冷凍 うなぎ 食べ方。 冷凍うなぎの美味しい食べ方

冷凍うなぎの美味しい食べ方

冷凍 うなぎ 食べ方

真空パックのうなぎの美味しい食べ方はズバリ!湯煎してから直火で炙る. 真空パックのうなぎは焼き立てのうなぎをそのまま真空パックしたもので、包装のパッケージなどにも「焼き立ての味をそのまま詰めて…」などと書いてあります。 冷凍保存 そうそう、余ったうなぎの蒲焼きはラップで包んで、冷凍保存したら日持ちします。 食べたい時は、出しておいて自然解凍すると良いです。 1か月はもつそうです。 スポンサーリンク 実践した感想 うなぎの蒲焼きは冷凍の状態にて流通される、 冷凍食品 です。 工場で蒲焼き完成直後に急速冷凍されています。 ここでは、絶対に失敗しないうなぎの温め方をお教えします。 以外と高額なうなぎ。 どうせなら少しでも美味しく食べたいという方にぜひ抑えてほしい冷凍うなぎの温め方のコツを6つまとめました。 冷凍うなぎの美味しい温め方を詳しく教えて!というリクエストにお応えして、写真付きでご紹介させていただきます。 ぜひ、ご参考ください。 大五うなぎ工房が一番お薦めする温め方は「湯せん」です。 今回は【湯せん編】として詳しくお話します。 冷凍うなぎは湯煎で解凍して焼き方を工夫するのがふっくら美味しい食べ方のコツ! 手順その1 まずは真空パックに入った冷凍うなぎを湯煎で解凍します。 この後でもう一度炙るので、ほんのり暖かくなるくらいでいいですよ。 冷凍うなぎの解凍の方法と焼き方がざっくり分かっていただけたでしょうか? せっかくいろいろ調べて買った美味しいうなぎを、さらに美味しく食べるためにちょっとだけ工夫をして食べてみるとより一層美味しい食卓になると思います。 私も今年は冷凍うなぎを美味しく食べるために少 ….

次の

うなぎは冷凍していても美味しい?解凍方法をご紹介

冷凍 うなぎ 食べ方

冷凍うなぎの美味しい温め方を詳しく教えて!というリクエストにお応えして、写真付きでご紹介させていただきます。 ぜひ、ご参考ください。 大五うなぎ工房が一番お薦めする温め方は「湯せん」です。 今回は【湯せん編】として詳しくお話します。 冷凍うなぎを湯せんで温める時にお薦めするのは「フライパン」です。 わざわざ大きなお鍋を引っ張り出す手間もなく、お手軽で便利です。 冷凍うなぎをフライパンのお湯に入れるタイミングですが、お湯が完全に沸騰してから入れるようにしてください。 ただし、フライパンやお湯が大変熱くなっています。 やけどに注意しながら、ゆっくり慎重にお願いします。 美味しさを封じ込めた冷凍状態から、美味しい食べ頃の温度へと一気に上昇させましょう。 冷凍うなぎをお湯に入れると、いったん温度が下がります。 強火で加熱して、沸騰状態を保つようにしてください。 肝心な温め時間ですが、お湯が再沸騰したら時間の計測を開始します。 写真のような状態を保つよう、火の強さを加減してください。 ご注意ください。 通常サイズのうなぎであれば、再沸騰から3~4分が目安。 大きくて厚みのある鰻なら、再沸騰から5~6分が目安です。 温め過ぎは禁物。 ご注意ください! 温め時間が経過したら、ガスレンジの火を止めてから鰻を取り出します。 この時、「フライ返し」を使うと、うなぎの身くずれを防ぐことが出来ますのでお薦めです。 やけどにご注意ください。 トレーなどを利用すると、比較的容易に取り出すことが出来ると思います。 なるべく低い位置で取り出すようにしてください。 うなぎのパックをトレーの上にゆっくり移します。 温められた鰻はふっくら柔らかになっていますので、優しく丁寧に扱いましょう。 やけどなどなさいませんよう、くれぐれもご注意ください。 関連のあるキーワード.

