ほんの 気持ち 意味。 「心ばかり」の意味とは?使い方や類語を例文つきで解説

「心ばかり」の意味と使い方、例文、類語

ほんの 気持ち 意味

気に入ってもらえるかな、喜んでもらえるといいな、どのようなものが好みかなと考えながら探した品物です。 「心ばかりのものですが」は、決して高価ではないけれど、心や気持ちを存分に込めた贈り物をする時に使用する言葉です。 ほんの少しとは、わずか、それだけという意味があります。 心の中のほんの少しとは、お祝いやお礼、謝罪の言葉を伝えたり贈り物を渡したりする際、これだけでは想いの全てを伝える事が出来ないということを表わしています。 「心の中にある想いの全てを表現することができないため、心の中のほんの少しの部分だけをお伝えすることなりますが、受け取ってもらえたら嬉しいです」という気持ちを表わしています。 お祝い事には、結婚祝いや出産祝い、成人祝い、長寿のお祝いなど数多くあります。 お祝いの品のような贈り物をする際に「心ばかりのものですが」とすることで贈り物を渡しやすく、相手の方も受け取りやすい状態になります。 お祝いの品などの贈り物を渡す時の「心ばかりのものですが」例文• ・ご結婚おめでとうございます。 心ばかりのものですがお祝いの品をお贈りさせていただきました。 ・ご結婚のお祝いに心ばかりのものですが贈り物をさせていただきました。 ・ご出産おめでとうございます。 心ばかりのものですがお祝いの気持ちを込めて贈らせていただきました。 ・この度はおめでとうございます。 心ばかりのものですが私たちからお祝いの気持ちを贈らせていただきました。 何か失敗をしてしまった時や相手の方にご迷惑を掛けてしまった時など、申し訳ないという気持ちと共に、気持ちを込めた贈り物を添えて使います。 この場合、贈り物がメインではありません。 まずは、しっかりと謝罪をすることが大切です。 何について申し訳ないと思っているのか言葉にしたり、頭を下げたりして気持ちを伝えるようにしましょう。 その上で「心ばかりのものですが」と、贈り物を渡します。 謝罪時の「心ばかりのものですが」例文• ・心ばかりのものですが、お詫びの印としてお納めください。 ・ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。 心ばかりのものですが、どうぞお受け取りください。 こちらに悪気はなくても、相手の方に迷惑を掛けてしまうことありますよね。 それは日常だけでなく、ビジネスシーンにおいても言えることではないでしょうか。 そこで、謝罪時によく使われる「以後気をつけます」という記事を紹介します。 メールでも丁寧な謝罪方法や敬語表現の仕方など、参考になる情報がまとめられています。 お礼としての贈り物を渡すときは、最初に何についてお礼をしようとしているのかを相手にしっかりと伝えるようにしましょう。 そのうえで、贈り物を渡すようにします。 中には「お礼や贈り物をしてもらうほどのことはしていない」と感じる方や、親しくない相手だから受け取りづらいと感じる方もいらっしゃいます。 相手の方が負担なく受け取ることが出来るように、お礼の仕方や渡す品物の選びを工夫するようにしましょう。 お礼時の「心ばかりのものですが」例文• ・この度は大変お世話になりました。 心ばかりのものですがどうぞお召し上がり上がりください。 ・先日はありがとうございました。 心ばかりのものですがお納めください。 この「心ばかりのものですが」は、香典や心付けなどお金を渡すときにも使用することがあります。 また、お祝いの気持ちを届けるときに、贈り物ではなく、お金を送る場合も同様です。 まず、香典を渡すときについてです。 通夜や告別式に参列する際、受付で香典を渡します。 その際、「この度はご愁傷様です」と一言添えた後、「心ばかりのものですが御霊前にお供えください」と香典を渡します。 続いて心付けについてです。 昔は、様々な場面で心付けが渡されていました。 旅行で宿泊する際、旅館などでは仲居さんがいろいろお世話をしてくれますよね。 そのような時に「お世話になります」という気持ちを込めて「心ばかりのものですが」と心付けを渡しました。 