宮沢 和 史。 元THEBOOM宮沢和史の長男・氷魚が俳優デビュー 『コウノドリ』新キャストに抜てき

建築巡礼コンビが語る自分流建築史の楽しみ方

宮沢 和 史

個人文庫 個人文庫は下記のとおりです。 利用の可否や手続きにつきましては、池袋図書館または新座図書館にお問合せください。 哲学・倫理・宗教関係 海老澤有道文庫 旧蔵者 海老澤 有道 (えびさわ ありみち):元本学教授、 キリシタン史・南蛮学の研究者 内容 日本キリスト教史を全般とした資料から成る。 キリシタン史のほかギリシャ正教、カトリック、プロテスタントをはじめとする日本の聖書および賛美歌の研究にも造詣が深い。 また、鈴木正三の寛文二年版の「破吉利支丹」など、今日では稀覯書もしくは発禁書に類するものも約100点含まれている。 目録 『海老沢有道文庫目録』 1999. 3 図書 雑誌 和 洋 和 洋 5,553 652 - 1 小田切信男文庫 旧蔵者 小田切 信男(おだぎり のぶお):医師、無教会派クリスチャン 内容 キリスト教神学や内村鑑三関係の資料を中心とする。 そのほか仏教、禅宗など宗教学全般、哲学、歴史、文学、社会問題等と続き、故人の関心の広さを示すものとなっている。 目録 『小田切信男文庫目録 分類編』 1988. 3 『小田切信男文庫目録 著者名編』(1988. 3) 『小田切信男文庫目録 書名編』(1988. 3) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 7,223 730 76 1 佐々木喜市文庫 旧蔵者 佐々木 喜市 (ささき きいち):元本学講師 内容 哲学、倫理学、英文学、独文学の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 656 515 - - 高松孝治文庫 旧蔵者 高松 孝治 (たかまつ たかはる):元本学教授 内容 倫理、宗教関係の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 85 464 - - 中沢洽樹文庫 旧蔵者 中沢 洽樹 (なかざわ こうき):元本学教授 内容 旧約聖書学、特に『イザヤ書』に関する資料。 目録 『中沢洽樹文庫目録 第1巻 分類目録』 1997 『中沢洽樹文庫目録 第2巻 著者名目録』 1997) 『中沢洽樹文庫目録 第3巻 書名目録』 1997) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 6 503 - - 前田護郎文庫 旧蔵者 前田 護郎 (まえだ ごろう):元東大教授、西洋古典学、新約聖書学 内容 聖書学、言語学、西洋古典学を主とする。 ヒエロニムス全集やアウグスティヌス全集などの貴重古書などが含まれている。 戦中・戦後に欧州で出版されたものを収集した資料が充実している。 目録 『前田護郎文庫目録 第1巻 分類目録』 1995. 3 『前田護郎文庫目録 第2巻 書名・著者目録』(1995. 3) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 1,268 5063 - - 史学関係 大久保利謙文庫 旧蔵者 大久保 利謙 (おおくぼ としあき):元本学教授 内容 明治維新より大正に至る日本近代史資料を中心とする。 伝記や明治期の思想家の著作も多数ある。 父にあたる大久保利武のコレクション(洋書)も含まれる。 目録 『「大久保利謙文庫目録」附 大久保利武コレクション』 1990 『大久保利謙文庫目録 第2集』(1996) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 11,302 943 20 1 スヴァーリン文庫 旧蔵者 Boris Souvarine (スヴァーリン,ボリス):ロシア・キエフ出身の社会活動家 内容 ソヴィエト共産党の形成過程資料(仏語)で、主にスターリン主義に関する図書、論文、冊子から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 585 - - 大学史関係 シモンズ文庫 旧蔵者 John Simon Gabriel Simmons シモンズ,ジョン・シモン・ガブリエル):元オックスフォード大学教授 内容 オックスフォード大学各カレッジの歴史、団体、施設等の資料、その地域の歴史資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 1,339 - 6 経済学関係 ドープシュ・パッツェルト文庫 旧蔵者 Alfons Dopsch (ドープシュ,アルフォンス):元ウィーン大学教授、経済史家 E. Patzelt パッツェルト,E):ドープシュ教授の高弟、オーストリア経済史家 内容 西洋中世史、古代末期から近世にかけての法制史、ヨーロッパ経済史、ドープシュの岳父Julius von Fickerの旧蔵とパッツェルト教授蔵書の政治、 経済史、文化史関係資料から成る。 *抜き刷り資料あり(約1,000点) 目録 『ドープシュ・パッツエルト文庫目録』 図書 雑誌 和 洋 和 洋 1 2,379 - 2 マシュケ文庫 旧蔵者 Erich Maschke(マシュケ,エーリヒ):元ハイデルベルグ゙大学教授、中世都市研究者 内容 ドイツ・ヨーロッパの中世を中心とした都市、特にバーデン・ヴュルテンベルグ市、シュパイアー市等南西ドイツ都市の社会 ・経済史の研究資料から成る。 *抜き刷り資料あり 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 855 - - ウルマン文庫 旧蔵者 Walter Ullmann (ウルマン,ワルター):元ケンブリッジ゙大学教授 内容 中世ヨーロッパ都市の政治史、経済史、法制史、文化史、教会史から成る体系的な学術資料。 (ドープシュ・パッツェルト文庫、マシュケ文庫を継承) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 1,675 - 34 須藤吉之祐文庫 旧蔵者 須藤 吉之祐 (すどう きちのすけ):元本学教授・元総長事務取締役 内容 経済学等の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 3 90 - - 水谷臣文庫 旧蔵者 水谷 臣:元日本冶金工業監査役 内容 経済学の資料を主とする。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 106 - - 小林昇文庫 旧蔵者 小林 昇(こばやし のぼる):元本学教授 内容 故小林昇先生の蔵書のうち、経済学史をはじめとした社会科学関係の全蔵書およびそれ以外の蔵書の一部をまとめたもの。 目録 『小林昇文庫(蔵書)目録』(2014. 5) リンク 図書 雑誌 和 洋 和 洋 7,426 1,883 - - 法学関係 石崎政一郎文庫 旧蔵者 石崎 政一郎 (いしざき まさいちろう):元本学教授、労働法の専門家 内容 フランスの労働法と日本の労働法全般の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 926 650 7 5 菊井維大文庫 旧蔵者 菊井 維大 (きくい つなひろ):元本学教授 内容 ドイツの民事訴訟法関係資料、民事訴訟法関係立法資料を中心に法律全般の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 1,041 774 408 11 サヴィニー文庫 旧蔵者 Friedrich Karl von Savigny (サヴィニー,フリードリッヒ・カール・フォン):元ベルリン大学教授、法律学者 内容 19世紀の法哲学、ローマ法、ドイツ民法の資料を主とする。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 569 - - 宮澤俊義文庫 旧蔵者 宮澤 俊義(みやざわ としよし):元本学教授 内容 和・洋の憲法学、行政法の資料、特に戦後の日本国憲法成立時のメモ、論文、冊子等貴重な資料から成る。 目録 『宮澤俊義文庫目録』 1988. 2 図書 雑誌 和 洋 和 洋 5,565 2,823 320 146 数学関係 三瓶与右衛門文庫 旧蔵者 三瓶 与右衛門 (さんぺい よえもん):元本学教授 内容 文庫のほとんどがロシア語で書かれた数学の専門書と文学書である。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 3 2,819 - 2 民俗学関係 岡田太郎文庫 旧蔵者 岡田 太郎 (おかだ たろう):元本学教授 内容 民俗学関係の資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 177 - - 芸術関係 金子登文庫 旧蔵者 金子 登 (かねこ のぼり):元東京芸術大学教授 内容 ドイツ古典音楽を中心に、和・洋書、楽譜から成る。 目録 『金子登文庫目録』 1993. 図書 雑誌 和 洋 和 洋 211 722 - 11 辻荘一文庫 旧蔵者 辻 荘一 (つじ しょういち):元本学教授 内容 キリスト教音楽とキリスト教美術に関する資料から成る。 特に、バッハを中心とした資料が多い。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 711 542 - - ルメルル文庫 旧蔵者 Paul Emile Lemerle (ルメルル,ポール・エミール):元パリ大学教授、ビザンティン学者 内容 ビザンティン、その歴史、美術史を含む広汎に渡るビザンティンに関する貴重資料から成る。 図書 雑誌 和 洋 和 洋 - 2,204 - 1,129 文学関係 平井啓次文庫 旧蔵者 平井 啓次 (ひらい けいじ):元本学教授 内容 ボードレール、ランボー、バレリー、サルトルを中心としたフランス文学作品と研究書から成る。 目録 『平井啓次文庫目録 第1巻 分類目録』 1997 『平井啓次文庫目録 第2巻 著者名目録』 1997) 『平井啓次文庫目録 第3巻 書名目録』 1997) 図書 雑誌 和 洋 和 洋 3 1,969 - -.

