トウモロコシ 追肥。 トウモロコシ栽培☆追肥のタイミング ☆成功のコツ

トウモロコシ元肥として堆肥、有機石灰、油粕、生鶏糞、米ぬかを施し(石灰...

トウモロコシ 追肥

Contents• トウモロコシってどんな野菜? 現在、日本で主に栽培されているのは、糖分が多く、甘みが強いスィートコーンと呼ばれる品種です。 またその主成分は糖質であり、 エネルギーの補給源になるほか、胚芽にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEが多く含まれています。 トウモロコシの粒を包む皮は、 不溶性食物繊維で、サツマイモの約4倍の量を含んでいると言われています。 トウモロコシのおすすめ品種 味来 みらい 390 フルーティーなトウモロコシです。 すがすがしい甘さと、粒のやわらかさで人気です。 粒並び、先端稔実がよく、作型も豊富ですが、発芽率がやや低め。 気温が適温に達してからの種まきとし、必ず一か所に3粒まくようにします。 カクテル84EX 【タキイ種苗 スイートコーン カクテル84EX 200粒】 糖度が高い極良質のバイカラートウモロコシです。 黄色と白の2色の粒が混在していることをバイカラーと呼び、カクテル84EXはコントラストが美しい品種です。 根の張りがよく夏の強風による倒伏に強い特徴があり、草丈は180㎝程度に育ちます。 また粒の実入りも安定しています。 ゴールドラッシュ 【『ゴールドラッシュ88』 200粒 サカタのタネ】 皮がやわらかいトウモロコシを作るべく、10年かけて品種改良されてきました。 粒の皮が薄く、新鮮であれば生のままかじることもできます。 歯ごたえははプチプチしており、甘くておいしいです。 消化にもやさしいため、おやつに向きます。 穂の先端までびっしり実がつきやすく、育てやすさの面でも評価されています。 スポンサーリンク とうもろこしの基本の作型 中南米原産のトウモロコシは、真夏によく育ちますが、本来は 中温性の作物です。 全国各地で栽培可能ですが、光がよくあたる環境ですと、より品質が向上します。 栽培のポイントは、初期成育の安定にあります。 害虫対策として低温期に早まきすると発芽遅れがでることも。 下記は一般的な作型です。 種の袋に記載されている栽培暦を確認してから種を購入しましょう。 トウモロコシは 連作障害が起こりにくい野菜です。 畝を作る場所は、前年にナスやキュウリなど、連作障害を起こしやすい作物を植えた場所を考慮し、輪作となるように、トウモロコシを植えるとよいでしょう。 中性から弱アルカリ性の土壌を好みます。 またトウモロコシは吸肥料性も強いため、元肥には堆肥を多めに。 畝をつくる場所に深さ30センチほどの溝を掘り、 堆肥を施します。 畝は、溝の上になるようにつくります。 風による受粉を助けるため、2条植えにします。 放射線状に根を張るので、幅は75センチ~80センチ、畝の高さは強風対策としてなるべく低くします。 種まき・育苗 トウモロコシは、 植え替えに弱いため必ず畑に直まきしましょう。 季節になるとホームセンターで苗を入手できますが、その後の活着遅れによって、生育が著しく遅れる可能性があります。 またトウモロコシの品種を混ぜて植えると、それぞれの品種の花粉と受粉してしまい、味見が落ちることがあります。 必ず単一の品種で植えるようにし、もし品種の異なるものを植える場合は、畝をなるべく離すようにしましょう。 条間は45センチ~50センチ、株間は30センチとします。 ペットボトルの底などで2センチほどの穴を掘り、一つの穴に対して3〜4粒の種を、2センチほど離して配置します。 