ペルテック 電動 自転車。 電動自転車 20インチ カゴ付き 電動アシスト自転車 折りたたみ 3モードアシスト シマノ6段変速 LEDオートライト 送料無料 PELTECH ペルテック TDN

ヤフオク!

ペルテック 電動 自転車

自転車は2輪で走る手軽な乗り物ですが、乗り方や整備状況によって怪我や事故につながる恐れがあります。 安全にご使用いただくために、ぜひ次の事項をお守りください。 ・2人乗りはしないでください。 法律で禁止されています。 (同乗させることのできるのは6歳未満の幼児1人。 ・リヤキャリヤ(荷台)には積載制限があります、特にお子様の同乗にはご注意ください。 ・お子様を同乗させるときは幼児用ヘルメットを必ず着用させてください。 ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。 (重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。 ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、防護カバーの付いたものをお選び頂き、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。 (重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。 ) 併せて安全の為、ドレスガードを必ず取り付けてください。 ・乗る前に空気圧、ブレーキの効き、各部のガタ・ゆるみなどを点検しましょう。 ・異常や擦り減った部品を見つけたら、直ちに販売店に修理をご依頼ください。 ・前輪やフロントサスペンションフォークは、ハンドル部を持ち車輪を浮かせて、手で上から車輪(タイヤ)を強くたたいても、がたつきなどの異常がないが点検しましょう。 ・定期点検を受けないと異常や故障の発見が遅れ、事故の原因になります。 ・ブレーキワイヤや変速ワイヤは異常がなくても2年ごとの交換が必要です。 ・擦り減ったブレーキシュー、タイヤでの走行は危険です。 ・転倒などで強い衝撃を受けた時や、部品のガタツキやゆるみ・変形・異音などを感じたときはすぐに点検をお受けください。 ・ご使用前に取扱説明書記載の『安全上のご注意』をよくお読みいただき、必ずお守りください。 安全面からも費用的にも買い替えをお奨めします。 ・販売店にご相談し、乗車経験や目的に合ったものをお求めください。 ・表示している適応身長は目安であり、個人差により多少乗車可能範囲に差がでます。

