ご視聴ありがとうございました 英語 youtube。 【Web運営】YouTube登録者1000人達成をいっきに加速した9つの改善点

YouTube始めました🎥

ご視聴ありがとうございました 英語 youtube

"Thanks for listening. " or "Thank you for your attention. " are the most common expressions. But you could also say, "Thank you for being attentive. " OR "Thank you for being attentive to what I had to say. " The word attentive is like the words listen and attention, but it has the idea that you are really listening, that you want to hear what is being said so you are listening closely! Hope this helps! At the end of any speech, we want to show our appreciation for the audience and their attentiveness to our presentation. Some ways we could thank them for this would be expressions such as: "Thank you for listening" and "Thank you for your attention". These expressions are very common to use and they will be appreciated very much by your audience! If you have just finished a speech and you wanted to let the audience know that you are grateful for listening to you, you could say any of the following: "Thank you for listening", "Thank you for paying attention to everything I said in my speech, I appreciate it" or "I appreciate the attention you paid to my speech, thank you". Here are three ways we can say to the audience at the end of a speech. Notice that in the first two examples that, "thank you for listening," is just a shortened version of, "thank you for listening to what I have to say," so feel free to use either. The last example is using the word, "attention," to appreciate the amount of focus they had during the speech.

次の

ご視聴ありがとうございました集[Part3]

ご視聴ありがとうございました 英語 youtube

In the first sentence, you start by thanking the audience 'very much'. You are thanking them very much for their 'attendance'. You have used the noun 'attendance', which means 'the state of being present at a place or event'. In this case, the place is where you are delivering your speech and the event is the delivery of your speech. In the second sentence, again you start by thanking the audience very much. For what? For listening to your speech. Then you carry on to say you 'appreciate it'. You are actually emphasizing the 'thank you very much for listening'. You are thanking them in a polite way or to say that you are grateful that they have listened to your speech. "Much appreciated": recognize the full worth of. is a good phrase when saying thank you... it shows how much it means to you and that you are greatful for the audience's participation. How much you value the fact they have been so "attentive. " "Thank you so much for listening, your kind attention is much appreciated!

