クラスター 感染 意味。 患者クラスターの意味とは何か?:新型コロナウイルスCOVID19

感染症のクラスターとはどういう意味?集団感染との違いは

クラスター 感染 意味

新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、「クラスター」という言葉を聞く機会が増えました。 新型コロナウイルスに関する報道では、カタカナ英語が多くてわかりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。 「クラスター」の意味やクラスターの対策、クラスターを作らないための方法について確認していきましょう。 クラスターは発生ではなく集団を指す言葉 クラスターは本来「集団」や「群れ」という意味ですが、ウイルスの感染においては「感染者の集団」や「集団感染」などを指す言葉として使われています。 本来、クラスターは「果実や花などの房や塊」 ブドウ から連想された「同様の種類の塊」という意味でしたが、これが転じて「集団」や「群れ」「一群」などを指す言葉になりました。 本来の意味に準じてクラスターを使用するなら「感染者のクラスター」や「クラスター感染」のような「集団」としての使い方が望まれます。 「クラスターが発生」や「感染者集団の『発生』」のような用いられ方は正しくありません。 カタカナ英語の乱用は意味が正しく伝わらない可能性もあるので、できるだけわかりやすい言葉を使った報道が求められます。 なお、厚労省ではクラスターを「小規模な患者の集団」と定義し、これまでに全国で確認されたクラスターマップを公開しています。 クラスターマップからもわかるように、「飲食店」や「ライブハウス」「スポーツジム」などでクラスターが確認されています。 厚労省が発表しているクラスターの対策 新型コロナウイルスは、多くの感染者が軽症か無症状のため、感染拡大の防止は大変困難です。 そこで、厚労省ではクラスターの連鎖を防ぐために、以下の流れに則った対策を行っています。 1 早期発見 医師の届け出などから、集団感染の発生を早期に把握する 2 感染源と経路の特定 感染源と感染経路を特定して事態を収束させる 3 感染拡大防止 濃厚接触者の健康観察と合わせて、外出自粛の要請や関連施設の休業、イベント自粛の要請などを行う 感染者集団の早期把握と感染経路の特定は、事態の早期収束につながると考えられています。 とくに重要なのは行動制限や行動変容で感染の連鎖を断ち切り、感染拡大を収束方向に向かわせることです。 また、若年層は重症化するケースが少なくクラスターを検知しにくいため、感染経路の特定には慎重な対応が求められます。 なお、地方自治体の対応に限界が生じる場合は、国の主導による短期解決を目指します。 各地方自治体は担当者の増員を図りながら地域経済の被害を最小限に抑え、国と連携して感染の拡大防止に努めます。 新たにクラスターを作らないための方法 不特定多数が接触する密閉された空間はクラスターの原因と考えられているため、以下の「3つの密」を避けることが大切です。 1 密閉空間 窓のある環境では、できるだけ窓を開けて換気をする 2 密接場所 人と人との距離は、1~2メートルほど空ける 3 密接場面 近距離での会話や発声を避ける 密閉された空間に人が集まると、イベント以外でもクラスターは起こり得ます。 気がつかないあいだに自分自身がクラスターに属したり、クラスターの感染源になったりする可能性もあるので、不要不急の外出は極力控えるべきでしょう。 社会的な理由で検知しにくい飲食店に関わるクラスターも、病院や高齢者施設への感染拡大につながる恐れがあります。 なお、特定の感染者から感染が拡大したと思われる事例も発生しています。 たとえば、「イベントA」に参加してウイルスに感染した場合、イベントの参加者全員が「イベントA」のクラスターに入ります。 「イベントA」のクラスターに属した人が「イベントB」に参加して感染を拡大させれば、「イベントB」のクラスターにもなります。 感染の連鎖を防ぐためにも、イベントの開催者は規模の大小に関わらず、開催の必要性を再検討する必要があるでしょう。 まとめ 新型コロナウイルスは無症状の感染者でも感染力を持つため、自分自身が感染源になる可能性もあります。 感染拡大を防ぐためには、イベントなどの密閉空間に出向くことは避け、不要不急の外出を自粛することが大切です。 また、カタカナ英語は印象に残りやすいですが、重要な局面での利用は不適切といえます。 さまざまな見解や誤った情報の拡散によって無用な混乱を発生させる必要はないので、主導するのであれば、状況に適した平易な言葉を用いることが望まれます。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

クラスター(cluster)感染とは何か?感染拡大する環境とは?

