ロマサガ 3。 【ロマサガ3リマスター】王家の指輪・イルカ像を増殖する【裏技】

【ロマサガ3リマスター】王家の指輪・イルカ像を増殖する【裏技】

ロマサガ 3

簡単資金集め 王家の指輪を利用する。 魔王殿を進んでいくと、「指輪を…」というメッセージがでる扉がある。 この扉に到達してからランスの聖王家に行き当主に話しかけると、王家の指輪を受け取れる。 この指輪をヤーマスの道具屋 下 に行き、王家の指輪を売る。 一旦購入画面から出て再度買い物をすると「きれいな指輪」が販売されているおり、購入すると王家の指輪に変化する。 王家の指輪は2500オーラムで売れるので、これを繰り返すと簡単に資金を貯めることができる。 なお、売るのはどの町の道具屋でも構わない。 ただし魔王殿の扉を開くとイベントアイテムとしての役割がなくなるため、きれいな指輪が販売されなくなり、この方法は使えなくなる。 技を閃きやすい敵 最も効率的に技を閃けるのが「アスラ」。 主に洞窟寺院跡に出現する、固定の悪魔系シンボルで出現する。 HPが700前後から出現するようになる。 それなりに強いモンスターで、下手をするとHPが800以上でもやられてしまう場合もあるので注意すること。 出現しない場合は、戦闘をこなしてモンスターレベルを上げると出現するようになる。 なおアスラは浮遊しているが、地上攻撃の技も閃くことができる。 遭遇のしやすさと閃きやすさは群を抜いている。 ただし、洞窟寺院跡のボスを倒してしまうとダンジョン内にモンスターが出現しなくなってしまい、アスラも出現しなくなってしまうので注意しなくてはならない。 ハリードが主人公の場合は諸王の都の悪魔系シンボルでも代用可能。 もっと早い段階では、レオニード城に出現する「ポイゾギアン」がお勧め。 ゾンビ系シンボルで、完全な固定ではなく移動はするものの絶対に出現し、能力もそれほど高くは無い。 洞窟寺院跡が出現しないうちはポイゾギアンがおすすめ。 あとは魔王殿の宝箱を塞いでいる「レッドドラゴン」や「嵐龍」あたりといったところ ポイゾギアンよりも早く戦うならこちら だが、アスラが圧倒的に閃きやすい。 がめつさについて ステータス画面には表示されないが、「がめつさ」のパラメータがある。 通常は問題にならないことが多いが、「」のイベントではがめつさが高すぎると引き受けられなくなるので注意が必要。 そうなると当然雪の町へと行くこともできなくなる。 特にハリードは注意が必要で、当初の数値が高くすぐに氷湖のモンスターを倒すが引き受けられない数値になってしまう 初期の数値なら引き受けられる。 がめつさを下げるには、氷湖のモンスター倒すを無償で引き受けてからウォードをパーティから外す、また引き受けるのを繰り返せば簡単に数値を下げることができる。 がめつさが変更されるイベントは下記の通り。 上昇するイベント 大野盗を逃がす 教授のペットを捕らえ、ツヴァイクで売る際に値段を吊り上げる 氷湖のモンスター退治を引き受ける際に、【いくらくれる?】を選ぶ バンガードを動かす際に金を要求する、値段を吊り上げるとさらに上昇 低下するイベント 氷湖のモンスター退治を引き受ける際、何も要求せずに引き受ける バンガードを動かす際に金を要求しない ロアーヌ襲撃発生条件 ミカエルが主人公の場合 1. ランスでヨハンネスからアビスゲートの話を聞き、小さな村で詩人から古い詩を聞く 続きは聞かなくてもいい。 その状態で玉座でマスコンバットが起きると、相手が「魔物の群れ」に変化する 2. アビスゲートを1つ閉じてから、玉座に座ってマスコンバットを発生させる。 その状態で玉座でマスコンバットが起きると、相手が「魔物の群れ」に変化する 他のキャラが主人公の場合 グゥエインとの共闘フラグが成立しているとロアーヌ襲撃情報が入ってこなくなる イベントの発生の強さとして、グゥエインとの共闘>ロアーヌ襲撃になっている模様。 詳細な条件は不明だが、1つ目のゲートを閉じる前にグゥエインのいるルーブ山地を出現させていなければフラグは立たないよう ストーリーが進行できなくなるリスクを避けるため、小さな村は出現させておいたほうがよい。 ただしグゥエインとの共闘フラグが成立していても、グゥエインを倒していればロアーヌ襲撃の情報を得ることができる。 ゲームがクリアできなくなる アビスゲートの1つであるタフターン山のゲートを閉じる際、間違った手順を踏むとゲームのクリア自体ができなくなってしまう。 ビューネイの巣のアビスゲートを閉じるには2つのパターンがある。 グゥエインと共闘してビューネイを倒す 2. アビスゲートを1つ閉じた直後にロアーヌ襲撃の情報をパブで聞いてからビューネイの巣に突入する 情報を得てからグゥエインとの共闘も可能 イベントの発生の強さは1のほうが上のようで、1のパターンが発生すると2は発生しない。 ただこの場合はルーブ山地がおそらく出現しているのでストーリーが進行しなくなることはおそらく無い。 ただし2のパターンでは、1つ目のゲートを閉じた直後にパブでロアーヌ襲撃の情報を得ていないと、次のイベントが新たに発生してしまうと話が聞けなくなることがある。 これにより1のパターンでクリアするしかなくなるが、小さな村を出現させずにバンガードが動いているとグゥエインのいるルーブ山地を出現させることができなくなってしまう。 これによりゲームクリアができなくなる。 ビューネイのアビスゲートを閉じる手順が多少異なるミカエルが主人公の場合でも、1つ目のゲートを閉じる前にマスコンバットを全て終了させており 最後の抵抗を除く 、小さな村を出現させてバンガードを動かしている場合はストーリーが進行できなくなってしまう。 エンディング分岐点 エンディングは主人公それぞれに2パターン以上用意されている。 それぞれのキャラの条件は下記の通り。 ユリアン パターン1・・・ラスボス戦でパーティーにモニカがいるorプリンセスガードに入隊して結婚話を受けている パターン2・・・ラスボス戦にモニカがパーティーにおらず、エレンがパーティーにいる パターン3・・・ラスボス戦にモニカもエレンもパーティーにいない トーマス パターン1・・・トレードをクリアしている パターン2・・・トレードをクリアしていない ハリード パターン1・・・カムシーンを手に入れている パターン2・・・カムシーンを手に入れていない ミカエル パターン1・・・国威が充実以下 パターン2・・・国威が強大になっている パターン3・・・国威が最高になっている モニカ パターン1・・・ユリアンがパーティーにいるor結婚話を受けている パターン2・・・ユリアンがパーティーにいない エレン パターン1・・・ラスボス戦でパーティーにユリアンがいる パターン2・・・ラスボス戦でパーティーにユリアンがいない サラ パターン1・・・ラスボス戦でパーティーにエレンがいる パターン2・・・ラスボス戦でパーティーにエレンがいない カタリナ パターン1・・・ラスボス戦でパーティにミカエルがいる パターン2・・・ラスボス戦でパーティにミカエルがいない サラのラストバトル サラが主人公の場合、ラストバトルが特殊になり、ファイターモードとコマンダーモードの中間 のような形になる。 あとは特徴では無くバグのようだが、アビス属性の防具を装備しているとHPの回復効果が半減されることがある。

