ちご の そら ね 現代 語 訳。 ちごのそらね 現代語訳・品詞分解・原文

児のそら寝 現代語訳

ちご の そら ね 現代 語 訳

『児のそら寝』 このテキストでは、宇治拾遺物語の中の一説、「児 ちご のそら寝」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 今となっては昔のことだが、比叡山延暦寺に児がいた。 僧たち、宵 よひ のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ。 」と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。 Author: Nabe 現代語訳 今となっては昔のことだが、比叡山延暦寺に稚児がいた。 僧たちが、宵の所在なさに、「さあ、ぼたもちを作ろう。 」と言ったのを、この稚児は期待して聞いた。 このページでは宇治拾遺物語【児のそら寝】の現代語訳 口語訳 を載せていますが、学校で習う現代語訳と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。 『児のそら寝』が1分で分かるあらすじ 昔、比叡山ひえいざんの延暦寺に児 【宇治拾遺物語】児のそら寝 超現代語訳. むかーし昔、 比叡山にいる一人の児の話。 児っていうのはお寺で働く雑用係の子どもって 感じかな。 修行もするけどね。 現代かなづかい・歴史的かなづかいの両方に対応。 縦書きの原文のすぐ横に縦書きの現代語訳があり、非常に分かりやすい構成になっています。 助動詞の意味・活用形。 動詞の活用の種類・活用形。 現代かなづかい・歴史的かなづかいの両方に対応。 縦書きの原文のすぐ横に縦書きの現代語訳があり、非常に分かりやすい構成になっています。 助動詞の意味・活用形。 動詞の活用の種類・活用形。 「黒=原文」・ 「赤=解説」 ・「 青=現代語訳 」 原文・現代語訳のみはこちらちごのそらね(稚児のそら寝)現代語訳. 今は昔 、 比叡 ひえ の山に児あり けり。 今は昔=今となっては昔の事だが、 現代語訳. 昔々、比叡の山に児がいたということだ。 僧たちが宵の手持ちぶさたなときに、「さあ、ぼたもちを作ろう。 児のそら寝の現代語訳です 赤の星印は古文単語です 学年: 高校1年生, キーワード: 国語総合,児のそら寝,現代語訳,国語,現代文,現文,現国 古文の倉庫『宇治拾遺物語』「児のそら寝」です。 本文、現代語訳を中心に役立つ内容に仕上げていきます。 随時更新記事につき、記事内容はこれから増えていきます。 現在は問題まで掲載しています。 今回は、「宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり) 児のそら寝(ちごのそらね)」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解(文法的説明)・語句の意味・文法解説・問題と解答・おすすめ書籍などについて紹介します。 宇治拾遺物語は13世紀ごろ(鎌倉時代)に作られた物語です。 作者はわかっていません。 僧たち、宵のつ 盗賊袴垂は衣服を奪おうと、笛を吹きながら行く貴公子のあとをつけるが、悠然として物に動じないこの人物の風格に犯しがたいものを覚えて、襲うことができない。 今回解説するのは、宇治拾遺物語より『絵仏師良秀』です。 小説好きの方なら特にご存知かもしれませんが、かの有名な芥川龍之介作『地獄変』は、この宇治拾遺物語中の一節『絵仏師良秀』が基になっています。 この作品は小説も併せてチェックする事でより深く 現代かなづかい・歴史的かなづかいの両方に対応。 縦書きの原文のすぐ横に縦書きの現代語訳があり、非常に分かりやすい構成になっています。 助動詞の意味・活用形。 動詞の活用の種類・活用形。 今回は、宇治拾遺物語より「児のそら寝」です。 ある程度文法に忠実に、不自然な部分は言い換えています。 堪え切れずに返事をしてしまうかわいい児や耐えきれず僧たちが笑った理由に注目です。 宇治拾遺物語「絵仏師良秀」については以下の解説をご覧ください。 宇治拾遺物語は13世紀ごろ(鎌倉時代)に作られた物語です。 作者はわかっていません。 自動詞と他動詞の問題が宿題ででました。 学校でやっていなくて、ネットとかで調べたんですけど、同じ言葉でも、二種類活用形があったりするってことはわかるんですけど、その見分け方がわかりません。 7 下線部を現代語訳しなさい。 1)し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、 寝ないのも、よくないにちがいない 2)この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、 きっと起こし 一三(一三) 田舎の児桜散るを見て泣く事 現代語訳. よろしくお願いします、宜しければ、この話の内容も教えてください 「児のそら寝」 宇治拾遺物語今は昔、比叡の山に児ありけり。 僧たち、宵のつれ 「伊勢物語:渚の院」の現代語訳 昔、惟喬親王 これたかのみこ と申す親王おはしましけり。 昔、惟喬親王と申し上げる親王がいらっしゃった。 山崎 やまざき のあなたに、水無瀬 みなせ といふ所に、宮ありけり。 山崎の向こうに、水無瀬という所に、離宮があった。 「児のそら寝」(『宇治拾遺物語』第十二話) 現代語訳 今は昔、比叡の山に児ありけり。 僧たち、宵のつれづれに、 昔、延暦寺に児(が)いた。 僧たち(が)、宵の所在のなさに、 【宇治拾遺物語 現代語訳】児のそら寝. P 2010年4月4日, by eisaigakuin. K; 古文 現代語訳. c No comment 昔々、比叡山に児がいたそうだ。 【宇治拾遺物語 現代語訳】検非違使忠明 7 下線部を現代語訳しなさい。 1)し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、 寝ないのも、よくないにちがいない 2)この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、 きっと起こし 現代仮名遣いのルールが分からない人は、下記サイトのページでマスターしてね。 一時の戯れなるが、どうか楽しみたまへ。 古典朗読オーディオドラマ企画「知ら Author: sora 豊橋の個別指導型学習塾「とよはし練成塾」の西井です。 今回は「児の飴食ひたること(児の知恵)」の口語訳、現代語訳、解説」についてです。 沙石集の児の飴食ひたること(児の知恵)の書き下し文、現代語訳、解説、意味、例文についてみていきます。 かぐや姫の成長 の現代語訳(口語訳) この児ちご、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。 この幼子は、養育するうちに、すくすくと大きく成長する。 三月みつきばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げなどとかくして、髪上げさせ、裳も 一三(一三) 田舎の児桜散るを見て泣く事 現代語訳. 僧たちは面白くて大笑いだった。

