々の宮廷ドラマをヒットさせてきた若き名プロデューサー、ユー・ジョン。 彼が、大物スターに頼らない純粋な作品力だけで本作を世界的大ヒット作へと導いた。 総製作費48億円。 その大部分を費やした破格の美術や衣装の映像美に目を奪われる 製作準備に5カ月を費やして入念な時代考証を行い、200以上のセットを新たに建設、小道具も本物を揃えて清朝の華麗な宮廷を忠実に再現。 皇帝や妃嬪たちの衣装も、蘇州のつづれ織りをはじめ伝統工芸の刺繍や手織りの技を使って一つ一つ職人が手作業で制作した。 さらに、中国古代の絵画からインスピレーションを受けたという淡く上品な色彩は、ファッション誌やインテリア誌がこぞって取り上げるほどの素晴らしさ。 画面に映るもの全てに中国の伝統的な色彩を採用し、撮影後も映像の色調を細かく調整、全編がまるで一幅の絵のような美しさを実現した。 また、本作の妃たちの中国伝統の口紅の引き方(絳唇妆)が、韓国で人気のグラデーションリップの元祖だと話題になり、若い女性たちのあいだで大流行するなど、キャラクターのメイクも大いに関心を集めた。 , Ltd. All Rights Reserved ストーリー 清の乾隆帝の時代、繍坊の女官として後宮に入った魏瓔珞(ぎえいらく)は、宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、密かに犯人を捜し始める。 そして姉の遺品に皇后の弟・富察傅恒(フチャふこう)の持ち物を見つけると、彼への疑いと復讐の炎を燃やす。 そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。 これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。 しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。 26~30 Vol. 30 特典映像約40分 【2019年2月4日(火)リリース】 「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」 レンタルDVD Vol. 31~36 Vol. 投稿ナビゲーション.

次の

中国ドラマ「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のあらすじ・ストーリー

えい らく ドラマ あらすじ

《延禧功略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』の見どころ 美人な后たちがたくさん出て目の保養になるわけですが、特に私がズキュンときたのが、乾隆帝の正室、富察皇后!! 演じるのは秦岚さん。 美しすぎて、主人公の魏璎珞よりも皇后のファンになってしまって、彼女に感情移入しちゃって、後半は特につらかった…!! そして 美しすぎる。 私もこうやって「いい子だから頑張ってきなさい」って言われたら頑張れる。 洛神裙を着た 、可愛い。 もしあなたが歩み道で あなたを阻むものが現れて どうにも前に進めなくなったら 目標を達成することだけにとらわれるのではなく ちょっと冷静になって 精神を集中させるの。 もしかしたら 希望が見えてくるかもしれない。 」 (ちょっと日本語にするとニュアンスが伝わらない~名言な感じが伝わらない~) とにかくかっかして先を急ぐのではなくて、冷静になって集中しなさい、ということ。 70話で、娴妃は、魏璎珞に、どうやって皇帝を夢中にさせたのか、と聞きます。 魏璎珞の答えは… 你以往情深可为什么要告诉他呢 先说出口的人 就已经输了 「あなたはずっと皇帝のことを深く愛しているけれど、なぜそれを彼に伝えるの? 先に気持ちを口にしたら 負けなの。 」 その2:男に時間(と金)を使わせる! 70話の最後に魏璎珞が皇帝に言うセリフ 皇上在臣妾上浪费了太多时间 不愿一无所获 才会越陷越深 「皇帝は私にたくさんの時間を使った。 なのに何も得るものがないなんて耐えられないはず。 だから、どんどん深みにハマるのよ。 」 こ、これは!!キャバ嬢さんたちがよく使う手では!!! お金と時間を使わせて、見返りがあるように思わせて、さらにどんどん貢がせて、どツボにハマる、ってやつ! 魏璎珞、男性経験ほぼゼロで嫁いでるのになんでこんなテクもってるの!!と感動しました(笑) 乾隆帝の后宫(史実) 《延禧攻略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』に出てきた后たち、史実でも存在していました。 ()のモデル。 おまけ:同じ時期に同じ時代のドラマ《如懿传》が放送開始 同じ時代のドラマ、《如懿传》が2018年8月20日から始まりました。 《如懿传》はの後編、という位置づけ。 《延禧攻略》と同じ人物が出てくるのですが、描かれ方が全然違い、《延禧攻略》で大人気だった皇后は、《如懿传》は悪女に描かれています。 そして《延禧攻略》で悪女に描かれていた娴妃が《如懿传》ではヒロインです。 《延禧攻略》がまだ終わっていない時に《如懿传》を見始めてしまって、頭がごっちゃごちゃになったので、ひとつ見終わってからもうひとつ見始めることをおすすめします! 《》で悪女として描かれてた娴妃が《》ではヒロインで、《延禧攻略》では魏璎珞が住んでた延禧宫に《如懿传》で娴妃が住むことになって、《延禧攻略》娴妃お母さん役の女優さんは《如懿传》皇后のお母さん役演じてて、もう頭の中ぐっちゃぐちゃ。 さらに、中国は移り変わりが激しいです。 現在は異なる可能性がございますのでご了承ください。

