ふくらはぎ 筋肉 痛 原因。 ふくらはぎが痛い!は危険な兆候?痛む3つの原因と解消法とは

ふくらはぎが痛い!! 右足と左足の場合の原因・症状とは?

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

ふくらはぎの筋肉痛の原因と治し方 このページでは、ふくらはぎの筋肉痛の原因や早期回復のためにできることなどを説明していきます。 ふくらはぎが筋肉痛になる原因 主な原因は筋繊維の損傷・炎症 ふくらはぎが筋肉痛になる主な原因は、運動したことによって繊維質が損傷・炎症すること。 筋肉というのは収縮することにより身体を動かしています。 足を曲げたり踏ん張ったりするときなど、さまざまな動作で筋肉を使っているのです。 筋肉痛が起こるのは過度に力が加わってしまったことによるもの。 例えば、準備体操を十分に行わずに運動すると、筋肉は柔軟性が十分ではないため、限界を超えた力が筋肉に加わって筋繊維が損傷し、炎症を起こしてしまうのです。 そのほかにも、痛みの原因として筋疲労や肉離れ、静脈血栓症などがあります。 筋肉痛だと思っていたらケガや病気だった…ということもあるので、痛みが長引くようなら病院に行くことをおすすめします。 筋疲労 筋疲労は疲労物質が蓄積した状態のこと。 一般的には乳酸が溜まるなどと表現されますが、これが筋肉組織や神経に痛みを発生させる原因と言われています。 肉離れ 肉離れは筋肉組織の一部が断裂している状態。 軽症であれば痛みは少ないですが、断裂の範囲が大きい場合は歩行困難になることもあります。 症状が続くのであれば、1度専門の病院で詳しく検査をしましょう。 静脈血栓症 静脈血栓症とは血液の塊である血栓が詰まってしまう病気です。 筋肉痛のような痛みが発生しますが、根本的な原因が異なり、放置するとさらに症状が重くなることも。 早めの治療が必要となります。 ふくらはぎの筋肉痛を早く治す方法 ストレッチ 筋肉痛を早く治すポイントは、ストレッチを行うこと。 運動した直後、筋肉は疲労物質がたまっている状態です。 ストレッチをせずに放置してしまうと筋肉痛の発生確率が上がってしまいます。 筋肉痛が起こる前に、筋肉痛になる可能性を減らすということが大切なのです。 マッサージ 運動など体を動かした日にはしっかりとマッサージを行いましょう。 固くなっていた筋肉がほぐれて血行が促進され、老廃物をスムーズに排出してくれます。 マッサージが最も効果的なのは、入浴後の血行が良くなったタイミングです。 アイシングや冷湿布によって炎症を起こしたふくらはぎを冷やすことで、炎症が抑えられ痛みが軽減します。 炎症が収まった後は、入浴や温湿布などを使用してふくらはぎを温めましょう。 血行が良くなることで、筋肉にたまった乳酸を早く排出できます。 栄養補給をする 運動後の筋肉は栄養が消費された状態。 出来るだけ早く栄養補給をしましょう。 とくにタンパク質やビタミンB群は筋肉痛を早く改善する効果があると言われています。 ふくらはぎの筋肉痛がなかなか回復しない場合は ふくらはぎの筋肉痛がなかなか改善しない場合は、筋肉をほぐす効果のあるマッサージローションがおすすめ。 マッサージローションは運動後のマッサージ時に一緒に使用することで効果的に症状を改善に導いてくれます。 筋肉痛のほか、肉離れなどの症状改善にも効果が期待できますよ。