次の

[ 高校古文 ] 宇治拾遺物語 「児のそら寝」 現代語訳 ( 作風はサザエさん )

ちご の そら ね 現代 語 訳

【児のそら寝の概要】 昔、比叡山に児がいた。 ある時僧たちがぼた餅を作るといの聞いて、寝ずに待つのもみっともないと思って寝たふりをしていた。 餅が出来、思っていた通り僧が声を掛けてくれるが、一度で起きるのも体裁が悪いと思ってもう一度声をかけてくれるのを待つ。 だがもう声はかからなかったので、仕方なく遅れて「はい。 」と返事をしたので、僧たちは大笑いした。 僧たち、宵のつれづれに、 「いざ、かひもちひせむ。 」 と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。 さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たる由にて、出で来るを待ちけるに、すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。 驚かせ給へ。 」 と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、 待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、 「や、な起こし奉りそ。 をさなき人は、寝入り給ひにけり。 」 と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、 ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、 「えい。 」 といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。 僧たちが、日が暮れて間もない頃の所在なさに、 「さぁ、ぼた餅を作ろう。 」 と言ったのを、この児が、期待して聞いた。 そうかといって、 ぼた餅を 作りあげるのを待って寝ないのも、きっとみっともないだろうと思って、片隅に寄って、寝ているふりで、 ぼた餅が できあがるのを待ったところ、もう作りあげた様子で、 僧たちは 騒ぎ合っている。 お起き下さい。 」 と言うのを、うれしいとは思うけれども、ただ一度で返事をするのも、待っていたのかと 僧たちが 思うといやだと考えて、もう一度呼ばれて返事をしようと、我慢して寝ているうちに、 「これ、お起こし申しあげるな。 幼い人は、寝入ってしまわれたよ。 」 と言う声がしたので、ああ、情けないと思って、もう一度起こしてくれよと、思いながら寝て聞くと、むしゃむしゃと、ただ盛んに食べる音がしたので、どうしようもなくて、長い時間ののちに、 「はい。 」 と返事をしたので、僧たちが笑うことこのうえない ことだった。 [おどろかせ給へ] 「せ」+「たまへ」で二重敬語。 ここでは児へのいたわりを込めている。 [念じて] 我慢して。 [な起こし奉りそ] 「な…そ」でしてくれるなという柔らかい禁止となる。 [あな] 強い感動を表す。 [わびし] ここでは「つらい」や「情けない」といった意味。 [起こせかし] 起こしてくれよ。 「かし」は念押し、確認の意の終助詞。 [ひしひしと] むしゃむしゃと。 食べる音の形容。 答え: ぼた餅を作る事をしって喜ぶが、体裁を保つためにそら寝を続ける。 一度声がかかり、嬉しく思いながらもここは体裁を考えて返事を我慢。 しかしぼた餅を食べる音が聞こえてきて、焦りで困惑しつつも待つが声がかからないので、我慢できずに返事をした。

