コーヒー 生 豆 保存。 コーヒー豆

冷凍庫に入れた珈琲豆は解凍してはダメ。どの様にグラインドしたらいいのか?

コーヒー 生 豆 保存

「生豆の保存」のポイントは「過保護にしない!」ということです。 とりあえず、日の当たらない風通しの良いところに置いておくのが良いでしょう。 長期保存する場合は、湿気を嫌うので通気性のよい袋に入れてちょっと高い所に置くか、ぶら下げておくのも良いですね。 お風呂場のような湿ったところに置かなければ、大丈夫です。 なお、当店が直輸入している「ハワイコナ」のような採れたての生豆を、フレッシュな状態のまま保存したい場合は、密閉して冷蔵庫に入れてるのも良いでしょう。 ただしその場合は、結露しないように冷蔵庫から出したら常温に戻るまでビンの蓋を開けないように気を付けてください。 また、冷蔵庫の中では他の食品の臭いが付く恐れがあります。 臭いが移らないよう、必ず密閉した状態で保存して下さい。 とりあえず、「生豆」は生きている種子です。 長く保存する場合は、過保護にしないで風通しの良い所に置いておくのが一番です。 どのくらい保存できるの? 保存状態が良ければ、3年は保存できます。 私が家で保存している生豆は、通気性の良い袋に入れて放ってありますが、5年以上経った今も元気です。 古い生豆は水分が抜けて、焙煎しやすく味もまろやかになりますが、豆の本来の香りや個性が失われていきます。 新しい生豆は個性豊かな美味しさがありますが、まろやかさは感じにくいです。 古い豆も新しい豆も、長所・短所がありますが、それなりの美味しさがあります。 同じ豆でも、焙煎時期をずらすことによって、違う味わいを楽しめるのも面白いですね。 あんしん・おいしい有機栽培生豆で、自宅焙煎はいかがですか? Copyright Since 1999.

次の

コーヒー生豆の保存期間について

コーヒー 生 豆 保存

紫外線• コーヒーの状態 湿度 例えば、お煎餅なんか一回封を開けてしまうと、数日後には湿気てしまいますよね? お煎餅自体の水分 湿度 に比べて空気中の湿度が高い為、 吸湿していることが原因です。 コーヒー豆も同じです。 焙煎後のコーヒー豆にも僅かながら水分は含まれていますが、周りの湿度の方が高い為どうしても吸湿してしまいます。 これを防ぐにはできるだけ乾燥した場所に、もしくはそのような状態で保管するようにしましょう。 紫外線 光、とりわけ 紫外線はコーヒーの色合いや風味に影響を与えます。 ですので 直射日光に当たるような場所での保存は避けるようにしましょう。 コーヒーも冷蔵・冷凍庫内で保管すれば、常温で保管するより経時変化を遅らせることができます。 ただし、ちょっとした 注意が必要なのですが、それは後述します。 コーヒーの状態 いわゆる「 豆」か「 粉」かのことです。 もちろん「豆」の状態で保管した方が良いです。 このことについて細かく書いた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。 冷蔵庫・冷凍庫での保管で気を付けること コーヒーの状態は「豆」だとして、防湿・遮光、低温保管できる 冷蔵庫や冷凍庫は非常に有効であると思います。 ただし、コーヒー豆の包装方法がしっかりしていることが前提になります。 包装方法 外部からの品質を低下させる要因を遮断する働きをバリア性といい、気体レベルで透過させにくいものをガスバリア性が高いといいます。 例えば透明なビニール袋にセロハンテープでとめただけの状態はガスバリア性の低い包装だと言えます。 このような状態で冷蔵庫や冷凍庫に保管してしまうと、庫内に漂う他の 食品の匂いがコーヒー豆に吸着してしまい、香りが著しく悪くなります。 このようなアルミ製の専用のガゼット袋はガスバリア性が高いといえます。 専用のガス抜きバルブがついており、外部の酸素は遮断し、コーヒー豆から放出されるガスは排出できる優れものです。 これなら室温が高くなければ常温保管でも持ちは良いです。 しかしながら、 この袋も封を開けてしまえば再びシーラーで口を閉じない限り、結局のところビニール袋にセロハンテープの状態と変わらなくなってしまいます。 ご家庭でわざわざガゼット袋とシーラーを用意するのはコスト的にもあまり現実的ではありません。 もう少し簡単に用意できるガスバリア性の高い包装材を考えるなら、 ジップロックが良いと思います。 ただし、長期保管していると炭酸ガスがジップロック内に充満して、場合によってはパンパンに膨らみ破裂する可能性もあるので気を付けましょう。 取り出す際の注意点 低温保管したコーヒー豆を使用する場合は、 必ずコーヒー豆が室温 常温 に戻ってから封を開けましょう。 というのも、取り出してすぐに封を開けてしまうと、冷えたコーヒー豆と室温との温度差によって 結露が発生してしまい、コーヒー豆が吸湿してしまうからです。 また、冷えたままのコーヒー豆 粉 を使用してしまうと、 湯と粉の接触時の温度が変わってしまい、いつもと同じ風味のコーヒーに仕上がりません。 良かれと思って冷蔵庫や冷凍庫に入れても、正しい方法で保管しなければ逆効果になってしまいますよ。 常温に戻す手間を考えると個人的には「冷蔵保存」が良いのかなぁと思っていたりします。 まとめ どうしても飲み切れない時は冷蔵庫や冷凍庫での保管でもいいと思います。 ですが できれば飲み切れる分だけを購入し、すぐに飲み切ることが理想ではあります。 また、常温の際も高温多湿の環境は避け、直射日光に当たらない場所に保管するようにしましょう。

