日にちが経ってからのお悔やみの言葉。 ご不幸を知ってから何もできないまま月日が経ってしまった

お悔やみの手紙の書き方・お悔やみ状|例文・後日・封筒・便箋・親戚・香典・返信

日にちが経ってからのお悔やみの言葉

命日にかける言葉はどうする 遺族の方にとって、 命日は特別な日です。 年忌法要が行われない年でも、家族の命日に声をかけてもらうのは、自分の誕生日を覚えていてもらうのと同様にありがたいものです。 何か決まった文句があるのではと考えるかもしれませんが、1年2年と時が経っていれば、もうお悔やみを言う必要はありません。 家族で言葉をかけあうなら、「 もう〇年だね。 お葬式のときは暑かったね。 」と言えば、いろいろと思い出がよみがえって、楽しく会話ができると思います。 お友達や知人がご家族の命日を迎えられるなら、「そろそろ命日ですね。 」と、言ってさしあげるだけがよいと思います。 故人とのおつきあいの程度によっては、ご仏前にお供えするお菓子などをさしあげたり、またはお線香をあげに寄らせていただいても良いと思います。 ご仏前に何かさしあげるときは、お返しの気を遣わせない程度のものがよいでしょう。 四十九日や一周忌にかける言葉は? 四十九日、一周忌、三回忌までは、やや大がかりな法要が行われるのが一般的なので、故人の友人、知人も招かれることがあると思います。 四十九日は、まだ亡くなられて間がなく、親族の方は日常に戻られてない場合もあるでしょう。 お葬式の時に寄り添ってさしあげたなら、あらためてお悔やみのことばをかけるのではなく、その方のお身体の状態やご遺族の様子を尋ねて差し上げるのがよいですね。 「まだまだ落ち着かない日々と思いますが、おからだは大丈夫ですか。 」 「何かお困りのことはありませんか。 」 「ご家族の皆様はお元気でいらっしゃいますか。 」 などと声をかけてさしあげれば、先方も、気軽にいろいろお話をしてくださると思います。 一周忌、三回忌は、亡くなられてから1年目と2年目になります。 三回忌からは「満」ではなく「 数え」でかぞえるので、三回忌が2年目になります。 1年、2年と時がたっているので、日常的にはもう落ち着かれた生活を送られていると思いますが、まだまだ心の中では寂しさをかかえていることでしょう。 だけど、亡くなられた直後のような、悲しみをあらわす表現は避けたいです。 「お寂しい毎日と、お察し申し上げます。 」と、まずは心に寄り添ってさしあげましょう。 それから故人を懐かしむ追想をいっしょにできるといいですね。 また、遺族の方々は慣れない年忌法要で心労が重なっているかもしれません。 「無理をなさらず、お手伝いできることがあればなんでもおっしゃってください。 」と言ってさしあげるとよいですね。 近しい親戚や、親しい友人なら、積極的に手伝ってさしあげると喜ばれると思います。 法要に招かれていない場合は、「昨日は(法要が)大変だったと思います。 お疲れではありませんか。 」などと声をかけてあげましょう。 命日に際して、とくにお悔やみを述べる必要はないと思いますが、「もう〇年ですね。 」と、気にかけているということをお伝え出来ればよいと思います。 「他界されてもう〇年、時の流れの早さに驚いています。 」 「皆様お元気でお過ごしとうかがい、うれしく思っております。 」 「近々、ご仏前におまいりさせていただきたいと思っております。 」 「なかなかお伺いすることも難しいので、お線香代を送らせていただきます。 」 書いていただくと良いでしょう。 命日の意味は? 故人が亡くなった日と同じ日を命日といいますが、「 祥月(しょうつき)命日」と、「 月命日」のふたつの言葉を耳にしたことがあると思います。 祥月(しょうつき)命日 祥月命日は年に一度で、亡くなった日と同じ月日をいいます。 一周忌、三回忌などの年忌法要は、祥月命日にあたります。 月命日 月命日は、日にちだけが同じ日で、毎月めぐってきます。 一般的に「命日」といえば、祥月命日のことをさします。 故人が大切な人であればあるほど、命日を覚えていてもらうと嬉しいものです。 年忌法要のない時なら、ひと言「命日ですね。 」と言ってもらうのはありがたいことなのです。 正確に何日か覚えていなくても、「そろそろですね、何日でしたでしょう?」と尋ねるのも問題ありませんし、相手の方は嬉しく思ってくださると思います。 三回忌までは法要に招かれることもあると思いますが、その場合も、とくに決まった言い方はありません。 一般的には、ご遺族の方々の様子をお尋ねして、故人の思い出を語りあえればよいと思います。 命日だから神妙にしなければならないというようなことは一切ありません。 むしろ、1年2年と時が経っていれば 、命日を機に集まれたことを喜びあうことが大事だと思います。 実際、法要の意味はそこにあるのではないかと、私は思っています。