次の

『枕草子』の現代語訳:34

ちご の そら ね 現代 語 訳

素直になれない時ってありますよね? 例えば、親切な友達が女の子を紹介してくれるなんて言う時に、 いや、オレ彼女とか興味ねーし、なんて言ってしまったことはありませんか? なんかがっついているって思われるのが恥ずかしいとか、 でもホントのところは、めちゃくちゃ楽しみにしているから、 もう一回誘ってくれないかなーなんて期待しちゃうとかね。 ちなみにコシャリは、以前親切な友人が紹介してくれるという女の子が喫煙者だということで断ったことがあります。 その後後悔したことは言うまでもありません。 「悔ゆることはさらなり。 」 今回は、体裁を気にしすぎたけど結局本音が出てしまって笑われたお話です。 助動詞: 薄緑のマーカーです 敬語: 緑のマーカーです 係り結び: オレンジのマーカーです。 音便: 水色マーカーです 原文 今は昔、比叡の山に児あり けり。 僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせ む。 」と言ひ けるを、 この児、心よせに聞き けり。 さりとて、し出ださ むを待ちて寝 ざらむも、わろかり なむと思ひて、 片方に寄りて、寝 たるよしにて、出で来るを待ち けるに、 すでにし出だし たるさまにて、ひしめき合ひ たり。 現代語訳 今となっては昔のことだが、比叡山に一人の児がいた。 僧たちが、日が暮れて間もない時分で、することもなく退屈な時に、 「さあ、ぼたもちを作ろう。 」と言ったのを、 この児は、期待して聞いていた。 そうはいっても、 僧たちがぼたもちを)作り上げようとするのを待って寝ないでいようとするのも、 体裁が悪いだろうなぁと思って、児は(部屋の)片隅によって、寝たふりをして、 (ぼたもちが)出来上がるのを待っていたが 僧たちはぼたもちをはやくも作り上げた様子で、騒ぎたて合っている。 ぼたもちで騒ぎ立てあっているって平和でいいなーと思いません? 「ちょっと、あんこついてるよ。 」 「オレのきなこ、取んなよ!」 「ごまだけは絶対ゆずらないから」 なんてお坊さんたちが言い合ってたらと思うと、穏やかな気持になりますね。 僕もぼたもち好きですけどね。 品詞分解 今 名詞 は 係助詞 昔、 名詞 比叡 名詞 の 格助詞 山 名詞 に 格助詞 児 名詞 あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 僧たち、 名詞 宵 名詞 の 格助詞 つれづれ 名詞 に、 格助詞 「いざ、 感動詞 かいもちひ 名詞 せ サ行変格活用動詞「す」未然形 む。 」 意志の助動詞「む」終止形 と 格助詞 言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 を 格助詞 こ 代名詞 の 格助詞 児、 名詞 心よせ 名詞 に 格助詞 聞き カ行四段活用動詞「聞く」連用形 けり。 過去の助動詞「けり」終止形 さりとて、 接続詞 し出ださ サ行四段活用動詞「し出だす」未然形 む 婉曲の助動詞「む」連体形 を 格助詞 待ち タ行四段活用動詞「待つ」連用形 て 接続助詞 寝 ナ行下二段活用動詞「寝」未然形 ざら 打消 の助動詞「ず」未然形 む 婉曲の助動詞「む」連体形 も、 係助詞 わろかり ク活用形容詞「わろし」連用形 な 強意の助動詞「ぬ」未然形 む 推量の助動詞「む」終止形 と 格助詞 思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形 て、 接続助詞 片方 名詞 に 格助詞 寄り ラ行四段活用動詞「寄る」連用形 て、 接続助詞 寝 ナ行下二段活用動詞「ぬ」未然形 たる 存続の助動詞「たり」連体形 よし 名詞 にて、 格助詞 出で来る カ行変格活用動詞「出で来」連体形 を 格助詞 待ち タ行四段活用動詞「待つ」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 に、 接続助詞 すでに 副詞 し出だし サ行四段活用動詞「し出だす」連用形 たる 完了の助動詞「たり」連体形 さま 名詞 にて、 格助詞 ひしめき合ひ ハ行四段活用動詞「ひしめき合ふ」連用形 たり。 