命の母ホワイト 副作用 乳がん。 タイミング治療中の命の母ホワイト

命の母aは効果あり?口コミ集

命の母ホワイト 副作用 乳がん

Contents• ホットフラッシュの現れ方・原因 「ホットフラッシュ」の現れ方をご紹介します。 ・どのような状況で起こるか分からない「 突然型」 ・同じ時間になると起こる「 定時型」 ・仕事中、家事など集中時に起こる「 シチュエーション型」 などがあります。 少しの緊張や不安など無意識に体が熱くなることを 「ホットフラッシュ」と言います。 熱さを意識するとさらにその熱さは高まり、汗となって体の外に出てきます。 顔、上半身に多く汗が出ますが、すぐ全身に汗は広がりますね。 「ホットフラッシュ」には顔が赤くなったり動悸がすることもあります。 大量の汗で ・体温が奪われ熱くなったり冷たくなったりする。 ・顔だけ熱く手足は冷たいなど「冷えのぼせ」を感じることもあります。 睡眠中も寝汗で何回も起きて、ゆっくり眠ることもできません。 「暑い」と感じなくても目覚めを考えていると体中に汗がにじむ事もあるのです。 「ホットフラッシュ」は環境は関係なく大量に汗をかき「ほてり」を感じたりするのです。 原因は 女性ホルモンのバランスにる自律神経が乱れから起こります。 「自律神経」は全身の血管を収縮したり拡張して血管を促す役割を果たしています。 自分が置かれた状況と関係なく興奮し、 血流が必要以上に促進されてしまいます。 上半身の血管に関連する神経が興奮し血流が増え「ほてり」が起こりますが、まず「ほてり」や汗を早く止めたいですよね。 こういう時には「保冷剤」「濡れたもの」などで首筋を冷やし体感温度を下げると少し楽になります。 日常的で「ホットフラッシュ」が気になればウェットティッシュや汗拭きシートを持ち歩くのも1つの方法です。 なぜ漢方でほてりや発汗がおさえられるのか? 「保冷剤」などを使用しても一時的な処置でしかありません。 対策はないのでしょうか。 「ホットフラッシュ」は更年期障害の症状である 「ほてり」「めまい」「発汗」などをまとめたことを言います。 安静にしていると症状が落ち着きますが、放置するとなかなか回復しないので早期治療が必要です。 更年期で「ホットフラッシュ」が起こった時はホルモンを補うのに有効な 「ホルモン補充療法」がありますが副作用や「がん」のリスクも高いので治療ができない方も多くいるのです。 「ホルモン補充療法」についてご紹介します。 女性ホルモンの1つの「エストロゲン」が低下し起こるのが「ホットフラッシュ」で不足したホルモンを錠剤や貼り薬などで補うことを「ホルモン補充療法」と言います。 「ホルモン補充療法」は女性特有の「」「」の方には使用できないや慎重になって様子を見ながらなど様々な検査を事前にしなければならないのです。 急に治療をやめても強い症状が出たりする場合もあるので治療をやめるタイミングも考えなければならないのです。 副作用が少なく有効性が高く期待されている治療が「漢方薬」なのです。 漢方には「気」「血」「水」とありホットフラッシュは、この中の「気」が逆方向に流れる「気逆」や「血」が滞ることによりもたらされています。 ですので目的はエネルギーが逆行したり、血のめぐりが悪くなることで生じるので、それを解明することです。 「気」は「生命エネルギー」、「血」は「血液やその働き」です。 この 気の流れを整えたり血液の循環をよくするために漢方薬が使われています。 「ホットフラッシュ」の症状以外にも頭痛や肩こり、不眠、浮腫みなど他の症状にも漢方薬が使用され、それぞれの症状によって用いられる漢方薬が決まります。 「ホルモン補充療法」をやめる時、副作用として強い症状が出るのを予防するために漢方薬を使用する方法もあるのです。 すべての医師が行うわけではありませんが漢方の診断で「四診」という方法があり症状とは全く違う問診を聞かれたりお腹や、舌、脈を診られる事もあるのですが、これは「ホットフラッシュ」の原因のためです。 