ポケモン カマス ジョー。 【S1ダブル最終28位】あめぐみ改

【ポケモン剣盾】カマスジョー始動守らない雨パ【ダブルバトル】

ポケモン カマス ジョー

こんにちは。 今をときめく美少女です。 参考 私は低耐久ポケモンにダイマックスさせることにときめきを感じました。 初めて出会ったこの高まる気持ちを大切に、そんな夢見る少女のような思いを忘れずに生きていこうというところからパーティを組んでみました。 速くて火力が高くて脆いところを、ダイマックスで補います。 基本的に初手に出して1手目から ダイストリーム、 ダイジェットを撃って盤面の有利を取りに行くのが仕事。 だいたい一発は耐えてくれるはず!!という強い気持ちで動かしましょう。 技に関して、 アクアブレイクは最大打点。 好みで たきのぼりでも可です。 とびはねるは環境最強技 ダイジェットを撃つ為に必須。 残り2枠のうち、 かみくだくはこのパーティが 物理1匹特殊5匹という超偏重型なので、そのサポートの ダイアークを撃ったり ドラパルトへの打点のために採用。 ドリルライナーは ジュラルドンピンポイント技です。 インファイトでもいいですが、ダイマックス技として見ると威力がかなり劣るためこちらを選択。 他にも サイコファングや どくづきがありますが、パーティとして ジュラルドンを倒す気が感じられないので、カマスジョーで弱点を取るのがいいと思います。 高層タワーも地盤が割れると勝てないのだ 持ち物の いのちのたまはタイプ不一致技の威力の底上げのためにもたせています。 ダメージ計算はしてないですが、あらゆるポケモンに負荷を与えることが目的なのでこれ以外ないと思います。 まもるに関してですが、技スペースが足りないことやすいすいが即座に発動する仕様と合わせて 必要性が薄いと判断して外しています。 それによって ダイウォールも選択できないですが、倒される前に相手に負荷を与えることが仕事なのでまあよしとしています。 このカマスジョーはASぶっぱにしていますが、AとSを少し削ってHP実数値が149~157程度の範囲になるまで伸ばしてもいいと思います。 色々耐えるようになります。 帯ルンパは四世代からの伝統芸能。 ギガドレインを採用しているため、耐久を伸ばした調整にしています。 今作でのルンパッパは大型アップデートが入り、なんと だくりゅうを新規習得。 これによって味方を巻き込むことなく範囲打点を持つことができるように。 過去のキングドラのような動きが可能になりました。 ダイマックスポケモンに ねこだましが無効化されること、流行りの トリックルームパーティは イェッサンがいて、 サイコメイカーによってそもそも ねこだましで止められないこと、単体水打点は欲しいことが理由です。 また、ルンパッパは まもるの 必要性が薄いと考えているため不採用としています。 ふわっとした考えなので、使いやすいと思うなら まもるを採用してもいいと思いますが、このパーティでは まもるを選択する暇がないです。 トリトドンの前で水技を押せるルンパッパはめちゃくちゃ強かったです。 だくりゅうは命中不安の技ですが、勝つ為に採用しているので積極的に押します。 雨を降らす以外に目立った仕事はない。 このパーティの中で最も弱いですが、選出はしなければならないという苦悩があるポケモンです。 カマスジョーの隣のポケモンを交代しながらペリッパーを繰り出すことで、そのターン中から カマスジョーが爆速駆動することができます。 技構成については諸説ありますが、こいつで攻撃する時はねっとう等では威力が足りないことが多いので、最大打点の ハイドロポンプを選択。 