1センチほど覆土し、しっかり着圧させましょう。 間引き・無除けつ 1回目は、雌穂の分化が始まる、 本葉が5~6枚で草丈が50センチに達するころに行います。 肥効遅れがあると穂が小さくなり、粒の数が減ってしまうので、化成肥料を使用し、中耕します。 降雨が少ない場合はしっかり散水しましょう。 2回目は、 株の頭頂部に穂が見えたころです。 雌穂からヒゲが出るまえに穂を充実させるためにも、肥料切れを起こさせないよう注意しましょう。 化成肥料を施肥後、株元に土を寄せることで、倒伏防止にもつながります。 【防鳥テグス ナイロン 0. 33mmx1000m巻 】 トウモロコシの収穫適期が近づくと鳥による被害が多発します。 鳥のなかでもとくにカラスが、その学習能力の高さから問題視されています。 CDなどの光を反射するものには耐性をつけたという地域もあり、鳥害対策はイタチゴッコになる一方、最近注目されているのが、「 防鳥テグス黒糸」です。 カラスの視覚で認識しにくい黒糸が羽に当たると、その場所を警戒し、避けるようになります。 トウモロコシの倒伏防止用柵を設置している場合、そこに高さ30センチずつほどずらし、2~3周程度巻いて畝のなかへの飛来を防ぎます。 また倒伏防止用の柵をしていない場合は、タマネギ用ネットを実に被せておくだけでも被害を減らすことができます。 台風対策 トウモロコシは地中の根の広がりに対し、地上部が高く成長するため 強風が弱点です。 収穫期は台風の上陸が続くことも考えられますので、大風が予想される際には早めの対策をしましょう。 トウモロコシの台風対策 外側に柵を設置する 畝の四方に木杭などを打ち込み、しっかりした材質の支柱を横に渡して、トウモロコシが外側に倒れるのを防ぎます。 トウモロコシの高さに合わせて横に渡すようにしましょう。 トウモロコシの株同士を結束する 麻ひもなどを使って、4株以上のトウモロコシの茎をひとつに結び、風圧で根が浮かないよう支え合わせます。 その横に長めの木杭を支柱として打ち、固定するとより効果的です。 アワノメイガの幼虫による食害 トウモロコシの害虫といえば アワノメイガというほど、トウモロコシが大好物な厄介者です。 アワノメイガの成虫は 春から初夏にかけて飛来し、イネ科の植物に産卵します。 孵化まもなくは葉を食害しますが、発達に伴って、茎、実と食害部を広げていきます。 成虫は雄花の匂いにつられて飛来する特性があるため、トウモロコシの受粉が終わったら、雄花は切りとって畑の外で処分しましょう。 とうもろこしの収穫の目安と貯蔵方法 トウモロコシのひげがこげ茶になり、 絹糸抽出後20~25日前後が目安です。 皮の上から触ってみて、実のしまりを確認し、もしわからなければ、皮の先端を少しめくってみましょう。 収穫方法は、実の根元を押さえ、茎に対して外側に倒し、もぎ取ります。 収穫適期は2日~3日ととても短いので、実の付き方をこまめに確認しましょう。 収穫後は急速に鮮度が落ちます。 貯蔵する場合は、加熱直後にラップで密封するか、冷めてから保存袋に入れて冷凍するとよいでしょう。 おわりに 今回は トウモロコシの栽培についてお話しました。 トウモロコシのひげは雌しべです。 ひげの本数は、その房の粒数と同じだけあります。 通常、とうもろこしの雄花が風に吹かれて花粉を散らすことで受粉しますが、トウモロコシの株数が少ない場合は、雄花を切りとった後、絹糸に花粉をたっぷり振りかけるなど、人工授粉も有効です。 またトウモロコシの ひげは乾燥させてお茶にすることもできます。 むくみ解消にも効果があるので、収穫後はぜひお試しください。