この様なことは最近では少なくなりましたが、結婚式での支度をしてくれる方、引っ越し業者さんなどにも渡すことがありました。 香典や心付けなどのお金を渡す時の「心ばかりのものですが」例文• ・この度はご愁傷様でございます。 心ばかりのものですがどうぞ御霊前にお供えください。 ・この度は突然の事でお悔やみ申し上げます。 心ばかりのものですがどうぞお受け取りください。 ・心よりお悔やみ申し上げます。 心ばかりのものですがお納めください。 ・今日1日お世話になります。 心ばかりのものですがどうぞお納めください。 お菓子などの食べ物を渡すときに気をつけたいことは、なるべく日持ちするものを選ぶようにすることです。 相手の方の好みのお菓子が日持ちしない場合は、日持ちしにくいお菓子なので早めに食べていただきたいことも伝えるようにしょう。 また、手料理などを用意している時もあります。 そのような時には「心ばかりのお料理を用意して、お待ちしております」のような使い方をします。 どこかへ旅行に行ってきた際、友人や職場などで渡すお土産も、「心ばかりのものですが」とすることがあります。 どこへ出かけたのかや、旅行先でのちょっとした出来事など話を添えることで、話が盛り上がるはずです。 お菓子など食べ物やお土産の時の「心ばかりのものですが」例文• ・心ばかりのものですが、ご賞味いただければと思います。 ・お口汚しにいかがかと思いました。 心ばかりのものですがお持ちしました。 ・心ばかりのものですが、お料理を用意してお待ちしております。 ・心ばかりのものですが、お土産を選びました。 どうぞ皆さんでお召し上がりください。 「心ばかりの品ですが」は、心が込められている贈り物やほんの気持ちを表わしている贈り物のことを指して言います。 「心ばかりの品ですが」は、「高価な物ではありませんが、気に入っていただけたら嬉しいという気持ち」を謙虚に伝えたい時に使用します。 「心ばかりのものですが」の類語「心ばかりの品ですが」例文• ・心ばかりの品ですがお贈りいたしました。 ・心ばかりの品ですが、どうぞお納めください。 ・お祝いに心ばかりの品ですがお送りいたしました。 ・心ばかりの品で大変恐縮でございますが、どうかお受け取りください。 「ささやか」という言葉には、小さなやわずか、形ばかりという意味があるため、「心ばかりのものですが」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「つまらないものですが」という言葉も同じような意味合いで使用されます。 ですが、この「つまらないものですが」という言い方は受け取る相手のよっては「つまらない」という言葉に対し、失礼だと感じることがありますので気をつけましょう。 「心ばかりのものですが」の類語「ささやかですが」などの例文• ・ささやかですが感謝の気持ちを込めて贈らせていただきます。 ・ささやかですがお受け取りください。 ・ささやかではございますが宴の席を設けさせていただきました。 こちらの記事「ささやかの意味・類語・英語・使い方」では、ささやかの意味や類語、英語表現などについて書かれています。 また、ささやかながらやささやかですがなどの使い方も紹介されていますので、是非参考にしてください。 「ほんの気持ち」とは、心のほんの少しだけという意味になります。 心を全部込めていると言われてしまうと、贈り物を受け取る相手にとって負担になる事もあります。 そこで、本当はしっかり心を込めて贈りたい品物でも「ほんの気持ち」として相手の負担を軽くし、遠慮することなく受け取ってもらえるようになります。 「心ばかりのものですが」の類語「ほんの気持ち」の例文• ・ほんの気持ちですが、お納めください。 ・ほんの気持ちですが、お召し上がりください。 心ばかりのものですがを知って気持ちを込めたささやかな贈り物をしよう 「心ばかりのものですが」の意味と例文を紹介しました。 類語である「ほんの気持ち」や「心ばかりの品」など使い方も様々です。 どのような時に使うのか、贈り物の品によって伝え方も異なります。 相手の方に失礼のないように、また気持ちよく受け取っていただけるように気を配っていきたいものですね。