次の

宮沢和史

宮沢 和 史

本稿では,宮沢賢治が「法華経」に帰依するきっかけとなったものは,島地大等著『漢和對照妙法蓮華經』であることを主張する。 具体的には,以下のことを指摘する。 1 大等の「大乗起信論」講義と『漢和對照妙法蓮華經』の解説が,賢治を「法華経」に開眼させた。 2~6節 2 『漢和對照妙法蓮華經』の解説中の日蓮への言及が,賢治に日蓮への関心を抱かしめた。 8節 3 その結果,「浄土門」への懐疑が生じ,日蓮の「唱題」を選ぶようになった。 7節 4 大等と賢治の「大乗起信論」の理解の仕方に相違がある。 9節 In this paper I argue that Daito Shimaji'sChinese-Japanese Myohorengekyocaused Kenji Miyazawa to become a belieber in The Lotus Sutra. On the following 4 points I'll prove that my argument is right. 1 Daito's lecture onThe Awakening of Faithand his explanations of The Lotus Sutra helped Kenji to understand the meaning of The Lotus Sutra. 2 Daito's affirmative reference to Nichiren in the explanations of this Sutra awoke Kenji's interest in Nichiren. 3 This was one of the reasons why Kenji became skeptical about the Jodo-Sect and chose thenamu-myohorengekyo Glory to the Holy Sutra of the Lotus of the Supreme Law. 4 Kenji interpretedThe Awakening of Faithdifferent from Daito.