おいかぜは相手の おいかぜに対抗したり、 すいすい組以外のポケモンの素早さを補強するために採用。 ペリッパーも含めた全ポケモンが おいかぜありきの調整になっています。 現代のカイオーガはおいかぜを起こす Sが ルンパッパと同じですが、一緒に並ぶ時は雨が降っているので問題なしと判断。 でもHに回しても何も耐えないので、全部Sに振ってしまってもいいと思います。 ペリッパーにダイマックスを切るならばHに振ってもいいでしょう。 このパーティ中唯一 まもるを覚えているので、 おいかぜや トリックルームのターンを稼ぎたい時は大事に扱うことになります。 雨下での かみなりで ギャラドスや アーマーガア、ついでに ウォーグルもシバけるのが魅力ですが、この鳥共は揃いも揃ってダイマックスして ダイジェットで素早さを上げてくるので、その上から叩けるように持ち物は こだわりスカーフ。 連動して すりかえを持たせました。 今作での すりかえや トリックは無効化されることがなく、安全に撃てるのがとても強かったです。 ただ、 カビゴンに すりかえをした時に フィラのみを奪い取ってしまい、それを 食べて 混乱したことが数度あるので性格は無補正で厳選しておくびょうミントを使うのがいいと思います。 基本的には交代出して電気技を ひらいしんで無効化することが仕事ですが、 ジュラルドンは特性によって ひらいしんを無視することができるのでそれだけ注意した方がいいです。 こだわり系アイテムを持っているので守れない……がダイマックスすることで ダイウォールはできるようになります。 処理速度が求められているので持ち物は こだわりメガネです。 出す時は初手に出して、眼鏡 ハイパーボイスを振り回します。 また、初手で ウォーグルと対面した時は カマスジョーの ダイジェットのダメージを与え、先制できるようにしながら眼鏡 はかいこうせんでニ撃必殺を狙います。 いかくが入ると倒せません。 他にも、 はかいこうせんは特殊耐久に優れたポケモンですら一撃で倒せる技として、盤面の有利を取れるならば積極的に撃っていきます。 消し飛ばせ! ムーンフォースについてですが、 ワイドガード持ちと対面した時に撃つと思ってもたせましたが150戦近く潜って一度も撃たなかったので、別の技にした方がいいと思います。 ウェザーボールとかね。 こだわり系アイテムを持っているのでもちろん守れない。 5倍でサザンドラ抜き、HP16n-1、残りD、端数をBに 対トリパで必ず初手に置く。 最後の枠に求められたのは トリックルームを今のところ止める気がなさすぎること、 ジュラルドンが相変わらずきついこと、 ドラパルトも結構きついことを解決するポケモンだったので全ての願いを込めてジュラルドンを採用。 トリックルームに対してはジュラルドンと ニンフィアの攻撃でトリックルーム要因を撃破することで解決を図ります。 持ち物はなんとなく とつげきチョッキを持たせて、技構成も仮想敵を考えず全てフィーリングで持たせているのでちゃんと考えたほうがいいのかもしれないです。 パーティ全体の耐久と揃っていないので全くサイクル戦はできませんが、初手に出した場合は一切引かずに盤面に定着させるので大した問題では無かったと思います。 しかし 10まんボルトは威力が足りないと思うことが多く、 かみなりに変更した方がいい気がしています。 でもめちゃくちゃ強かったのでオールオッケー。 とつげきチョッキを持っているので当然守れない。 横のポケモンを下げて ペリッパーを投げることで カマスジョーを無理やり動かすことができるのは覚えておきましょう。 イェッサン入りトリパの場合は ジュラルドン、それ以外なら カマスジョーでトリル要因に ダイアークを撃ちながら ニンフィアの ハイパーボイスでトリルを阻止します。 