貧乏 ゆすり 病気。 貧乏揺すりをする人の9個の原因と改善策

貧乏ゆすりの原因って? もしかして病気? 実はあることに効果的

貧乏 ゆすり 病気

電車で乗り合わせた人や、職場で隣に座っている人がやり始めると、なんだか気になってしまう「貧乏ゆすり」。 ついイラッとしてしまう人も多いのでは? 揺らしている本人は、さほど気にしていないことが多いのですが、注意しないと周りに迷惑をかけるだけでなく、自分の評価を下げてしまうことも! そんな貧乏ゆすりと上手に付き合う方法を、調べてみました。 貧乏ゆすりの原因って? 病気なの? 貧乏ゆすりとは、座っている時などに、足や手といった体の一部を小刻みに揺らし続ける行動を指します。 無意識のうちにやっていることが多いのですが、 行儀が悪く見られたり、落ち着きが無いように見えたりと、あまり周囲に良い印象は与えません。 人はなぜ貧乏ゆすりをしてしまうのか……原因ははっきりしていませんが、諸説あります。 筋肉の伸縮運動 何かのきっかけ(足が物にぶつかったなど)から、筋肉が連続して伸縮運動を起こすため。• 血流の滞りの解消 ずっと座っていると、下半身に血流が滞ってしまいます。 体がそれを解消しようと、無意識に動いてしまう。• ストレス解消の手段 人はストレスに曝された時、なんとかそれを緩和させ心のバランスを取ろうとします。 これを転移行動と呼ぶのですが、貧乏ゆすりもそのひとつではないかと言われています。 いずれにしても、 貧乏ゆすりは名前とは裏腹に体や心をリラックスさせるための、ストレス解消のひとつであることが多いようです。 貧乏ゆすりは止められる? とは言うものの、仕事中にガタガタ揺らされるのは、やはり迷惑なものです。 貧乏ゆすりが原因で、人間関係にヒビが入ることもあります。 できることなら、止めたいですよね。 貧乏ゆすりを止めるには、脳にストレスを感じさせないことが一番なのですが、現代社会ではなかなか難しいものです。 なので、無理に止めようとするのではなく、他の方法に置き換えてみてはいかがでしょうか。 例えば、自分で「貧乏ゆすりをやってるな」と気づいたら• ガムを噛んでみる。 座り方を変えてみる。 伸びをするなど、軽く体を動かしてみる ・・・など、あまり精神的に負担にならないことから、だんだんに始めてみましょう。 貧乏ゆすり 名前の由来 貧乏ゆすりの名前の由来にも諸説があります。 だいたいが江戸時代くらいに名付けられたもののようで、縁起をかつぐ江戸の人は、身体を揺らしていると貧乏神に取り憑かれると言っただとか、貧乏人は落ち着きがなく、せわしなく動いている姿からきているのが由来のようです。 貧乏揺すり 英語ではなんて言うの? 貧乏揺すりを英語ではなんというのでしょうか。 fidgetingという、そわそわする,せかせかする,もじもじするという身体の動作を表す意味の言葉が使われていて、貧乏の意味は入っていません。 もし、人が貧乏ゆすりしていたら 自分で貧乏揺すりに気づいて止めることや気分転換することが出来ても、人が貧乏揺すりしてて、みっともないとか気になって仕方がない場合、どうしたらいいのでしょうか。 やんわりと別の行動を促す なかなか他人の行動を止めさせたり注意するのも神経を使いますし、逆に人間関係にヒビが入りそうでいやですよね。 その場合は、自分が貧乏揺すりを止めるのと同じで、ほかの行動をしてもらうように仕向けるのがいいのではないでしょうか。 デスクワークで隣や自分の視野に入る人が貧乏揺すりをしていて気になる。 そんなときは、相手が疲れてるんだなって思って休憩に誘ったり、振動がひどいなどの実害がないようだったら、自分のほうが軽く席を離れて休憩を取ってみましょう。 自分を変える行動は出来ても、人を動かすのはなかなか難しいですからね。 会社などで、ほんとうに揺れていて音が気になるような場合は、さり気なく注意するのも仕方がないとは思います。 周囲の環境に合わせるというのは、社会人としてのマナーとも言えますからね。 電車内で貧乏揺すりに遭遇!? 電車内で隣り合わせてるひとの貧乏揺すりが気になって仕方がないという場合はどうしたらいいのでしょうか。 私個人の意見ですが、そういう人がとなりにいるときはそっと席を離れます。 注意したほうがいいという意見もあるでしょうが、電車内では無用なトラブルは生みたくないのが私の考えです。 逆ギレされて、ケンカになってもいやですしね。 もちろん女性が迷惑を被っているなどの場合はすみやかに駅員さんや乗務員に連絡して注意してもらうのがいいでしょう。 相手の態度や容姿で危ない人かどうかはある程度判断出来ると思いますが、いずれにしろ直接関わらないほうが無難です。 実は貧乏ゆすりには、いろんな効果あり!? あまり評判の良くない貧乏ゆすりですが、実は悪いことばかりではないんです。 ストレス解消に役立つのは先に述べましたが、なんと脚やせや冷え性にも効果が! 貧乏ゆすりをするということは、筋肉を動かし続けることでもあります。 筋肉を動かせば、みずから血行が良くなります。 その結果、貧乏ゆすりを5分間続けると、約2度、皮膚温度が上がるという調査結果が出ているのです。 足の血行が良くなれば、座り仕事の女性に多い「むくみ」の解消にもつながります。 また、飛行機などの乗り物に長時間座ることで、血行が悪くなり血栓ができる、いわゆるエコノミークラス症候群。 これも筋肉の多いふくらはぎを小刻みに動かすことで、血流がスムーズになり、症状を未然に防ぐことができると言われています。 移動時間の長い方、ぜひ試してみてください。 【動画】貧乏ゆすりは、実は健康にいい!? 変形性股関節症の治療に貧乏ゆすりがヒントになって役立っているという内容です。