クラスター 感染 意味

クラスター・オーバーシュート・ロックダウンって海外で通じるの? ロックダウン lockdown オーバーシュート overshoot クラスター cluster 結論から言うと、それだけでは通じません。 特にオーバーシュートやクラスターは、ウイルス用語でも医学用語でもありません。 メディア等のせいで、最近クラスターと聞くとすぐにコロナウイルスを連想する人が多いようですが、 「クラスター」と聞いてウイルスを連想するのは、カタカナ英語を多用する我々日本人だけです。 これらの英語は一般的に、 都市閉鎖 爆発的患者急増 感染者集団 と日本では解釈されていますが、アメリカや英国では滅多に使わない言葉なんです。 これらをいきなり文の中で使っても理解してもらえない確率が高いので、 どうしても使いたい時は、必ずコロナウイルスの話題の中でだけ使うようにしましょう。 クラスターはウイルス用語ではない 「クラスター」と聞いて、すぐにコロナウイルスを連想するのは我々日本人だけです。 カタカナがひとり歩きしてしまったからです。 本来は「集団、群れ」という意味だけ。 全然ネガティブな意味はなく、しかもネイティブが会話で「あそこに若者の cluster 集団 がいるからうるさいね」などのように日常使う単語です。 決してウイルス関連の単語だと誤解しないようにしましょう。 英語でclusterと言うと、ネイティブがイメージするのは「 同一種類の群れや集団」です。 例えば、 子供が一か所に集まって遊んでいる場面や、海の中で群れで泳いでいる魚たちをイメージするわけです。 また、昔から使われている用語なのでご存じの方もいると思いますが、パソコン用語で、ハードディスクのクラスターなどもありますね。 したがって、 clusterという単語はウイルス用語でも医学用語でもありません。 単なる「群れ、集団」の意味だけなので、仮に There was a cluster in Shibuya(渋谷でクラスターがあったよ)などと言っても、「何の集団(群れ)のこと?」と思ってしまい、ピンと来ないわけです。 このclusterを文の中で使いたい場合は、コロナウイルスの話題の中でのみ使うといいでしょう。 It takes one sneeze or one case to create a cluster. (1回のくしゃみや1人の感染者だけでも、クラスターが出来てしまいます) One case can lead to a large cluster of coronavirus cases. (感染者が1人いるだけでも、コロナウイルスの大きなクラスターになる可能性があります。 ) Infection clusters are forming in hospitals too. サッカーなどで、ゴールに向かってシュートして、そのボールが ゴールを超えて行き過ぎる、というイメージです。 あるいは、戦艦から敵に向かって大砲を打ったが、 弾が通り過ぎて外れる、といったイメージ。 なので、彼らがovershootと聞いて普段想像するイメージは、全くウイルスとは関係ないわけです。 「爆発的患者急増」からはかけ離れていますね。 これと似たような意味のことを言いたいときは、outbreakやpandemicという単語を使って、次のように言うとよいでしょう。 There's been a major outbreak of coronavirus in Tokyo. (東京ではコロナウイルスの爆発的感染があったようだよ) It's been becoming a pandemic in Tokyo. (東京では大流行してきているよ) ロックダウンは本来「封鎖、閉鎖」の意味 「ロックダウン」はウイルスの話題の中で使えば通じますが、本来lockdownといえば、大半のネイティブは「 建物の中に人を閉じ込めること」を想像します。 「 監禁、閉鎖、封鎖、幽閉」のようなイメージですね。 本来はウイルスとは全く関係のない意味だったわけです。 ところが、今回のコロナウイルスの世界的感染で、今年になって世界中の人々が新たにこの単語を使い始めたという経緯もあり、いわば「英語圏の新語・流行語」のようになっているということです。 通じる人もいれば通じない人もいるということですね。 なので、普段の会話ではあまり使わないことをお勧めします。 それでも、lockdownをどうしても使いたい場合は、以下のように使うとわかりやすくなります。 The whole country is under lockdown because of the virus crisis. (このウイルス危機のために、今は国中がロックダウンされています) London went into lockdown and most stores and office buildings are shut down. (ロンドンはロックダウンに入りました。 ほとんどのお店やオフィスビルは閉鎖されています) また、他の表現として、 a stay-at-home order (皆家にいなさい、という指示) という単語が使われることが多いです。 We're under a stay-at-home order in California. (カリフォルニア州では、在宅命令が出ています) あとがき 繰り返しになりますが、lockdown, overshoot, cluster はウイルス用語でも医学用語でもありません。 元々の意味をきちんと知っておくことが大切です。 ちなみに、「コロナウイルスに感染する」を英語で言うときは、難しく考えず、なるべくシンプルに表現します。 get coronavirus これだけでOK。 「infect」という動詞を使って get infected with coronavirusとも言えますが、長くてめんどくさいですよね。 ですのでネイティブも大抵はシンプルな言い方で表現するわけです。 Did anyone in your office get coronavirus? (社内でコロナに感染した人はいる?) のように使います。

次の

新型コロナ報道の横文字、正しい意味は?クラスター、ロックダウンetc.

クラスター 感染 意味

クラスター(cluster)の意味 クラスター(cluster):集団。 原子や分子の集まりの中で、特定の一部の原子や分子が結びついて一つの塊となり物理的に安定し、かつその集まりの中で一定の役割を担っていること。 クラスター感染とは クラスター感染とは、集団感染という意味になります。 この場合、同じ場所で感染した患者の集団(感染者集団)を指しています。 こうして同じ場所で感染した患者の集団が全国各地に散らばることで、結果として感染が拡大して行くことになりました。 厚生労働省のクラスター対策班が集団感染について、以下のような調査をしています。 【 新型コロナウイルス感染症の国内事例の8割は、他の人にうつしていない 】 しかし! 多くの事例では新型コロナウイルス感染者は周囲の人にほとんど感染させていないものの、一人の感染者から多くの人に感染が拡大したと疑われる事例はある。 という調査報告があります。 クラスター感染しやすい環境 屋内の閉鎖的な空間で、人と人とが至近距離で一定時間交わることでクラスターが発生する可能性が分かってきました。 1.閉め切られた換気の悪い狭い空間 2.人が密に集まって過ごすような空間 3.近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発生が行われる空間 4.不特定多数の人が接触するおそれが高い場所 クラスター感染拡大防止の為には クラスターを形成するような大きな10~20人規模の集団を潰していけば、感染をコントロールできる可能性はあるとの報道がありました。 また専門家会議からは、「多数の人が集まる風通しの悪い場所を避けることで、多くの人々の重症化を食い止め命を救うことができます」との発表がありました。

次の