次の

コーヒー粉の保存方法

コーヒー 生 豆 保存

コーヒー豆は生の状態の方が保存は利きます。 密閉できるプラスチック袋に小分けしてきちんとシールして冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。 ポリエチレンや塩化ビニル製はガスバリア性が低いので注意してください。 高バリア性のフィルムで身近なものに、塩化ビニリデン(商品名サランラップなど)や、アルミを真空蒸着したフィルムなどもあります。 高機能包装用プラスチックフィルム(1)酸素バリア性フィルム : 三菱化学・三菱樹脂グループのフィルム・シート これらに、できるだけ余分な空気を押し出して小分けして密閉して冷蔵庫に保存すればよいでしょう。 ただ、3年は長いのでお友達に分けたりしてでも早めに消費しましょう。 Q 先日、初めて「その場で焙煎する」というコーヒー店に行きました。 いつも買っていた豆屋さんは前日~数日以内に焙煎したものを置いてる店でした。 そちらでも充分おいしかったので別に当日焙煎じゃなくてもいいのですが、一度は試してみようと思いました。 仕上がった豆は見たことがないほどつやつやで、粒が大きく、とてもおいしそうでした。 でも飲んでみたらイマイチ。 深煎りにしたのですが、焦げたようなにおいがしました。 それと、いつも買ってる店では「少量で買ったのなら、冷蔵庫じゃなく常温保存がいい」と言われてそうしていましたが、こちらの豆は常温で置いておいたら汗をかいてしまいました。 ネットで検索したら、深煎りなら汗をかいても問題ないとありました。 でもあまり飲む気になれず、しばらく放置。 それで1ヶ月くらい経ってから飲んだら、酸敗した感じもなく、結構おいしくなっていました。 で、汗の件を調べるために色々検索していたら、「焙煎してから数時間は封をしてはいけない」とあったんです。 コーヒーヲタ臭全開な店の店主様なので、そのことを知らないはずはないと思います。 なのに、なぜこのようなスタイルの店をやっているのだろう?と疑問に思いました。 そういえば、「その場で焙煎します」をウリにしている店は結構ありますよね。 あの店は全部、やってはいけないことをしているのだろうか・・・? というわけで、質問です。 1)つやつやの豆、乾いた豆、それぞれのメリットはなんですか。 どちらかがおいしくなるとしたら、どうおいしくなるのでしょうか。 私の予測は「つやつやの豆はおいしく、乾いた豆は保存がきく」です。 2)なぜ最初は不味かったコーヒーがおいしくなったのでしょうか。 数日後なら熟成だと思うのですが、1ヶ月も経ったらいい加減熟成どころか酸敗し始める頃だと思っていました。 3)いろいろ検索してみると、焙煎して数時間は封をしてはいけない、はコーヒー好きの常識のようです。 ではなぜ「その場で焙煎します」なお店がいっぱいあるのでしょうか。 パッケージになにか特別な工夫をしているのですか? それとも、すぐ帰宅して開けて欲しいってことなのでしょうか。 謎だらけですが、とにかく最初より美味しくなってよかったです。 しかも、いつも買ってる店よりぜんぜん安かったです。 先日、初めて「その場で焙煎する」というコーヒー店に行きました。 いつも買っていた豆屋さんは前日~数日以内に焙煎したものを置いてる店でした。 そちらでも充分おいしかったので別に当日焙煎じゃなくてもいいのですが、一度は試してみようと思いました。 仕上がった豆は見たことがないほどつやつやで、粒が大きく、とてもおいしそうでした。 でも飲んでみたらイマイチ。 深煎りにしたのですが、焦げたようなにおいがしました。 それと、いつも買ってる店では「少量で買ったのなら、冷蔵庫じゃなく常温保存が... A ベストアンサー コーヒーって何故か、紅茶や緑茶より非科学的なオカルト信仰が多いのです。 なんか他の調理化学とは別物な常識がまかり通ってる。 A1 艶は、結露とオイルです。 焙煎とは炭化させているので、熱い豆が冷める時に結露しますし、脂が出てきます。 結露の汗を飛ばしてから保管しないとカビます。 コーヒーは油溶性の香味が多いので、乾いた豆は生豆の段階でオイルが少なく、香りが少ない。 良い豆は焙煎後冷ましてもツヤツヤです。 で、つやつやを引き出すために、オールドビーンズのジャンルがある。 生豆を呼吸乾燥させ落ち着かせ濃縮する。 で、オールドビーンズは化学的に批判的な説が多いですが、風味自体は確かに向上します。 嗜好品であり別の風味が出てくるので。 A2 熱を入れているので、芯まで均一に熱を通すまで予熱で保温熟成が必要。 そうしないと表面だけが焦げ臭い。 焙煎とはようは炭ですから、炭焼きだって炭焼き窯で1週間ほど寝かせないと良質な炭として使えません。 炭化で細胞がスポンジ化し、そこの蒸気が汗として蒸発したあとに、再度吸湿する際に外から中へセルがフィルタリングしながら風味が入ってきて均一化する。 そのために冷蔵庫での保管は、臭いを吸着するので良くないのです。 すぐに封するのが良くないのも限られた空気で対流が発生しない為。 新鮮な空気での自然な風乾が自然な風味を生みます。 A3 日本人の食は鮮度が命の信仰があるから。 ナマモノを熟成する発想や、家電大国ゆえ冷蔵庫や電子レンジの普及が早く、低温保存する習慣ができている。 