次の

貧乏ゆすりされるとうざい!そもそもなんでするの?貧乏ゆすりの名前の由来は?

貧乏 ゆすり 病気

「もう絶対に貧乏ゆすりはしない!」と決意しても、無意識のうちにしてしまうのが「癖」。 上手な止め方はあるのでしょうか 人はフラストレーションが溜まったとき、とりあえずその気持ちを落ち着かせようと、無意識のうちに「意味のないこと」をしてしまうものです。 たとえば、今日中に終わらせなければいけない仕事があるのに、なかなか気が乗らずに捌けない……。 そんな葛藤を感じたとき、貧乏ゆすりをしたり、爪を噛んでしまったり、枝毛探しやニキビ潰しに熱中してしまったり……。 このように無意味な行動で時間を潰してしまって、自己嫌悪に陥ってしまった経験もあるのではないでしょうか。 「こうしたらいいのにできない」といったフラストレーションに陥ったとき、その気持ちを落ち着かせるために、役に立たない紋切り型の反応を繰り返してしまうことを「 固着反応」と言います。 その行動は、人によってさまざま。 爪を噛んだり、貧乏ゆすりをしたり、髪の毛を指で回したり、ニキビを潰したり、指でテーブルを叩いたり、ぐるぐる歩き回ったり……、こんな行動の一つや二つ、誰にでも心当たりがあるのではないでしょうか? 貧乏ゆすりなどはなぜ悪い? ストレス解消にはなるが適切な対処を 隣席の人の貧乏ゆすりは、結構迷惑なもの 固着反応は、自然なストレス解消法の一つです。 困るのは、その行為による「 影響」の方でしょう。 無意味に時間を過ごしてしまって、やるべきことが進まなければ、後で自分が後悔することになります。 貧乏ゆすりやテーブルをコツコツ叩く、歩きまわるなどの行動などは、見た目にも格好のよいものではありませんし、職場や公共の場所では周りの人にも迷惑をかけてしまいます。 爪を噛んだりニキビ潰しに熱中してしまうと、爪が削れて不格好になったり、ニキビ痕が残ったりしてしまいます。 このように、感情に任せて固着反応を繰り返していると、「大人としてはちょっと……」と、眉をひそめられてしまう結果となることが少なくありません。 フラストレーションは、誰もが感じるもの。 だからこそその場の感情だけに流されず、スマートに対処していくことを目指したいものです。 上手な止め方としておすすめしたい3つの方法を解説します。 癖の止め方1. その反応を始めたときに「気づく」 「あ、固着反応を始めてる!」とまずは気づくことが大事 固着反応は「絶対やらないぞ!」と決意していても、無意識のうちに始めてしまうもの。 しかし、やったときに「あ、いつものヤツが始まったな」と気づくことならできます。 自分自身がとっさにとっている反応や行動様式を認識することを「 自己覚知」と言います。 この自己覚知は、自分自身の行動を客観的に捉え、その行動を修正するための第一歩となる気づきです。 自分の反応を客観的に把握できれば、問題解決の大部分が進んでいると言っても過言ではありません。 