次の

電動アシスト自転車 折りたたみ カゴ付き 20インチ おしゃれ 通勤通学 PELTECH(ペルテック) TDN

ペルテック 電動 自転車

PELTECH ペルテック 折り畳み電動アシスト自転車をレビュー PELTECH ペルテック 折り畳み電動アシスト自転車 TDN-206 です。 20インチの折りたたみ電動アシスト自転車です。 前カゴは付いてますが、リヤのキャリアは付いてません。 折りたたみということを考えると妥当かと思います。 通販で購入し箱詰めされてきましたが、普通に折りたたみ自転車を組み立てる感じで、この状態になりました。 Amazonで購入しましたが売買証明が付いていたので近くの交番で防犯登録もできました。 モーターは、直列ブラシレス式、定格出力250Wで前輪をモーターがアシストしてくれます。 錆びそうなとこは、ほぼ黒で塗装されていて、サビ考慮されているのかと思います。 ただそれほど塗装自体は強くなさそうです。 購入早々に主要なとこはAZの長期防錆スプレーを吹きかけておきました。 6速のグリップシフトが付いてます。 電動アシスト自転車なので、そこまでギヤを切り替えることもないですが、あるとないではだいぶ違いますね。 シマノ製の6速変速ギヤです。 チェーンもバイクで使用しているチェーンオイルを使って最初にメンテナンスしときました。 電動アシストの電源、パワー切り替えもできます。 LEDのライトも付いてます。 夜走った感じ、そこまで明るくないですが、まずまず合格くらいの明るさです。 バッテリーは24V リチウムイオン 6Ahで、走行距離目安は以下になります。 電動アシスト自転車 ビビFX BE-ELF63 PELTECH TDN-206 インチ 26インチ 20インチ 重量 26. 6Kg 26Kg モーター 250W 250W バッテリー 25. 2V 12Ah 24V 6Ah パワー 強 使用時走行距離 44Km 20Km まず感じるのはPANASONICの方がアシストのメリハリを自動調整してくれる感が強いです。 漕ぎ始め出だしなど、PANASONICはアシストを強めグンと前にでてくれますが、PELTECHはニュートラルな感じです。 電動アシスト自転車に慣れて無い人には、ナチュラルな感じでPELTECHの方が乗りやすい感じかもです。 坂道もPANASONICは必要に応じアシスト強めてくれる感じですが、PELTECHは必要に応じアシストモードを切り替えて使った方が良い感じです。 ただマイルドで必要十分なアシストをPELTECHは常にしてくれてるので、坂道もだいぶ乗ってみましたが、特にパワー不足は感じませんでした。 坂道をどちらが楽に登れるか?と言うと、ほぼ互角に感じます。 絶対的なアシスト量は同じように感じます。 デザインは良いのですがサドルが硬いので、あまり長距離乗るのにはバッテリーサイズもあり向かないかもしれませんが、片道1Kから3Kくらいは乗ってみましたが、アシストがあるおかげて楽に乗れます。 耐久性はまだ判りませんが、モーター音は少しPELTECHの方が大き目です。 またフロントにモーターがあるので、急なカーブを曲がったりする時にアシストが働くと違和感があるとこはあります。 平坦な道はPANASONICの方がインチの違いもあるのか若干スピードがでるような気がします。 PANASONICはモードを強にしても、平坦な道では変化をほぼ感じませんが、PELTECHはモードを強にすると平坦な道でもスピードが乗るような気がします。 自分が購入した時点でAmazonで6万しないくらいの価格で購入しましたが、最新の価格は以下参照ください。 この期間で最長は片道10K、往復20K程度でも使ってみましたが、特に問題なくバッテリーも余裕がある状態で往復できました。 今の所トラブルレスで走ってくれてます。 延べ走行距離は正確な所は判りませんが、それなりに中、長距離でも毎週使っているので、100K近い距離走っているとは思います。 軋み音がしだしたので、耐久性やっぱり悪いかな?とも思う時期もありましたが、フレームの折りたたみ部分が緩んでいるだけでした。 締め直したら、ほとんど音もしなくなりました。 基本、タイヤの空気を入れるのと、油指すくらいで今のとこ問題なく使えいています。 小学高学年の子供と共同で使ってますが、今のとこトラブル等は発生してないです。 ある程度定期的に防錆スプレーはしてましたが擦れたり、小傷が入った部分で若干サビがでてるとこもあります。 そこらは普通の自転車と同じレベルかな?と思います。 サビ対策は以下の錆転換剤を使って対策してます。 赤錆を黒錆に転換するサビ転換剤です。 TDN-206のサビそうなとこ、元々黒色で塗装されているので、この転換剤使うとサビが止まって黒色になりますので、重宝してます。 故障内容と修理については、下の段落に記載します。 故障の症状としては、写真のコントローラーの電源を入れると標準・エコのランプが点滅している状態になります。 この状態だとモーターがロックしているのか、フロントタイヤが重く動かし辛い状態になります。 幸い家の近所で故障したので、押して帰れました。 ここからは、自分の場合ですので、同じ対応になるかは判りませんが、参考までに記載します。 PELTECH ペルテック 折り畳み電動アシスト自転車 TDN-206 の修理ですが、Amazon経由で販売元に自分は連絡を入れてみました。 連絡がとれやりとりした結果、コントローラーユニットの故障だろうと言うことで、自宅まで訪問修理して貰えました。 コントローラーユニットの故障は1年半ほど保証してくれるそうなので、かなり安心です。 しかも自宅まで無償修理に新幹線で遠路来てもらえると思いませんでした。 故障したとはいえ、連絡いれて数日で家まで修理に来てもらえるとは思いませんでした。 ありがとうございます!! 修理したのはバッテリーの下に入ってるコントローラーユニットをまるごと交換してくれてます。 コントローラーのトラブルが頻発しているのか効いてみましたが、この機種ではほとんど発生事例ないそうです。 ついでに「きしみ音」がする話をしたら、ここのボルトを増し締めしてくれました。 備忘録がてらですが、ここを増し締めしたら音がしなくなりました。 重ね重ねありがとうございます。 この新しい自転車についても修理に来て貰った方に確認しましたが、基本性能等はTDN-206と同じだそうです。 デザイン・カラーのみ異なる姉妹機種のようなのでTDN-208がお好みなら、そちらを選ぶと良いのかなと思います。