存続の助動詞「たり」終止形 本文 この児、さだめておどろかさ むずらむと、待ちゐ たるに、僧の、 「もの 申しさぶらは む。 おどろかせ たまへ。 」と言ふを、うれしとは思へども、 ただ一度にいらへ むも、待ち けるかとも ぞ思ふとて、 いま一声呼ばれていらへ むと、念じて寝 たるほどに、 「や、な起こし たてまつりそ。 」をさなき人は、寝入り たまひ にけり。 」 と言ふ声のし ければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、 思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のし ければ、 ずちなくて、無期ののちに、「えい。 」といらへ たりければ、 僧たち笑ふこと限りなし。 現代語訳 この児は、きっと(僧たちが自分のことを)起こしてくれるだろうと待っていたが、 ある僧 が(自分に)、「ものを申し上げます。 (もしもし)おきなさい。 」と言うのを、 (児は)うれしいとは思ったけれども、ただ一回で応えるのも、 (ぼたもちができ上がるのを自分が)待っていたのかと (僧たちが)思うとまずいと思って、 もう一回呼ばれてから返事をしようと、我慢して寝ているうちに、 「やあ、お起こし申しあげるな。 小さい人は、寝入っておしまいだ。 」 と言う(別の僧の)声がしたので、ああ、困ったと思って、 もう一回起こしてくれよぅと思いつつ寝ていて(耳をすまして)聞いていると、 むしゃむしゃと(僧たちが)ただひたすら食べに食べる音がしたので、 どうしようもなくて、ずいぶんとあとになってから、 「はい!」と返事をしてしまったので、僧たちは大笑いした。 意志の助動詞「む」終止形 おどろか カ行四段活用動詞「おどろく」未然形 せ 尊敬の助動詞「す」連用形 たまへ。 」 詠嘆の助動詞「けり」終止形 と 格助詞 言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形 声 名詞 の 格助詞 し サ行変格活用動詞「す」連用形 けれ 過去の助動詞「けり」已然形 ば、 接続助詞 あな、 感動詞 わびし シク活用形容詞「わびし」終止形 と 格助詞 思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形 て、 接続助詞 いま 副詞 一度 名詞 起こせ サ行四段活用動詞「起こす」命令形 かし 終助詞 と、 格助詞 思ひ寝 名詞 に 格助詞 聞け カ行四段活用動詞「聞く」已然形 ば、 接続助詞 ひしひしと 副詞 ただ 副詞 食ひ ハ行四段活用動詞「食ふ」連用形 に 格助詞 食ふ ハ行四段活用動詞「食ふ」連体形 音 名詞 の 格助詞 し サ行変格活用動詞「す」連用形 けれ 過去の助動詞「けり」已然形 ば、 接続助詞 ずちなく ク活用形容詞「ずちなし」連用形 て、 接続助詞 無期 名詞 の 格助詞 のち 名詞 に、 格助詞 「えい。 」 感動詞 と 格助詞 いらへ ハ行下二段活用動詞「いらふ」連用形 たり 完了の助動詞「たり」連用形 けれ 過去の助動詞「けり」已然形 ば、 接続助詞 僧たち 名詞 笑ふ ハ行四段活用動詞「笑ふ」連体形 こと 名詞 限りなし。 ク活用形容詞「限りなし」終止形 この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。

次の