紙逍遙散(かみしょうようさん) 「ホットフラッシュ」の症状の気逆には「 紙逍遙散(かみしょうようさん)」という更年期特有のホットフラッシュ、イライラなどに効果があります。 効き目は穏やかですので長期間にわたり服用することが大事なのです。 温経湯(うんけいとう) 他にも「 温経湯(うんけいとう)」という漢方があり更年期により引き起こされるホットフラッシュ、イライラ、抑うつ感などの症状を鎮めてくれます。 「温経湯」は神経症や足腰の冷えなどにも使用されています。 女神散(にょしんさん)五積散(ごしゃくさん) 「 女神散(にょしんさん)」という漢方は、ホットフラッシュ、めまい、のぼせなどに効果があり「 五積散(ごしゃくさん)」という漢方は、冷え性、腰痛、肩こりなどに良いのですが、ホットフラッシュ、抑うつ感にも効果があるのです。 複数の漢方薬がホットフラッシュの症状を抑えてくれます。 多くの人が支持するサプリメント「命の母」とは? この「命の母」は明治36年に「すべての女性を健康にしたい」という思いで作られました。 当時は生薬をお湯で煮出して飲むという「煎じ薬」でした。 実はこの「命の母」には、赤いパッケージの「 命の母A」、青いパッケージの「 命の母ホワイト」があります。 具体的には、 ・のぼせ ・頭痛 ・肩こり などの不調やイライラ ・不快感 ・倦怠感 などの精神症状の 更年期症状に幅広く効果を発揮します。 ・生理痛 ・頭痛 ・月経前症候群によるイライラや憂鬱感 ・生理不順 ・冷え などの 慢性的な症状にも効果を発揮します。 漢方医学の考え方である「お血(おけつ)」血が滞ることによってさまざまな不調を起こすことを改善する成分が多く含まれています。 「命の母A」でも取り入れられている漢方医学で健康を司る「気」「血」「水」とは 漢方医学では、健康を司る「気」「血」「水」のバランスが乱れることにより更年期の不調が現れるとされています。 ・「気」は生命エネルギー ・「血」は栄養を全身に運搬する赤い液体 ・「水」は血以外の体液全体 を表しています。 「命の母A」は、この「気」「血」「水」のバランスを整えて更年期の症状に効果がある13種類の和漢生薬と11種類のビタミンがバランスよく配合された複合薬です。 13種類の和漢生薬ですが、 「気」に関する生薬 ・ケイヒ ・コウブシ ・カノコソウ ・ニンジン 「血」に関する生薬 ・ダイオウ ・センキュウ ・コウカ ・シャクヤク ・トウキ 「水」に関する生薬 ・ソウジュツ ・ブクリョウ ・ゴシュユ が配合されていて、その効能は、 ・「気」 生理機能を維持して身体活動や精神活動を円滑に行う ・「血」 血の巡りを良くして、体中の細胞に酸素と栄養を与える ・「水」 体を潤して老廃物や毒素を体外に排出し、体内環境を浄化して整える というものです。 また、ビタミンは ・ビタミンB群 (ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸) ・タウリン ・ビタミンE ・ビオチン ・精製大豆レチレン が配合されています。 つらいと感じる「更年期障害」の症状を改善してくれる「命の母A」ですが、医薬品で、 副作用がある場合もあります。 すべての人に副作用が現れるわけではなく、体質なども影響します。 製薬会社により報告されている副作用は、 ・発疹 ・かゆみ ・食欲不振 ・嘔吐 ・下痢 ・便秘 などになります。 そして命の母を服用し始めてから太り、服用を中止したら元の体重に戻ったという人もいるのですが、更年期層が胃の症状として「体重の増加」が現れることもあり、もしかしたらこれは更年期障害の影響なのかもしれません。 副作用の症状が出たら医師の診断を受けましょう。 「更年期障害」そして女性ホルモンの影響で起きてしまうさまざまな体の不調に対応し、元気で生き生きとした生活を送るための、女性のためのサプリメントです。 この「からだ想い」は、 ・家事をするのがおっくうに感じる人 ・最近、ちょっと違和感を感じる ・すぐに座ったり横になったりする ・以前と比べると睡眠で疲 れが取れなくなった ・イライラしているように感じる という人におすすめです。 