次の

ふくらはぎの筋肉痛が治らない方向けに原因と治し方を解説します。【ストレッチ・マッサージ】

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

・筋肉を酷使した時 ・栄養が足りていない時 ・疲労が溜まっている時 おそらくこういった時に筋肉痛になるはずです。 筋肉痛になる時がどんな時かわかっているので、この状況をなるべく作らないようにすれば筋肉痛になりません。 詳しく解説すると、使いすぎているから筋肉痛になるのではなく、筋肉に負荷が掛かって筋肉が損傷して筋肉痛になります。 筋肉痛になるのは、運動不足で筋力や筋持久力が低下していて、負荷に耐えられなくなり筋肉が損傷することが原因です。 食生活の乱れによる栄養不足で、筋肉が衰えてしまうことが原因で、運動をしていなくても筋肉痛になってしまいます。 筋肉が衰えているので、普段の日常生活でも筋肉痛になってしまうのです。 運動をしていても食生活が乱れていると、筋肉は簡単に衰えてしまうので タンパク質をしっかり食べるようにし、バランスのいい食事を毎食食べるように心掛けましょう! 特にタンパク質の不足は筋肉の分解を加速させるので、食事もしくはサプリメントで補うといいです。 疲労が溜まっていると、血流が悪くなり、筋肉疲労を回復させるための栄養素が運ばれなくなるので筋肉痛になります。 また一度筋肉痛になり、慢性的に疲れているような方だと筋肉痛からの回復力も弱くなり、長引いてしまいます。 疲労はなるべく蓄積させないように、その日のうちになるべく、ストレッチやマッサージなどケアを行って 次の日まで疲労を残さないように心掛けましょう! ふくらはぎの筋肉痛の治し方 ふくらはぎの筋肉痛がどんな時になるのかがわかったところで、筋肉痛を早く治す方法をいくつか紹介していきます。 ・食事をしっかり摂る ・良質な睡眠 ・ストレッチ ・マッサージ 全然難しくないことなので、筋肉痛に悩まされている方はぜひ行って見てください。 食事以外の睡眠・ストレッチ・マッサージなどは食事ができていないと何も意味がありません。 ではどんな食事をとればいいかというと、 【3食バランスよくしっかり食べる】これだけで十分効果があります。 朝は時間がなくて食事を摂らなかったり、夜はカップラーメンで済ましたりしていませんか? こんな食事が続いてしまうと、タンパク質やビタミンミネラルが慢性的に不足して、筋肉量が低下してしまいます。 3食バランスよく炭水化物と脂質とタンパク質を摂るように意識して食事をしましょう!特にタンパク質は意識して摂らないと不足してしまいがちな栄養素なので気をつけたいです。 こんな感じの食事バランスが理想です。 お米と主食のタンパク質、汁物の組み合わせです。 食事で筋肉の回復に必要な栄養素をしっかりと摂り、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて回復を促します。 成長ホルモンが正常に分泌させることができれば筋肉痛の回復スピードは速くなります。 さらに即効性がある方法としてはストレッチやマッサージをすることがオススメです。 まずストレッチは凝り固まった筋肉をほぐすことで、血行を良くできます。 血行が良くなると疲労物質が除去されやすくなり、回復に必要な栄養素も運ばれやすくもなります。 ふくらはぎのストレッチは2種類行って別々の筋肉をほぐしていきます。 この動画では腓腹筋というふくらはぎの上の方の筋肉のストレッチと ヒラメ筋という足首に近い下の方の筋肉のストレッチ方法を2種類紹介しています。 ふくらはぎのストレッチに関してはこの2種類のみなので、それほど時間もかからずに自宅で簡単に行うことができます。 マッサージといってもエステに行ったり、マッサージ機が必要なものではなく ボディライトクリームといって筋肉を柔らかくして血行を良くするクリームを使って5分ほど軽くもんであげるだけです。 スポーツ選手などの常に筋肉を酷使している方に多く使われているクリームで、私もふくらはぎではないですが 怪我をしやすい膝周りの筋肉をほぐすために、ここ2年ほど使わしてもらっています。 体感がもの凄い強いクリームなので塗って1〜2分もしたら、明らかに筋肉の柔らかさが増しているんですよね笑。 使い方はお風呂上がりにストレッチをして、その後にほぐしたい筋肉に塗り込んでいきます。 かなり伸びやすいので量も少しだけで十分です。 塗っている時にはすでに筋肉が緩んでいるとは思いますが、塗り終えたら優しく筋肉をマッサージしていきます。 強くもんでしまうと逆効果なので優しく行いましょう! 3分ほどセルフマッサージしたら、1分ほど筋肉を揺するようにリラックスしてぶらぶらさしてあげるといいです。 この動画を参考にしてみてください!.