ステーキを心理的に常温に戻せないから牛たたき状のレアが好まれるし、大航海時代と植民地政策で、ワインを海上輸送で赤道を通過することの温度変化で別の熟成と風味が生まれることを認められないから、本格的なワイン文化が定着せず、鮮度を売りにしたボジョレーなどが好まれる。 衛生概念は、死の恐怖と直結しているので、食の常識を変えられない。 外人が納豆やワカメを食べられないようなこと。 嗜好品は、同じものから些細な違いを読み取る趣味なので、まずいものからでも旨味を見つけ出し、それが常識になる。 汚物臭だろうが、毒素だろうが、希釈した微量だと風味や味になります。 刺激だから。 コーヒーは、他の飲食文化と切り離されて育ったので、カフェ文化が育ちました。 一般常識には理解できない部分をマニアックに珍重するのです。 食べられない豆を炭化させて煎じて飲むなんて方法は、不可能を可能にする芸当なので、純度と雑味の兼ね合いで、常識の通用しないオカルトになります。 コーヒーって何故か、紅茶や緑茶より非科学的なオカルト信仰が多いのです。 なんか他の調理化学とは別物な常識がまかり通ってる。 A1 艶は、結露とオイルです。 焙煎とは炭化させているので、熱い豆が冷める時に結露しますし、脂が出てきます。 結露の汗を飛ばしてから保管しないとカビます。 コーヒーは油溶性の香味が多いので、乾いた豆は生豆の段階でオイルが少なく、香りが少ない。 良い豆は焙煎後冷ましてもツヤツヤです。 で、つやつやを引き出すために、オールドビーンズのジャンルがある。 生豆を呼吸乾燥さ... Q はじめまして、よろしくお願いします。 私はお茶派ですが、友人の結婚祝いでコーヒーメーカーを選んでいます。 予算は、ミルと合わせて3万円以内です。 友人はレギュラーコーヒーをペーパーフィルターで落としています。 これで10400円。 上記のミル(または古いタイプ)をお持ちの方、おいしく挽けるか、手入れはしやすいか、静電気や粉の飛び散りはどうか、大きさやデザインはどうか、音はどうか、感想を教えてください。 1 は、粉受けにドリッパーをセットして使うと便利ですか?銀色のカップタイプって便利でしょうか?大きくて重いのが気になります。 2 は、アマゾンで味の評判も良いし、デザインと大きさが、 1 より無難ですね。 3 も、 1 より小さいですね。 2 より高いけれど、エスプレッソを飲まないなら 2 より良いとは言えない、で正しいでしょうか?刃が取り外せる分手入れが楽? 4 は、臼歯式なのに安いですね。 コンパクトだし。 挽く性能や耐久性、飛び散り張り付きは 1 - 3 と比べて違いますか? 味が断然違うなら 1 にします。 味に遜色がないのなら、 2 か 3。 4 は、遜色あると誰かに言ってほしい・・・。 値段が全然違うんですから。 電動ミルは飛び散り張り付きの対策が要るようですね。 静電気テープ、刷毛、エアスプレーなど、 2 か 3 なら付けてあげようと思います。 1 だと予算上無理。 みなさんの普段のお手入れも教えていただけるとうれしいです。 はじめまして、よろしくお願いします。 私はお茶派ですが、友人の結婚祝いでコーヒーメーカーを選んでいます。 予算は、ミルと合わせて3万円以内です。 友人はレギュラーコーヒーをペーパーフィルターで落としています。 これで10400円。 A ベストアンサー No. 1です。 ナイスカットミルが届きました。 このミルでの3杯目のコーヒーを飲みながら回答します。 肝心の味や機能は期待通りでした。 ペーパードリップ用の中細挽きのみでの挽き具合しか確認していませんが、パーフェクトタッチで見られたような微粉はほとんどみられず、粒度が揃っています。 味も手挽きミルと比べても同等といえる味わいでした。 シルバーのみの金属カップには粉が張り付くことはありません。 ただし、粉の出口にはびっしり粉が張り付いています。 出口はわずか1センチ程の高さの部分です。 音は低めで控えめです。 また、見た目ですが、実物は写真からの受ける印象よりはるかに小さくすっきりとしていました。 家内はかわいいと言っています。 ホッパーが妙に背が高いですが、底面の傾斜がきっちりとついていますので、豆が引っかかることなくスムーズに落ちていきます。 オイリーな豆だとすぐに引っかかってしまっていたパーフェクトタッチとは大違いです。 気になる点はタイマー機能がないので、そのつど使う分を計量する必要があること。 ホッパーに何回分かを貯めておくものぐさな使い方はやりづらい。 ナイスカットとパーフェクトタッチなら圧倒的にナイスカットです。 しかしC-90の評判からすると、これは結構本格的なのかなという印象もありますね。 C-90はナイスカットより細かめの挽き具合を目指して開発したと聞いたことはあります。 ナイスカットはお高いのですが、近頃の国産の工業製品にない機能美を感じました。 鋳物のフレームの重量は音や振動を抑え込むことに成功していますし、高負荷のかかるモーターは放熱を考えるとこの形が安心でしょう。 また、カッター部にも正面からアクセスでき、手回しできるネジで開閉可能なのも実用的です。 C-90との差額はこうしたところを考えると納得はできますね。 参考になりましたでしょうか。 1です。 ナイスカットミルが届きました。 このミルでの3杯目のコーヒーを飲みながら回答します。 肝心の味や機能は期待通りでした。 ペーパードリップ用の中細挽きのみでの挽き具合しか確認していませんが、パーフェクトタッチで見られたような微粉はほとんどみられず、粒度が揃っています。 味も手挽きミルと比べても同等といえる味わいでした。 