「」の特徴をご紹介しましょう。 イソフラボンアグリコン 一般の大豆に含まれている「イソフラボン」は、「配合体」という糖が結びついた形になっていて、「配合体」は食べたあと、腸で分解されて 「アグリコン」という形になり、初めて体内に吸収されます。 ところが腸内環境が良くなければ上手に分解されず、効率よく吸収されません。 そこで最初から「アグリコン」という形で摂取することができるよう、キッコーマン独自の素材の形で、 腸内環境に左右されることなく、スムーズな吸収が期待できるようにサプリメントに配合しました。 ちなみに「大豆イソフラボン」は食物エストロゲンとも呼ばれており、女性にはとても心強い成分です。 プロアントシアニジン 「ポリフェノール」は、ブドウ、お茶、カカオ、ブルーベリーなど、多くの植物性食品にたくさん含まれています。 中でもブドウ種子に含まれている「プロアントシアニジン」は、ポリフェノールの中でも強い力を持っています。 「からだ想い 基本サプリ」には、 良質なブドウ種子から「プロアントシアニジン」を抽出し、キッコーマン独自の素材を使用しています。 この「プロアントシアニジン」というのは、年齢を重ねて感じるいろいろな変化から守り、そして女性の美容を支るという働きを持っています。 そして意識して補いたい成分が2つ含まれています。 ビタミンD3 この成分はカルシウムの吸収には欠かせない成分で、食品でいうと、魚類などに多く含まれています。 カルシウムは「ビタミンD3」が不足していると体内への吸収がうまくいきません。 「ビタミンD3」は紫外線によって皮膚から作られるものなので、紫外線対策を行う女性には、サプリメントなどからの摂取がおすすめになります。 葉酸 葉酸は、緑黄色野菜やレバー、そして豆類に多く含まれている水溶性ビタミンB群の一種です。 新しい細胞を作るために必要で、特に妊娠中の女性には必要な栄養素になります。 ところが葉酸は調理の過程で少しずつ減少してしまい、酸化したり壊れてしまいます。 また、年齢を重ねると吸収しにくくなります。 そのためビタミンD3と同じく、サプリメントからの摂取がおすすめです。 「からだ想い 基本サプリ」には「ビタミンD3」も「葉酸」もバランスよく配合されています。 食品会社の「キッコーマン」から発売されているサプリメントになりますので、商品の安全性を求めている人が購入しています。 白井田七には、とても強い生命力がある「田七人参」が配合されています。 ほかにも、サポニン、フラボノイド、ギャバが配合されています。 サポニン サポニンは田七人参に含まれている成分で、血行を良くする働きがあります。 血液が滞ることによって、脳の働きや体温を調節する機能が低下し、忘れてしまうことが増えたり、手足が冷えるという状態になります。 そして血管が詰まりやすくなってしまいますので動脈硬化になり、心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な病気につながる可能性が高くなってしまいます。 血行を良くすることによって、のぼせ、手足の冷え、肩こりなどの更年期症状の改善になるのです。 フラボノイド 抗酸化作用が強い成分で、アンチエイジング作用や血管強度を強め、血流を改善する作用もあります。 ギャバ 不安やイライラを解消したり、神経を落ち着かせる精神安定の作用があります。 「白井田七」には血液をきれいにしたり、新陳代謝をアップするなどの作用があるのですが、注目をするのは 「血流改善」の効果です。 血流が改善されるというのは、毛細血管の血液循環を促して、心筋の血液や栄養素の供給が高まります。 心筋の酸素消費量が減ることで、心機能が改善されていくのです。 つまり、更年期の症状である、 ・のぼせ ・ほてり ・発汗 ・頭痛 ・めまい ・動悸 ・肩こり ・倦怠感 ・耳鳴り ・イライラ ・うつ ・記憶力の減退 ・睡眠障害 などが改善されます。 