阻止できなければおおよそ敗北なので諦めてください。 これ以外の選出はほぼしません。 気が狂って カマスジョーと ジュラルドンを初手に出したら普通に負けたので、気を付けましょう。 ドラパルトが ダイジェットをしてきた場合は ルンパッパを ペリッパーに交代して上を取ります。 ダイストリームで上をとれる状況になれば ダイウォ-ルを選択されることがとても多いので、横のポケモンを撃破するのがいいでしょう。 ダイアークを撃つと まけんきが発動するので、もし撃って突破できなくなった場合は 泣いて謝りましょう。 バタフリー入りトリパ? 泣いて謝ってください。 VSトリトドン 水技を受ける為に後ろから出てくることが多いので、相手の選出画面で見えた段階で水技を極力撃たないように心掛けます。 ルンパッパは だくりゅうを連打します。 ルンパッパと対面すると守る可能性が非常に高いので、よく考えてから ギガドレインを選択するようにしましょう。 ルンパッパを落とされた場合、 トリトドンをほぼ突破できなくなって 泣いて謝ることになるので、大切に扱いましょう。 VSジュラルドン カマスジョーの地面技しかまともな打点がないですが、相手が ジュラルドンを大事にする場合は雨下の 水技でごり押しして倒すことも視野にいれます。 ルンパッパの特防を上げておくと撃ち合いで有利になるので、余裕があれば狙います。 HP満タンで カマスジョーが落ちてダイマックスされることが対 ジュラルドンでの負け筋です。 この展開になった場合は 泣いて降参します。 VSアーマーガア 全力水技でごり押し。 ダイアークの特防ダウンが効かないので気を付けましょう。 また、 ライボルトの かみなりで弱点を突くと じゃくてんほけんが発動してとんでもないことになる場合があります。 撃つ時は確実に倒せる時だけにするべきですね。 初手にダイマックスを切られた場合、厳しめの勝負になることが多いです。 いつの間にかこちらが壊滅状態になることもあって 泣いて謝るしかなくなります。 VSバンドリ 中途半端に バンギラスの弱点をついてしまうと じゃくてんほけんが発動してゲームが終了するので、基本的には ドリュウズから撃破する、もしくは雨状態での二回攻撃で撃破することを意識します。 ドリュウズがダイマックスして ダイアースで カマスジョーに攻撃してくると一度も攻撃できずに 泣いて謝って終わりです。 緊張の対面 苦手な相手 上全部では????と思う方もいるでしょうが意外と勝てるので安心してください。 しかし バタフリー入りトリパにだけはほぼ勝てないです。 カマスジョーが スクリューおびれの振りをした動きで頑張りましょう。 また にほんばれ持ち エルフーンに当たった場合、泣いて謝るしかないので 泣きながら降参してください。 まとめ 以上が守らない雨の紹介でした。 皆さんはこの構築にときめきを感じてくれましたでしょうか?私はカマスジョーフィーバーが来ていて、かます寿司が食べてみたくて仕方なくなってきています。 この気持ちの高鳴りが恋……なのでしょうか。 超余談。 これとほぼ同じ構築でガラルビギニングに潜っていたところ、背番号とリーグカードの背景が同じ人とマッチングするという運命の出会いがありました。 私は 13才なのでこの背番号を付けたのですが、彼(彼女)も13才だったのでしょうか。 では、ときめきを感じた皆さん。 この構築を組んで是非ダブルランクマッチに挑んでみましょう!私はそれが流行った時期に徹底的にメタったパーティでランクマッチに潜ります!その日が来るのを心待ちにしています。 それでは、私は空へ帰ります。 さようなら。