シルバーのみの金属カップには粉が張り付くことはありません。 ただし、粉の出口にはびっしり粉が張り付いています。 出口はわずか1センチ程の高さの部分で... Q 移動販売車の経験がある方、アドバイス頂けますでしょうか。 飲食店の経験が無いので、まずは飲食店で バイト 最低週4回2年。 調理師免許も取る をする傍ら、 食品衛生責任者 受講は今からです の範囲で 出来る営業をしようかと思っています。 移動販売車の内容としては、コーヒー 自家焙煎。 豆の販売もする。 をメインに考えています。 軌道に乗ったらドーナツも出そうかと思ってます。 メインはコーヒー。 ドーナツはコーヒーのお供の位置づけ。 調理師免許が必要なのかよくわかりません。 冬はホットコーヒー出しておけば良いですが、夏はアイスコーヒーを 出す必要があるかと思います。 そうなると、どうやって冷やせばよいかが問題になります。 車載冷凍庫とかですかね。 高いし、非力ですぐに氷がなくなりそう。。。 飲食店バイトはどういう基準で選ぶか迷っています。 ノウハウを得るためにはマックか。。。 時給で選んで深夜にするか。。。 家の車が8人乗りのボックスカーなので、 それを使う考えです。 出店場所 駐車場所 選びはどうすれば良いのか まだ良くわかっていません。 とか払うのが普通なのでしょうか。 払う場合金額の参考事例があればご教示頂けますでしょうか。 軌道に乗るかわからないので、固定費は削減したいです。 フランチャイズに加盟すると加盟料が高そうなので 自前で全部やろうと思っています。 家の物を色々使うのですが、必要経費になるんでしょうか。 電気代の一部 充電する際の電気 、車の維持費の一部。 ネットでの豆の販売もする予定です。 店頭では、「今日煎った豆」を売り文句にしたいので、 1日たった豆は、もともと配送に時間がかかるネット販売で 使えば無駄が無いと思います。 ちなみに、煎って1日たった豆は普通です。 売りにならないだけで、使って問題ないです。 企業とか大量に使うところには宅配もしたいです。 以下、移動販売車をしようと思った背景です。 解雇の告知を本日受けました。 6月末までです。 41歳です。 2社目は半年での解雇でした。 まともな再就職は厳しいと思っています。 幸い妻が看護師なので、今すぐ食うに困ることは無いのですが、 子供が二人もいるので今後お金が必要です。 現職はSEです。 自分としては一生懸命やった上で 2度も解雇されているので、SEとしての再就職は 無理だろうと思っています。 前の会社の上司からもSEはやめて別の仕事を した方が良いと言われていました。 移動販売車が楽な仕事とは思っていません。 移動販売車の経験がある方、アドバイス頂けますでしょうか。 飲食店の経験が無いので、まずは飲食店で バイト 最低週4回2年。 調理師免許も取る をする傍ら、 食品衛生責任者 受講は今からです の範囲で 出来る営業をしようかと思っています。 移動販売車の内容としては、コーヒー 自家焙煎。 豆の販売もする。 をメインに考えています。 軌道に乗ったらドーナツも出そうかと思ってます。 メインはコーヒー。 ドーナツはコーヒーのお供の位置づけ。 調理師免許が必要なのかよくわかりません。 冬はホットコーヒ... A ベストアンサー 移動販売車の経験はありませんが、飲食店の経験はありますので。 まず、マクドナルドなどのチェーン店での経験ですが、あまり役に立たないと思います。 ああいう大きいグループチェーンはマニュアルで色々と完成されているので、学べる余地がほとんどないのです。 私はSEの仕事は素人なので分かりませんが、誰かが作ったプログラムを維持管理するのと、新しいプログラムを作成することはまったく別の話しで、特にプログラムを作成した経験がある人なら維持管理はできるでしょうが、維持管理の経験があるからゼロから作成できるかというとそれは難しいと思うのですがいかがでしょうか。 まず、豆をどこから仕入れるのかという問題がありますよね。 まさかいちいちデパートで買ってくるわけにもいきません。 一般的には業者から仕入れることになりますが、安い豆なら美味しくないし、美味しい豆なら値段が高いです。 移動販売のコーヒー店ならスターバックスのように高い料金ならよほど美味しくないと買ってくれないでしょうから、そうすると豆の仕入れのルートがさらに重要になります。 市販の豆でコーヒーを作っている、という人の話をネットで見ましたが、実はその人はコーヒー通で市販の豆を独自にブレンドして高い豆と遜色ないクオリティを出していたそうです。 やっぱり、そういう人は頭がいいんですね。 一般的にいって、飲食の原価率は30%が限度といわれています。 もし150円のコーヒーを出すなら、1杯あたり45円が限度です。 ちなみにコンビニの100円コーヒーの原価は1杯あたり10円から15円くらいのようです。 ちなみにこの45円は豆だけじゃなくて、砂糖やミルクポーションも含まれ、アイスの場合は氷代も含みます。 >家の車が8人乗りのボックスカーなので、それを使う考えです。 質問者さんがサラリーマンだったとして、マイカーでコーヒーを売ってる人のコーヒーを飲んでみようと思いますか?大抵の移動販売車はちゃんと営業仕様に塗られていたりします。 つまりちゃんとした店構えになっているということです。 これから独立開業したならば、ライバルはスターバックスやドトールやコンビニです。 「僕は個人店だからクオリティが低いのはしょうがない」というのは消費者は関係ありません。 