「白井田七」は改善例が多数寄せられており、薬品ではなく天然の素材が配合されていますので、人気が高いサプリメントになっています。 「CoCoRoプラセンタ」は高濃度の「馬プラセンタ」を使用し、豊富な種類のアミノ酸が含まれていて、成分が濃いものです。 他社の馬プラセンタと比べるとアミノ酸含有量が高いため、体の筋肉や皮膚、そして髪の毛やコラーゲンを作る働きを高めて協力にサポートしてくれます。 さらに3つの美容成分、健康成分が含まれています。 ローズヒップエキス 馬プラセンタの豊富なアミノ酸、そしてローズヒップのビタミンCが透明感やみずみずしさを保って白さを作ります。 女性に不足しがちな「鉄分」「カルシウム」もたっぷり含まれています。 メロングリソディン 活性酸素を除去する馬プラセンタ、そして抗酸化酵素を体の中で作る老化に強い「メロングリソディン」でアンチエイジングにサポートをします。 にんにくエキス にんにくに含まれている「アイリン」というアミノ酸が馬プラセンタに含まれているビタミンB1の働きを助け、心と体をスッキリ、元気に導いてくれます。 過酸化脂質(中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されたもの)の生成をおさえ、体のすみずみに酸素と栄養素を供給し、末梢血行障害を改善し、ホルモンバランスも整えてくれる、 更年期サポートに最適なサプリメントです。 トコフェロンEナチュールなら、1日3粒でたっぷり300mg摂取することが可能です。 まとめ~我慢せずに自分の症状やコストを考えて上手に漢方・薬・サプリを利用しよう~ 複数の漢方薬がホットフラッシュに効果がありますね。 夜眠れなくなったり、ほてりなどいろいろな症状が現れますが保冷剤など使用しても一時的でしかありません。 女性ホルモンに似た「大豆イソフラボン」や「エクオール」の入ったサプリを摂取するのもいいですし、 症状にあった漢方薬が数多くあるのですから、我慢せずに自分に合った症状の漢方・薬・サプリメントを使用し更年期をケアしていきましましょう。 また、あまりにも症状がつらいようであれば婦人科の受診をおすすめします。

次の

実際に使って効果は?副作用は?小林製薬命の母エクオールのおすすめポイントと心配ポイント

命の母ホワイト 副作用 乳がん

Contents• エクオールのサプリメントはどれが良い? 「更年期にはエクオールがよい」と、最近はよく目にします。 テレビでも紹介されて、すっかりお馴染みですね。 も色々なメーカーから出ています。 エクエル• エクオール+ラクトビオン酸• キレイ・デ・エクオール• 小林製薬エクオール• ノムダスエクオール• フルミーエクオール しかしエクオールのサプリメントは、ちょっと試してみるには決して安いものではありません。 ネットの口コミをあれこれ見て、どれが良いのか、本当に効果があるのか吟味しました。 エクオールサプリメントの口コミ 良い口コミ• ホットフラッシュや発汗が激減した。 以前のようにキビキビと動けるようになった。 よく眠れるようになった。 肩こりが改善された。 肌の調子が良くなった。 気分の落ち込みを感じなくなった。 悪い口コミ• 合わないのか、飲むと吐き気がする。 高いのに効果を感じられない。 1ケ月飲み続けたが何も変わらない。 粒が大きくて飲みこめない。 (エクエル) 小林製薬のエクオールに決めた理由 効果を感じる・感じないには個人差があるようです。 自分がどうかは、実際に飲んでみないとわからないですね。 悩んだ結果、私が選んだのは小林製薬のエクオールです。 一粒の大きさが約8mmと飲みやすいサイズで、一日1粒なので続けやすい。 他に比べて低価格というのが決め手になりました。 この値段ならダメでも諦めがつく。 低価格だけど、信頼できるメーカーの製品である。 節約主婦ならではのこんな理由で小林製薬のエクオールを飲み始めました。 小林製薬エクオールを使った結果 女性ホルモン不足は色々な不具合を引き起こします。 