次の

【ポケモン剣盾】カマスジョー始動守らない雨パ【ダブルバトル】

ポケモン カマス ジョー

こんにちは。 今をときめく美少女です。 参考 私は低耐久ポケモンにダイマックスさせることにときめきを感じました。 初めて出会ったこの高まる気持ちを大切に、そんな夢見る少女のような思いを忘れずに生きていこうというところからパーティを組んでみました。 速くて火力が高くて脆いところを、ダイマックスで補います。 基本的に初手に出して1手目から ダイストリーム、 ダイジェットを撃って盤面の有利を取りに行くのが仕事。 だいたい一発は耐えてくれるはず!!という強い気持ちで動かしましょう。 技に関して、 アクアブレイクは最大打点。 好みで たきのぼりでも可です。 とびはねるは環境最強技 ダイジェットを撃つ為に必須。 残り2枠のうち、 かみくだくはこのパーティが 物理1匹特殊5匹という超偏重型なので、そのサポートの ダイアークを撃ったり ドラパルトへの打点のために採用。 ドリルライナーは ジュラルドンピンポイント技です。 インファイトでもいいですが、ダイマックス技として見ると威力がかなり劣るためこちらを選択。 他にも サイコファングや どくづきがありますが、パーティとして ジュラルドンを倒す気が感じられないので、カマスジョーで弱点を取るのがいいと思います。 高層タワーも地盤が割れると勝てないのだ 持ち物の いのちのたまはタイプ不一致技の威力の底上げのためにもたせています。 ダメージ計算はしてないですが、あらゆるポケモンに負荷を与えることが目的なのでこれ以外ないと思います。 まもるに関してですが、技スペースが足りないことやすいすいが即座に発動する仕様と合わせて 必要性が薄いと判断して外しています。 それによって ダイウォールも選択できないですが、倒される前に相手に負荷を与えることが仕事なのでまあよしとしています。 このカマスジョーはASぶっぱにしていますが、AとSを少し削ってHP実数値が149~157程度の範囲になるまで伸ばしてもいいと思います。 色々耐えるようになります。 帯ルンパは四世代からの伝統芸能。 ギガドレインを採用しているため、耐久を伸ばした調整にしています。 今作でのルンパッパは大型アップデートが入り、なんと だくりゅうを新規習得。 これによって味方を巻き込むことなく範囲打点を持つことができるように。 過去のキングドラのような動きが可能になりました。 ダイマックスポケモンに ねこだましが無効化されること、流行りの トリックルームパーティは イェッサンがいて、 サイコメイカーによってそもそも ねこだましで止められないこと、単体水打点は欲しいことが理由です。 また、ルンパッパは まもるの 必要性が薄いと考えているため不採用としています。 ふわっとした考えなので、使いやすいと思うなら まもるを採用してもいいと思いますが、このパーティでは まもるを選択する暇がないです。 トリトドンの前で水技を押せるルンパッパはめちゃくちゃ強かったです。 だくりゅうは命中不安の技ですが、勝つ為に採用しているので積極的に押します。 雨を降らす以外に目立った仕事はない。 このパーティの中で最も弱いですが、選出はしなければならないという苦悩があるポケモンです。 カマスジョーの隣のポケモンを交代しながらペリッパーを繰り出すことで、そのターン中から カマスジョーが爆速駆動することができます。 技構成については諸説ありますが、こいつで攻撃する時はねっとう等では威力が足りないことが多いので、最大打点の ハイドロポンプを選択。 おいかぜは相手の おいかぜに対抗したり、 すいすい組以外のポケモンの素早さを補強するために採用。 ペリッパーも含めた全ポケモンが おいかぜありきの調整になっています。 現代のカイオーガはおいかぜを起こす Sが ルンパッパと同じですが、一緒に並ぶ時は雨が降っているので問題なしと判断。 でもHに回しても何も耐えないので、全部Sに振ってしまってもいいと思います。 ペリッパーにダイマックスを切るならばHに振ってもいいでしょう。 このパーティ中唯一 まもるを覚えているので、 おいかぜや トリックルームのターンを稼ぎたい時は大事に扱うことになります。 雨下での かみなりで ギャラドスや アーマーガア、ついでに ウォーグルもシバけるのが魅力ですが、この鳥共は揃いも揃ってダイマックスして ダイジェットで素早さを上げてくるので、その上から叩けるように持ち物は こだわりスカーフ。 連動して すりかえを持たせました。 今作での すりかえや トリックは無効化されることがなく、安全に撃てるのがとても強かったです。 ただ、 カビゴンに すりかえをした時に フィラのみを奪い取ってしまい、それを 食べて 混乱したことが数度あるので性格は無補正で厳選しておくびょうミントを使うのがいいと思います。 基本的には交代出して電気技を ひらいしんで無効化することが仕事ですが、 ジュラルドンは特性によって ひらいしんを無視することができるのでそれだけ注意した方がいいです。 こだわり系アイテムを持っているので守れない……がダイマックスすることで ダイウォールはできるようになります。 処理速度が求められているので持ち物は こだわりメガネです。 出す時は初手に出して、眼鏡 ハイパーボイスを振り回します。 また、初手で ウォーグルと対面した時は カマスジョーの ダイジェットのダメージを与え、先制できるようにしながら眼鏡 はかいこうせんでニ撃必殺を狙います。 