次の

お悔やみの手紙の書き方。遺族を思いやる5つの心遣いとは

日にちが経ってからのお悔やみの言葉

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 訃報を聞いて出すお悔やみの手紙の基本 訃報を聞いてお悔やみの手紙を出す場合、タイミングや手紙に使う便箋や封筒、香典についても注意することがあります。 遺族の方に負担をかけないよう意識しましょう。 ここでは、お悔やみの手紙を出すときに知っておきたい基本的な知識を解説します。 お悔やみの手紙を出すタイミング お悔やみの手紙は、 初七日までに送りましょう。 とは、故人が亡くなってから7日後に行う法要です。 また、葬儀、お通夜のどちらかに参列できる場合は送る必要はありません。 「訃報を初七日より後に知ってしまった」そのような場合もあるでしょう。 このような場合、お悔やみの手紙を送るのはマナー違反ではありません。 ただし、訃報を知ってからはできるだけ早く手紙を出すようにしましょう。 お悔やみの手紙に使う便箋と封筒はシンプルなもの お悔やみの手紙は、特別細かいマナーがあるわけではありませんが、使う便箋や封筒はシンプルなものを選びましょう。 できれば 白の無地のものがおすすめです。 また、封筒や手紙が重なると、「不吉が重なる」ことを連想させてしまうため、 手紙は1枚、封筒も1枚でおさめます。 香典も同封できる 葬儀やお通夜への参列が難しい場合、香典を同封しても構いません。 香典を送る場合は 現金書留を使い、香典袋にお悔やみの手紙を添えて送ります。 この際、現金書留用封筒は通常サイズと大判サイズがあるので、大判サイズの物を購入すると、どのサイズの不祝儀袋も入るので便利です。 現金書留封筒は、郵便局で購入する事が出来ます。 香典袋の表書きは、49日法要の前であれば 「ご霊前」、49日法要後であれば 「御仏前」と、渡すタイミングに合わせて表書きを変えます。 このとき、便箋はきちんと封筒に入れるようにします。 現金書留に 直接便箋を入れるのは、マナー違反です。 なお、お悔やみの言葉には、香典を送ることを伝える文章を加えましょう。 お悔やみの手紙を書く際に気を付けること お悔やみの手紙はある程度フォーマット化されていますが、次のことに気をつけて書くようにしましょう。 頭語や時候の挨拶は書かないようにする 一般的に手紙を書く場合には、拝啓や謹啓のような頭語、季節に合わせた時候の挨拶などを最初に書きます。 しかし、お悔やみの手紙ではこういった前置きは必要なく、すぐ本題に入るようにしましょう。 お悔やみを手紙で述べている理由を書く お悔やみは直接述べるのが最も正しい方法であり、 手紙はいわば略式です。 そのため、詳細に書く必要はないですが、弔問に伺えない理由とともにお詫びを述べておきます。 後日伺う予定があるのであれば、その旨も書いておきましょう。 遺族を気遣う言葉を書く お悔やみの言葉は故人が亡くなったことに対する弔意を示すものですが、ことさらに悲しみを強調するのは、遺族の心情を考えると好ましくありません。 遺族を気遣う言葉も多く書くようにしましょう。 例)「お力落としのことと存じますが、どうぞお気を強くお持ちください」など 亡くなった理由は訊ねない 傷心の遺族に対して、 亡くなった理由を訊ねるのはマナー違反です。 お悔やみの手紙は、お悔やみの気持ちと慰めの言葉を短く伝えるよう心がけましょう。 親しい方が亡くなったとき、やはり理由が気になるものです。 しかし、傷心の遺族へ訊くべきタイミングは今ではありません。 遺族の気持ちを第一に考えましょう。 お悔やみの手紙を出す際に詮索するのはよくありません。 遺族をより傷つける可能性があることは避けるのがマナーです。 忌み言葉(いみことば)を使わない 忌み言葉とは、冠婚葬祭の場などで避けられる言葉のことです。 葬祭関連では、重ね言葉(かさねことば)や直接的な表現がこれにあたります。 重ね言葉は「重ね重ね」「またまた」「次々」「再三」「追って」など、繰り返しの言葉や次があることを連想させる言葉が当てはまります。 死を連想させる言葉としては、「死ぬ」「滅ぶ」「死亡」「生存」「生きている」などがあります。 これらは「ご逝去」「ご生前」「お元気な頃」など 柔らかい表現に言い換えましょう。 敬称を使う お悔やみの言葉は、喪主との関係に沿った敬称を使いましょう。 故人が喪主の父親であれば、「ご尊父」「お父上」、祖父であれば「ご祖父様」、妻であれば、「ご礼室」、息子であれば「ご子息」など、故人と自分の関係に合わせて適切な敬称を使うのがマナーです。 また、差出人の名前も、喪主にどのような人か伝わるようにしましょう。 学校の同級生であれば、一緒だった学校や卒業年などを記載します。 薄墨を使って書く お悔やみの手紙は 「悲しみの涙で墨が薄まった」という意味から、もともと薄墨の筆を使用するのがマナーとされます。 ただ、現代では墨を使う人は少なくなり、薄墨にこだわる必要はないと考える人も増えてきています。 薄墨を使わない場合は、ボールペンや万年筆がよいでしょう。 使用するインクの色はブルーブラックか黒が好ましいでしょう。 また、最近ではグレーカラーのボールペンも販売されているので、こちらの利用も考えてもよいでしょう。 お悔やみの手紙の文章構成 お悔やみの手紙を書く場合、どのような構成で書くべきか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。 お悔やみの手紙の文章構成について紹介します。 まずは下の3つの項目を意識しましょう。 ・主文 ・末文 ・後付け お悔やみの手紙は 縦書きが基本です。 