管理人も「ほてり」「急な汗」「イライラ」に悩まされていました。 しかし小林製薬のエクオールを飲み続けている今は、毎日が良い調子です。 エクオールを飲んでいると• 変な汗をかかない• 顔が熱くならない• 気分が落ち着いている• イライラしないので家庭内が平和• 肩こりがマシ• よく眠れる• 疲れにくい• 肌の乾燥がマシ あくまで個人の感想ですが、こんな変化を感じています。 エクオールの効果はいつから実感できる? 私の場合、飲み始めて1週間くらいで「ほてり」や「急な汗」への効果を実感しました。 さらに続けるうちに、頑固な肩こりがマシになり、夜もよく眠れるようになりました。 ちなみに一般的には、エクオールの効果は飲み始めてから1~3カ月くらいで感じられるようです。 小林製薬《命の母》エクオールの成分 主成分(一日量) 発酵大豆イソフラボン(エクオール含有)28mg その他成分(〃) ブラックコホシュエキス 12. 0mg 酵素処理ヘスペリジン 31. 3mg テアニン 25. 0mg 発酵大豆イソフラボン イソフラボンはエストロゲン(女性ホルモン)と構造が似ていて、エストロゲンに似た働きをします。 更年期で減ったエストロゲンの代わりをしてくれるので、更年期の女性が一番摂りたい成分です。 ブラックコホシュエキス ブラックコホシュはハーブの一種で、更年期の女性向けサプリメントとして北米では最もよく使われています。 ハーブティーとして飲むと苦みがあるので、サプリメントとして使われることが多いです。 ホットフラッシュ、発汗といった更年期の症状に効果があるという報告が多数あります。 酵素処理ヘスペリジン ヘスペリジンはミカンの皮などに含まれるポリフェノールの一種で、漢方薬「陳皮」の有効成分です。 ヘスペリジンの作用としては、• 毛細血管の強化• 血流を改善• 冷えを改善• 血中中性脂肪の低下• 血中コレステロール値の改善• 花粉症を予防• 骨粗鬆症を予防 などが報告されています。 酵素処理ヘスペリジンは糖転移ヘスペリジンともいい、ヘスペリジンの水溶性と吸収性を高めたものです。 テアニン テアニンは緑茶に含まれるアミノ酸の一種です。 緑茶に含まれるアミノ酸の半分以上がテアニンです。 お茶を飲んだときにリラックスした気分になるのは、テアニンの効果だと言われています。 リラクセーション効果の他に、脳神経細胞を保護する作用も報告されています。 更年期の女性をしっかりサポートしてくれる成分 更年期の症状といえば「不定愁訴」というくらい様々な症状があります。 ほてり、急な汗、イライラなどの症状も悩ましいですが、今は気にならなくても将来的な骨粗鬆症、、虚血性心疾患の危険性なども無視できません。 そもそもこれらの症状はエストロゲンが減ることで起こりますから 「減ったエストロゲンの代わりになるイソフラボン(エクオール)を積極的に摂りましょう。 」 ということなのです。 小林製薬のエクオールには、イソフラボン(エクオール)にプラスして、更年期対策に嬉しい成分がたっぷり入っています。 これは、日本人が大豆製品から摂っているイソフラボンの95パーセンタイル値から設定されています。 また、厚生労働省の「」にもありますが、 特定保健用食品(サプリメント含む)としての大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値は30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)とされています。 小林製薬エクオールの発酵大豆イソフラボン(1日量)28mg(エクオール2mg、イソフラボンアグリコン26mg)です。 これは一日あたりの摂取目安量の範囲内ですので、安心して毎日飲み続けてよいでしょう。 欧米では更年期の女性に最も売れているブラックコホシュですが、胃の不快感や胸やけの報告が少数ある以外、特に副作用はありません。 ブラックコホシュを摂取しても子宮内膜の肥厚は見られません。 乳がんのホルモン療法の副作用対策にブラックコホシュを併用する研究が実施されています。 