次の

うなぎは冷凍していても美味しい?解凍方法をご紹介

冷凍 うなぎ 食べ方

冷凍うなぎを美味しく食べるコツ 通販でうなぎを購入すると、大半のうなぎは冷凍で送られてきます。 うなぎは工場や店舗で蒲焼にした直後に急速冷凍されてから各家庭に送られてくるのです。 そんな冷凍されたうなぎを、家でも美味しく食べるにはどうしたらいいのでしょうか。 せっかくならお店で食べるような美味しいうなぎを食べたいですね。 今回は失敗しないうなぎの美味しい食べ方をご紹介していきます。 簡単な方法 冷凍のうなぎをまずは解凍しましょう。 基本的には自然解凍が1番おススメです。 時間がないときは電子レンジなどの解凍でも大丈夫です。 通常の電子レンジでの温めですと中途半端に火が入ってしまい、味が変わってしまいますので、必ず「解凍」をしてください。 解凍が終わりましたら、フライパンで熱します。 うなぎよりも少し大きめのアルミホイルを少し手で丸めクシャっとします。 そのアルミホイルを広げ(丁寧に広げます。 穴が開かないようにしましょう)焼きます。 少ししわっとさせる理由として、うなぎがアルミホイルに着く場所が少なくなる事により、うなぎの皮がつきにくくするためです。 皮を下にして焼く時に小さじ1杯のお酒(一尾に対してお酒小さじ1杯)を振りかけフライパンに蓋をして弱火で焼きます。 お酒は蒸しあげる効果があります。 そうして温まったら出来上がりです。 時間にして3分から5分 、温かいご飯の上に乗せて完成です。 直火で炙る 直火で再度炙る、やはりこの加熱の方法が1番美味しいのではないでしょうか。 まず冷凍のうなぎを袋のまま湯せんして少し温めます。 人肌くらいがちょうどいいので湯せんで温める事をすすめします。 (電子レンジだと熱が入りすぎてしまい、固くなってしまいます)少し温まったうなぎは袋から出し、網などに乗せて直火で焼きます。 コゲが少しついたら完成です。 中も温まっていますし、表面はカリッとしていますので、お店で食べるような感じに仕上がります。 更に美味しくしたい時は、再度タレをつけてから焼きます。 タレが香ばしく、食欲をそそります。 タレを洗う事 はじめからついているタレですが、美味しそうに見せる為に付いている場合があります。 そのタレをそのままにして焼いてしまうと表面のタレだけが焦げてしまい味が悪くなってしまう場合があります。 ですので、一度軽く洗い流しましょう。 タレは付属でついていますので、焼いたり温めた後に付属のタレをつければ問題ありません。 付属のタレが少ないと思ったら、自分でもタレを作る事も出来ます。 せっかくうなぎを食べるのであれば、美味しく食べるために自分でタレを作ってみるのもいいですね。 タレを洗い流す時は、直接蛇口からお水やお湯をかけるのではなく、ザルなどに置き、やや高めのお湯でかけて流します。 洗い終わったらキッチンペーパーなどで水気を取ってください。 関東風うなぎの焼き方 関東風のうなぎの焼き方は、まず大きめのアルミホイルにうなぎを乗せます。 その時に皮は下にします。 日本酒をうなぎの蒲焼に小さじ2杯振りかけます。 うなぎをアルミホイルで包み、魚焼きグリルで3分ほど焼きます。 焼けたら、ホイルを開け、タレを塗り、開けたまま再び1分ほど焼き完成です。 ホイルで包み、お酒を入れる事で蒸され、関東風のうなぎになります。 まとめ せっかく美味しいうなぎを取り寄せたのであれば、電子レンジでただ温めるだけではなく、少し手をかけて温めてあげるともっと美味しくなります。 皮がカリッとであれば関西風、全体的にふっくらがいいのであれば関東風になります。 さらにこだわって食べたい方はタレを手作りしてみるのもいいですね。 是非、自分に合った温め方を見つけて下さい。

次の