エクセル 空白 詰める。 【Excel】エクセルで関数結果の空白のセルを除き行間(列間)を詰める方法をご紹介!【CSE数式】

空白を削除して詰めるには

エクセル 空白 詰める

空白セルのみを選択 まずはセルを詰めたい範囲を選択します。 「空白セル」を選択して 「OK」をクリック。 こんな風に空白セルだけが選択された状態になります。 この画像では、白枠のついたA3、水色になっている A5, A6, A9 の計4セルが選択されています。 ジャンプでエラーが出た場合 手入力したデータでない場合、「該当するセルが見つかりません」というエラーが出ることがあります。 このエラーが出たときは、 に従って、空白セルを正しく扱えるように変換してください。 選択されているセルで右クリック 次に、 選択されているセルで右クリックします。 これが地味に難しいです。 ここでは A3, A5, A6, A9 のいずれかで右クリックします。 間違えて選択されていないセルで右クリックすると、選択が解除されてしまいます。 こうなってしまうと初めからやり直しなので、注意して右クリックしてください。 うまく右クリックすると、複数のセルが選択されたまま(いくつかのセルが水色になったまま)でメニューが開きます。 選択されたセルの削除 選択されている空白セルたちを削除したいので、 「削除」をクリックします。 今回は上に詰めたいので、 「上方向にシフト」を選択して「OK」をクリックします。 横方向にデータが並んでいて、左に詰めたい場合は「左方向にシフト」を選んでください。 空白セルが削除されて、データが上に詰まりました。 お疲れさまでした!.

次の

エクセルで、セルを削除せずに上に詰めるには、どうしたらよいですか? ...

エクセル 空白 詰める

SUBSTITUTEの解説 日付から年を抽出する方法 SUBSTITUTE関数を使用すると、空白を削除して詰めることができます。 氏名の姓と名前の間に空白がある場合、その空白を取り除くことができます。 「」・・・する文字を含むを指定します。 「検索文字列」・・・するを指定します。 「置換文字列」・・・するを指定します。 「置換対象」・・・に含まれるどの検索文字列を置換文字列に置き換えるかを指定します。 省略可能です。 入力例 「」のを指定し、「検索文字列」には「" "」、「置換文字列」には「""」を指定します。 「置換対象」は省略します。 B2を選択してB6までフィルハンドルのを行います。 気になる用語 シャープが製造・販売する不織布マスク。 Microsoftが販売するデタッチャブルPC。 Microsoftが発表した2in1 PC。 ・ ・ ・ ・ 話題の人物 LISPの開発者 人工知能の研究分野における第一人者。 Appleの共同創設者 「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。 C言語、UNIXの開発者 C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。 XML形式となっている。 アクセストップテン 2020年6月15日現在 (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典).

次の

空白を削除して詰めるには

エクセル 空白 詰める

2週に渡り、エクセルによる住所録に関する「よくある質問」にお答えしました。 すると追加で「住所に含まれているスペースの削除方法」についても質問をいただいたので、今回、合わせて紹介しておきます。 最もシンプルなのは「検索と置換」機能で削除してしまう方法です。 文字列に含まれるスペースを削除したいセルを選択します。 [Ctrl]+「H」で「検索と置換」ウインドウの「置換」を表示。 「検索する文字列」に全角スペース「 」を入力します。 「すべて置換」ボタンをクリック。 「半角と全角を区別する」にチェックがない「オプション」設定なら、 「全角スペース」も「半角スペース」も一緒に「スペースなし」に置換されるので、文字列に含まれるスペースはすべて削除されます。 実施後、結果が期待していた状態と違う場合は、直後に [Ctrl]+「Z」 のショートカットキーで「元に戻す」こともできます。 「元に戻す」のは「クイックアクセスツールバー」の「元に戻す」ボタンでもOK。 「検索と置換」で「置換」を使う場合、オリジナルのデータを変更することになるので、置換後は「別名で保存」してオリジナルは残しておくと安心です。 あるいはシートを複製してから置換するのも定番です。 「半角スペース」はそのままです。 さらに「半角スペース」も「スペースなし」に置換するには、先ほどの式による結果を、さらに「SUBSTITUTE」関数で置換する式になります。 とはいえ、とにかくスペースを除くだけなら「検索と置換」機能で「置換」のほうが簡単なのでオススメです。 理解を深めるための「」•

次の