次の

<プラス1>「ふくらはぎ痛」を筋肉痛と放っておいて大丈夫? チェックの方法|プラス1|GDO ゴルフレッスン・練習

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

深在性静脈に血栓 血の塊 ができると、ふくらはぎや太ももに痛み・むくみが出ます。 また、皮膚の色が変わることもあります。 症状が進行すると手術しなくてはいけないこともありますから、早期治療が必要です。 こむらがえりは、ふくらはぎに激痛が出る筋肉の痙攣です。 などの可能性あり ふくらはぎの張りと痛み 時間立ちっぱなしの仕事などに就いていると、ふくらはぎに張りや痛みが出ることがあります。 筋肉疲労やむくみが影響していると思われますので、 お風呂上がりにマッサージやストレッチをして、疲労・むくみを溜めないようにしましょう。 むくみや筋肉疲労をそのままにしておくと、血流やリンパの流れが悪くなり代謝が落ちて 痩せづらくなったりセルライトができてしまいます。 また、ヒールの高い靴や下半身を締めつける下着も むくみを誘発しますので、なるべく避けるようにしてくださいね。 こういった下半身のむくみは女性を中心によく見られる症状ですので、 毎日のケアで改善されていくことがほとんどです。 しかし、 ふくらはぎに張りや痛みが出ている場合、重大な病気が原因で起こっている場合もあるのです。 急激なふくらはぎの激痛 ランニング、ジョギング中など ランニングやジョギング中に急激なふくらはぎの激痛が起こることがあります。 運動時に起こる故障を総称して 「スポーツ障害」と呼びますが、 ふくらはぎに激痛が出ているのであれば、 肉離れ 筋肉の断裂 を起こしている可能性があります。 筋肉痛 筋肉痛は、「筋損傷」によるものと「筋疲労」によるものの2種類があります。 普段運動をしていない方は特に症状がひどくなる傾向にあるようで、 激しい筋収縮が原因で筋肉へ酸素供給が不十分になった結果、 乳酸という疲労物質が残存する為に起こると考えられています。 この際に「プロスタグランジン」「セトロニン」「ヒスタミン」「ブラジニン」という 化学物質が産生されるため、筋肉に痛みが出ると考えられています。 スポーツ時によく診られる「肉離れ」は、筋損傷に分類される筋肉痛です。 肉離れ 肉離れの症状によって、3つに大きく分けられます。 足に力を入れても、動かしてみてもまず問題はありませんが、何となく違和感を感じます。 筋繊維の断裂はありません。 動かせる場合と動かせない場合があります。 筋繊維の一部が断裂しています。 足を動かすことは不可能で、完全に筋繊維が断裂しています。 血管の詰まり 血行不良 動脈硬化は症状がある程度進行してから、様々な症状が出るようになります。 例えば足の血管が詰まると ・「歩き始めるとふくらはぎが痛い、しかし少し休むと痛みが消える。 」 ・「足が冷える」 ・「足がだるい・重い」 もし突然に足の血管が詰まると足指先がまるで壊疽 えそ になったかのように赤黒くなります。 これらの症状が出たらすぐに病院へ行ってください。 症状が出るということは、少し症状が進行しているということです。 先延ばしにしていると、「ある日突然意識が無くなってしまう」かもしれません。 ミネラル、ビタミン不足 ミネラルやビタミンは体内でつくることができない栄養素です。 ですから、食事やサプリメントから摂るしかありません。 食事だけでビタミンやミネラルを摂ることが難しければ、 サプリメントで摂るといいでしょう。 一昔前の栄養価と比べると、野菜など様々な食品の栄養価は格段に落ちています。 これは土地が痩せてきたということも一因になっています。 また、ビタミンB群はかなりの種類があり、これをバランスよく摂ることは料理好きでも難しいものです。 人間、ストレスになることは長く続きませんから、やはり無理をしないようにした方がいいでしょう。 こういった意味でサプリメントを補助的に摂ることをおすすめします。 坐骨神経はお尻から足の指まで通っている、長くて太い末梢神経です。 そのどこかで締めつけられたり圧迫されると坐骨神経痛の症状となって出てくるんですね。 坐骨神経痛には、原因となっている疾患があります。 ・椎間板ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・腰椎の分離・すべり症 ・梨状筋症候群 ・腫瘍 これらは病院で検査してみないことには、どれに当てはまるのかは判断できません。 しかし、共通していることが一つだけあります。 それは治療しないと改善しないということです。 しかも治りづらい。 ふくらはぎやお尻などに痛みが出ているようであれば、すぐに病院を受診するようにしてくださいね。 マッサージ、ストレッチ、ぬるめのお湯での入浴、テーピングが効果的です。 ダッシュや急な方向転換など、足に負担を急激にかけると肉離れを起こしやすくなります。 肉離れを起こしたらすぐにRICE処置 応急処置 をして整形外科を受診しましょう。 放置すると重大な病気を引き起こしますから、すぐに病院を受診するようにしましょう。 食事またはサプリメントで不足している栄養素を補うようにしましょう。 もちろん、サプリメントが主体ではなく食事を基本にサプリメントで補助するというスタイルにしましょう。 鋭い痛みがふくらはぎやお尻、太ももに出るのが特徴ですが、痛みの表現は人によって異なります。 治療は原因となっている疾患の対症療法になります。 病院・整形外科での検査 くらはぎに痛みが出ておさまらないのであれば、 病院で検査をしましょう。 ふくらはぎの痛みの原因として考えられるのは、 肉離れ・動脈硬化・坐骨神経痛などです。 捻挫の応急処置と治療 体の中には靱帯 じんたい という骨と骨をつないでいる軟部組織があります。 この靱帯に大きな力が加わわったり、関節の正常な可動範囲を超えて 大きく引き延ばされてしまうと断裂してしまいます。 これを「捻挫」と言います。 この応急処置はスポーツをしている方であれば当たり前に行われている方法です。 RICE処置とは、 Rest 安静)・Icing 冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上 の頭文字を合わせた言葉で、 ケガには非常に効果的です。 RICE処置をした後で整形外科を受診してください。 段階に合わせて、電気治療や筋トレ、装身具による治療が行われます。 捻挫は自分で思っているより重症であるケースがありますから気をつけてくださいね。 Copyright C 2011 Allrights reserved.

次の