点滴 漏れ あざ。 点滴後のあざ。私は体が弱く、風邪をこじらせては入院したりします。そ...

点滴中、腕には針が刺さっているわけではない話(中山祐次郎)

点滴 漏れ あざ

以前、患者さんに点滴で治療をしていたところ、こんな風に言われたことがあります。 「先生、点滴中は針がささっていて危ないから腕は動かさない方がいいですよね」 私はお腹の手術をする外科の医者です。 お腹を切るときにはだいたい患者さんに点滴をします。 私が担当するほぼ全員の患者さんに、点滴での治療をしているでしょう。 しかし実は点滴について、あまりこれまで患者さんにくわしく説明をしたことがありませんでした。 この記事では、絵を使いわかりやすく説明したいと思います。 結論から言えば、 点滴中は体に針がささっているわけではありません。 ささっているものはプラスチック製の、柔らかくて非常に細いストローのようなもの なのです。 それでは、点滴の管がどう入るかを実況中継してみましょう。 それでは、点滴が入ります 絵で説明します。 まずこの赤いのが血管、青が点滴専用の針です。 針の根元には白い「つつ」のようなものがあります。 画像はすべて筆者作成 1 針を血管に刺しましょう。 刺す方の医者やナースは、ここで集中します。 針が血管に入った イタタ!ちょっと痛みます。 針が血管に入ると、針のおしりからは血が出ます。 医者やナースはここで血が出ると、「よし、ちゃんと血管の中に針の先が入ったな」とひと安心します。 そして、次は・・・ 2 「つつ」だけを進める 白い「つつ」だけが進んだ 白い「つつ」だけが前に進んで、血管の中に入りました。 この「つつ」は尖っていないので、血管をやぶることなくツルッと血管の内側を滑ります。 この時、抵抗がないと「うまくいったな」と思います。 抵抗があるときはたいてい失敗です。 3 針だけを抜く 青い針を抜きます ここで、「つつ」がブレないように注意しながら針だけをそっと抜きます。 白い「つつ」のおしりから血が出る 針を全部抜きます。 すると、今度は「つつ」のおしりから血が出てきます。 4 点滴のバッグと接続する 白い「つつ」のおしりを点滴とつなぎます 最後に点滴のバッグとつなげたら完成です。 以上見てきたように、血管や体の中には針は残っていません。 白い「つつ」はプラスチックで出来ていて、ストローよりも柔らかくちょっと力を入れるとポキッと曲がってしまいます。 ですから、腕に点滴が入っていても基本的には腕を動かしても大丈夫です。 ただ例外として、肘や手首に入っている場合は要注意。 曲げると点滴の「つつ」が折れ曲がりすぐに中が血液で詰まってしまったり、「つつ」が抜けてしまったりします。 ちなみにこの記事では「つつ」と書いていますが、病院では「外筒」(がいとう)と呼んでいます。 たまに針で点滴をすることも しかし例外として、針を血管の中に入れたまま点滴をすることがあります。 これは入院する病院ではなく、クリニックなどで30分だけ点滴をするなどの場合に使われます。 こんな見た目です。 トンボ針、医療機器販売のTCBホームページより引用 通称「トンボ針」、トンボみたいな形をしています。 正式には「翼状針(よくじょうしん)」といいます。 このトンボの羽の部分をさす人がつまんで持てるように、こんな構造になっています。 この針は採血のときにもよく使われますが、ちくっとさしてこの針からそのまま点滴を短時間投与することもあります。 使い分けは? では、このプラスチックの点滴とトンボ針、どう使い分けているのでしょうか。 ざっくり言えば 30分以内の点滴であればトンボ針、それ以上の長時間の点滴はプラスチック製と言えると思います。 病院によって違いますので、心配な方は「これ、トンボ針ですか?」と看護師さんや医師に聞いてみるといいでしょう。 以上、点滴のお話でした。 (謝辞) 本記事はそもそもツイッターで話題になっていたテーマを、許可を得て筆者が記事化したものです。 ご快諾をいただきました先生に御礼申し上げます。 27 読者の方にご指摘いただいた点を追記致します。 医療関係者の方へ、保険医療上の算定用件としては、以下のようになっています。 「プラスチックカニューレ型静脈内留置針は、おおむね24時間以上にわたって経皮的静脈確保を必要があると判断した場合や6才未満の乳幼児、ショック症状またはショック状態に陥る危険性のある患者のうち翼状針による静脈留置が困難な場合に限り算定できます。 」 (よくわかる点数表の解釈【上】 108ページより引用) 本記事内では、あくまで保険診療上の定義ではなく実際の医療の現場でどのように使い分けをされているかを説明しています。 また、翼状針との使い分けについて、「明確な基準はありませんが、」とありましたが、この表現は誤りであったため削除しました。