次の

トウモロコシの栽培記録 トウモロコシの人工授粉とヤングコーンの収穫

トウモロコシ 追肥

トウモロコシは鮮度が落ちやすく収穫したその日に食べるのが一番。 家庭菜園なら新鮮な状態で食べられるのでおすすめ。 日当たりさえ良ければベランダのプランターや大型の植木鉢でもぐんぐん育ちますし、種からでも簡単に育てられる初心者向けの野菜です。 トウモロコシは多肥性で過剰な養分を吸ってくれるので畑の土壌改善野菜としても利用出来ます。 また、高温を好むので日当たりの良い場所で育てるのが上手に収穫までたどり着くための重要ポイント。 トウモロコシの種まきは3月中旬以降、苗の植え付けは(・)が可能です。 収穫時期は種まきから約3か月(6月中旬以降)• トウモロコシは根を深くまっすぐ張るので、土は深めに耕して元肥は他の野菜に比べて深い位置に施しましょう。 トウモロコシは雌雄異花なので、受粉を確実に行うために同じ場所に同種のものを複数本植えるようにしましょう。 飼料用のトウモロコシと交雑すると甘味の無い実がなるので付近に飼料用のトウモロコシが植えていないか確認しましょう。 プランターやコンテナで栽培する時は支柱立てと人工授粉が必要です。 プランターやコンテナで栽培する時は最上部の雌穂1本だけにしましょう。 トウモロコシの育てやすい品種 トウモロコシは種からでも苗からでもとても簡単に育てられます。 トウモロコシの育てやすい品種は、おひさまコーン・ハニーバンタム・ピーターコーン・みわくのコーンなどがあります。 比較的どの品種でも丈夫に育ってくれますので、好みで選びましょう。 トウモロコシの種(苗)を トウモロコシの種(苗)を トウモロコシ栽培に適したプランターサイズと土づくり トウモロコシを育てるときに適したプランターサイズですが、深型で大型サイズ(60㎝以上)のものを必ず利用するようにしましょう。 トウモロコシは直根性のため根が深くまで張りだします。 浅型のプランターやコンテナは利用しないようにしましょう。 トウモロコシ栽培に適した用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は 赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1を混ぜ合わせて作ります。 植え付け前の準備として、市販のプランターに2~3㎝ほどウォータースペースを残して培養土を入れておくようにします。 用土は植え付けの1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの2週間前に元肥を施しておくようにしましょう。 市販の苗から利用する時は植え付け時期が遅れると植え痛みしやすいので植え付け時期を適切に守ることがポイント。 トウモロコシを種から植える時はポリポットに植える方法と直播きする方法があります。 ポリポットで育てる時は9cmポットに2~3粒蒔いて本葉が3枚になるまでポットで育てましょう。 種は発芽を促すために種を蒔く前に一晩水に浸しておきます。 種を植える時は指の第1関節まで種を押し込んでやり、表面の土を平らにならしておきましょう。 直播きする時は、プランターの場合は株間を20cm程度あけて種を蒔きます。 畑に直接撒く場合は、株間30cm、条間50~60cmの2条まきとします。 1箇所に付き3~4粒点蒔きします。 トウモロコシは種を蒔いた後、発芽するまでの間は用土の表面が乾かないようにこまめに水やりを行うようにしましょう。 種を植えた後に敷き藁やマルチングを行うと乾燥を防止する効果があるのでおすすめです。 直播きする時は植え付け直後に野鳥(ハト)の被害に良く合います。 野鳥からの被害を防ぐ為に防鳥ネットなどのベタがけを行っておくようにしましょう。 トウモロコシの良い苗の選び方 トウモロコシを苗から植える場合は本葉が3枚以下で、茎が太く緑色の濃い苗を選ぶようにしましょう。 苗が育ち過ぎの場合は、定植する際に傷んで枯れてしまうことがあります。 ポットに苗が2本以上植えられているものは良い苗だけを残して他は間引くようにします。 トウモロコシは種を植えてから約1週間~10日ほどで芽が出てきます。 苗は本葉2~3枚で草丈が15~20cm程度になった頃が植え付けの適期となります。 トウモロコシの植え方ですが、根鉢より少し大きめの植え穴を予め堀っておいてそこに丁寧に植え付けていきます。 トウモロコシの苗を植え付ける際は、根鉢を壊さないように丁寧にポリポットから取り出しましょう。 プランターに植える場合は株間を15~20cmあけ、畑に植え付ける時は株間を30cm、条間50~60cmの2条植えとします。 枯れた葉があれば植え付ける前に除去しておきましょう。 トウモロコシの間引き方 苗の草丈が15cmで本葉が5~6枚になった時に、育ちの良い株を1本だけ残して他の苗はすべて間引きしてしまいましょう。 植え付けする前のポットで育てている時に間引いても問題ありませんが、その際は確実に定植することが大切です。 トウモロコシの苗を間引きをする際に注意することは、茎の部分を切らずにハサミを地中に入れて根の部分から切り取ようにすることです。 手で勢いよく株を引き抜いてしまうと残したい株の根を切ってしまって後の成長が遅れる原因となってしまいます。 トウモロコシは乾燥に弱い面があるので、栽培期間中は用土の表面が乾いたら水やりを忘れずにおこないましょう。 特に開花前後と成熟前後に水やりが不足すると実成りに影響が出ますので、用土の乾燥しすぎには注意が必要です。 