横書きはラフな印象を与えるので不適切とされます。 お悔やみの言葉を述べる お悔やみの手紙では、簡潔に言葉を述べましょう。 「暑くなってまいりましたが……」などの 季節の挨拶は省きます。 もっとも大切なのは、短く書くことです。 また、 故人を悼む気持ち、遺族を慰める気持ちの2点を伝えるのも必要でしょう。 遺族と面識がない場合は、自分と故人との関係を伝える必要があります。 例文は下記のとおりです。 ・このたびは思いもかけないことで、お悔やみを申し上げます。 ・ご看病の甲斐なく、残念なことです。 お悔やみを申し上げます。 訃報での驚きや慰めの言葉を述べる お悔やみの言葉に続き、 故人への感謝の言葉や思い出、遺族の健康を気遣う言葉や慰めの言葉を述べます。 遺族や故人との関係性を考え、文面を添えましょう。 例文は下記のとおりです。 ・突然のことで言葉がございません。 ・ご主人(奥様)とのお別れは、本当にお辛かったことでしょう。 お子様のためにもどうかお心を強くお持ちくださいませ。 ・お力を落としのこととは存じます。 お気持ちを強くお持ちになり、くれぐれもご自愛ください。 弔問欠席に対するお詫びの言葉を述べる 葬儀や法要に参列できないときは、 弔問欠席に対するお詫びの言葉を添えます。 出産や新婚旅行、結婚式といったおめでたい事情が理由で参列できないときは、「事情により」としましょう。 例文は下記のとおりです。 ・あいにくやむを得ない事情により、ご葬儀への参列がかなわず、略式ながら書中にてお悔やみを申し上げます。 ・すぐに駆けつけてお悔やみを申し上げるところでございますが、あいにく出張のため、参列に伺うことができず申しわけなく存じます。 香典を同封したことを知らせる 香典を同封したときは、文末に香典を同封した旨を書き添えます。 現金は宅配便などでは送ることができないため、 郵便局から現金書留専用封筒に入れて送りましょう。 供花や供物を贈ったときも、その旨を添えます。 例文は下記のとおりです。 ・心ばかりではございますが御香料を同封いたしました。 ・心ばかりの御香料を同封いたします。 結びの言葉を使う ここは特別なことを書く必要はありませんが、遺族の気持ちに立って、 表現に注意しましょう。 励ますつもりの言葉や悔しさをあらわした言葉は、遺族の気持ちを傷つける可能性があります。 例文は下記のとおりです。 ・取り急ぎ書中に奥様(ご主人)のご冥福をお祈り申し上げます。 日付・差出人・宛名を書く 主文、末文に続き後付けを書きます。 後付けは 「日付」、「差出人」、「宛名」の順で書きましょう。 日付を書く際、正式とされる 和暦で年月日を書きます。 また、 日付は文頭から2字下げて書きましょう。 宛名には、敬称である 「様」も忘れずに書きます。 お悔やみの手紙は、遺族に宛てて書く手紙です。 宛先は故人の名前ではなく、 遺族の名前にします。 遺族と面識がなく遺族の名前がわからないときは、喪中はがきの差出人や、喪主の名前を宛名にするとよいでしょう。 かねてよりご療養中とは存じておりましたが、ただただ呆然とするばかりです。 本来ならばすぐにでもお伺いしたいところですが、やむを得ぬ事情によりすぐに参上できず申し訳ございません。 ご家族の皆様には、一日も早く心穏やかに暮らせますようお祈り申し上げております。 略儀ながら、書中にてお悔やみ申し上げます。 あの明るい笑顔をもう二度と見られないと思うと、悲しみで言葉もありません。 本来であれば直接お悔やみを申し上げたいところですが、遠方のためままならず、まことに申し訳ございません。 ご家族の皆様はさぞご心痛かと存じますがどうかお力を落とされませんようご自愛ください。 略儀ながら、書中を持ちましてお悔やみ申し上げます。 ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げる次第でございます。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 まだまだお元気でいらっしゃると思っておりましたのに、ご家族の皆様のご心痛はいかばかりかと存じます。 ここ数年はご無沙汰していたために、お父様が亡くなられていたことも存じ上げず、弔問にもお伺いせずに申し訳ありませんでした。 遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈りいたします。 お力落としのことと存じますが、くれぐれも気持ちを強く持ってご自愛ください。 心よりお悔やみ申し上げます。 弔電とお悔やみ手紙の違い 弔電とお悔やみ手紙は、お通夜や葬儀に参列できない場合に送るという点は共通ですが、異なる点もあります。 それは、 告別式で弔電を読み上げられるかどうかです。 そのため、弔電はできるだけ早く、遅くとも告別式の1時間前には到着しているとよいでしょう。 告別式の時間をあらかじめ調べておき、ご遺族の方に負担をかけないようにします。 また、弔電はお悔やみの手紙と異なり、香典を送れません。 香典も送りたい場合は、別途お悔やみの手紙を添えて香典を送りましょう。 まとめ 訃報のときに送るお悔やみの手紙は、封筒や手紙の体裁など、いくつかマナーがあり、それらの点を守って送ることが大切です。 葬儀に慣れていない場合、思わぬマナー違反をすることもあるため、書き方や作法をよく確認し、失礼がないようにしましょう。 葬儀に関する疑問は、「」にお任せください。 24時間365日対応しており、専門スタッフがお客様の疑問に丁寧にお答えいたします。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

