絵本 無料 公開。 無料公開中の絵本『えんとつ町のプペル』の感想と、絵本制作の“分業制”について思うこと

つんく♂の無料公開絵本が話題に「感動で涙」 少年の声は9歳の娘が担当

絵本 無料 公開

ある日、「ボク」は「買い物に行きたいんだ」とママにお願いするも、なかなか聞き入れてもらえず。 ついには泣いてしまい、ママからは「泣いて頼んだってダメだから」と一蹴され……。 昨年から、ゴールデンウィークの発売に向けて制作していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発売の延期が決まっていた。 世の中の皆様がいろんなことを我慢なさっていることも重々承知です。 出版社の双葉社の皆さんとも幾度となく話し合い、どうすることが我々にとって本当のベストかを議論してまいりました」と経緯を明かし、「結論を申しますと、本の発売を待たずしてYouTubeにて内容を発表させていただくことといたしました」と報告。 「正直、出版社の皆様からしてみれば、とんでもないことというのもわかっております。 だって誰もが無料で見られるのだから。 でも、とにかくいち早くお届けしたかった」と公開に踏み切った思いをつづり、「私のわがままを聞いていただき、本当にありがとうございます」と双葉社への感謝も。 そして、「より多くの方にこの作品が届くことを祈り、そして少しでも気に入ってくださった方は家族、親戚、友人、知人の皆様方に共有拡散し、お知らせいただけると幸いです。 例え、ひとときであっても、笑顔とキュンが世界中に響き渡れば!とそう思っております」と願いを込め、「どうぞ、未来が明るい未来で有りますこと、心より祈っております。 ありがとうございました」と結んだ。 一方の双葉社は、「出版社としては死活問題」が本音ではあるものの、「……が、こうなれば、我々も腹を決めた!」。 YouTubeのコメント欄には、「感動で涙が出ます」「ハッとさせられる動画」「友人や恋人との関係についても考えるきっかけになりました」「気づかされる事沢山ありました」など感想が続々。

次の

絵本を無料で楽しめるサイト・アプリ・動画を厳選!読み聞かせにおすすめ世界の名作やオリジナル作品集

絵本 無料 公開

《この記事は約 2 分で読めます》 株式会社ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)は3月2日、進研ゼミ会員向けの「電子図書館まなびライブラリー」を期間限定で無料開放することを発表した。 新型コロナウイルス感染症対策のため政府が、小中学校、高校、特別支援学校などに臨時休校を要請したことを受けての対応。 閲覧できるのはベネッセの進研ゼミと、出版社9社、映像提供会社3社の児童書や絵本・小説・歴史・生物や科学ジャンルの書籍約1000点と動画10本以上。 進研ゼミ会員以外は、初回利用時のみ登録が必要になる。 公開期間は3月23日23時まで。 電子図書館まなびライブラリーは、進研ゼミ会員が自由に使える電子書籍貸出サービス。 利用者数は2019年9月時点で小中高校生約85. 6万人。 なおベネッセでは、自宅学習に利用できる小中高校生向けのオリジナル教材「春の総復習ドリル」を [以下訂正と更新]合計30万冊まで提供、3月4日17時からはPDF版の無料配信も行う。 また、小中学生におすすめの本をランダムに1冊、先着1万名まで無償で郵送する対応も行っている。 [訂正と更新ここまで] [お詫び:初出時、先着1万名までの無償郵送対応を「春の総復習ドリル」と記述していましたが、ドリルは10万冊(のちに30万冊へ増刷)で、先着1万名はランダムにプレゼントする本の謝りでした。 お詫びして訂正します。 ] 参考リンク 電子図書館まなびライブラリーログイン画面 無償提供対応の一覧ページ.