ただし、過度の水やりは根の発達に影響が出るのでやり過ぎてもいけません。 回数を増やすのではなく一度に与える量を増やすようにすると良いでしょう。 トウモロコシ追肥の頻度と与える量 トウモロコシをプランターやコンテナで育てる時は追肥をしっかりと施してやらないと大きな実が育ちません。 プランター栽培の場合は追肥を合計2回行います。 1回目の追肥は本葉が6~8枚になった時、2回目の追肥は雄穂が出た時です。 1株あたり化成肥料を10gコンテナの淵に沿って蒔いてそのあと軽く土に混ぜ込むように施しましょう。 畑で育てる時は元肥で育てますが、草丈が50~60cmになった時に1回だけ追肥を行いましょう。 株元に化成肥料30gを施して、その後、株が倒れないように土寄せを行います。 マンションなどのベランダでトウモロコシを栽培する時は風によって倒れないように支柱を立ててやりましょう。 特に大型の台風や突風が来ると背の高いトウモロコシは風の煽りをまともに受けて根元から倒れてしまう事がよくあります。 支柱は1回目の追肥を行った頃に行いましょう。 追肥を行う頃から生育が旺盛になるので支柱を立てるタイミングに注意して下さい。 トウモロコシには根元から写真の様なわき芽が次々と生えてきます。 トウモロコシの整枝やわき芽取りは基本的には必要ありません。 ちなみにわき芽のことを「分げつ」と呼びます。 わき芽は根を張ると株が倒れにくくなるだけでなく、光合成が活発となって実の太りも良くなるので、切り取らずにそのまま伸ばしておきましょう。 トウモロコシは通常は虫ではなく風によって花粉が運ばれて受粉します。 ただし、プランター栽培では本数が少ない為に受粉が十分に行われず、実入りが少なくなってしまう事がよくあるので人工的に受粉させましょう。 トウモロコシの人工授粉のやり方ですが、まず雄花(左上画像)を写真の黄色線の位置で切り取ります。 株元のふさふさした毛のような部分が雌穂(左下画像)といってトウモロコシの雌花になります。 先ほど切り取った雄花を雌花の上で揺らして花粉を振り掛けるようにして受粉させましょう。 通常トウモロコシの実は1つの株から2~3個ほどなりますが、絹糸が見え始めた頃に一番大きく育つ最上部の実を1つだけを残して、他の実は全て切り取ってしまいましょう。 2本以上実を成らせても未成熟の食べる部分の少ない実が出来てしまいます。 未成熟な実は「ヤングコーン」として食べることが出来ます。 トウモロコシは受粉してから20日~30日経った頃が収穫適期です。 見た目で収穫適期を判断するには先端にある絹糸が茶色になって枯れた時に頭の部分を少しだけめくって実入りを確かめます。 トウモロコシは品種ごとに生育日数が違っているため収穫の目安が種袋などに良く記載されていますが、トウモロコシは気象条件によって収穫までの日数がかなり変化します。 絹糸が茶色になったら試し取りをしてみましょう。 皮をめくって先端の粒が丸みを帯びていたら収穫適期です。 トウモロコシは収穫時期が早すぎても遅すぎても品質が落ちてしまいます。 収穫が早い時は実の詰りが悪く身の色も白色で、逆に収穫が遅れると粒の表面に凹みやしわが生じてしまいます。 トウモロコシの適期はとても短く適期を逃すと糖分がみるみる減少して甘味が無くなってしまいますので、収穫時期を逃さないように気を付けましょう。 トウモロコシの収穫の仕方は手でしっかりと実を握り豪快にもぎ取ります。 トウモロコシを収穫する時間帯は早朝が良いとされています。 また、トウモロコシは収穫後も糖分がどんどん減少してしまいますので、収穫した後はすぐに茹でて甘味を逃がさないようにしましょう。 トウモロコシに良く発生する病害は、モザイク病・苗立ち枯れ病・すじ萎縮病・倒伏細菌病・ごま葉枯病や斑点病、黒穂病などがあります。 株が大きくなってからは被害出るような病害は殆どないので特に病害の対策をする必要はありません。 ただし、幼苗時の苗立ち枯れ病やモザイク病は苗が枯れたり成長が悪くなったりするので注意が必要です。 トウモロコシは丈夫な育てやすい野菜です。 病害に掛かることがあるということは、畑の環境が相当悪いと言えるかも知れません。 排水性や通気性・用土の状態などを見直してみましょう。 トウモロコシの害虫対策 トウモロコシは病害の被害よりも害虫や害鳥の被害の方が深刻です。 しっかりと害虫対策を行いましょう。 トウモロコシに発生しやすい害虫は、アワノメイガ、イネヨトウ、アブラムシ類・カブラヤガ・コガ類・カメムシ類です。 アワノメイガ、イネヨトウなどのイモムシ類は身の中に入り込む厄介な害虫です。 幼虫を見つけ次第、早急に処分して下さい。 万が一被害を受けてしまった株は早めに薬剤で害虫駆除するか他の株に害虫被害が移らないように抜き取るなどしましょう。 トウモロコシの育て方のコツとまとめ 種から植える時は鳥の被害を受けやすいのでマルチングで対処します。 マルチングは草丈が50cm程度になったら撤去しても大丈夫です。 収穫時期が近付いたら果実をネットなどで覆うと害虫や鳥の被害をかなり軽減出来ます。 トウモロコシは草丈があるため、風や雨などで倒れやすいので支柱をしっかりと埋め込み、株元の用土が減った時は土寄せを適宜行って倒伏対策を万全にしておきましょう。 基本的にわき芽はそのまま残しても問題ありませんが、光の通りが悪くなった時や雌穂が着床し始めるころになったら除去しても構いません。 トウモロコシは葉茎が大きく収穫後に抜き取った株が邪魔に思うかも知れませんが、実は堆肥の材料としてや敷き藁代わりとして使えるので有効に利用しましょう。