お悔やみの手紙の書き方・お悔やみ状|例文・後日・封筒・便箋・親戚・香典・返信

日にちが経ってからのお悔やみの言葉

香典といえば葬儀の時に受け取るのが一般的ですが、後から不幸を知ったという方や、やむを得ない事情で数日、あるいは随分と日が経ってからお香典を頂くこともあります。 遅れて香典を頂いた場合はお返しや挨拶状はどのようにすればよいのでしょうか。 また、香典を差し出す側は、不幸を遅れて知った場合どのように香典を渡せばいいのでしょうか。 この記事では遅れて香典を差し出す側と受け取る側のそれぞれのマナーについてご紹介しています。 基本的には香典返しをする 忌明け後に日を経てからお香典を頂くというケースは実は珍しいことではありません。 葬儀も経て日数が経過してから頂いたお香典へは、お香典に対しての「お礼」として香典返しを贈ります。 お供え物を頂いた場合も同様に心遣いに対してのお礼としてお返しをされるのがよいでしょう。 葬儀を終え「忌明け前」にお香典を頂いた場合 遅れてお香典を受け取った場合でも、忌明けがまだ済んでいないということであれば、四十九日の忌明けの際に、他の方と同様に香典返しをして問題ありません。 葬儀を終え「忌明け後」にお香典を頂いた場合 時期が遅れていても相手のご厚意に対してお返しは必要です。 ただ、挨拶状を添える場合、一般的な香典返しに添える挨拶状としては、葬儀への参列やお香典に対してのお礼という意味も含んだ文章になっていることが多いため、あまりに何ヶ月・一年後など日が経ちすぎている場合は、逆に相手を申し訳ない気持ちにさせてしまう可能性もあります。 また、「忌明けの法要を滞りなく行いました」という報告も兼ねた文章構成になっているものが多いため、贈るケースによってはそのまま使いづらい場合もあります。 お店によっては親身に対応してくれる場合もありますので、状況を伝えた上でどの程度融通がきくか確認してみるのもいいかもしれません。 参考までにその時のお店をご紹介させて頂きます。 香典返し専門店 穂乃香 挨拶状の文面作成も相談にのってもらえて校正もきちんとしてもらえるので安心です。 私は上記に書いた文面をそのままメールしましたが、ちゃんと希望通りの内容で校正を出してもらえたので助かりました。 文面を自分で考えるのは難しい・・という方はお店でも様々な文面の用意がありましたのでどういった状況で利用するかを伝えれば最適な内容で提案をしてくれると思います。 各種礼状などの文面も豊富に扱っているので少し文面を変更したいという場合や、こういうときなんて書けばいいの?という場合にも非常に便利です。 まとめ買い割引のクーポンや喪中はがきのサービスもあり、一度で必要なことがすべて整うのでかなり便利だと思います。 つつしんで申し上げますの意。 御厚志(ご-こうし) 情の厚い心。 親切な気持ち。 相手の好意などに対していう。 御厚情(ご-こうじょう) あついなさけ。 思いやりのある心。 親切な気持ち。 御厚誼(ご-こうぎ) 情があつい交際。 深い親しみの気持ち。 あついよしみ。 拝眉(はいび) 人に会うことをへりくだっていう語。 敬白(けいはく) うやまい謹んで申し上げるの意。 挨拶状に句読点は使わない 挨拶状には普段の手紙と違い句読点(、。 )は使いません。 句読点は文章を読みやすくするために、明治頃に学校で子供が読みやすいように用いられたとされ、句読点を使用することは相手の読解力がないと言っているのと同じと捉えられ失礼にあたるからです。 香典返しの表書きと金額の相場 遅れて頂いたお香典に対しても表書きは「志」とします。 