次の

ロマサガ3リマスター版攻略wiki|ロマンシングサガ3

ロマサガ 3

・ヒドラ革 ・水鏡の盾 ・水心の爪 ・トロールストーン 関連記事 暗闇の迷宮の出現条件 夢魔イベントをクリア後、ランスにいるアンナから「 夢魔の秘薬の夢のこと」を聞くと、暗闇の迷宮がピドナの南に出現します。 四魔貴族を倒していくと進めるポイントが解放されていき、最短部まで行くには全部の四魔貴族を倒す必要があります。 ヒドラ革のドロップ ヒドラ革は最強の体防具である ヒドラレザーの開発素材です。 ヒドラレザーは打・熱に高い耐性があり、毒を無効化します。 重量も軽いため、ロマサガ3で重要なステータスになる素早さへの影響も小さい強力な防具。 暗闇の迷宮の第4ポイント-最後のエリアで出現するドラゴンパンジーx2でドロップを狙いましょう。 最短部にワープしてエリアを1つ戻るのが効率的です。 (上記画像の場所) 戻ってすぐの蛇シンボルと左右の蛇シンボルに触れると、ドラゴンパンジーx2が出現します。 ミカエルを主人公にして開発 ヒドラ革がなかなかドロップしない場合は、 ミカエルを主人公にして開発するのも手です。 ミカエルが主人公の場合、玉座から開発を依頼すると素材不要で開発ができます。 さらに受け取りも玉座で行うことで開発品が2つ入手可能。 ただし、ノーラの工房で開発候補の一番上に表示されていることが条件です。 ヒドラレザーを表示するまで、それなりの戦闘回数や施政イベントを積む必要はあります。 水心の爪も水属性に耐性があり、熱・冷・雷・状に対する防御力も高い強力なアクセサリー。 第4ポイントのエリア2とエリア3を往復すると良いです。 (上記画像の場所) 玄竜とゼラビートルが強い 玄竜とゼラビートルは防御力が高く、かなり強いので注意が必要。 体術が有効ですが、凝視で混乱して錬気拳で全滅するパターンがあるため、凝視の見切りを付けておくのが有効です。 凝視の見切りはゼラビートルから閃くことが可能なので、極意を取得したら油断せずに全員に身に付けておきましょう。 トロールストーンのドロップ トロールストーンは装備することで HPが自動回復します。 熱への防御力はありませんが、熱に強い ヒドラレザーとの相性が良い装備です。 暗闇の迷宮の第2ポイント-最後のエリアで出現するゴールデンバウムからドロップを狙いましょう。 第3ポイントにワープしてエリアを1つ戻るのが効率的です。 (上記画像の場所) 腐海の廃墟で入手可能 トロールストーンは腐海の廃墟で1つ入手できるので、無理にレアアイテムのドロップを狙う必要はありません。 データ引継ぎを行えば、必要な人数分を揃えることが可能です。