次の

トウモロコシの栽培方法・育て方のコツ

トウモロコシ 追肥

1度目は、苗を植えつけて10日ほど経ってしっかり根付いた頃、株元から少し離して一株に半つかみほどづつ追肥します。 肥料は、本肥と同じ化成肥料でいいです。 または、JAなどの追肥専用肥料でもいいです。 2度目は、本葉が5,6枚で30cm位の丈になった頃、マルチなのでマルチの縁に追肥を施します。 3度目は、雄穂が開いて雌穂が出てきた頃、マルチの縁に追肥します。 この3回でいいのですが、家では時期をずらして植えているので、適期のとうもろこしついでにもっと大きくなって60cmくらいになったものや、実がついてきたものにも追肥しています。 なので、3回以上追肥しています。 4,5回位しているかもしれません。 追肥をする回数が多いと、やはり大きな実ができる気がします。 農薬を使わない方法 1、実の1つ1つに、みかんのネットなどをかけて虫の侵入を防ぎます。 2、全体的にネットをかけます。 3、木酢液を消毒がわりに使います。 その場合は、数多く使ったほうがいいです。 4、受粉が終わったら、雄穂は切り取ります。 匂いに釣られて、害虫が来るのを防ぐためです。 とうもろこしの受粉の仕方は? こちらは、強風が吹き荒れる場所なので、とうもろこしは放っておいても受粉します。 2列以上に並べて植えておけば、上の雄穂の花粉が下の雌穂のヒゲに満遍なくかかるはずです。 が、念を入れたい方は受粉作業をしてみるのもいいです。 とうもろこしの受粉 雄穂が開き、雌穂が出てきた頃に受粉作業をします。 雄穂が開いています。 雌穂が出てきました。 雄穂の下の茎のところを持って花粉が下の雌穂のヒゲにつくように揺らします。 yokoyamaさん、初めまして。 こんにちは。 コメントありがとうございます。 雄花の芯を食害して雄花が枯れてしまい受粉できなくて実がいらないということですが、今まで我が家の畑ではそういった被害はあまりありませんでした。 あっても数本くらいかな。 今までトウモロコシに使った農薬といえば今回のトレボンと、雄花が出てきた時にパラパラまくデナポンくらいです。 でもデナポンはあまり効いた気がしなかったので、今回トレポンのみで済ませました。 食害に関しては、地域差もあるでしょうしスイートコーンの種類でも被害に差はあるでしょうね。 yokoyamaさん、雄花の芯を食害されない方法をご存知でしたら教えていただけないでしょうか? 今の所、私の畑ではそういった被害がありませんが、このブログを見ている方の中に悩んでいる方がいらっしゃるかもしれませんので教えていただけると幸いです。 by ran520 2017年5月26日 11:38 AM•

次の