志は弔事で使われ、宗教に関係なく用いることができる表書きです。 関西や西日本では「満中陰志」とする場合がありますが、これは仏式のみの表書きで、「満中陰」とは49日を指しますので、忌明けである49日が過ぎている場合は使わないようにしましょう。 お返しの金額についても、3分の1から半額程度が一般的ですが、一家の働き手が亡くなった場合などは3分の1程度でよいとされています。 お返しは不要と言われた場合 お香典を差し出す方の中には、遺族の方に気を遣わせるのは避けたいけど、お悔やみの気持ちは表したいと考えられる方もいらっしゃるでしょう。 まして忌明けから一年後などにお香典を差し出す場合には、知らなかったこととはいえ相手も相当な気を遣われていると考えられます。 そんな相手に、格式張った挨拶状などを添えてお香典返しをしたのでは、「今頃こんな気を遣わせてしまった・・」と申し訳なく思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。 辞退されても基本的にはお返しは必要ですが、遺族を気遣って香典返しを辞退された方には、お香典返しとしてではなく、夏の頃なら「お中元」や「暑中見舞い」「残暑見舞い」として、冬の頃なら「お歳暮」や「寒中見舞い」などとして、礼状を添えてお返しとしてもよいでしょう。 あまり頑なになっては相手の気持ちを踏みにじることにもなりかねませんので、そこは臨機応変に相手のご厚意を汲んで判断をしましょう。 感謝の気持ちを伝える方法は お香典返し以外にもあるのです。 訃報を遅れて知った場合 不幸を遅れて知った、止む終えない事情でお香典が遅れる場合などは、不幸を知った時点ですぐに相手の都合を聞いてお悔やみに出向きましょう。 その際、「ご不幸を存ぜず失礼いたしました。 お悔やみが遅れて申し訳ありません」などと知らなかった事情を話しお詫びします。 相手の都合が悪く直接お悔やみに出向けない場合は、香典にお悔やみの手紙を添えて現金書留で郵送します。 香典に添えるお悔やみの手紙・文例 お父上様のご逝去の悲報に際しまして心よりお悔やみ申し上げます。 ご不幸を存ぜず失礼いたしました。 取り急ぎ心ばかりのものを同封いたしましたので、御霊前にお供えいただければ幸いでございます。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 香典を郵送する場合でも表書きや中袋の記載は忘れずに 香典を現金書留で郵送する場合でも、持参する場合と同様に表書きと中袋に書く、金額や氏名、住所などは必ず書くのがマナーです。 遺族の方が後で整理する際に困らないよう、丁寧に書きましょう。 お悔やみの手紙は封筒で 親しかった人の死をいたみ、遺族を慰めるために出すものですから、必ずはがきではなく封筒で出します。 便箋と封筒はシンプルな白無地を使いましょう。 「不幸が重なる」という連想を避ける意味で、便箋は一枚におさめ、一重仕立ての封筒を使用しましょう。 香典の表書きは「御霊前」と「御仏前」に注意 49日の忌明け前は「御霊前」、忌明け後は「御仏前」となりますので注意が必要ですが、わからない場合は「御香典」などとしてもよいでしょう。 また、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教の場合は「御花料」とします。 --合わせて読みたい-- gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の