まずは、貧乏ゆすりや爪噛みなど、自分自身のフラストレーション解消のパターンとしてどのような行動が出るのかを把握し、それがどんなシーンで起こるのか、例えば焦っているときなのか、苦手な人に会ったときなのかを分析してみましょう。 癖の止め方2. フラストレーションを「外在化」させる 爪を短く切っても、気がつけば噛んでしまうやっかいな固着反応 やっかいな癖があると、「止められない私はダメだ」と自責の念も感じやすいものです。 そのため、やってしまった自分を責め、その行為を強く禁じる気持ちになります。 しかし抑圧感によるストレスが、逆に衝動を引き起こしてしまい、爪噛みや貧乏ゆすりを誘発してしまう悪循環になることがあります。 このループから抜けるには、「フラストレーションが溜まっている」という問題を「自分自身」と切り離して捉えることが大切。 これを 問題の外在化と言います。 つまり、「自分がダメだから、意志が弱いから、爪噛みをしたくなる」のではなく、自分自身とその問題とを分けて考え、「フラストレーションが溜まっているから、爪噛みをしたくなる」と捉えること。 このように、問題を自分自身から切り離し、外在化して捉えれば、「問題に対処すること」をピンポイントで検討することができます。 癖の止め方3. 「第2の対策法」に置き換える フラストレーションの解消方法は、意外にたくさんあるもの 固着反応は、無意識に取ってしまう行為なので、「やめよう」と我慢しても、なかなかうまくいかないもの。 我慢するより、その行為に気づいたときに、意識して「第2の対策法」に 置き換え ていくといいでしょう。 つまり、「あ、爪噛みが始まった。 フラストレーションが溜まってるんだな」と気づいたなら、そこで別の気分転換方法を取り入れることです。 特に効果的なのは、その場を離れることです。 進まない仕事にイライラして貧乏ゆすりが始まったら、少しの間、席を立つといいでしょう。 環境を変えるだけで、気分はかなり変わるものです。 その他にも、深呼吸をする、ストレッチをする、ハンドクリームを塗る、コーヒーを淹れるなど、気分を変える方法はたくさんあります。 このように、第2の対処法に置き換えることをクセづけしていけば、固着反応のエスカレートを防ぐことができます。 うまくいけば、固着反応を始める前に「やりたくなる気持ち」に気づき、第2の対策法に置き換えられるようになるでしょう。 そこで、この3つのステップ「 1. 第2の対処法への置き換え」を意識してみたところ、爪噛みに走る機会は減り、ガタガタだった爪の形も整ってきました。 固着反応のような「恥ずかしい癖」は、誰でも一つや二つ持っているもの。 とはいえ、スマートな大人になりたいなら、少しずつでも修正していきたいものです。 今回紹介した3つのヒントは、今日から誰でも実践できるちょっとした心がけです。 ぜひ意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?.

次の

貧乏ゆすりされるとうざい!そもそもなんでするの?貧乏ゆすりの名前の由来は?