次の

【初代iPad】YouTubeアプリが使用不可に!視聴するための別の方法

ご視聴ありがとうございました 英語 youtube

こんにちは。 マクロ美アンSachiです。 最近では、テレビはあんまり見てなくて、YouTubeの方を見るっていう人の割合がどんどん増えてるんじゃないかと思うくらい、YouTube視聴者とYouTuberになる人が急増中。。。 といった今日この頃です。 かくいう私もYouTuberの端くれで、なんとスタートしたのは今から約8年前の2011年。 本格的に再開したのは2018年のはじめで、それでもまだ続けようかやめようか、うろうろ迷いながらのスタートでした。 本気を出し始めたのは2019年の中頃からで、なにげにアップしたフェリーの旅動画の再生回数が急激に上がったのがきっかけでした。 YouTube登録者数1000人をなかなか達成できない方のために 6ヶ月以内で収益化するコツ。。。 とか、1ヶ月以内でSNSで登録者数を激増させる方法。。。 とか、ちまたにあふれていますが、あまりはずかしい方法ではやりたくない、普通の人でも登録者数を伸ばせる方法が知りたい。。。 と考えている方へ。 今回はあえて。。。 どうすれば達成できるのか、私の経験をもとに何かお役に立てればと思い、 私のような普通のYouTuberでもできる、いくつかの改善点を提案していきたいと思います。 【Web運営】YouTube登録者1000人達成をいっきに加速した9つの改善点 登録者1000人までの長い長い道のり 以下が、私のYouTubeスタート時からの登録者数と視聴回数の推移です。 1日1000回以上の再生回数で、約5. 登録者数がまったく動かない日も連続してあり、そんな日に限って離脱者も数名でたり。。。 まさしく、一歩進んで2歩下がるという最悪の状態でした。 しかし、「YouTubeやブログは粘り強さで勝つ」というのは本当でした。 身をもって実証できたのではないかと思います。 ちなみに、2011年から現在まで、とぎれとぎれではありますが、合計すると160本位の動画をアップしました。 まだまだこれからが本番ですが、じわじわと地味でも良いので、伸びてくれるといいなと思っています。 停滞している登録者数を伸ばすための改善点 私の場合、800人前後で登録者数が停滞し、なぜか1ヶ月間ほど ピタッと伸びが止まりました。 いったい何がいけないんだろうと思い、自分のチャンネルの分析を始めたことがきっかけで、いったん停滞していた登録者数が徐々に伸び始めました。 登録者数を伸ばす方法は様々あると思いますが、この時に 私が行った改善点を以下にあげてみましたので、参考にしていただければ幸いです。 自分のチャンネルを毎日分析(ジャンルを絞る) どのジャンルの動画再生回数が高くて、高評価が多いのか?あるいは、他のYouTuberの人気チャンネルと比較し、どこがどう違うのか?など分析をしてみることにしました。 そして、再生回数の悪いジャンルの動画(私の場合、料理系)を思い切ってやめ、よく伸びているジャンルの動画(私の場合、車や乗り物系・DIY系・英語系)に集中するように変更してみました。 すると、少し経ってから自動車系とDIYふすまリメイク系の動画4本が、うまい具合に伸びて平均視聴回数が4万回〜8万回の再生となりました。 やり方を少し変えるだけで、こんなにも変わるんだと、自分でもびっくりしましたが、この改善のおかげで早い段階で収益化条件のひとつ、再生時間4000時間をクリアしていました。 私が使った分析ツール: 2. チャンネルテーマを設定する 私の場合、平均した視聴回数が取れず、数本の動画だけに集中していたため、登録者数の伸び悩みがありました。 スタート時点からテーマを設定せずに、その時々でアップしたいものを適当に動画にしていたため、チャンネルの方向性があいまいで、はっきりしなかったということが、登録者数の停滞、および離脱者発生の原因になっていたことに気づきました。 (車の好きな視聴者さんに、興味のない料理動画を続けてアップすれば、離脱したくもなりますよね笑。 自己満足の動画であったことを反省) そこで、途中から少しずつ軌道修正をしていきました。 では、自分のチャンネルのテーマはいったい何なのか?と考えたところ、なかなか確定できず、「これでは視聴者さんもグラグラ安定せずに、減ったり増えたりを繰り返すのが当然だ」ということを自覚しました。 そこで、今回あらためてチャンネルテーマを以下の通り設定してみました。 チャンネルテーマ: 「旅好きノマド女子のフリーランス生活」 女子というほど若くはないですが(笑)、テーマが決まるとなんとなくチャンネルが締まる感じがあり、そのテーマに大きくはずれなければOKという枠組みたいなものを、自分自身でも認識できます。 それと同時に、視聴者さんもこのテーマに沿って集まってきますので、以前のようにジャンルがバラバラで、この人は何をテーマにこのような雑多なジャンルをアップしてるのだろう? というような、疑問も払拭できるのではないかと思います。 