次の

「ほんの気持ちですが」のNG例とお勧め文例30選

ほんの 気持ち 意味

気に入ってもらえるかな、喜んでもらえるといいな、どのようなものが好みかなと考えながら探した品物です。 「心ばかりのものですが」は、決して高価ではないけれど、心や気持ちを存分に込めた贈り物をする時に使用する言葉です。 ほんの少しとは、わずか、それだけという意味があります。 心の中のほんの少しとは、お祝いやお礼、謝罪の言葉を伝えたり贈り物を渡したりする際、これだけでは想いの全てを伝える事が出来ないということを表わしています。 「心の中にある想いの全てを表現することができないため、心の中のほんの少しの部分だけをお伝えすることなりますが、受け取ってもらえたら嬉しいです」という気持ちを表わしています。 お祝い事には、結婚祝いや出産祝い、成人祝い、長寿のお祝いなど数多くあります。 お祝いの品のような贈り物をする際に「心ばかりのものですが」とすることで贈り物を渡しやすく、相手の方も受け取りやすい状態になります。 お祝いの品などの贈り物を渡す時の「心ばかりのものですが」例文• ・ご結婚おめでとうございます。 心ばかりのものですがお祝いの品をお贈りさせていただきました。 ・ご結婚のお祝いに心ばかりのものですが贈り物をさせていただきました。 ・ご出産おめでとうございます。 心ばかりのものですがお祝いの気持ちを込めて贈らせていただきました。 ・この度はおめでとうございます。 心ばかりのものですが私たちからお祝いの気持ちを贈らせていただきました。 何か失敗をしてしまった時や相手の方にご迷惑を掛けてしまった時など、申し訳ないという気持ちと共に、気持ちを込めた贈り物を添えて使います。 この場合、贈り物がメインではありません。 まずは、しっかりと謝罪をすることが大切です。 何について申し訳ないと思っているのか言葉にしたり、頭を下げたりして気持ちを伝えるようにしましょう。 その上で「心ばかりのものですが」と、贈り物を渡します。 謝罪時の「心ばかりのものですが」例文• ・心ばかりのものですが、お詫びの印としてお納めください。 ・ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。 心ばかりのものですが、どうぞお受け取りください。 こちらに悪気はなくても、相手の方に迷惑を掛けてしまうことありますよね。 それは日常だけでなく、ビジネスシーンにおいても言えることではないでしょうか。 そこで、謝罪時によく使われる「以後気をつけます」という記事を紹介します。 メールでも丁寧な謝罪方法や敬語表現の仕方など、参考になる情報がまとめられています。 お礼としての贈り物を渡すときは、最初に何についてお礼をしようとしているのかを相手にしっかりと伝えるようにしましょう。 そのうえで、贈り物を渡すようにします。 中には「お礼や贈り物をしてもらうほどのことはしていない」と感じる方や、親しくない相手だから受け取りづらいと感じる方もいらっしゃいます。 相手の方が負担なく受け取ることが出来るように、お礼の仕方や渡す品物の選びを工夫するようにしましょう。 お礼時の「心ばかりのものですが」例文• ・この度は大変お世話になりました。 心ばかりのものですがどうぞお召し上がり上がりください。 ・先日はありがとうございました。 心ばかりのものですがお納めください。 この「心ばかりのものですが」は、香典や心付けなどお金を渡すときにも使用することがあります。 また、お祝いの気持ちを届けるときに、贈り物ではなく、お金を送る場合も同様です。 まず、香典を渡すときについてです。 通夜や告別式に参列する際、受付で香典を渡します。 その際、「この度はご愁傷様です」と一言添えた後、「心ばかりのものですが御霊前にお供えください」と香典を渡します。 続いて心付けについてです。 昔は、様々な場面で心付けが渡されていました。 旅行で宿泊する際、旅館などでは仲居さんがいろいろお世話をしてくれますよね。 そのような時に「お世話になります」という気持ちを込めて「心ばかりのものですが」と心付けを渡しました。 