次の

ロマンシング サ・ガ3

ロマサガ 3

今回遊んだメンバー。 個性的。 『ロマサガ3』の魅力を改めてご紹介 まずは『ロマサガ3』について説明しましょう。 すでに知っている人は、読み飛ばしてオーケーです。 『』シリーズとして3作目となる『ロマサガ3』は、スーパーファミコン後期に制作されたということもあり、グラフィックからバトルシステムにいたるまで、それまでの『』シリーズの集大成のようなタイトルです。 プレイヤーは8人のキャラクターからひとりを主人公に選び、それぞれの物語を進めていきます。 そして『ロマサガ』シリーズには欠かせない、作曲家・伊藤賢治氏による珠玉の名曲たちも魅力のひとつ。 とくに『ロマサガ3』のバトル曲は大人気で、大ボス的な存在である四魔貴族たちとの戦いは、曲を聴くだけで盛り上がること間違いナシです。 難度が高めと言われる『サガ』シリーズですが、『ロマサガ3』の難度はそこまで高くありません。 ほかのシリーズ作と比べても、かなり親切なゲームだという印象なんですよね。 ですので、「『サガ』シリーズをプレイするのは初めて」という人にもバッチリオススメできるのが、『ロマサガ3』なのです。 美しく描き下ろされた豪華な背景 ここからはHDリマスター版のお話。 本作はHDリマスター版ということで、文字通りグラフィックがHD化しています。 主人公たちなどのキャラクター、敵のグラフィックなどドット絵はそのままに、おもに背景がHDに対応し、美麗に進化したという感じ。 プレイ開始当初は、たとえば家の中の家具や食器に至るまで細かく描写されているせいか、あまりにも綺麗すぎて違和感さえ覚えました。 が、それは一瞬のできごとでして、10分も遊べばすぐに慣れていき、美麗に描かれた新たな『ロマサガ3』の世界を堪能している自分がいました。 聖王廟や魔王殿といった各地の名所は、かなり見ごたえがあって思わず「おおっ!」と声が出てしまいました。 細かな部分がブラッシュアップ 『』のときもそうでしたが、オリジナル版では表示されていなかった装備重量がわかるなど、細かな部分がブラッシュアップ。 セーブデータの数も大幅に増えているほか、オートセーブにも対応。 また、バトル中に気軽にリセットできたりもします。 オプションでは、常時ダッシュなども選べるようになりました。 些細なことではありますが、いろいろと遊びやすくなっているんです。 また、大きな変更点としては、プレイのやり直しや周回プレイに対応したことでしょう。 ニューゲームを選択した際、すでに存在しているセーブデータを読み込むと、覚えた技の極意、一部の装備品(聖王や魔王の遺物など)を除くアイテム、技力&術力などがクリア後でなくても引き継いでゲームスタートできます。 なお、ブラッシュアップされたのはおもにユーザーインターフェースで、バトルの仕組みなどはオリジナル版と同じ。 このふたつを体験してみた感想を述べましょう。 洞窟に主人公たちを閉じ込めて生贄にしたくせに、平気な顔で自己紹介する町長は、もはや伝説的な存在でした。 しかし、なんと本作では町長イベントに続きが……。 どんなイベントになるのかは、ぜひご自身の目で確かめてみてほしいです! 暗闇の迷宮 本作の大きな目玉とも言えるのが、新ダンジョン・暗闇の迷宮。 ミューズの夢のイベントをクリアー後、ランスのアンナに話を聞くと出現します。

次の