何も怪しいお店でわざわざ買わなくても、ちょっと先にあるドトールで持ち帰りで買えば済むのです。 だから、「ドトールよりこっちのコーヒーを飲みたい」と消費者に思ってもらわないといけないですし、そういうお店と戦って勝たないといけないわけです。 少なくとも「コンビニのコーヒーよりこっちのコーヒーのほうがいいね」と見ず知らずの人に評価されないといけないのです。 >ネットでの豆の販売もする予定です SEさんなら、SEO対策でどれだけ手間暇と金がかかるかご存じですよね?それだけ手間暇かけて売って儲けが出る根拠はなんですか? >企業とか大量に使うところには宅配もしたいです 販路に見込みがあるのですか。 今まで質問者さんが勤めていた会社は、見ず知らずの男がいきなりアポもなしに「すいません、この辺でコーヒーを売っている者ですが、コーヒー豆いかがですか」とやってきて、「おお、一袋置いていけ」って対応するのですか。 事業を始めるには、どんな小さい事業でもある程度の初期投資がかかります。 そして、黒字にならないと、働いていないのと同じなのです。 例えば質問者さんが不眠不休で朝から晩までコーヒーを売っても、もし一杯も売れなかったら、家でゴロゴロしていたのと変わらないのです。 そこが雇われとの身分の違いです。 雇われなら、少なくとも出勤すればお金になります。 だけど、独立開業は黒字にならなきゃ働いているのにお金がどんどん出ていくのです。 コーヒー一杯150円としても、100杯売れても15000円にしかなりません。 原価率30%なら、10500円です。 そこからさらに他の経費が差し引かれるわけです。 最終的に純利が10%だったとすると、1500円です。 1日中コーヒーを売って100杯売れても日給1500円。 しかも明日雨が降って50杯しか売れなければ日給750円・・・ではないですよ。 そうなると、毎日の経費があるので赤字になるでしょう。 つまり、例えばその日に1500円の赤字が出れば、トータルで2日間の儲けは0円つまり家でゴロゴロしていたのと同じことになるのです。 おそらく最終的には結局実現しないと思いますが、コンビニでバイトをしたほうが確実そうだということはお分かり頂けたかと思います。 蛇足となりますが、もしドーナツを出すならば、そのドーナツは市販のドーナツより美味しくないと消費者は手にとってくれません。 移動販売車の経験はありませんが、飲食店の経験はありますので。 まず、マクドナルドなどのチェーン店での経験ですが、あまり役に立たないと思います。 ああいう大きいグループチェーンはマニュアルで色々と完成されているので、学べる余地がほとんどないのです。 私はSEの仕事は素人なので分かりませんが、誰かが作ったプログラムを維持管理するのと、新しいプログラムを作成することはまったく別の話しで、特にプログラムを作成した経験がある人なら維持管理はできるでしょうが、維持管理の経験があるからゼロか... A ベストアンサー 私は、珈琲焙煎業で20年仕事をしていた経験からお答えします。 ネルは、言うまでもなく布で出来ています。 永く使っていれば目に珈琲粕が詰まってきてドリップ速度が遅くなり珈琲の苦味や渋みまで抽出されてしまいます。 プロの方は2週間ほどで取り替えられますが、ご家庭の方は、1ヶ月を目安に取り替えることをお勧めします。 初めて使うときですが、monakuさんと同じですが、新品は、糊が付いていますのでよく水洗いして煮沸してください。 保管は、酸化防止の為、水の中に入れておいてください。 毎日丁寧にネルを洗わないとネルや水が腐敗します。 珈琲は、生き物です。 大切に取り扱ってください。 道具もまたいとしんでください。 珈琲を楽しむ時間を得たことに感謝をしましょう。 A ベストアンサー こんばんは。 こまりましたねー。 SUS304で、0.5mm位。 硬いし粘るから容易でないですね。 予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。 >だんだん握力が限界になってきて、長いところは >気が遠くなります。 正直、貧血になりそうですね。 一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。 あと鋼種を変えるか。 どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責任で) 1、金工用糸鋸で、ステンレス用替え刃を購入して切る。 ベニヤ板にステンレス板をクランプ、両面テープ等で動かない 振動しない、めくれない)ように確実に固定して、ベニヤ板ごとステンレス板も切る。 この時、刃に切削油(食油で可)を薄く引いて切ると、刃が長持ちします。 気長にやらないと、貧血起こしますね。 2、電動ジグソーの安いやつ(5000円くらいから)でステンレス用替え刃を取りつけ、やはりベニヤ板に確実に固定して、ベニヤ板ステンレス板ともに切断する。 (刃が焼けそうな時は休む) 1番だと、精密にきれますが、労力が大変。 2番だと、細かいRは切れないよ。 あと予算と相談でしょうか。 一台有って今後DIYではかなり活躍すると思います。 あとはsnow023さんの判断でしょう。 こんばんは。 こまりましたねー。 SUS304で、0.5mm位。 硬いし粘るから容易でないですね。 予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。 >だんだん握力が限界になってきて、長いところは >気が遠くなります。 正直、貧血になりそうですね。 一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。 あと鋼種を変えるか。 どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 私も焙煎者してました。 今は他のスタッフに任せていますが…。 チャフは確かに焙煎中によく飛び散ります。 本格的な焙煎機ならかまいませんが、手網や小型の簡易焙煎機で焼くと周囲に飛んでかなり大変です。 オススメは、生豆をお米を研ぐ要領で洗います。 すると見る見るチャフが浮いてきます。 米と違って割れないのでゴシゴシやっても大丈夫だと思います。 チャフを完全に取り除く事はできませんが、焙煎時のチャフの出は非常に少なくなります。 水に濡らして大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、ザルにあけて良く水を切れば普通に焙煎できます。 輸入した生豆の状態がかなりいい加減だと、埃っぽい場合や普通にゴミが入っていたりします。 衛生面からも生豆を一度洗う手法はよく知られています(その後天日干ししたりしますが条件的に難しいですね) plotさんのおっしゃる通り苦味の原因にはチャフも挙げられます。 チャフは巻かれるように内側まで入り込んでいるので、例え洗って表面のチャフを落としたとしても焙煎して挽いた時に再びチャフが現れます。 私のオススメは、焙煎豆をミルの「一番荒い設定」で挽いてボール等に入れ、チャフを良く払います(ボールを煽って豆より軽いチャフを吹き飛ばします) そして好みの荒さに再度挽きます。 一回目で細かくしてしますとチャフと豆を分けるのは非常に難しくなります。 さらに私が苦味や渋みの一番の原因として挙げるのは豆の微粉です。 その点でグラインド式ミルよりカット式ミルの方が良いとされていますが、結局微粉は出ます。 この微粉をいかに取り除くかで、渋いコーヒーとスッキリしたコーヒーの明暗が分かれると思います。 贅沢にやるなら小麦粉を漉すような目の細かい「ふるい」で挽いたコーヒー粉を漉すのもアリです。 それでも苦味が強かったり渋い場合は、焙煎手法が失敗している事を疑います。 私も焙煎者してました。 今は他のスタッフに任せていますが…。 チャフは確かに焙煎中によく飛び散ります。 本格的な焙煎機ならかまいませんが、手網や小型の簡易焙煎機で焼くと周囲に飛んでかなり大変です。 オススメは、生豆をお米を研ぐ要領で洗います。 すると見る見るチャフが浮いてきます。 米と違って割れないのでゴシゴシやっても大丈夫だと思います。 チャフを完全に取り除く事はできませんが、焙煎時のチャフの出は非常に少なくなります。 水に濡らして大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、ザル... Q 2. 0ミリ厚のステンレス板に電動ドリルを使って何カ所か穴を開けたいのですが,どうしてもうまくいきません。 使っている道具は「RYOBI ドライバドリル CDD-1020」で,刃はメーカーは解りませんがステンレス用の物を使っています。 最初,百均で売っている3. 5~4. 0ミリ経の鉄鋼用刃を使っていたのですが,30分以上試して,刃を2本折った上に結局開けることが出来ませんでした。 反対側を見ると,穴は開かずに,ボコッとへこんでいるような感じになっていました。 そこで,ネットで色々調べ,ステンレス専用でないとダメなのかと思い,ステンレス用の刃を買ってきて何とか開けることは出来たのですが,ボコッとへこんだ状態の穴を貫通させるのに,30分以上かかったので,百均の刃と大差ないような気がしました。 刃は,お店の人に「良いメーカーの物は確かに良いんだけど,普通の人が厚さ2ミリに何カ所か開けるくらいならステンレス用の物でありさえすれば,何にしたって別段劇的に変わるってことはないよ」と言われたので,5本入りで800円くらいの刃にしました。 その後,もう一カ所チャレンジして何とか開けることが出来たのですが,それも結局40分くらいかかったと思います。 あと7~8カ所開けたいのですが,もう既に手が裂けそうになるくらい痛いですし,また,ドライバー本体も刃もおかしくなりそうで怖いです。 (現に百均の刃は2~3本折ってますし・・・) そして何より,そんなに頑張ってやっているのに,穴がちっとも開きません。 開いたとしても,1つの穴に30分も40分もかかるのでは,私の体力もドライバーも持ちません。 多分,何かやり方を間違えているのだと思いますが,何を間違えているのかが解りません。 ネットでは,ステンレスの穴開けに関しては「素人には絶対無理」「コツさえつかめば百均の刃でも簡単に開く」等の情報が錯綜していますし,刃を買いに行ったお店の人にも「ドリルドライバーで開けることは出来ない。 インパクトドライバーがないと無理」と言われたり「2. 0ミリは素人がどうこう出来る厚さじゃない」と言う人がいるかと思えば,「RYOBIのそのドライバーでステンレス用のキリを使えば2ミリくらいなら簡単」という人がいたりと,もう何がなにやらです。 ただ,現に穴が開かないので,どなたか正しいやり方を教えて下さい。 私が特によく解らないのは以下です。 具体的に「送りを早くする」って言うのは,どうすることなのでしょうか? 