次の

おうち時間 【キャッシュレスでP5%還元】【組立必需品】PELTECH ペルテック 折りたたみ 電動アシスト自転車 20インチ 外装6段 TDN

ペルテック 電動 自転車

「PELTECH ペルテック)」って知ってる? 安価な電動アシスト自転車を作るメーカーは色々とあり、これから進出してくるメーカーもありますが、現状の注目の一つは 「PELTECH ペルテック)」です。 中国の工場を持ち、一定の信頼度もあると言えます。 なぜ?というと、下図の取引状況を見て下さい。 【PELTECH 取引状況】 「PELTECH ペルテック)」は、「イトーヨーカドー」、「イオンバイク」などの各社オリジナルの電動アシスト自転車を製造し、供給しています。 これだけでも、日本の小売・流通業界のトップ2との取引がある=トップ2に取引先と認められた会社と言えます。 価格、品質、デリバリー(納入)をきちんと管理できている企業でないと、認められないわけですから、これだけでも注目に値されるでしょう。 さらに、 「PELTECH ペルテック)」ブランドのオリジナル電動アシスト自転車も、ネット大手の「AMAZON」、「楽天市場」、「ヤフーショッピング」、家電量販店「ヨドバシカメラ」で販売もされています。 「AMAZON」では、ミニベロ折りたたみタイプ「TDN-206」がランキング1位になったりと、気づいている人は気づいているという状況でしょう。 試乗したところ、アシストはもりもりとくるパワー感というよりは、ナチュラルなアシストです。 本体重量も24kgとこの手の自転車としては少し重いのですが、街乗りレベルなら問題ないでしょう。 これの他ママチャリタイプの電動アシスト自転車も多く手掛けています。 サイクルモードにも2018年に続き2019年にも出展していました。 イーバイク低価格戦略車 スポーツタイプのイーバイク 電動アシスト自転車)も用意しています。 2018年のサイクルモードで予定していた価格よりは市況変動なのか2割程上がっていますが、依然として安価になっています。 2018年度に『bh bike』というネーミングで展示していましたが、昨年の記事 を参照下さい。 )で、老舗メーカーの『BH bikes』に似ているので避けるべきと記載したことが伝わったのか、「Peltech」のブランドで2019年12月に発売されることになりました。 2020年5月記載:大阪の実店舗で一部販売開始 TDA-710L e-Cross) 『TDA-710L』は、10万円を切るe-Cross(電動アシストクロスバイク)になります。 バッテリーはドリンクボトルに擬態化させた円状タイプで、アシストするモーターはリアハブ(後ろの車輪中央)にあります。 泥除けが付いて車体重量は17. 5kgとこのタイプの自転車にしては軽く、通勤通学用途、ちょっとした遠出用にも使えるでしょう。 アシストは、ナチュラルな感触でした。 TDE-601L(e-MTBタイプ 『TDE-601L』は、e-MTBタイプの電動アシスト自転車です。 フロント 前)にサスペンションが付いていますが、乗り心地向上や、ちょっとした段差対応と考えてよいでしょう。 でも、デザインを見て下さい。 昨今のトレンドであるバッテリーをフレーム内にいれた一体型デザインとなっていて、ぱっと見は電動アシスト自転車とわからないでしょう。 これが12万円で手にいれられるようになってきました。 電動アシストユニットは、先に紹介した『TDA-710L』と同じなのですが、トルクが太い感覚です。 これは、タイヤが太い分アシスト制御プログラム(マッピング)を変えているためです。 (自分らで自転車を製造しているため、こういったアシストの制御(味付け)も個々に変更ができるということです。 ) 『TDA-710L』『TDE-601L』の両モデルとも、今回の展示品の部品構成では別売りのライトを購入する必要があるでしょう。 安価なのも多いのでそこは大きな問題ではありません。 (下記記事参照下さい。 ) 一つ懸念を挙げるとすれば、SWディスプレイが液晶で光らせることができないタイプです。 暗いところでは速度表示などの確認ができない(あるいはライトを当てるなどをする必要がある)ことにはなります。 それでも、この価格でイーバイクを手に入れられるとなると、はじめてのイーバイクとして検討する方もでてくることでしょう。 その他、スタンダードなクロスバイクタイプ、ミニベロモデルなどもあります。 「PELTECH ペルテック)」はこれからも安泰か? では、価格優位性が特徴で日本市場に入り込めている 「PELTECH ペルテック)」は、これからも安泰か?というと、油断はできません。 2019サイクルモードでも多くの中国メーカーが電動アシスト自転車の展示を始めており、虎視眈々と動向を伺っている最中です。 (一部は後日紹介予定) 価格、デザイン、ユーザーライクな機能を持つ自転車を投入かつ、メーカーとしての知名度、安心感のイメージを上げていく必要があるでしょう。 ーーー (提案) 日本国内販売を先行しているメーカーとして、全国の自転車屋の保守契約を募集してはいかがでしょうか。 なかなか自転車本体を売らないで喜んで修理などのサービスだけをしてくれる店というの少ないかもしれませんが、ネット販売市場が大きくなってきている中、無視できないと判断するお店もあることでしょう。 そういったお店に 「PELTECH ペルテック)」車両修理時は、車体番号を記載して修理内容を申請してもらい、わずかなロイヤリティを払うなどすれば、スムースに受けてくれるところも出てくるかもしれません。 (その予算分が自転車価格に影響するでしょうが、それでも国内メーカーよりは価格的にアドバンテージを保てるはずです。 ) もともと 型式認定はきちんと取得した自転車を投入しているわけですから、街の自転車屋も通常修理費用での対応を断りにくいという背景はあるはずですので、検討されると良いのではないでしょうか。 他の中国のメーカーとの差別化を図るとなると、街の自転車屋とのタッグができると強くなると思われます。 お店にペルテック修理取り扱い店のシールなどを貼ってもらえるともっとよいですね。 昔ながらの方法ですが、ネット販売との組み合わせで新しいやり方ともいえるかもしれません。

次の