皮膚 科 ホクロ 除去。 ホクロ除去

ほくろ除去|大山皮膚科|足立区 五反野駅1分の皮膚科

皮膚 科 ホクロ 除去

Contents• ソノクリニックとは?皮膚科併設で通いやすい ソノクリニックは、美容外科の他に形成外科と美容皮膚科を併設したクリニックです。 >>『』公式サイトへ 最大の特徴は、大阪でホクロ除去を受けられるクリニックの中でも、 人気の高いクリニックであること。 その理由は、たとえば以下のようなものがあげられます。 皮膚科や形成外科を併設• 保険診療が可能• 病理検査つき ホクロ除去は、皮膚科・美容外科などで受けることができますが、傷跡が残らないようにするには、ホクロ除去の腕前と適切な処置が必要です。 きちんとアドバイスや指導してくれないクリニックでは跡が残る危険が高まりますし、腕が良くなければホクロを取り残してしまうかもしれません。 ソノクリニックは神戸院と大阪梅田院の2院あり、どちらも形成外科の経験を持つ医師が施術しています。 大手美容外科の場合、内科出身の医師が大した経験もなく美容整形手術を手がけることがあります。 つまり、きちんと形成外科で施術を学んできた医師が施術を担当している、という点だけでもソノクリニックの信頼度は高いのです。 皮膚科も併設しており、美肌作りのための機材導入もあるので、傷跡の治癒がうまくいかなかったときの相談もしやすい環境が整っています。 また、管理人自身もソノクリニックでホクロ除去を行いましたが、健康保険証を利用できたのは助かりました。 保険証なし(自由診療)でも同じような金額でホクロ除去を行ってくれるところはあります。 しかし、病理検査も料金内となると、クリニックの選択肢は少なくなるでしょう。 ソノクリニックは、保険診療でホクロ除去と取ったホクロの病理検査(ガンかどうかの検査)がセットで安く受けられる点が他のクリニックとの違いです。 ソノクリニックのホクロ除去施術は? ソノクリニックでのホクロ除去は、基本的にCO2レーザーのみの対応です。 公式サイトでも『ホクロは切らずにレーザーで除去』とPRしています。 CO2レーザーはメスで切除する施術方法と違い、ホクロ部分だけを取り除けるため、浅いホクロであれば傷も浅いもので済みます。 ソノクリニックで使用されているレーザー機器は、スキャナーつき。 レーザーが照射される場所がこまかく分かるようになっており、ホクロ部分だけを的確に狙えるようになっているそうです。 そのため、 ソノクリニックは小さいホクロを除去したい方にぴったりのクリニックです。 心配なのは、大きなホクロで悩んでいる方。 あまりに大きいホクロをCO2レーザーで取り除こうとすると、肌表面に凹凸ができるなど、施術後の見た目が悪くなります。 炭酸ガスレーザー治療は、ある程度の経験が必要です。 深いと痕が残りますし、浅いと完全に取りきれません。 また、レーザーで深く大きいホクロを処置すると肌に凹みができてしまう原因になります。 出典: 同じようにCO2レーザーでホクロ除去を行っている他のクリニックでも、このように注意書きされています。 大きいホクロを除去しようと考えている方は、無理にソノクリニックを選ぶ必要はありません。 メスでの切除も対応しているクリニックに相談してみることをおすすめします。 ちなみに、参考までに管理人と妹がソノクリニックのCO2レーザーでホクロ除去をしたときのホクロの大きさは、3~4mmと6mm程度でした。 この程度のホクロであれば、CO2レーザーで除去できます。 ソノクリニックのホクロ除去の金額~保険適用できる?~ ソノクリニックが人気の理由のひとつが、ホクロ除去に保険適用が可能な点です。 健康保険を利用すれば、格安でホクロ除去をしてもらえる上、病理検査もついてきます。 病理検査は、いわゆるメラノーマと呼ばれる、ホクロに似た皮膚ガンかどうかを調べてもらうための検査です。 ソノクリニックで管理人が頬のホクロ除去を受けたときにかかった費用は、施術代9,500円でした。 合計金額では、他に薬代なども必要です。 施術代だけを見ると、保険診療を行っていない自由診療のみのクリニックでも、同じような金額や、もっと安いところが見つかります。 他の安いクリニックと違うのは、ソノクリニックの場合、この施術料の中に病理検査費用も含めていることです。 