ツイッター 言語設定。 Twitterの言語表示を変更する方法!英語から日本語表示も解説!【iPhone/Androir/PC】

Twitterの初期設定で設定しておくべき項目まとめ

ツイッター 言語設定

この他にも、Twitterには多くの機能が備わっています。 そんなTwitterだからこそ、問題が起こることもしばしばあります。 Twitterユーザー間のトラブルもありますし、トラブルと言うとそちらに目が向きがちですが、別の場所にだって問題があるんです。 それはログインした時です。 まさに今からTwitterを始めよう!という時に問題が発生するのです。 それが軽い問題ならいいのですが、この問題はTwitterを使うのに支障が出るレベルの問題です。 しかもTwitter初心者によく起こる問題なので、操作がわからず立ち往生してしまう人が多いです。 その問題とは、PC・iPhone・AndroidでTwitterをする時、 Twitterの言語表示(表記)が日本語ではなく英語に設定されていのです。 さて、では急にPC・iPhone・AndroidのTwitterの言語表示(表記)が日本語ではなく英語になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?そもそも英語から日本語に設定する方法(直し方)はあるのでしょうか?あるとすればその手順は? 結構知らない人が多いと思います。 普通はPC・iPhone・AndroidのTwitterの言語表示(表記)が日本語ではなく英語になってしまった、なんてことは起こりませんからね。 ですが、PC・iPhone・AndroidのTwitterの言語表示(表記)が日本語ではなく英語になってしまうのは急な出来事で、いつ起きるかわかりません。 対策法を知っておいて損はないと思いますよ。 次に、スマホアプリ版のTwitterの言語表示(表記)を英語から日本語に設定する方法(直し方)です。 まず、iPhone・AndroidでTwitterの言語が英語などに変わってしまう場合、それはTwitterをブラウザで開いでいる場合が多いです。 Twitterをアプリでなくブラウザで開いた場合、言語が英語などに変わってしまうことがあります。 その場合、先ほどのようにTwitterの言語を英語から日本語に設定し直すか、Twitterをブラウザではなくアプリで始める方法があります。 TwitterなどのSNSは、ブラウザよりアプリの方が安定しますし、設定も楽なので、この際アプリに乗り換えてもいいかと思います。