次の

個人文庫

宮沢 和 史

宮沢氷魚は母・光岡ディオンと父・宮沢和史の長男!出身大学が凄かった! 宮沢氷魚は母・光岡ディオンと父・宮沢和史の長男! 宮沢氷魚は、2015年にメンズノンノ専属モデルとして芸能界デビューしたモデル。 身長184cmと高身長でスレンダー、明るい髪色で、独特の雰囲気のあるイケメンです。 その顔を一目見ると分かる人には分かるのですが、宮沢氷魚の父は、元THEBOOMの宮沢和史。 宮沢和史は、1994年にタレントの光岡ディオンと結婚し、同年に宮沢氷魚が誕生しました。 母親の光岡ディオンは、アメリカ人とのハーフなので、宮沢氷魚はクオーター。 身長184cmという高身長も、雰囲気のあるイケメンぶりにもうなずけます。 宮沢氷魚は高学歴!母・光岡ディオンと同じく出身大学が凄かった! 宮沢氷魚の母親ゆずりなのは、身長やイケメンな顔立ちだけではありません。 宮沢氷魚は、母親の光岡ディオンも卒業した国際基督教大学(ICU)の卒業生。 同行の卒業生としては、秋篠宮家の佳子さま眞子さまを筆頭に、タレントのジョン・カビラや、直木賞作家の高村薫など、多彩な人材を輩出しています。 宮沢氷魚は、幼い頃からインターナショナルスクールに通い、国内で高校卒業後は、アメリカのカリフォルニア大学へ留学。 その後、ICUへ編入して、現在に至ります。 もちろん英語は堪能。 日本語より英語が得意だということですが、それもうなずける経歴ですね。 宮沢氷魚の名前の読み方、意味は?マラソンの接触妨害に非難殺到! 宮沢氷魚の名前の読み方は?父・宮沢和史の思いがこめられた意味とは? 宮沢氷魚は、芸能界デビューしたばかり。 厳しい視聴者の視線にさらされるテレビの世界では、早速試練が待っていました。 企画の内容は、青山学院大学の陸上部と、芸能人チームの体育会TV陸上部が、駅伝で対決するというもの。 青学陸上部といえば、箱根駅伝を連覇した実力の持ち主です。 ところが、マラソン中に、芸能人チームの宮沢氷魚が、青学の選手と接触。 ハンデとして芸能人チームは倍の人数が参加し、青学よりも短距離で交代していたこともあり、事故が起こりやすい状況ではありました。 しかし、結果、芸能人チームが圧勝したことから、宮沢氷魚の接触妨害で、かえって後味の悪いレースとなってしまったのです。 視聴者からは「接触妨害で失格だろう」「妨害して勝ってうれしいか?」と非難が殺到しました。 宮沢氷魚は、父である元THEBOOM宮沢和史を超えられるのか? 狭き門を実力でくぐる 宮沢氷魚は、芸能界デビュー1年目。 宮沢氷魚がデビューのきっかけをつかんだ雑誌「メンズノンノ」の専属モデルといえば、阿部寛、田辺誠一、谷原章介、大沢たかお、伊勢谷友介といった数多くの才能を輩出しています。 もはやモデルにとどまらず、俳優、タレントとして幅広い活躍をし、日本の芸能界を支えている存在といってもいいでしょう。 最近では、ドラマ「重版出来!」に出演している坂口健太郎も、「メンズノンノ」の先輩にあたりますね。 宮沢氷魚は、その輝かしいメンズノンノの歴史に加わることができるのでしょうか。 2015年の6月から事務所「レプロエンタテインメント」に所属した宮沢氷魚は、初めて受かったオーディションが「メンズノンノ」の専属モデルオーディションだったそうです。 幸先のいいスタートですが、二世タレントの親の七光りなのではと思う方も多いでしょう。 しかし、現在の事務所には、父親のことは伏せて、自分で履歴書を送ったのだとか。 宮沢氷魚、なかなか男前です。 レプロエンタテインメントは、新垣結衣、清水富美加、マギー等が所属する大手事務所。 宮沢氷魚はその狭き門を実力でくぐったのです。 両親の存在 将来的には、俳優として、先輩である阿部寛と共演することが夢だと語っている宮沢氷魚。 父親の宮沢和史からは「簡単な世界じゃないけど、やりがいはある」とエールを送られているそうです。 また、母親の光岡ディオンのように、語学力をいかしたラジオパーソナリティーにも興味があるという宮沢氷魚。 すでに、4月からは、NHK「おとなの基礎英語」への出演も決まり、得意の英語を活かしてドラマパートに出演中。 演技には初挑戦ながら、オーストラリアでオリジナルレシピを求めて奮闘する若手シェフを演じている宮沢氷魚は、流暢な英語で、初挑戦という事実を感じさせません。 幼い頃から憧れた芸能界 このように語学も堪能で、高学歴な宮沢氷魚ですが、スポーツも万能で、特に野球やクロスカントリーが得意。 身体能力を活かしてテレビ番組等でも活躍してみたいと夢は広がります。 実は、幼い頃から芸能界への憧れがあったという宮沢氷魚。 これは、父・宮沢和史がステージに立ち、大勢の人々の心を動かす様を見て育ったことが大きかったようです。 着実に学歴を積んでいるところを見ると、芸能界に興味はなかったようにも思えますが、学業をおろそかにしないことも重要と考えてのこと。 芸能界で、それらの経験が活かされ、宮沢氷魚の能力が花開くところを見てみたいものです。

次の