同じように健康保険を使用できるクリニックでも、病理検査代は別料金で必要となっているところもあり、たとえば某クリニックでは病理検査代3,000円が必要でした。 もし自分のホクロが皮膚ガン(メラノーマ)かもしれない、と疑いを持っているのであれば、ソノクリニックのように料金内で病理検査も行ってくれるクリニックはお得です。 そちらもぜひチェックしてみてください。 平均的な評価は3~4(5点満点)点ほどで、人によっては医師の態度にそっけなさを感じることもあるようです。 簡単に説明していただいた後、サインをしました。 淡々と説明されたため少し不安でしたが、質問はないかなど聞いてくださり、分からないことはお聞きしやすい雰囲気でした。 出典: 手術方法を絵で書いてもらって分かりやすかったです。 テープはいつまで貼るとか詳しいことまで教えてもらいました。 丁寧でした。 出典: しかし、これらの口コミにあるように、淡々としていても説明をしっかり行ってくれるうえ、毎回必ず「何か質問はありますか?」と最後に聞いてくれるので、分からないところは聞きやすかったです。 管理人もソノクリニックさんでホクロ除去を行いましたが、しっかり説明をしてくれましたし、受付の方も看護師さんも丁寧な方が多かったです。 応対に関しては、不満点はありませんが、同じくソノクリニックでホクロ除去を行った我が家の妹としては、施術内容に不満があったそうです。 それは、再発した場合の保証がないこと。 妹は腕の濃くて大きいホクロ(直径6mmくらい)を除去したのですが、しばらくすると再発して小さなホクロが新たに出てきてしまいました。 ソノクリニックに見せに行くと、再発と診察され、「もしまた除去するなら、同じような費用がかかりますよ」と言われたそうです。 ソノクリニックは再発時の保証がないため、再び施術を受ける場合、100%費用が必要なのです。 ホクロの再発自体は珍しくないため、ソノクリニックの施術が問題だったわけではありません。 しかし、妹のように濃くて大きい、再発の可能性が高いホクロを除去する場合は、保証のあるクリニックがおすすめです。 また、人気のあるクリニックなので、個人的には予約がとりにくい点が気になりました。 時間がとりにくい方には、少し利用しにくいクリニックかもしれません。 ソノクリニックの評判と口コミによる評価まとめ ソノクリニックの施術に関しては、これといって目立った不満は見つかりませんでした。 人によっては、説明不足を感じたり、医師にそっけなさを感じることがあるようですが、質問しにくい態度(威圧的)というわけでもないため、気になったところは自分のほうから質問できます。 他院は施術内容が良くてもスタッフの評判が悪いクリニックが多い中、ソノクリニックはどのスタッフさんも丁寧で通いやすい雰囲気があります。 ホクロ除去の施術を受ける際に注意したいのは、再発の可能性があるものは保証がないことを理解して受ける必要があることです。 けして高額ではありませんが、他のクリニックでは再発時の保証制度を用意しているところもあるため、不安がある方は保証のあるクリニックと比較検討してみてください。 気になることは自分から質問できる人• 受付などスタッフの人柄重視な人• 安く済ませたい人• 病理検査もしておきたい人• 時間に融通がつきやすい人• 医師も愛想の良い人を求めている人• 保証制度を重視する人• 病理検査が必要ない人• 忙しい(時間に融通がつかない)人• 濃くて大きめのホクロを除去したい人 ソノクリニックがおすすめな方は、病理検査代も含めて安く済ませられるホクロ除去を求めている方です。 人気のクリニックなので、時間に融通がつきやすい人でなければ利用は難しいでしょう。 こまかい部分のホクロにもピンポイントで照射できるCO2レーザー機器を使うため、細かいホクロを除去しようと考えている方にぴったりです。 一方、濃くて大きめのホクロを除去したい方には向いていません。 再発の可能性が高く、保証制度のないソノクリニックでは再施術を受ける場合、また同じような額の施術料が必要です。 また、大きすぎるホクロはレーザーよりもメスによる切除のほうが傷跡が残りにくく、きれいに切除できるため、レーザー治療のみのソノクリニックでは難しいでしょう。 デメリットも理解しつつ、「こまかなホクロを除去したい」「病理検査にも興味がある」という方は、ソノクリニックもぜひチェックしてみてください。

