ミニマリスト カーテン。 【ミニマリスト】カーテン捨てたその後は?【怒られたので100均で対処】

ミニマリストの一人暮らしの部屋紹介(物件を探すコツもあり!)

ミニマリスト カーテン

カーテン無し生活のメリット カーテン無し生活のメリットは、全部で 5点あると思います。 毎日の開け閉めがめんどくさい 朝になったらカーテンを開けて、夜になったら閉める。 この手間がめんどくさいです。 さらに開けてそのままだと、だらんとしたカーテンが気になります。 そのため、いちいち留めなくてはいけないのも、非常にめんどくさいです。 朝日で自然に起きられる 個人的に 1番のメリットがこれだと思います。 夜にカーテンを閉めることが無いので、朝は朝日で自然に起きることができます。 日本大学の調査によると、 「朝日を浴び、体内時計を朝型にしてあげると、寝起きが楽になる。 」 ということがわかったそうです。 朝日で起きられるようになったので、私は目覚まし時計を処分しました。 スマホのアラームも一切設定していません。 アラームに無理やり起こされるより、朝日で自然に起こされた方が、 その日 1日の生産性も上がると思います。 部屋が広く見える 窓の外はボカシ加工しています カーテンが無いと、窓の外の空間も部屋の空間と錯覚してしまうので、部屋が広く見えます。 この部屋は 13. 2㎡の 1Rですが、 カーテンが無い事によって、それ以上の広さに見えます。 狭い部屋でも、カーテンが無ければ広い部屋を演出することが可能なのです。 購入の手間とお金がかからない 物件ごとで窓の幅や高さが違います。 なので、引越しのたびに新しいカーテンを新調しなくてはいけません。 しかし、そもそもカーテンが無ければ 窓の大きさを測ることも、 カーテンを買いに行く時間や体力も、 カーテンを購入するお金も必要ありません。 洗濯の手間がない カーテンって綺麗そうに見えますけど、実は結構汚いものです。 部屋のほこりや手垢、ダニなどが生息しています。 一般的にレースカーテンは年に 2, 3回の洗濯。 ドレープカーテン 厚地カーテン は年 1回の洗濯が目安とされています。 メンドクサイです。 カーテンが無ければそもそもそんな洗濯の必要は無くなります。 もちろんあります、カーテン無し生活のデメリット メリットがあれば、逆にデメリットもあるのが世の常です。 カーテン無し生活のデメリットは 2点あると思います。 プライバシーがない 家が 1, 2階にあって、道路に面している部屋だった場合、 部屋が丸見え状態でプライバシーもクソもありません。 実際、私の部屋は 2階にあるのですが、外から部屋が丸見えです。 ・部屋の中が丸見え ・日差しが強すぎる つまり、この 2点を解決できれば、私のカーテン無し生活は復活するのです! 目隠しシートを導入 「 部屋の中が丸見え」、「 日差しが強すぎる」この 2点の問題を解決するアイテムそれは、 目隠しシートです。 これを窓ガラスに貼り付ける事によって、窓ガラスが磨りガラスのようになります。 さらに、人の視線も日差しも抑えてくれます。 部屋の窓は 4つあり、横幅を合計すると約 2. 5mの長さでした。 他にも44. これを窓の大きさに切っていき、窓に貼っていきます。 開きました。 サランラップのような感じで巻かれています。 左端のシールを剥がして広げていきます。 広げたら、窓のサイズに合わせてカットしていきます。 この時、 窓ガラスより 1, 2cm程大きめにカットしてください。 これを貼っていきます。 窓ガラスが汚れていると、うまく目隠しシートがくっつかなかったり、汚れと目隠しシートの摩擦で窓ガラスが傷つく可能性もあります。 窓ガラスが綺麗になったら、石鹸水でガラス面を濡らしていきます。 私は石鹸を持っていなかったので、水とボディソープを混ぜたもので濡らしました。 ここで水を使ってもいいのですが、水だと目隠しシートとガラスに挟まれた空気をうまく取り出せないので、出来上がりが気泡だらけになってしまいます。 ザラザラしている方を使い、ツルツルの透明フィルムは使いません。 剥がすときに、かなり静電気が発生するので注意してください。 この静電気を利用して窓ガラスに貼り付けます。 一番左だけ貼り付けました。 上手く貼り付けるコツは、窓枠の角に合わせて貼ることです。 とりあえず角に合わせて貼り、位置を確定させます。 ただ貼っただけでは、気泡がたくさん出来てしまいます。 なので、とりあえず貼ったらヘラなどで気泡の空気を外側に逃がしてあげましょう。 私はヘラを持っていなかったので、箱ティッシュをヘラ代わりにして空気を抜きました。 笑 気泡が抜け、綺麗に貼れたら、余った部分を切りましょう。 同じ要領で 4面貼り終わりました。 窓の外を見ようとしても全然見えません。 プライバシーの問題は解決しました! 直射日光も、目隠しシートがきちんと抑えてくれています。 窓上部には目隠しシートを貼っていないので、その部分からのみ日光が入っているのがわかると思います。 直射日光を抑えつつ、外の明るさを適度に部屋に入れてくれてます。 これで直射日光の問題も解決しました!やった~! カーテン無し奮闘記まとめ どうしてそこまでしてカーテンを使いたくないのか。 それは「 めんどくさい」の一言に尽きると思います。 管理・コスト・手間などに時間と労力をかけたくないので、一度設置すればメンテナンスの必要のない目隠しシートになりました。 私は相当なめんどくさがり屋ですが、めんどくさいことをしないための努力はします。 今回の目隠しシートのおかげで、プライバシーや日光のめんどくさい問題とも当分おさらばすることができます。 カーテン無し生活は賛否両論だと思うので、 こんな生活をしている人もいるんだー程度に読んでいただけたら幸いです。 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