次の

点滴の跡が青あざに・・

点滴 漏れ あざ

Contents• 採血後に血管から内出血した!その原因は? 血液検査や献血などで採血された後、針を刺された血管が内出血を起こして青アザができてしまうことがあります。 採血後の内出血(青アザ)は、血管の外に血液が漏れてしまい 皮下出血を起こすためにできてしまいます。 青アザになってしまうと触れただけでも痛みがあったり、見た目も痛々しくて、なるべくなら早く治したいですよね。 そもそもどうして採血の後に内出血してしまうのでしょうか? 原因は大きく分けて2つあります。 採血手技(採血を行う側)の問題 採血するときに、針が血管を突き破ってしまった場合に内出血が起こります。 針を刺してから血管を探して針先を動かしたり、深く針を刺しすぎたりしてしまうことで、針先が血管を突き破ってしまうのです。 採血される側の問題 採血後の内出血の原因で最も多いのは、採血後の 止血不足です。 採血後は 強めに採血箇所を圧迫し、最低でも 5分間はしっかりと押さえておきましょう。 よくある勘違いで、採血した箇所を揉んでしまう人がいますが、絶対ダメです。 採血した箇所を止血するときには決して揉んだりせず、血管の上から垂直に圧をかけるようにしましょう。 出血が治まったと思っても、皮膚表面が塞がっただけで血管表面の止血は完了していないことがあります。 ですから、皮膚表面に血が滲んでいなくても最低5分間はしっかりと圧迫止血を行いましょう。 採血後、採血した方の腕で重たい荷物を持ったりすると再出血することがありますので、重い荷物を持つことや腕を強く曲げ伸ばしすることは避けましょう。 血管壁の弱いお年寄りや、抗がん剤治療を行っている患者さんは血管壁がもろくなっているので、内出血しやすくなっています。 しっかりとした止血を行うようにしましょう。 また、出血傾向のある方(血小板の数が少ない、ワーファリンなどの血液をサラサラにする薬を服用している)は止血に時間がかかります。 より長めに止血を行なってください。 採血後の血管が内出血してしまった!早く治す方法は? 採血後に内出血するとその部位が腫れぼったくなったり、青アザのようになってしまいます。 通常は採血後の内出血は放置していて大丈夫です。 3~4週間くらいで内出血後の皮膚は青紫色から徐々に黄色へと変わっていき、やがて元通りに出血が自然吸収されていきます。 しかし、少しでも早く治したい場合、以下の方法を試してみてください。 採血箇所を冷やす 採血した当日に、採血箇所を冷やします。 冷やすことで血管を収縮させ、腫れや痛みの軽減や出血の広がりを抑える効果があります。 採血箇所を温める 採血から1~2日経過したら、今度は採血部位を優しく温めるようにします。 温めることで細胞の修復が促されます。 ただし、採血直後に患部を温めてしまうと血流が良くなって出血が広がってしまうので逆効果です。 採血後の内出血(青アザ)を防ぎたい!予防方法は? しっかりと止血することが内出血を防ぐポイント 採血後に内出血を起こさないようにするには、なんといっても 止血が肝心です! 採血後は決して採血箇所を揉んだりせず、指で上からしっかり押さえて止血しましょう。 採血した腕と反対側の手の親指で止血すると、力が入りやすいと思います。 採血後に出血が止まっても、重たいものを持つことや腕を強く曲げ伸ばしすることは避けましょう。 採血ミスを起こされないために 「採血の際にいつも失敗される」「何度も針を刺される」という人は、血管が見えにくいのかもしれません。 血管が見えにくい人は、上手く採血してもらったときの採血場所を覚えておいて「前回はこの辺りから採血してもらいました」と自己申告するのもアリです。 採血の際には親指を中に入れて手をグッと握るようにしましょう。 そうすることで血管が膨れて針がしっかりと刺さり、針先が固定されるので血管壁を破るリスクが少なくなります。