次の

ほくろ除去は何科で行う? 形成外科医には「見た目へのこだわり」が必要

皮膚 科 ホクロ 除去

外側からみえる体の変形や欠損を、外科的手術により治療する「形成外科」。 形成外科の守備範囲は非常に広く、眼科、皮膚科や口腔外科など、他科と重複する疾患も多々あります。 たとえば、「の除去手術」は、皮膚科と形成外科、どちらの科で受けるのがよいのでしょうか。 それぞれの診療科の特質や差異について、和歌山県立医科大学付属病院・形成外科教授の朝村真一先生のお考えをお伺いしました。 ほくろの除去は形成外科でも皮膚科でも受けられる ほくろ(色素性母斑、黒子)の除去は、皮膚科でも形成外科でも受けられます。 このうち、形成外科では、や腫瘍など、皮膚における異常を解剖学的に「正常な状態」にするための治療も行っています。 ただし、皮膚病理をみることの専門家というと、一般的には皮膚科となります。 ほくろの中にはという悪性の皮膚がんもあるため、病理をみることができる施設の診療科において、ほくろの除去手術を受けることが望ましいとされているのです。 しかし近年、がんといえども術後の整容性を保たれるべきであるという、オンコプラスティックサージャリー(腫瘍形成外科)という概念が提唱されるようになりました。 そのため、「がんの手術なので見た目に問題が残ることは仕方がない」という考え方は、いまや時代遅れとなっています。 形成外科に特化した役割とは? ほくろ除去後の傷跡や肌の色の差を残さないこと ほくろを除去した後の「傷跡の修正」までを含めて一つの治療と捉えると、皮膚科と形成外科の役割や目的は異なります。 たとえば皮膚がんを切除するとき、皮膚科が重きをおくべきものは「再発しない徹底的な切除」になります。 一方、形成外科の仕事には、切除後に「傷跡を目立たなくすること/いかに美しく成し遂げるかということ」まで含まれてくると考えます。 ですから、手術の傷跡が体表に残り、目立っているようであってはいけません。 また、移植した皮膚と元の皮膚の色に差などが生じないよう、美しく治療を成し遂げるのが、形成外科の役割といえます。 形成外科は皮膚表面の「傷跡」を職人技のように美しく治療する がんではない良性のほくろをレーザーによって除去するだけならば、皮膚科や形成外科だけでなく、他科で行うことも可能かもしれません。 しかし、和歌山県立医科大学付属病院には、他科でのほくろ除去後の陥凹した傷跡にコンプレックスを抱き、その修正のために来院された方もいらっしゃいます。 治療後、表情や言動が明るくなられだけでなく、他の箇所のほくろの除去を希望され、最終的には3回の手術を行いました。 この患者さんをみて、「手術により患者さんの心を変えること、また、患者さんの声に応えられる高いレベルの治療をすること」が形成外科の役目であると感じました。 ほくろからは話が逸れますが、の手術により症状はなくなったものの、二重の幅に左右差ができてしまっていれば、それは形成外科の手術としては合格点とはいえないと考えます。 形成外科医は、患者さんの心に不満を残さないよう、整容に対するこだわりを持ち、テクニックを磨くことが大切なのです。 「外科医とは科学者であり、職人でもある」といわれますが、形成外科医はとりわけ後者の要素が強いと感じます。 治療がうまくいったかどうか評価するのは患者さんご自身 体の奥深くのがんや潰瘍の治療状況や進行度合いなどは、患者さんから判断することは難しいため、医療者が評価することしかできません。 しかし、形成外科医が扱う患者さんの体表の傷跡は外にみえる部分ですから、治療がうまくいったかどうかを評価するのは患者さんご自身になります。 ほくろ除去後の傷跡が目立っていたり、眼瞼下垂症手術後の眼瞼の左右差などが強く出ていれば、患者さんはその手術を合格とは評価しないでしょうし、精神的劣等感からも解放されないでしょう。 「手術をしたなんて、外からみてもわからない」と患者さんにいっていただけるよう、「正常にすること、また、より美しくすること」に重きをおいて治療にあたるのが形成外科医の使命であると考えます。