次の

瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

えい らく ドラマ あらすじ

Contents• livedoor. 宮女として後宮で働き始めたのは主人公の 魏瓔珞(ぎえいらく)。 同僚に数々の嫌がらせを受けるが、正義感と勇気で負けずに困難を乗り越えていきます。 後宮は、殺された姉がいた場所で、その真相にも近づいていくんですね。 そんな中、犯人と疑う孝賢純皇后・富察氏の弟である富察傅恒に近づいていきますが、なんと同時に乾隆帝からも好意を寄せられるように・・・ 中国では、1日の再生回数が 約6.7億回を超えたほどです。 1日でというのはすごすぎます・・・ そのあまりのお化けドラマ具合は中国だけではなく、中華圏全体に響き渡り、 私の台湾や香港の友人も最近の中国ドラマといえば、 本作の原題である、 延禧攻略一択であると宣言してるぐらいです。 史実や時代背景をチェック! さて、続いて史実をみてみましょう。 livedoor. 名前は、 孝儀純皇后です。 もちろん実際にいた人物で、乾隆帝の側室でした。 出自は、満族ではあるものの、一族の位はあまり高くありませんでした。 それがここまで上り詰めたのは、彼女の美貌にあったでしょうか。 16歳でその美貌により、魏貴人となり、その後どんどん昇進していきます。 ドラマではその美貌ゆえ、帝より警戒される面も垣間見えますが、 実際には溺愛していたようで、それは 乾隆帝との子供最も多く産んだということからもわかります。 6人もの子供を産んでいるんですね。 しかし、早世してしまいました。 49歳という年齢で病によりこの世を去るのですが、 よく考えるとこの時代では別に早世ではないかもしれません。 20年後、彼女の産んだ一人の子供が永エン皇太子に立てられます。 そのタイミングで、皇太子の母ということで、皇后の称号が贈られました。 そして、永エンは、 第 7代皇帝・嘉慶(かけい)帝となったのです。 こう見ると、あまり悲劇的な要素は少なく、 順風満帆な人生を送っていたように思いますね。 死後もかなり幸せです。 きっとこうなるまでには色々な苦労があったとは思いますが、 そのあたりは想像力を駆使し、ドラマとして描いているわけです。 主題歌やエンディング曲は? 続いて、主題歌やエンディング曲をチェック! 何個か曲があるようですが、代表的なものを。 主題歌は、 「看」ですね。 陸虎さんが歌います。 エンディング曲にふさわしいあたたかな曲です。 チェックしてみてください! ドラマの感想は? 中国ドラマのいい所ってすごく悪いやっちゃな〜ってキャラも必ず弱い所があるトコだと思う 人間味があるって感じ エイラクのホイファナラ皇后もそうだし 宮廷の諍い女の華妃娘娘もそう 憎み切れないんだよな 人として分かる…ってとこが必ずある — 💎HEVN👅は稼働時間5時間。 それ以外は寝てます。

次の