貧乏 ゆすり 病気

貧乏ゆすりは病気の一種なのか? 貧乏ゆすりとは一体なんなのか・・・ 例えば座っている時に足など身体の一部を小刻みに揺らす行為のことです。 病気とまでは言えず、誰でもやってしまう行動の一種なのですが、中にはやめようと思っているのにやってしまうほど癖になっている人もいるようですね。 貧乏ゆすりは周囲に与える印象もよくないですから、できれば人前ではひかえたいもの。 しかし単なる癖だと思って甘く見てしまわないほうがよい場合もあります。 貧乏ゆすりはうつ病の症状? というのも貧乏ゆすり自体が病気ではないものの、 身体の不調を示すサインであるとも言われているからです。 その一つが 精神的なストレスで、うつ病の兆候の一種としても知られています。 確かにうつ病とまではいかなくても貧乏ゆすりをしてしまう時は何かしらのストレスを抱えていることが多いですよね。 実際ちゃんと根拠もあって、人がイライラした時などは脳の働きは弱くなります。 そのため足の動きを止めておくことができずに貧乏ゆすりをしてしまうわけです。 また長時間同じ体勢などでいて何もしないと、人は精神的に不安になるとも言われています。 その不安を取り除こうと身体が無意識に運動をしようと働きかけているともとれるでしょう。 最近急に貧乏ゆすりをしている時間が多いと気づいたら心の不調を示すサインかもしれません。 ストレスを発散したり、あるいはカウンセリングなどにいくなどして見るのも一つの手です。 スポンサーリンク 血流が悪いことも考えられる 例えば長時間のフライトなどで座りっぱなしの時には注意が必要です。 もしかするとその貧乏ゆすりが、 エコノミー症候群の兆候の一つかもしれないからです。 エコノミー症候群とは血が滞ることで足の血管に血栓ができ、最悪死にも至る怖い病気です。 貧乏ゆすりが起きた際に、同じ体勢でいることに気づいたら足先を動かしたりして少しでも血流が良くなるよう促して見てください。 病気を治す効果まで?貧乏ゆすりの驚きのメリット 貧乏ゆすりは世界共通でマイナスイメージの強いものですが、実は最近の研究で 変形性股関節症というの病気を治す効果があるということがわかりました。 この変形性股関節症は骨盤の軟骨がなくなることで骨同士が擦れ、痛みが起きる病気でひどいと歩けなくなるケースもあります。 どうして貧乏ゆすりが治療に効果があるのかというと、関節を断続的に動かすために軟骨を作るための栄養ができそれによって不可能と言われていた軟骨の再生が実現するのではないのかと言われているわけです。 実際、この病気の人が貧乏ゆすりを自発的に始めたところ大きな割合で効果が見られたようです。 これには私も同じような体験がありまして・・・ 3年ほど前から膝関節に痛みを感じてたんですが、どういうわけか花粉症で外に出られない時期だけに痛みを感じていたんです。 花粉の季節が過ぎれば知らない間に痛みも無くなっていたんですが、おそらくウォーキングをしている時期は関節の痛みも無くなるのではないかと思い始めたんです。 それ以降毎年花粉の時期にウォーキングが出来ない時期になると決まって膝関節が痛くなることに気が付きました。 その結果貧乏ゆすりもウォーキングも膝に何らかの影響を与えて軟骨が再生されるのではないかと個人的に結論付けています。 ただしまだ変形性股関節症と貧乏ゆすりの関係性については研究段階だそうです。 病院によって意見も異なるので、かかりつけの医師の方針に従って行うようにしましょう。 まとめ 貧乏ゆすりという行為自体は病気でもなんでもないのですが、貧乏ゆすりをやめたいのにやめられないという場合には何かしらの理由があるのかもしれません。 単なる癖、もしくは性格と思わずに少し自分を見つめ直すきっかけにして見てください。 また貧乏ゆすりをしている人を見かけた時は毛嫌いしすぎずに、今回あげたような原因もあることを教えてあげたいですね。

次の