チャンネルオーナーの方向性が安定していれば、おのずと登録者も安定してくると信じています。 エンディング動画を作成し、終了画面機能をつける 今までスマホのみで撮影し、編集、アップロードまでやっていたため、画像編集に制限があり、自分が思うような動画作りができなかったということがありました。 そこで、自分自身を本気にさせるため、思い切ってMacBookProを購入しました(もちろん、分割で。。。 今まで、動画の最後につけたかった終了画面機能(動画終了前にオプションでつけられるYouTubeの機能で、チャンネル登録を促し、次の動画へ誘導してくれる)を早速つけ、同時にオリジナルのエンディング動画を作成しました。 こうすることで、動画自体にメリハリがつき登録も促せるため、この機能は積極的に利用した方が良いと思います。 ジャンルごとに再生リストをつくる 再生リストは、再生回数を伸ばす手助けとなるため、ある程度動画本数がある方はジャンルわけをし、再生リストを作成することを強くオススメします。 実際私も再生リストを作ってからは、ジャンルごとの再生回数が増えました。 1つのチャンネルでジャンルが雑多な場合、視聴者さんにとって興味のあるジャンルを続けて見たい時に非常に便利です。 視聴者目線で概要欄を充実させる 概要欄はとても大事です。 自分のチャンネルの自己アピールができるスペースでもあるため、有効利用しない手はないですね。 投稿動画の概要をわかりやすく説明し、同時に関連動画のURLや自分のブログ、ツイッターのURLを入れたり、ビジネスに直結する情報などを入れましょう。 また、ピンポイントで内容を見たい方のために、詳細を時間付きで書いておくと親切かもしれません。 例)〜 前半3:14まで: 今回の北海道旅行のトーク 後半: 現地食べ歩きの旅 etc. インパクトのあるサムネ サムネも非常に大事ですね。 初期の頃は、よくやり方がわからずそのままアップしていたため、何についての動画なのかパッと見よくわからないですし、魅力的でないためスルーされることが多い気がします。 インパクトのあるタイトル付けも重要になってきます。 「動画の顔」ともいうべきものなので、慎重に文字の見やすさや人目をひく画像かどうかなどを考える必要があります。 SNSやブログをうまく利用する ツイッターやFacebook、インスタグラムなどのSNSやブログなど、自分がよく利用する発信ツールとYouTubeを連動させると、効率よく視聴者さんを取り込むことができます。 私の場合、ブログとツィッターを連動させていたので、YouTubeの方はチャンネルURLをプロフィールに載せていただけでしたが、それでもツイッターからのアクセスが増えました。 今後は、YouTubeも投稿時に連動させていきたいと考えています。 定期的に動画を投稿 現在、私は週に2回の割合で10分前後の動画をアップしています。 登録者数を伸ばしたくて、800人を超えたくらいの時に、早く1000人達成したいという思いばかりが強くなり、毎日やみくもに投稿するようになりました。 しかし、それが裏目にでたのか、毎日投稿するとなるとついつい内容の薄い動画になりがちで、せっかく登録してくださった方が多く離脱していったのもこの頃でした。 ですので、自分のペースでかまわないので、無理のない頻度で納得のいく動画をアップすることをオススメします。 本気モードになり、いつまでに登録者数1000人達成するかを決め込む やはり、目標を設定することは非常に重要で、とりあえずのゴールが見えないとがんばれないのではないかと思います。 そして、同時に重要なことは、 いつまでに達成するかということです。 それがないと、どうしてもダラダラとなってしまいがちです。 途中であきらめないよう、同じジャンルやテーマで登録者数もほぼ同じレベルのYouTuberを見つけて、そのチャンネルとどちらが早く収益化を達成するか、というような競争をしてみても良いのではないかと思います。 途中で放置していた期間は長いですが、8年間という長い期間を経て、自分には絶対無理だと思っていた「1000人の壁」を突破できたのは、途中から 自分の意識を変え、本気モードでゴールを設定できたことが、一番大きかったと思います。 なかなか、登録者数が思うように増えないことが多いため、途中であきらめる方もいらっしゃるかと思いますが。。。 「地道にコツコツ+改善点をみつけゴールを定める」 ありきたりに聞こえますが、これがやはり一番の近道だと思います。 コツコツ続けていると、だんだん改善されていくものです。 初期の頃の自分の動画は、今から思うと本当にはずかしいですし、絶対に誰も見ないだろうな。。。 という動画ばかりでした(笑)。 ですので、1〜2年は登録者数が伸びなくても気にせず楽しみながら続けていくことをオススメします。 そうすれば、1つくらいは再生回数が伸びる動画がでてくるはずですので、それをきっかけにして上記の改善点を取り込みながら、1000人達成を目指しがんばってくださいね。

次の