この様なことは最近では少なくなりましたが、結婚式での支度をしてくれる方、引っ越し業者さんなどにも渡すことがありました。 香典や心付けなどのお金を渡す時の「心ばかりのものですが」例文• ・この度はご愁傷様でございます。 心ばかりのものですがどうぞ御霊前にお供えください。 ・この度は突然の事でお悔やみ申し上げます。 心ばかりのものですがどうぞお受け取りください。 ・心よりお悔やみ申し上げます。 心ばかりのものですがお納めください。 ・今日1日お世話になります。 心ばかりのものですがどうぞお納めください。 お菓子などの食べ物を渡すときに気をつけたいことは、なるべく日持ちするものを選ぶようにすることです。 相手の方の好みのお菓子が日持ちしない場合は、日持ちしにくいお菓子なので早めに食べていただきたいことも伝えるようにしょう。 また、手料理などを用意している時もあります。 そのような時には「心ばかりのお料理を用意して、お待ちしております」のような使い方をします。 どこかへ旅行に行ってきた際、友人や職場などで渡すお土産も、「心ばかりのものですが」とすることがあります。 どこへ出かけたのかや、旅行先でのちょっとした出来事など話を添えることで、話が盛り上がるはずです。 お菓子など食べ物やお土産の時の「心ばかりのものですが」例文• ・心ばかりのものですが、ご賞味いただければと思います。 ・お口汚しにいかがかと思いました。 心ばかりのものですがお持ちしました。 ・心ばかりのものですが、お料理を用意してお待ちしております。 ・心ばかりのものですが、お土産を選びました。 どうぞ皆さんでお召し上がりください。 「心ばかりの品ですが」は、心が込められている贈り物やほんの気持ちを表わしている贈り物のことを指して言います。 「心ばかりの品ですが」は、「高価な物ではありませんが、気に入っていただけたら嬉しいという気持ち」を謙虚に伝えたい時に使用します。 「心ばかりのものですが」の類語「心ばかりの品ですが」例文• ・心ばかりの品ですがお贈りいたしました。 ・心ばかりの品ですが、どうぞお納めください。 ・お祝いに心ばかりの品ですがお送りいたしました。 ・心ばかりの品で大変恐縮でございますが、どうかお受け取りください。 「ささやか」という言葉には、小さなやわずか、形ばかりという意味があるため、「心ばかりのものですが」と同じような使い方をすることが出来ます。 また、「つまらないものですが」という言葉も同じような意味合いで使用されます。 ですが、この「つまらないものですが」という言い方は受け取る相手のよっては「つまらない」という言葉に対し、失礼だと感じることがありますので気をつけましょう。 「心ばかりのものですが」の類語「ささやかですが」などの例文• ・ささやかですが感謝の気持ちを込めて贈らせていただきます。 ・ささやかですがお受け取りください。 ・ささやかではございますが宴の席を設けさせていただきました。 こちらの記事「ささやかの意味・類語・英語・使い方」では、ささやかの意味や類語、英語表現などについて書かれています。 また、ささやかながらやささやかですがなどの使い方も紹介されていますので、是非参考にしてください。 「ほんの気持ち」とは、心のほんの少しだけという意味になります。 心を全部込めていると言われてしまうと、贈り物を受け取る相手にとって負担になる事もあります。 そこで、本当はしっかり心を込めて贈りたい品物でも「ほんの気持ち」として相手の負担を軽くし、遠慮することなく受け取ってもらえるようになります。 「心ばかりのものですが」の類語「ほんの気持ち」の例文• ・ほんの気持ちですが、お納めください。 ・ほんの気持ちですが、お召し上がりください。 心ばかりのものですがを知って気持ちを込めたささやかな贈り物をしよう 「心ばかりのものですが」の意味と例文を紹介しました。 類語である「ほんの気持ち」や「心ばかりの品」など使い方も様々です。 どのような時に使うのか、贈り物の品によって伝え方も異なります。 相手の方に失礼のないように、また気持ちよく受け取っていただけるように気を配っていきたいものですね。