管理人のようにガンが心配でホルモン補充療法をしない人でも、ブラックコホシュを避ける理由はありません。 酵素処理ヘスペリジン ミカンに含まれるポリフェノールで副作用はないと言われています。 ヘスペリジンはの分泌を促進するとか、抗がん作用があるなどの文献は多数ありますが、副作用に関しての報告は見当たりませんでした。 テアニン テアニンには発がん性はありません。 非常に高用量のテアニンをラットに投与した実験で、毒性はみられませんでした。 テアニンは非常に安全なアミノ酸です。 まとめ あの独特のネーミングセンス、テレビCMでおなじみの小林製薬ですが、実は100年以上の歴史がある真面目な製薬会社なのです。 製薬会社ですから研究・開発にも力を入れています。 エクオールの含有量は2mgと少なめですが、その他にも更年期の女性をサポートする成分がしっかりと入っています。 製品の品質も、製薬会社のクオリティで安心です。 身近な製品を多く出している会社なので、続けやすい価格で提供されているのも魅力です。 いよいよ閉経…という時期になり、 管理人はエクオール2mgでは足りない感じがして、今は他の製品に切り替えています。 それでも、高い品質&お手頃価格なのは確かです。 更年期はじめのモヤモヤ症状、ホットフラッシュや汗などに悩んでいる女性にぜひオススメしたいサプリメントです。

次の

命の母との飲み合わせ

命の母ホワイト 副作用 乳がん

命の母は、 更年期障害が原因でおきる症状のほとんどに、効果があると認められています。 命の母の効果・効能(国から認められている)は、以下の通りです。 命の母の効果・効能 身体症状 のぼせ、肩こり、冷え性、肌荒れ、めまい、耳鳴り、動悸、貧血、にきび、便秘、おりもの、産前産後、下腹腰痛、血圧異常、頭痛、頭重 精神症状 ヒステリー また、 血の道症(更年期など女性ホルモンが変動しあらわれる身体・精神症状)全般に効果があると認められていますので、上記に書かれていない「気分が悪い」「ほてり」などの身体症状、「気分の落ち込み」「不安症」「イライラ」などの精神症状などにも効果があります。 更年期障害の市販薬「命の母」の成分 漢方薬は 「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という概念があり、これらのバランスが乱れることで、さまざまな不調があらわれるとしています。 更年期における不定愁訴も、「気・血・水」のバランスが乱れていると考えられるため、命の母には「気・血・水」を整える生薬が配合されています。 気のめぐりを整える生薬 「気」とは、 人間のエネルギーや活力のことを指します。 気のめぐりを整える生薬が入っていることで、更年期特有の「だるさ」や「疲れ」などを改善します。 生薬の名前 配合量 カノコソウ 207mg ケイヒ 170mg コウブシ 50mg ニンジン 40mg 血のめぐりを整える生薬 「血」とは、血の流れのこと。 血のながれが悪くなることによっておきる「頭痛」「貧血」「肩こり」「生理不順」などの症状を改善します。 生薬の名前 配合量 ダイオウ 175mg センキュウ 100mg コウカ 50mg シャクヤク 300mg トウキ 300mg ハンゲ 75mg 水のめぐりを整える生薬 「水」とは、リンパ液・汗・尿などの体液のこと。 「体がだるい」「頭がぼーっとする」「下痢がひどい」「むくみ」などの症状は、これらの体液が滞っているためにおきるとされています。 生薬の名前 配合量 ソウジュツ 100mg ブクリョウ 175mg ゴシュユ 40mg ビタミンなどの成分 命の母には、生薬だけでなく、 ビタミン類も配合されています。 特に、ビタミンB群は、更年期に感じやすい「疲れ」を回復するのに適しています。 ビタミンの種類 配合量 効果 ビタミンB1 5mg 神経や筋肉をサポート。 肩こりや腰痛に効果がある。 ビタミンB2 1mg 皮膚や粘膜を健康に保つ。 ニキビ・肌荒れなどを改善。 