2 回転数 回転数は遅めにするの,「遅め」って,具体的にどれくらい遅いのですか? 「グリグリグリ…」と,目で見ても遅いと思うくらいゆーっくり回すのか,「ぐいーん」くらいの,回っていることは何とか目で追えるけど,手で回すよりかは速いくらいなのか。 それとも「ぐあーん」くらいの,目では追えないくらいの早さ(私の持っているドライバのLOWの最速。 カタログでは1分間に300回転くらい)なのか,「ギャイーーーン」くらいの速度(HIGHの最速。 多分1分間に1000回転くらい)の回転数でも,プロから見たらまだ遅い回転数と言うことになるのか。 「遅め」の意味が解りません。 3 角度 全然掘り進めないことに嫌気がさして,直角に当てていた刃をグリグリしたりすると,パチパチという音がして削ってる感じがする時があるのですが,このグリグリ作戦はやって良いのでしょうか? 4 回し方 ネットでは「休み休み回せ」という記述もあるのですが,常に一定の速度で回すより,車でポンピングブレーキを踏むように,数秒間隔で回したり休めたりを繰り返す方が良いのでしょうか?こういうのを「インチング」というのでしょうか? 5 切削油 今は,クレ556を吹き付けながらやっているのですが,ネット上では2ミリくらいなら切削油は要らないという記述と,ないと刃がすぐにダメになると言う記述があります。 どちらが正解でしょう? 素人考えでは,油がない方が抵抗が増えてよく削れそうな気もするのですが,そもそも,ドリルというのはヤスリのように削って穴を開ける道具ではなくて,刃の形状から考えても,えぐり取るようにして穴を開ける道具なような気もするので,抵抗は少なくする方が良いような気もします。 よく解らないので,教えていただきたいです。 6 道具 買った時には,「インパクトドライバーは衝撃(インパクト)を利用したドライバー(ネジを回す道具)だから『強くネジを締める道具』。 ドリルドライバーはドリル(穴を開ける道具)にもなるドライバーだから『穴を開けたりネジを締めたりする道具』」だと言われて穴を開けたい私はドリルドライバーにしたのですが,別の店員さんは「打撃を利用してドリルドライバーより力(トルク)を強くしたのがインパクトドライバーだから,単に強いか弱いかだけの違い」と言っていました。 ドリルドライバーではステンレスには穴を開けられないのでしょうか? 7 刃 ネットでは,鉄鋼用の刃でも上手くやればステンレスにも穴が開くという人もいます。 もしそうなら,百均で買えて安いし,近所で買えるので助かります。 やはりステンレスにはステンレス用でないとダメなのでしょうか? また,プロの人はドリルの刃も研ぐようなのですが,素人でも研げるのでしょうか?特に,ステンレス用の刃を研ぐことは出来るのでしょうか?ドリル刃の研ぎ機というのもあったのですが,それは鉄鋼用でした。 また,ネットの動画ではグラインダーを使って研ぐようですが,リューターを固定して研ぐことは出来ないでしょうか?研ぐ必要があるなら,私にはそれくらいの方法しかないのですが・・・ 8 時間 1つの穴を開けるのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか? 道具も技量も違うので比べるのは変ですが,プロの大工さんなどはぐっと押しつけて,20~30秒もあれば開けてしまうような気がします。 私は40~50分くらいかかっています。 いくら何でもかかりすぎだと思うのですが,それとも,素人の腕と道具ならそれくらい仕方ないのでしょうか? 9 押しつける力 最初は作業台にバイスで固定して上半身の体重を預けるような感じで押しつけていたのですが,ちっとも刃が食い込まないので,今は地面にどうでもいい木の板を置き,その上にステンレス板を乗せて足で踏みつけて固定して,全体重をかけてドライバを押しつけている感じです。 (多分,私の体重を考えると50~60キロの圧がかかっているのだと思います) 今,穴の反対側はボコッとへこんでいるのですが,押しつける力が強過ぎなのでしょうか? 10 経 私は,穴が開きさえすれば良いので,刃の直径は何ミリでも構わない状態です。 何ミリくらいの穴が一番開けやすいのでしょうか?3. 5~4. 0ミリ位が良いのかと思うのですが,「ただ開けるだけならもっと大きい経の方が楽だよ」などがあったら教えて下さい。 11 削りカス 私がやると,粉のような削りカスが出るのですが,時々にょろ~っとしたカスも混じっています。 もしかしたらこういうカスが出るようにやるのかもしれないと思うのですが,上手い削り方というのは,そういうカスが出るものなのでしょうか?何で粉だったりにょろ~のカスだったりするのでしょう? ネットで家庭用のドリルで穴開けをしている動画でもあれば解るのですが,そういった動画も見つからず,近くにこういったことに詳しい人もいません。 色々試して結局うまくいかないので,疑問だらけになってしまって申し訳ないのですが,どなたか教えていただけると助かります。 0ミリ厚のステンレス板に電動ドリルを使って何カ所か穴を開けたいのですが,どうしてもうまくいきません。 使っている道具は「RYOBI ドライバドリル CDD-1020」で,刃はメーカーは解りませんがステンレス用の物を使っています。 最初,百均で売っている3. 5~4. 0ミリ経の鉄鋼用刃を使っていたのですが,30分以上試して,刃を2本折った上に結局開けることが出来ませんでした。 反対側を見ると,穴は開かずに,ボコッとへこんでいるような感じになっていました。 