次の

無料公開中の絵本『えんとつ町のプペル』の感想と、絵本制作の“分業制”について思うこと

絵本 無料 公開

タブレットやスマホで気軽に、どこでも楽しめるデジタル絵本。 まるで絵本のページをめくる感覚で読めるものや、動画、読み聞かせしてくれるものなど、さまざまなサービスが展開されています。 そこで今回は、無料でダウンロードしたりYouTubeで見れる、デジタル絵本のサイトを紹介します。 デジタル絵本なら無料で楽しめる作品がたくさん! デジタル絵本とは、スマホやタブレットを使って楽しむ絵本のこと。 画面をタッチしてページをめくったり、音楽や音声と共に読み聞かせをしてくれたり、さまざまな演出で絵本の世界を体験できます。 世界の童話や日本の昔話、作家さんによるオリジナルなどたくさんの作品に出会えるのも、デジタル絵本の魅力。 デジタル絵本を無料で体験できるおすすめサイト 「デジタル絵本」で検索してみると、たくさんのサービス展開がありどれを選んだらいいのか迷ってしまうことも。 そこで、はじめは無料で楽しめるデジタル絵本を体験してみてはいかがでしょうか。 【1】『e-童話』 日本の昔話、グリム童話、イソップ童話、アンデルセン童話など世界の名作がこのサイトで楽しめます。 取り扱い絵本の種類が多いので、一度は子どもに読み聞かせしておきたい作品も見つかるはず。 『e-童話』のサイトは>> 【2】『絵本ひろば』 『絵本ひろば』は、オリジナルの絵本を読むだけでなく、自分で作った絵本を投稿できるサイト。 本屋さんに並んでいない作品に出会うことができます。 ユーザー登録すると、お気に入り設定や自分で描いた絵本を投稿できるなど、さまざまなサービスが使えるようになります。 『絵本ひろば』のサイトは>> 【3】『あかえほ|赤ちゃんのWeb図書館』 赤ちゃんから絵本をもっと身近に楽しめるサイト。 年齢、食べ物、動物、季節など、さまざまなジャンルから検索することができます。 絵本は、webで見るだけでなくプリントアウトすることも可能。 お気に入りの絵本をデジタルだけでなく手元に残すことができるサービスは嬉しいですね。 『あかえほ』のサイトは>> 【4】『ChildDak チャイルドダック』 かわいいイラストと音がおもしろい!絵本と動画の両方が楽しめる赤ちゃんから子ども向けの無料サイト。 カラフルな色や「じゅ~じゅ~」、「とん、とん、とん」など読み聞かせて楽しい工夫がつまった内容になっています。 独特なシュールな描写に大人もハマってしまいそう。 『ChildDak チャイルドダック』のサイトは>> ダウンロードして楽しめる!おすすめ無料絵本 デジタル絵本をダウンロードしておけば、デジタル絵本を読むときにインターネットの環境が無くても、いつでも読むことができる上、プリントアウトして紙で楽しむこともできます。 ダウンロードしたデータを保存しておけば子どもが自分で操作して見る場合でも、インターネット環境をOFFにして、安全に安心して見せることができますよ。 【1】brotherの『手作り絵本シリーズ』 プリンターなどを製造、販売しているbrotherの『手作り絵本シリーズ』は、ダウンロードしてPDFファイルで見ることも、プリントアウトすることもできます。 印刷した紙を型紙などの台紙に付けて、子どもと一緒に絵本作りをするのも楽しそう。 『手作り絵本シリーズ』のサイトは>> 読み聞かせてあげたい作品がたくさん!無料の絵本 子どもに読み聞かせてあげたい、昔話や童話などの作品もデジタル絵本で!また、YouTubeで読み聞かせしてくれるおすすめの作品も紹介します。 大人気絵本『マカロンのかいかた』をYouTubeで楽しむ ピエール・エルメ・パリと川村元気さん、サカモトリョウさんがコラボレーションした絵本「 マカロンのかいかた」。 親子で一緒に見たり、ママの手が離せないときに見せたり、いつも読んでいる絵本を動画で楽しむのもいいですね。 動き出すマカロンたちが面白くてかわいい! 軽快なピアノのバッグミュージックも心地いいです。 アプリで読める!おすすめ無料絵本 読み聞かせのアプリもたくさんの種類があります。 その中でも評価が高くて人気のあるアプリを紹介します! 絵本が読み放題!知育アプリPIBO 子ども向け読み聞かせ 読み聞かせアプリで人気の『絵本が読み放題!知育アプリPIBO』。 まずは、1週間無料で試して見てよかったら課金するというサービスを利用するのもいいですね。 360冊以上の絵本が読み放題で、プロ作家の絵本&プロ声優の読み聞かせが付いています。 Appstoreは>> デジタル絵本なら、たくさんの作品に出会える 「デジタル絵本を見るようになってから、子どもが本を読むことに興味を持つようになった!」というママの声も。 タブレットやスマホに触る興味からはじまり、絵本の世界にどんどん引き込まれていくそう。 やがて本を読むということに慣れていき、自分ひとりで読めるようになるきっかけにもなるようです。 図書館に絵本を借りに行く時間がなくても、デジタル絵本を使えばネット上でたくさんの作品に出会うことができます。 作家さんによるオリジナル書き下ろしや、動画バージョンを楽しむのもいいですね。 無料で使えるサービスがたくさんあるので、試してみてはいかがでしょうか。

次の