次の

カーテンをやめてロールスクリーンにしたら部屋が一気にスッキリした

ミニマリスト カーテン

物が少ない部屋• 和風テイストの部屋• おしゃれな絵画や見せる収納がある部屋 など、人それぞれあこがれの部屋のイメージはあるはずです。 やみくもに部屋を片付けるのではなく、 理想のミニマリスト部屋を決めてから作業をするようにしましょう。 【その2】ひとつで何役もこなすアイテムを選ぶ さきほど述べたマットレスのように、ひとつのアイテムでベッドやソファのかわりになる最強アイテムを選ぶことが重要です。 また 多機能なアイテムを選ぶ習慣をつけることで、自然と家具や家電のアイテム数を減らすことができます。 最近では多機能でおしゃれな商品も増えているので、自分の理想とするミニマリスト部屋にピッタリのアイテムを選びましょう。 【その3】シンプル・すっきりを心がける ミニマリストの部屋は物が少なく、すっきりとしたイメージではありませんか? 家具や家電がビッシリ並んでいる部屋よりも、 物が少なく整然としている部屋の方が洗練された印象になります。 常に部屋をシンプルですっきりとした状態にすることで、理想のミニマリスト部屋を維持することができますよ。 【その4】統一感をもたせる おしゃれな女性ミニマリストの部屋には統一感があります。 統一感をもたせるのは一見難しそうですが、やることはたったひとつ! 家具の色合いや素材を揃えてだけ。 ナチュラルな雰囲気が好きな方は木目調の家具。 シックな雰囲気がお好みであればオーク材やワックスを塗った木材で揃えるなど、色味を調整して自分好みの家具で統一してくださいね。 女性のミニマリスト部屋を大公開 — 2020年 4月月7日午前3時51分PDT あなたの周りにミニマリストの友達はいますか? 女性ミニマリストが、一体どんな部屋に住んでいるのか気になりますよね。 女性ミニマリストのおしゃれでシンプルな部屋を見ることで、より一層自分の理想とする部屋がイメージできます。 今回ご紹介するのは、 女性ミニマリストとして大人気の「mamiさん」です。 Instagramのフォロワー数はなんと4. 6万人。 2畳のワンルームに住んでいたmamiさん。 次の新居に選んだ場所は、郊外にある築年数の古いリフォーム物件。 新居の間取りは2kと広いので、より快適で過ごしやすい部屋です。 部屋全体に統一感があり、家具や小物類もとってもおしゃれ。 家具は、アンティークショップや雑貨屋さんなどに足を運び、自分の好きなこだわりのアイテムを購入しているそうです。 多少の家具や家電を部屋に置いているので、 ゆるミニマリストを目指す方にはぜひおすすめですよ。 ミニマリスト部屋を楽しむためのコツ 「物が少ないことがすべて」と思い込んだり、吟味せずに物を捨てる行為は絶対にNGです。