ビタミンB6 0. 5mg 皮膚や粘膜を健康に保つ。 ニキビ・肌荒れなどを改善。 ビタミンB12 0. 001mg 末梢神経の働きを正常にする。 葉酸 0. 5mg 血液を正常に保つ。 貧血改善。 パントテン酸カルシウム 5mg 脂肪や糖質を代謝する。 タウリン 90mg 神経や筋肉をサポート。 疲労回復に効果がある。 ビタミンE 5mg 血行を改善。 肩こり、しびれ、冷え、のぼせの改善。 ビオチン 0. 00mg 皮膚炎などを緩和する。 精製大豆レシチン 10mg 脂肪の代謝を高める。 肝臓の機能を維持する。 リン酸水素カルシウム水和物 10mg カルシウムを補給できる。 更年期障害の市販薬「命の母」の効果を実感できなかった理由 命の母ですが、 全ての人が確実に効果を実感できる訳ではありません。 服用された方の中にはまったく効果が感じられなかった人がいらっしゃるのも事実です。 命の母やルビーナは私にはもう一つ効かなかった。 やっぱり漢方は体質に合うかどうかを専門家に聞いた方が早い。 「めまいに効くと書いてあるから〇〇という漢方薬を選ぶ」と、症状だけで漢方薬を選ぶのは、実は正しくありません。 実際、漢方の専門薬局に行くと、その人の体質(証)を調べるために、何百個ものチェックリストを使っているところもあります。 もちろん命の母も有効成分が入っていますので、効果を実感できる人もいらっしゃいます。 ですが、全ての人の体質にぴったりと合う訳ではないので、効果を実感できない人もいます。 (これは命の母だけでなく、どんなお薬でも同じことが言えますね。 ) 13種類の生薬がそれぞれ効果を現すかが不明 「命の母の効果」でも説明しましたが、命の母はさまざまな症状への効果が認められています。 これは、実際に「めまい」「肩こり」「生理不順」などに効果があると言うよりも、「効果があると言える(表示できる)」という方が正しいのです。 というのも、法律で「〇〇という生薬が入っていれば、〇〇に効果があると表示しいていい」と決まっています。 しかし、生薬は、組み合わせによっては お互いの効果を高めあったり邪魔してしまうこともあります。 例としての生薬 例としての効果 生薬A 肩こりに効果がある 生薬B イライラに効果がある 生薬C 貧血に効果がある 例えば、あるお薬に「生薬A~C」まで入っていたとします。 それぞれ「肩こり」「イライラ」「貧血」に効果がある有効成分です。 本来、生薬は「症状」ともとにして組み合わされるものではありません。 生薬ごとの相性も見て組み合わされています。 また、漢方薬では約7~8種類の生薬を配合するものが多いにも関わらず、命の母には13種類の生薬が入っています。 医療用漢方薬よりも作用がゆるやか 「命の母」「ルビーナ」など薬局で購入できる 一般用漢方薬は、病院で処方してもらえる 医療用漢方薬よりも作用がゆるやかなため、効果が実感しにくい場合があります。 日本薬学会が出している薬学雑誌の中の「医療用漢方薬製剤の承認申請について(袴塚高志)」という記事においても、一般用漢方は、人に対する効果・効能がゆるやかであるとされています。 ですので、更年期症状が重い場合も、命の母では改善しないかもしれません。 あまりに症状が重い場合は、婦人科や更年期外来への受診をおすすめします。 病院でお世話になって最近更年期障害だいぶ楽になりました。 命の母は私には効かなかったのよ。 — ねこはち Nekohachi378 更年期障害に悩んでおられる多くの女性の手に取られている、人気のお薬です。 しかし、効果が実感できない可能性があることも覚えておいてくださいね。 命の母は、ドラッグストアで気軽に買える更年期障害改善薬です。 CMを流していて知名度が高いこともあり、「命の母を買ってみようかな?」と考えている人も多いのではないでしょうか。 命の母には「効果がある」と実感できた人と、「あまり効果を感じられなかった」という人に分かれるのが現状です。 それをふまえて、購入するかどうかを検討してみてくださいね。

次の