そこで,ネットで色々調べ,ステンレス専用... A ベストアンサー いはやは、ご苦労様です。 色々なネット情報やアドバイスを調べられたようですね。 しかし、正しいアドバイスは得ることが出来なかったようです。 なぜ、ステンレスに穴が開きにくいかを理解していない説明が多いようです。 被削材のステンレスの材質がわかりませんが、多分SUS304だと思います。 簡単に言うと、難削材は削りにくいため摩擦熱が発生してドリルの先端の硬度を低下させてしまうからです。 通常のHS鋼 高速度鋼 のドリルではそれに耐えられなくて先端が丸くなって削れないのです。 そのため、コバルトの配合してあるコバルトハイス鋼のドリルを使用します。 また、ボール盤の場合は、送り速度をコントロールできますが手持ちドリルの場合はそのコントロールも不可能です。 また、先端のデッドポイント 切削できない部分 が抵抗して熱の発生要因になります。 そのため、手持ちドリルでステンレスに穴あけをする場合は、NachiのList6520のドリルがベストでしょう。 goo. html の回答14に図示 添付図は、通常のList500との比較です。 切削油ですが、クレ556はほとんど役に立たないでしょう。 切削用ではありませんし、556は安価な鉱油をさらに安価なシリコンオイルで希釈してあるもので、熱が加わるとどこかに飛んでいってしまいます。 そのため切削には無論、長期に潤滑を求めるところや、防錆には使えません。 google. 2,or. 44158598,d. マーベル、デンサン、AZなどで販売されています。 【以下個別の質問】 >普通の人が厚さ2ミリに何カ所か開けるくらいならステンレス用の物でありさえすれば,何にしたって別段劇的に変わるってことはないよ」 ボール盤使用なら兎も角、手持ちでは顕著な差がでます。 >それも結局40分くらいかかったと思います。 長くて数分、2mmの深さなら1分台でしょう。 >刃を買いに行ったお店の人にも「ドリルドライバーで開けることは出来ない。 インパクトドライバーがないと無理」と言われた インパクトドライバーは回転が速いのと、軸方向に衝撃を加えたらダメ、また打撃で先が欠けます。 決して使用してはなりません。 低速のドリルが良いです。 > 1 送り MC マシニングセンター などきちんと制御された機械送りのボール盤の話です。 手持ちでは関係ありません。 > 2 回転数 6520で3mm~5mmでしたら、1000回転前後で良いでしょう。 3mmで1300回転、5mmで700回転が推奨です。 周速が早いと温度上昇が大きくなります。 周速とは、円周部分の速度です。 > 3 角度 いわゆる「味噌すり」ですが、ダメです。 決しておこなってはなりません。 > 4 回し方 温度が上がるようならですが、先端の温度は素人さんには無理。 この程度なら必要ないでしょう。 > 5 切削油 温度上昇を防止することと、側面などの摩擦抵抗を防ぐためです。 ステンレス材の穴あけには必須です。 > 6 道具 ドライバードリルでよいでしょう。 インパクトは決して使用しないようにドリルの寿命が大きく低下します。 > 7 刃 研げば再利用できますが、先端のXシンニングは無理でしょう。 私はツール無しで手で研ぎますが、ボール盤で使用するには問題ないです。 自分で研げれば軟鋼用、アルミ用、ステンレス用、プラスチック用と研ぎ分けられるので良いのですが・・ 6520は研磨を前提にしていません。 そのためネジ部分が短いです。 その代わり折損しにくく丈夫です。 通常の500シリーズなどは研いで使います。 ---4mm未満の細径のものは買った方が安いです。 >また,ネットの動画ではグラインダーを使って研ぐようですが,リューターを固定して研ぐことは出来ないでしょうか?研ぐ必要があるなら,私にはそれくらいの方法しかないのですが・・・ グラインダーでないと無理でしょう。 細目のGCが良いです。 > 8 時間 長くて、数分です。 > 9 押しつける力 切りくずが螺旋の帯状に出てくるくらいの速度・・手持ちだとちぎれちゃいますけど。 とにかく一定の力で振動しないようにしっかりと保持しましょう。 >穴の反対側はボコッとへこんでいるのですが,押しつける力が強過ぎなのでしょうか? 強すぎます。 裏に軟鋼の板を置いて密着させて穴をあけると良いでしょう。 しかし、折れやすくなるので4mm以上が楽でしょう。 > 11 削りカス 何で粉だったりにょろ~のカスだったりするのでしょう? 先端が2枚の刃ですから、どうしても薄板は穴が「おむすび」になります。 wikipedia. >ネットで家庭用のドリルで穴開けをしている動画でもあれば解るのですが,そういった動画も見つからず,近くにこういったことに詳しい人もいません。 色々試して結局うまくいかないので,疑問だらけになってしまって申し訳ないのですが,どなたか教えていただけると助かります。 色々なネット情報やアドバイスを調べられたようですね。 しかし、正しいアドバイスは得ることが出来なかったようです。 なぜ、ステンレスに穴が開きにくいかを理解していない説明が多いようです。 被削材のステンレスの材質がわかりませんが、多分SUS304だと思います。 簡単に言うと、難削材は削りにくいため摩擦熱が発生してドリルの先端の硬度を低下させてしまうからです。 通常のHS鋼 高速度鋼 のドリルではそれに耐えられなくて先端が丸くなって削れないのです。 そのため、コバ...

次の