いかくが入ると倒せません。 他にも、 はかいこうせんは特殊耐久に優れたポケモンですら一撃で倒せる技として、盤面の有利を取れるならば積極的に撃っていきます。 消し飛ばせ! ムーンフォースについてですが、 ワイドガード持ちと対面した時に撃つと思ってもたせましたが150戦近く潜って一度も撃たなかったので、別の技にした方がいいと思います。 ウェザーボールとかね。 こだわり系アイテムを持っているのでもちろん守れない。 5倍でサザンドラ抜き、HP16n-1、残りD、端数をBに 対トリパで必ず初手に置く。 最後の枠に求められたのは トリックルームを今のところ止める気がなさすぎること、 ジュラルドンが相変わらずきついこと、 ドラパルトも結構きついことを解決するポケモンだったので全ての願いを込めてジュラルドンを採用。 トリックルームに対してはジュラルドンと ニンフィアの攻撃でトリックルーム要因を撃破することで解決を図ります。 持ち物はなんとなく とつげきチョッキを持たせて、技構成も仮想敵を考えず全てフィーリングで持たせているのでちゃんと考えたほうがいいのかもしれないです。 パーティ全体の耐久と揃っていないので全くサイクル戦はできませんが、初手に出した場合は一切引かずに盤面に定着させるので大した問題では無かったと思います。 しかし 10まんボルトは威力が足りないと思うことが多く、 かみなりに変更した方がいい気がしています。 でもめちゃくちゃ強かったのでオールオッケー。 とつげきチョッキを持っているので当然守れない。 横のポケモンを下げて ペリッパーを投げることで カマスジョーを無理やり動かすことができるのは覚えておきましょう。 イェッサン入りトリパの場合は ジュラルドン、それ以外なら カマスジョーでトリル要因に ダイアークを撃ちながら ニンフィアの ハイパーボイスでトリルを阻止します。 阻止できなければおおよそ敗北なので諦めてください。 これ以外の選出はほぼしません。 気が狂って カマスジョーと ジュラルドンを初手に出したら普通に負けたので、気を付けましょう。 ドラパルトが ダイジェットをしてきた場合は ルンパッパを ペリッパーに交代して上を取ります。 ダイストリームで上をとれる状況になれば ダイウォ-ルを選択されることがとても多いので、横のポケモンを撃破するのがいいでしょう。 ダイアークを撃つと まけんきが発動するので、もし撃って突破できなくなった場合は 泣いて謝りましょう。 バタフリー入りトリパ? 泣いて謝ってください。 VSトリトドン 水技を受ける為に後ろから出てくることが多いので、相手の選出画面で見えた段階で水技を極力撃たないように心掛けます。 ルンパッパは だくりゅうを連打します。 ルンパッパと対面すると守る可能性が非常に高いので、よく考えてから ギガドレインを選択するようにしましょう。 ルンパッパを落とされた場合、 トリトドンをほぼ突破できなくなって 泣いて謝ることになるので、大切に扱いましょう。 VSジュラルドン カマスジョーの地面技しかまともな打点がないですが、相手が ジュラルドンを大事にする場合は雨下の 水技でごり押しして倒すことも視野にいれます。 ルンパッパの特防を上げておくと撃ち合いで有利になるので、余裕があれば狙います。 HP満タンで カマスジョーが落ちてダイマックスされることが対 ジュラルドンでの負け筋です。 この展開になった場合は 泣いて降参します。 VSアーマーガア 全力水技でごり押し。 ダイアークの特防ダウンが効かないので気を付けましょう。 また、 ライボルトの かみなりで弱点を突くと じゃくてんほけんが発動してとんでもないことになる場合があります。 撃つ時は確実に倒せる時だけにするべきですね。 初手にダイマックスを切られた場合、厳しめの勝負になることが多いです。 いつの間にかこちらが壊滅状態になることもあって 泣いて謝るしかなくなります。 VSバンドリ 中途半端に バンギラスの弱点をついてしまうと じゃくてんほけんが発動してゲームが終了するので、基本的には ドリュウズから撃破する、もしくは雨状態での二回攻撃で撃破することを意識します。 ドリュウズがダイマックスして ダイアースで カマスジョーに攻撃してくると一度も攻撃できずに 泣いて謝って終わりです。 緊張の対面 苦手な相手 上全部では????と思う方もいるでしょうが意外と勝てるので安心してください。 しかし バタフリー入りトリパにだけはほぼ勝てないです。 カマスジョーが スクリューおびれの振りをした動きで頑張りましょう。 また にほんばれ持ち エルフーンに当たった場合、泣いて謝るしかないので 泣きながら降参してください。 まとめ 以上が守らない雨の紹介でした。 皆さんはこの構築にときめきを感じてくれましたでしょうか?私はカマスジョーフィーバーが来ていて、かます寿司が食べてみたくて仕方なくなってきています。 この気持ちの高鳴りが恋……なのでしょうか。 超余談。 これとほぼ同じ構築でガラルビギニングに潜っていたところ、背番号とリーグカードの背景が同じ人とマッチングするという運命の出会いがありました。 私は 13才なのでこの背番号を付けたのですが、彼(彼女)も13才だったのでしょうか。 では、ときめきを感じた皆さん。 この構築を組んで是非ダブルランクマッチに挑んでみましょう!私はそれが流行った時期に徹底的にメタったパーティでランクマッチに潜ります!その日が来るのを心待ちにしています。 それでは、私は空へ帰ります。 さようなら。