次の

ツイッターの表示を日本語にしたい!英語から変更(言語設定)する方法

ツイッター 言語設定

話題のトレンドや最新のニュース、おもしろネタなど、全世界から発信されています。 まずはTwitterで情報をゲット!という人も多いのではないでしょうか。 Twitterにはじめて登録したときや普段使っているiPhoneやAndroidのOSをアップデートしたときなど、設定言語が英語になってしまって不便だなんてことありませんか? また、日本語の設定にしていたけど、英語表示に変えたいという場合 どこから設定したらいいのかわからないということもあるかもしれません。 そのため今回は、 もくじ• スマホの場合だとスマホ本体の言語設定で行う方法しかないため、上手くいかなかったり端末全ての言語を変える必要がある ため、パソコン・PCで設定を行う方が確実です。 パソコン・PCでの方法 1. Twitterにログイン まずは、設定したいアカウントでログインをします。 設定を開く ホーム画面が表示されるので、右上にある自分のアカウントのアイコンをクリックします。 登録したばかりであれば、卵の形をしたアイコンをクリックしましょう。 するとメニューが表示されるので、「Settings」をクリック。 言語を変更 Settingsをクリックすると、Accountと書かれた画面が表示されます。 もし表示されない場合は、左側の項目の中から「Account」をクリックしましょう。 上から3番目の「Language」が表示する言語の設定になります。 英語の場合は、Englishになっているので、Englishをクリックして、「日本語 — Japanese」を選択します。 下にスクロールしていくと、「Save Changes」があるのでクリック。 入力する画面が表示されますが、設定を変更するためにパスワード入力が求められているだけなので、アカウントのパスワードを入力し、右下の「Save Changes」をクリック。 設定が変更され、日本語表示に切り替わります。 これでブラウザでの日本語への表示切り替えは完了です。 iPhoneやAndroidでの方法 iPhoneやAndroidの場合は、スマホ端末の設定で言語をできます! スマホ端末の言語に依存するため、スマホ自体が日本語の設定になっていればインストールするだけで問題ありません。 もし、アプリでも英語での表示になっているときは、スマホの言語設定を見直しましょう。 【方法】 iPhoneは設定アプリから、 1. 一般(General) 2. 言語と地域(Language&Region) 3. iPhoneの使用言語(iPhone Language)で日本語を設定します。 Androidでも同様に設定から、 1. 言語&キーボード 2. 言語を選択で日本語を選択します。 Androidは機種によって異なる場合があるので、お使いのAndroidに合わせて設定を変更しましょう。 注意点 注意しなければならない点があります。 アプリは端末の言語に依存するため、端末全体の言語が変わってしまいます。 すべて英語に変更されてもよい場合のみの変更をおすすめします。 まず、パソコン・PCでの変更方法です。 パソコン・PCでの方法 1. Twitterにログイン まずは、設定したいアカウントでログインをします。 設定を開く ホーム画面が表示されるので、右上にある自分のアカウントのアイコンをクリックします。 メニューの中から、設定をクリック。 言語を変更 設定をクリックすると、ユーザー情報と書かれた画面が表示されます。 もし表示されない場合は、左側の項目の中から「ユーザー情報」をクリックしましょう。 上から3番目の「言語設定」が表示する言語の設定になります。 日本語をクリックし、「English — 英語」を選択します。 ページ下部ある「変更を保存」をクリック。 設定を変更するためにパスワード入力が求められるので、 アカウントのパスワードを入力し、右下の「変更を保存」をクリック。 設定が変更され、英語表示に切り替わります。 まとめ Twitterの表示を英語設定にする方法と日本語設定にする方法!は以上です。 参考になりましたでしょうか? 他の設定をするにも英語だと不便に感じることもありますし、ストレスなく使うには使い慣れた言語に変えるのが一番ですよね。 お困りの方は是非試してみて下さい。

次の

Twitter(ツイッター)を英語から日本語に設定変更する方法

ツイッター 言語設定

Twitterの設定をスマートフォンで変更する際に、アプリではなくブラウザからの設定変更が必要な時があります。 例えば、センシティブな内容を表示させるかどうかや、一括で過去のツイートから位置情報を削除したい場合などがそうです。 アカウント作りたての時にロボットではない事を証明するための操作の時などもブラウザからのアクセスが必要になることもあります。 アプリから自動でブラウザに飛ばされることもあれば、ブラウザを開いて自分でTwitterにアクセスしなくてはならないこともあるでしょう。 そんな、ブラウザからTwitterにアクセスした時に、表示されている言語が英語で戸惑われることはありませんか? 英語に堪能なかたであれば何の問題もなく設定変更などの操作をすることができるかもしれませんが、あまり自信の無い人はまず日本語など読める言語に変更してから設定の変更などをされることをおすすめします。 というのも、よく意味を把握できていないままに、なんとなく英語の意味を読み取って設定していると、意図しない設定になってしまう可能性もあるからです。 プライバシーに関する内容を設定したり変更したりする場合は、慎重になるべきでしょう。 この記事では、スマートフォン(iPhone)のブラウザ(safari)からTwitterにアクセスした際の言語の設定の変更方法についてご紹介します。 Twitterの言語設定方法 インターネットのブラウザでTwitterにアクセスして、自分のアカウントのアイコンから、「Settings and Privacy」をタップしましょう。 そして、「Account」をタップします。 「Data and permissions」の「Language」をタップしましょう。 「Select your preferred language」の右の矢印からプルダウンで言語を選びましょう。 言語を選択して「SAVE」をタップしましょう。 以上で言語設定の変更が完了です。 設定変更をするなら言語もちゃんと変更してからにしよう Twitterはとても便利で多くの人と繋がりを持つことのできるSNSですが、便利な反面、設定の変更を適当にしていると、自分の意図しない事になることもあります。 設定の変更は慎重にしましょう。 だからこそ、設定をする時はきちんと自分の理解できる言語で設定をするようにしましょう。

次の