岡田 准 一 ファブル。 lg.ripley.cl: ザ・ファブル: 岡田准一, 木村文乃, 山本美月, 福士蒼汰: generic

ザ・ファブル

岡田 准 一 ファブル

人気グループ・のの主演映画『ザ・ファブル』(6月21日公開)の原作者・南勝久氏が描き下ろした映画ポスターとのコラボイラストが26日、公開になった。 原作は『週刊ヤングマガジン』にて連載中で、単行本累計280万部、2017年度講談社漫画賞「一般部門」を授賞している人気漫画。 アキラの相棒・ヨウコを、ファブルを育て上げたボスを、アキラが出会う一般人の女性ミサキを、アキラを狙う殺し屋・フードをが演じる。 そのほかにも、、、が裏社会の人間を演じるなど豪華キャスト陣が顔をそろえる。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。 休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」とボスから命じられたファブルことアキラ。 しかし、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが現れる。 『絶対に殺してはいけない』の指令のもと、ピンチを切り抜け平和に暮らすことはできるのか。 解禁されたイラストは、1月28日の発売号にて連載200回を達成する記念で、南氏が描き下ろした。 タイトルのロゴには、それぞれのキャラクターのイラストもあり、さらには映画ポスターとは違ったキャッチコピーで、原作ファンも楽しめる仕上がりになっている。

次の

岡田准一の“画伯”ぶり炸裂!?『ザ・ファブル』ハッピーな迫力があるイラスト公開

岡田 准 一 ファブル

岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る 2019年6月21日 10:00 異色の役どころを語る C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 [映画. com ニュース] 日本映画界をけん引する実力派俳優のが、による人気コミックを実写映画化した「」(6月21日公開)に主演し、「1年間の休業を命じられた凄腕の殺し屋」という異色の役どころに挑んだ。 漫画原作の映画に出演するのは初めて。 共演した、とともに、俳優として「漫画のキャラクターに命を吹き込む」ことといかに向き合ったか、大いに語った。 「小説は読者が読み進めるなかで、自分なりの想像に幅もあっていいと思うんですけど、漫画って、まずビジュアルがドーンと出てくる点が(演じるうえで)難しいと思っていました。 特に『』はアクションとユーモアが同居した、緩急のある人間ドラマ。 もともと、岡田自身も原作の大ファン。 それだけに「こちらも『絶対面白いものにしなくちゃ』という思いが強くなった」といい、「自分にプレッシャーをかけるために、トレーニングを始めました。 格闘技のプロがこなすメニューなので、大変でしたね(笑)。 でも、おかげで肩の筋肉はかなりつきました」と役作りの域を超えたワークアウトで、寓話(ファブル)と恐れられる殺し屋像を作り上げた。 木村が演じる相棒のヨウコは、妹のふりをしながら、大阪でのアキラの行動を見守る役どころだ。 「原作のキャラクターを演じるという意味では、私はヨウコみたいにセクシーじゃないですし、正直『うまく原作に寄せられるかな』という不安はありました」と振り返る木村。 それでも「監督のなかに、明確なヨウコ像がありましたし、いただいた台本をどれだけ表現できるかという点では、普段のお芝居と変わらない。 実写化される以上は、漫画とは別物と捉えています」と、演じる姿勢にブレはなかった。 共演には、、、、ら世代を超えた豪華キャストが顔をそろえ、それぞれの思惑が暗躍し交錯する。 スタッフの顔ぶれも多彩で、ハリウッドで活躍するアクション監督のアラン・フィグラルズ(「」)がファイトコレオグラファーを担当。 日本からは率いるアクションチームが、スタントコーディネーターとして参加し、さらに現場ではアクションに精通する岡田のアイデアが随所に盛り込まれた。 特に岡田にとって、ファブルを付け狙う殺し屋・フードを演じる福士とは、「」シリーズ以来、師弟関係にも似た信頼が築かれていた。 「アクションでキャラクターを膨らませたかった。 福士くんの殺陣は、僕もアイデアを出させていただきました。 手にする武器にしても、最初は周りの敵と同じものだったから『変えた方がいい』って提案したり。 『福士のことは、俺に任せろ』じゃないですけど、まあ、福士くんに対する愛情ですよね! 無茶振りもしましたけど、『大丈夫でしょ? できるでしょ?』って」(岡田)。 2人が繰り広げる白熱のバトルは、映画の成否を決定づける重要なエッセンスだ。 「」は、6月21日から全国公開。 (映画. com速報)•

次の

岡田准一『ザ・ファブル』初映像!殺してはいけない殺し屋に

岡田 准 一 ファブル

解説 2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。 超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。 もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。 そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。 相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。 カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口カンが監督を務め、「20世紀少年」「GANTZ」の渡辺雄介が脚本を手がける。 2019年製作/123分/G/日本 配給:松竹 スタッフ・キャスト ファイトコレオグラファーのアラン・フィグラルツは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」シリーズなど、リアリティー重視のスピーディーでタフな格闘アクションの振付で活躍してきた人。 「図書館戦争」などでアクションのセンスを見せてきた岡田准一も、フィグラルツの振付でさらに才能を伸ばした、そんな印象を受けるシーンの連続だ。 原作は未読だが、凄腕の殺し屋なのに日常生活に不慣れで世間知らず、というコミカルな設定が楽しい。 チンピラに敢えて殴らせる場面など、アキラの心の声(思考)を添えつつスローモーションで殴られゆがむ顔(当然CGで加工している)をとらえる映像が爆笑を誘う。 福士蒼汰も大きな体躯を駆使して、好敵手ぶりを発揮していた。 共演陣も豪華だが、顔見世程度で終わってしまう人が多く、ちょっともったいない気も。 安田顕のやくざ者の熱演には胸を打たれた。 ネタバレ! クリックして本文を読む Amazonプライム・ビデオでレンタルして鑑賞。 原作は未読です。 顔芸も炸裂し、新たな一面も見せてくれました。 これだけでもなかなか困難なミッションですが、それ以上に過酷な事態が彼に襲い掛かって来ました…。 ひょんなことから関わることになった女性を救出するため、多勢に無勢にもほどがある状況から誰も殺さず事を成し遂げねばならない。 ひとりでも殺したら、ボスに殺されてしまう…。 ちょっとエロい木村文乃。 安定のイカれ具合な柳楽優弥。 存在してるだけでもはや面白い佐藤二朗。 この3人がベスト演技でオススメ! ネタバレ! クリックして本文を読む おもしろいコメディアクション映画。 ほんとーに特に何も考えずに2時間観れました。 柳楽さんのクレイジーな男なのに、ヤスケンさんの前でだけは弟感がしっかり滲み出ていて。 最後に殺されてしまうシーンは悲しかったな、、、 ヤスケンさんはとにかく存在が。 怖いヤクザの兄貴で、真面目で、強面なのに、どこかにユーモアが出てしまってて。 すばらしいですね。 もっともっと、他の作品が見たくなりました。 イケメンってのはどんな役をやってもイケメンなんですよね、、、それが惜しい。 もっともっとイケメンを崩せるような役に積極的に挑んでほしい。 タッパがあるだけにスーツきててもセクシーでカッコ良すぎるんだもん、、、 とにかくエンターテイメントでした。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の