次の

カマスジョー/対戦

ポケモン カマス ジョー

Contents• はじめに はじめまして、Tommyと申します。 初めて構築記事を執筆するので分かりにくい点等あると思いますが見ていただけると嬉しいです。 パーティ作成経緯 ダイマックスエースを誰にするかを考えるところからスタート。 パーティの素早さ操作にダイジェットを使いたく、高火力・広範囲で攻撃することのできる カマスジョーを軸にすることに。 色違いがいたので使いたかった。 2匹目にドラパルトやスカーフポケモン等カマスジョーより先に行動できるポケモン対策にもう一匹の素早さ操作としていたずらごころ電磁波のできる オーロンゲを採用。 3匹目は逆に相手のオーロンゲにカマスジョーを止められたくないので イエッサンを採用。 4匹目にこのルールで強いポケモンである ジュラルドンを採用。 選出圧力もあると思ったので。 5匹目に雑に強く高速高火力の スカーフヒヒダルマを採用。 実際は全く選出に絡まなかったので別のポケモンを考えたところトリックルームを張らせる前に倒せばいいじゃんという脳筋思考によりねらいうちを使える 眼鏡インテレオンに決定。 本パーティの大エースで2縦3縦はざらでした。 似たようなダイマックスエースとしてインテレオンがあげられますが、メイン技であるダイストリームを打てばダイマックス終了後も雨エースとして活躍できる点は評価ポイントだと思います。 また、よくダイマックスジュラルドンと初手対面をしましたがダイアースで殴り合えます。 じゃれつくは外しがあり打ちたくないですが火力の関係で仕方なくじゃれつくにしました。 襷による行動保障と素早さ操作、ねこだましによる妨害と便利な要素が多く、ほぼ全試合活躍しました。 なんとなくで入れたアンコールですが、これがとても強かったです。 このルールはほとんどの人が初手にダイマックスを切りアンコール解除手段がなくなり、よくオーロンゲの壁をアンコールし置物化していました。 ちなみにサイコフィールド下でオーロンゲの電磁波をカット、次のターンオーロンゲがソウルクラッシュを選択したところにアンコールを打つと、優先度0の電磁波扱いとなりこちらのポケモンが麻痺するので注意が必要です。 当初の予定から変わり後投げが多かったので、耐久に振ってサイコシードを持たせる方が多分いいと思います。 このルールのトップメタでほぼすべての相手が初手ジュラルドンを意識した選出をしていましたが、こちらはカマスジョーをダイマックスさせることしか考えていなかったのでいい感じに誘導できていたのかなと思います。 ミラー対策で最速スカーフとしました。 上から怯みも狙うことができたくさんの運勝ちに貢献してくれました。 ただばかぢからを使用したい場面が何度かあったのでとんぼがえりを変えるべきでした。 イエッサンブリムオンで並べられても、カマスジョーで雨を降らせてから、雨眼鏡ねらいうちでHP252ブリムオンを高乱数1で倒せます。 実際はこの指とまれを無視できそうなポケモンが3匹(カマスジョー、ジュラルドン、インテレオン)いるのでイエッサンブリムオンと並べられることはなかったですが… トリックルーム対策枠から考えたポケモンですが上から制圧する本パーティにかみ合っているポケモンなのでスタンダード相手にも選出がしやすかったので悪くなかったと思います。 基本選出 先発:カマスジョー、オーロンゲ 後発は相手にオーロンゲがいたらイエッサンを必ず選出。 あと一匹はヒヒダルマにすることが多いがアーマーガアがいたら残りのどちらかにする。 9割型この選出でした。 よくある初手の流れ• 相手が初手にオーロンゲを選出したとき オーロンゲのねこだまし、イエッサンに交代、イエッサンでアンコールと3ターンの間相手のオーロンゲを妨害している間にカマスジョーで隣のポケモンをひたすら攻撃していく。 最速蒸気機関麻痺セキタンザンの素早さ実数値は180なのでカマスジョーが上から攻撃できます。 あとは適当に攻撃したら勝てます。 特殊選出 対イエッサン入りトリックルーム、水の通りがいい相手 先発:カマスジョー、インテレオン 後発:ヒヒダルマ、ジュラルドンorオーロンゲ カマスジョーのダイストリームからの眼鏡雨ねらいうちやスカーフヒヒダルマで上から殴り続ける。 総括 麻痺等運の上振れもあったが、出来すぎた結果が出たので良かったです。 パーティ的に上から攻撃する、こっちは電磁波を積極的に打つが、相手のオーロンゲの電磁波はイエッサンで積極的にカットするといった運勝ちして運負けしないようにできたのが良かったと思います。 また、選出と最初の数ターンの動きが安定していたことからプレミ回数を減らすことができたので、一日に数をこなすインターネット大会でにマッチしていたと思います。 寄稿ガイドライン APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。 寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

次の