次の

点滴の針刺しっぱなしで大丈夫?留置針の疑問を解説します!

点滴 漏れ あざ

拍手・閲覧有難うございます! 癒されます! 前にも書いたかもしれませんが、昔は全然そんな事なかったのに、 最近は全く血管が見えないninです。 これがどう困るかというと、まず血管を捜すのに時間がかかります。 今回の入院の時は、点滴を刺すので、最高10分掛かってました。 その後左手に関しては、ベテランの看護士さんに肩の方まで捜され ましたが、皆無だそうです…。 そして腕に見えるのは、非常に細い血管で、それだと針が入らない との事…。 何か2人がかりとかで、血管捜索されて悲しくなりましたよ。 外見からしたら、ふっとい血管がめっちゃ見付けやすいみたいな 体型なのにさ! 余談ですが、太ってても痩せてても、血管の見付け易さには関係 ないそうです。 私は右利きなので、たいがい利き腕は避けて採血とかしますけど、 左手が全然血管が見えないため、捜されてもたいがいそこから血が 採れず、再度刺し直しになります。 でも、刺し直しても、やっぱり血が採れないので、利き腕になります。 こんな事ならと、最近は自ら利き腕を差し出します。 めっさトイレとか行きに難い! そして、寝る時すごく邪魔で寝られない…。 あと点滴替えに来てくれるので起きてしまう…。 などなど非常に嫌なものなのですが、更に今回も液漏れがありました。 液漏れというのは、血管に入るはずの点滴が、針の曲がりとかに よって、血管じゃない部分に漏れる事です。 これは本当は痛いんです。 そして漏れた部分は、すごく腫れて脹れます。 でもあまりにも刺されすぎて、最近針の痛みにも慣れてしまった ワタクシ。 液漏れしても、中々気が付かないというすごい状態になって おりました。 看護士さんに『液漏れしてるわよ!』と言われ、パンパンになった 腕を見て初めて気が付くとかね! 人間慣れるもんですね。 血管ないので仕方なくよく見える 所です。 しかし、こういう所は動かすので長く持たないのです) の点滴の漏れは、『痛いなー』と気が付いたのですが、それも かなり経って、何でこんなに痛いんだと見たら、手の甲がパンパンに 膨れ上がっていたので気が付きました。 さすがにこれは漏れてるな!と。 (笑) あと無駄に針を打って、血が出なかった所は内出血してすんごい 事になりますね。 もうあざですよ。 すごいでかいのでびびります。 痛くないけど。 そして退院して、実は右手に最後に打った点滴の針もどうやら漏れて いたっぽいです。 よく見たらパンパンで、熱持ってる。 実は左手首も同じくパンパンで熱持ってて、一昨日の夜は保冷材で 冷したほどです。 手の甲は中々元に戻りません。 まだ脹れてる。 痛くないけど。 両腕はまだ痛いです。 そんなこんなで異次元人はあと1コマで12P下書き終るんですが、 仕事しないとね。 一息ついて、仕事嫌になったら異次元人やりますね。 しかし右手の方が痛いな…。

次の