次の

【節約】ミニマリストの洗濯。物と出費、そして手間を減らす洗濯術。

ミニマリスト カーテン

どうも、仏教ミニマリストのふう です。 今回は、寝具とカーテン事情についてです。 ちょっと仏教要素あります。 自分の寝床を紹介することになるなんて思っていませんでしたが、まあやっていこう。 寝具事情 僕が今使っている寝具のひとつがニトリの毛布です。 茶色の面の手触りが良いのでお勧めなんですが、数年前に買ったので、今はもう廃盤だと思われます。 次に敷布団なんですが、敷布団は去年に捨ててしまいまして、今は毛布を敷いています。 5、6年前に昔実家で使っていた毛布です。 前に実家から送られてきました。 ブランドを見たところ、イブサンローランだったようです。 全く知らずに使ってしましたね。 この二つを寝具としてつかっています。 枕は使わないスタイル。 通りすがりのものですが、なにか。 不法侵入ですよ!!。。。 まあいいでしょう。。 そうかもしれないですね。 薄いのは認めます。 笑 仏教には八斎戒というものがあって、その中に贅沢な寝台を使わないというものがあるんですね。 「これをするな」と命令されるものではなく、自ら守ることに意味があるのです。 八斎戒の前に五戒というものがあり、在家の信徒はこれらを日常的に自らすすんで守ることになっている。 別に特定の仏教集団、宗派などに入っていなくても良いわけです。 在家というのは出家していない普通の人のことです。 つまり、僧侶ではない人のことを言います。 五戒の内容はこうなります。 八斎戒というのは、在家信徒が特定の日にその一日だけ守るものです。 これがその内容です。 いきなりヒートアップしてますね あ、すみません。 一人語ってしまいました。 贅沢な布団で寝ないという戒は常に守るものではないのですが、僕の場合、ミニマリズムと共鳴して今の形になっています。 八斎戒についてはさておくとして。 自宅の洗濯機で洗えて、しまうときに場所をとらないということがポイントだったんです。 たたむと一人座れるサイズ感になります。 椅子もっていないのでこの上に座ったりもします。 普通の毛布なので床でごろごろしたいときは広げればカーペットのようにもなるわけです。 あ、実は、下には何も敷かずに床に直で寝るというのもしたことはあるのですが、さすがに痛い。 後頭部の骨が床に当たってしまいます。 姿勢を横にして寝ても枕なしだと頭が浮いて首がつらいですね。 まくらと上に掛ける毛布という組み合わせなら、寝れましたが、枕を使わないスタイルに挑戦したかったのです。 今でも毛布を洗濯して乾かないときは一日だけ直に寝ることもあります。 というわけで、今は、枕なしで、敷く毛布、掛ける毛布というスタイルで寝ています。 まあ、寝具としての見栄えは良いわけではないですね。 一人で住んでいると見栄えをあまり考えていなかったりします。 笑 最近では洗えるマッドレスなどが出ているので、もう少し見栄えするような寝具にしても良いかなとは思っています。 カーテンなし生活 ということで次はカーテンの話。 僕はカーテンをもっていないので、カーテンなし生活です。 カーテンなしって大丈夫なの? 僕は立地的にあまり問題が無かったです。 というか問題無いと思っていました。 というのは、たまに窓の正面に見える建物の窓に人がいたりするので、ということはこちらのことも見えてるんだろうなと思います。 そこで役に立つのがです。 「アフガンストール」や「シュマグ」と言われたりもします。 今はこのように目隠しとして、布を垂れ下げています。 もともとは冬の寒いときに首に巻くため買いましたが、僕の場合、今はほぼカーテンと化してしまっていますね。 笑 正方形の形をしているので、首に巻く場合は、三角に折って首に巻くとちょうど良い長さになります。 座って瞑想するときに長方形に折ってひざに掛けたり、様々な使い方ができます。 僕はしていないですが、バスタオルとして使うこともできますね。 バックパックひとつで旅に出る人ならさらに使えそうです。 カーテン(みたいなものは)あるんじゃん まあ一般的な意味でのカーテンなし生活ということで勘弁を。 笑 実際やって見て、カーテンなし生活はきついです! あとカーテンなし生活で気になるのは、温度だと思います。 僕の住んでいる場所は12月、1月、2月、3月は最低気温(外気温)が0度を下回るので、室内でも暖房なしだと結構寒いんです。 そして暖房といっても、僕の住んでいる物件にはエアコンしかないんですよ。 このエアコンという、電気とお金を消費するものに頼らずに、防寒したい! 逆に夏は、ちょうど足に日が差して暑いな~と思いながら朝起きています。 日中は室内も徐々に暑くなります。 ちゃんとしたカーテンが無いんだから当然そうなるわけです 外の環境によって室内の環境が変化することが経験としてよく分かりました。 普通のガラスを曇りガラスにするという商品もあるようですが、温度とは関係がなさそう。 結局のところ、断熱性のあるカーテンを導入したほうがいいかもしれないと、最近は思っています。 カーテンとして使っていたシュマグが、もう一度首に巻く用として帰ってくるかもしれません。 笑 ということで、最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の