餃子 の 皮 バナナ。 バナナを冷凍するベストな方法

【材料3つで】少量余ったときに作りたい「餃子の皮」スイーツ5選

餃子 の 皮 バナナ

どうやら、知られざる力が隠されているようです。 虫刺されのかゆみを 軽減してくれる これはまだ、科学的には証明されていないこと。 ですが、バナナの皮に含まれている多糖には、鎮痛効果があると言われています。 実際、地域によっては、蚊に刺された箇所に塗ることもあるそう。 お気に入りの革靴を ピカピカにしてくれる バナナの皮に含まれているカリウムが、靴をピカピカにしてくれるのだとか。 これからは、市販の靴磨きを買う必要はないかも!? 03. 青アザに効く!? 青アザができた皮膚のところに、バナナの皮をすり込む。 するとアザが消える…とまではいかなくても、ある程度の効果が期待できるそう。 歯をホワイトニング 歯ブラシをする前に数分間、バナナの皮で歯を磨く。 これを毎日1ヶ月続けると、真っ白い歯を手に入れることができるかもしれません。 実は、バナナの皮に付着するミネラルが、歯垢やステインを落とすのに効き目があると言われているのです。 一度、騙されたと思って試してみては? 05. 一緒に焼くと お肉が柔らかくなる お肉を焼く時は、フライパンの中に一緒に入れるべきかもしれません。 というのも、バナナの皮がもつ酵素がタンパク質に作用して、お肉をやわらかくしてくれるようです。 発疹をおさえてくれる バナナの皮に含まれているアストリンゼンが、発疹や皮膚のかゆみをおさえると言われています。 額にこすると 頭痛が和らぐ? プラシーボ効果では?とも言われていますが、額をバナナの皮でこすると頭痛が消えるという噂も…。 もちろん、科学的には証明されていません。 これでレザーワックスの節約になりますね。 とげ抜きとしても活躍 とげが刺さってしまった箇所に、バナナの皮を30分〜1時間ほど貼って放置。 すると酵素の効果で皮膚が柔らかくなり、自然にとげが出てくるのだとか。 手に付いたインクを落とす 時間が経つにつれて、手に付いたインクって落ちにくくなりますよね。 そんな時は、バナナの皮でこすってみましょう。 天然のオイルが、肌についたインクを浮かしてくれると言われています。 こすった後は、水で流すことを忘れずに。 Licensed material used with permission by.

次の

【余った餃子の皮を活用】ちょちょいと出来るお手軽レシピ2種

餃子 の 皮 バナナ

「チョコバナナ餃子」です。 毎回おもしろいCパートなんですが、第6話で出てきたもの。 箱根学園の新開と荒北がやって来たのは見ため普通の中華屋さん。 が、新開は、チョコバナナ餃子をうまいと食べる。 荒北は拒否。 いやこれ、バナナだから、クレープ生地とかで巻けば普通に美味しいだろうと思ったんだけど、何せ「餃子」なので餃子の皮を使用。 水で冷やしてチョコレートをトッピング。 ホイップクリームを添えました。 少しとけた感じのバナナの酸味とチョコ、ホイップクリームがよく合いますw これ、意外といけるかも。 テーブルに出したら、大爆笑の家族だったけど、けっこういけるとか言って、ペロッと食べてしまいました。 私の記事も1期からだから長い付き合いになります。

次の

【お家カフェ】餃子の皮を使った超簡単スイーツ

餃子 の 皮 バナナ

【和風】餃子の皮を使ったスイーツwithあんこ まずは、和風スイーツを作ります。 材料:餃子の皮、あんこ この2つだけで大丈夫。 あんこは井村屋のこしあんを使用しました。 【レシピ】 1. 熱湯で餃子の皮を30秒程度ゆでる 2. 取りだし、あんこを乗せ、包む 実際に作ったものがこちらです。 ちょっと「おたべ」っぽいですね。 笑 熱々のうちに食べてみると、生地がもちもちして、あんことマッチしている! 簡単、なのに、美味しい!でも、美味しいのは、あんこの力が大きいと思う。 材料:餃子の皮、バナナ、板チョコ 【レシピ】 1. そのままの餃子の皮にバナナと板チョコを乗せる 2. 皮の端に水をつけて包む 3. オーブンで5分程度焼いたら出来上がり 焼くとこんな感じになります。 きれいなキツネ色になりました。 さて、食べてみましょう! 熱でとろっとしたバナナとチョコが、カリカリの餃子の皮とマッチしてとっても美味しかったです!あと、こっちは冷めても美味しかった。 家族にも好評だったからまた作ろう! 最後に 餃子の皮は冷蔵庫で余りやすいので、消費するのに最適なレシピだと思います。 2つとも簡単にでき、かつ短時間でできるので本当におすすめです。

次の