次の

贈り物に添えるひとこと集|フジヒサショッピング

ほんの 気持ち 意味

「ささやか」の意味は? 「ささやか」の意味1「小さい」 「ささやか」には主に2つの意味があります。 1つ目の意味は「小さい様子」です。 こぢんまりしていたり、目立たないことも表します。 例えば「ささやかな夢」は小さくて目立たない、ちょっとした夢を表しています。 「ささやか」の意味2「取るに足らない」 「ささやか」の2つ目の意味は、「取るに足らない」です。 謙遜して使うことが多い表現です。 例えば「ささやかなプレゼント」というのは、「取るに足らないプレゼント」や「たいしたことないプレゼント」という意味で、プレゼントを用意した人が、自分のプレゼントを謙遜して使う言葉です。 「ささやか」を使った例文と意味 「ささやかですが」と「ささやかながら」の例文と意味• ささやかですが、プレゼントを用意させていただきましたので、お受け取りください。 ささやかながら、贈り物を用意させていただきました。 自分の用意したプレゼントがたいしたものではないと謙遜した上で、受け取ってほしいと伝える表現です。 自分がへりくだることで、相手を持ち上げている表現です。 ときには、高価なプレゼントをもらうと申し訳ないという気持ちになる方もいますので、たいしたものではないので気軽に受け取って欲しいと伝えるときにも使うことができます。 ささやかですが、パーティを開催いたしますので、ぜひご参加ください。 ささやかながら、パーティを開催したく存じます。 盛大なパーティではなく、小さなパーティを開催するという意味です。 本当に小さなパーティだと伝えているのではなく、自分の開催する予定のパーティを謙遜して伝えています。 自分がへりくだることで、パーティの参加者を持ち上げる表現です。 「ささやかな」の例文と意味• ささやかな贈り物ですが、お受け取りください。 ささやかなパーティですが、楽しんでいってください。 「ささやかですが」と「ささやかながら」の例文で紹介した文章と同じ意味です。 用意した贈り物や自分の開催するパーティを謙遜して伝えている表現です。 「ささやかな」の後には「贈り物」や「パーティ」のような名詞がつきます。 ささやかなお店を経営しています。 規模の小さなお店を経営しているという意味です。 自分の経営しているお店を、小さくて取るに足らないものと謙遜して伝えています。 「ささやかな」には「取るに足らない」という意味がありますが、お店が大きいときには一般的に使わない表現です。 規模の大きなお店を経営して「ささやかなお店」と言うと、嫌味ととられてしまうこともありますので、注意しましょう。 「ささやか」の使い方と注意点 「ささやか」は自分のものに使おう 「ささやか」には小さいという意味もありますが、同時に謙遜の意味も含まれます。 「ささやか」を使うときには、自分や身内に関するものだけにしましょう。 例えば「ささやかなパーティ」は「小さなパーティ」という意味ですが、パーティの主催者が謙遜して使う言葉であり、主催者ではない人が使うことはほとんどありません。 招待客が「ささやかなパーティ」と言った場合には、パーティが小さいと批判しているように取られてしまいますので、注意が必要です。 高価な贈り物には「ささやか」と使わない 贈り物を渡すときに「ささやか」を使う場合は、贈り物の内容にも気をつけましょう。 あまりにも高価なものに対して「ささやか」と伝えると、嫌味に聞こえてしまい、失礼になることがあります。 金額が気になるときは、別の表現に言い換えましょう。 「ささやか」の使い分け 「つまらないものですが」との使い分け 贈り物を渡すときに、「つまらないものですが」と伝えることがあります。 「ささやかですが」や「ささやかながら贈り物を」などと同じ謙遜した表現で、同じ状況で使うことができます。 しかし、「つまらないものですが」と言われることで不快に感じる方もいることから、「つまらないものですが」は使わずに、「ささやかですが」と言い換えた方がよいとされています。 「ささやかですが」と「ささやかながら」の違い 「ささやかですが」と「ささやかながら」は、基本的に同じ意味です。 「ささやかですが」の方が、ささやかであることを強調した表現ですので、へりくだる気持ちが強いときには「ささやかですが」を使いましょう。 「ささやか」を言い換えた表現 贈り物を渡すときの表現• 心ばかりの品ですが、お受け取りください。 「ささやかですが」を言い換えた表現に「心ばかりの品ですが」があります。 「自分の気持ちの一部分を表しただけ」という意味の言葉です。 「品」を「贈り物」などに言い換えることもできますし、「心ばかりではありますが」という表現にもできます。 ほんの気持ちですが、どうぞみなさんで召し上がってください。 「ささやかですが」は「ほんの気持ちですが」と言い換えることもできます。 「ほんの」には「わずかの」という意味があり、「ほんの気持ち」とは「ちょっとした気持ち」のことを表します。 「ほんの気持ちですが」は、「心ばかりの品ですが」と同じく「自分の気持ちの少しを表しただけ」という意味です。 「心ばかり」よりも少しくだけた表現になるので、公の場での挨拶には向きません。 まとめ 「ささやか」は、贈り物やイベントの開催など、周りの人とよい関係を築くときに使いやすいフレーズです。 大人のマナーとして使いこなせるようにしておきましょう。 上手に使いこなすことで、人脈を広げることができるかもしれません。 今回の記事を参考にしていただけると嬉しく思います。

次の