次の

レーザーで顔のホクロを15個除去して分かった「たった1つ」のこと

皮膚 科 ホクロ 除去

外側からみえる体の変形や欠損を、外科的手術により治療する「形成外科」。 形成外科の守備範囲は非常に広く、眼科、皮膚科や口腔外科など、他科と重複する疾患も多々あります。 たとえば、「の除去手術」は、皮膚科と形成外科、どちらの科で受けるのがよいのでしょうか。 それぞれの診療科の特質や差異について、和歌山県立医科大学付属病院・形成外科教授の朝村真一先生のお考えをお伺いしました。 ほくろの除去は形成外科でも皮膚科でも受けられる ほくろ(色素性母斑、黒子)の除去は、皮膚科でも形成外科でも受けられます。 このうち、形成外科では、や腫瘍など、皮膚における異常を解剖学的に「正常な状態」にするための治療も行っています。 ただし、皮膚病理をみることの専門家というと、一般的には皮膚科となります。 ほくろの中にはという悪性の皮膚がんもあるため、病理をみることができる施設の診療科において、ほくろの除去手術を受けることが望ましいとされているのです。 しかし近年、がんといえども術後の整容性を保たれるべきであるという、オンコプラスティックサージャリー(腫瘍形成外科)という概念が提唱されるようになりました。 そのため、「がんの手術なので見た目に問題が残ることは仕方がない」という考え方は、いまや時代遅れとなっています。 形成外科に特化した役割とは? ほくろ除去後の傷跡や肌の色の差を残さないこと ほくろを除去した後の「傷跡の修正」までを含めて一つの治療と捉えると、皮膚科と形成外科の役割や目的は異なります。 たとえば皮膚がんを切除するとき、皮膚科が重きをおくべきものは「再発しない徹底的な切除」になります。 一方、形成外科の仕事には、切除後に「傷跡を目立たなくすること/いかに美しく成し遂げるかということ」まで含まれてくると考えます。 ですから、手術の傷跡が体表に残り、目立っているようであってはいけません。 また、移植した皮膚と元の皮膚の色に差などが生じないよう、美しく治療を成し遂げるのが、形成外科の役割といえます。 形成外科は皮膚表面の「傷跡」を職人技のように美しく治療する がんではない良性のほくろをレーザーによって除去するだけならば、皮膚科や形成外科だけでなく、他科で行うことも可能かもしれません。 しかし、和歌山県立医科大学付属病院には、他科でのほくろ除去後の陥凹した傷跡にコンプレックスを抱き、その修正のために来院された方もいらっしゃいます。 治療後、表情や言動が明るくなられだけでなく、他の箇所のほくろの除去を希望され、最終的には3回の手術を行いました。 この患者さんをみて、「手術により患者さんの心を変えること、また、患者さんの声に応えられる高いレベルの治療をすること」が形成外科の役目であると感じました。 ほくろからは話が逸れますが、の手術により症状はなくなったものの、二重の幅に左右差ができてしまっていれば、それは形成外科の手術としては合格点とはいえないと考えます。 形成外科医は、患者さんの心に不満を残さないよう、整容に対するこだわりを持ち、テクニックを磨くことが大切なのです。 「外科医とは科学者であり、職人でもある」といわれますが、形成外科医はとりわけ後者の要素が強いと感じます。 治療がうまくいったかどうか評価するのは患者さんご自身 体の奥深くのがんや潰瘍の治療状況や進行度合いなどは、患者さんから判断することは難しいため、医療者が評価することしかできません。 しかし、形成外科医が扱う患者さんの体表の傷跡は外にみえる部分ですから、治療がうまくいったかどうかを評価するのは患者さんご自身になります。 ほくろ除去後の傷跡が目立っていたり、眼瞼下垂症手術後の眼瞼の左右差などが強く出ていれば、患者さんはその手術を合格とは評価しないでしょうし、精神的劣等感からも解放されないでしょう。 「手術をしたなんて、外からみてもわからない」と患者さんにいっていただけるよう、「正常にすること、また、より美しくすること」に重きをおいて治療にあたるのが形成外科医の使命であると考えます。

次の