トマト の 育て か た。 トマトの育て方・3つのポイント

ミニトマトの育て方は「わき芽かき」が重要!やり方はこちら

トマト の 育て か た

楽天で購入 苗選び レジナなどは夏など実が付いた状態で苗が販売されていますが、ドワーフミニトマト「プリティーベル」に関してはネット通販を利用した方が確実です。 苗選びに関しては一般的なと同じです。 苗の植え付け 培養土 肥料配合済み をプランターの上から3㎝くらいまで入れます。 まず、苗を真ん中に置き植える位置を決めましょう。 苗をポットから出したら根は崩さずにそのまま軽く穴を掘って植え付けます。 この際に株元と土が水平になるように植えて下さい。 支柱立て 植え付けと同時にあんどん支柱をプランターにセットします。 一般的なミニトマトの苗は長さ180㎝くらいの支柱を使用しましたが、わい性ミニトマトは上に高く伸びないため必要ありません。 その代わり、実が成ったときに重さに耐えられるように、 あんどん支柱を用意して下さい。 レジナは観賞用として販売されることもありますが、ちゃんと食べることもできるのでキッチンなどに一鉢置いていくとオシャレなインテリアにもなります。 楽天で購入 水やり 矮性ミニトマトの水やりで注意したいのは、プランターの大きさが小さいため乾きやすいです。 ですので土が乾いたらたっぷりと与えるのが基本ですが、こまめに与えましょう。 ただ、冬は室内に取り込んで栽培するため置き場所や室温によっても土の乾き具合がガラッと変わるため、よく観察しながら与えるのがコツです。 追肥 プランター栽培では水やりと同時に肥料分も流れ出るためこまめな追肥が必要です。 特にわい性ミニトマトはわき芽が分岐したくさんの実を付けるため、株は体力を使います。 なので 植え付け2週間後から1週間に1回ほど液体肥料「花工場」「ハイポネックス」などを水やりも兼ねて与えましょう。 スポンサーリンク わき芽かきはする必要がない ミニトマト栽培でわき芽かきは必須作業ですが、 矮性ミニトマトに限ってはわき芽かきをする必要がありません! 面白いことに花が咲き、実が付くとその茎にはそれより上に茎が伸びません。 わき芽が伸びて横に成長していきます。 そのため草丈50㎝以下で栽培することができます。 そのため 11月中旬 東京 に入ったらプランターごと室内に入れて栽培します。 トマトは元来、暑さに強い野菜なので暖房が入っている室内でも育てることができます。 ただし、日当たりの良い出窓のそばなどで管理をしましょう。 収穫 実が付いた状態で販売されていた苗は、実が赤くなったらどんどん収穫していきましょう。 1個ずつ収穫しても良いですし、房ごと収穫しても良いでしょう。 まとめ 一般的にミニトマトは春から初秋まで長期間に渡って収穫できる野菜ですが、矮性ミニトマトであれば秋から春までまたミニトマト栽培を楽しむことができます。 また秋から春にかけて栽培できる赤い実の成る野菜にはもあり、こちらも10月~12月にかけて室内にいれて育てる鉢植え促成栽培をすることも可能です。 まだまだ珍しい矮性ミニトマトですが、ぜひネットやお店で見つけたら栽培にチャレンジして下さいネ。 スポンサーリンク.

次の

トマト・ミニトマトの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

トマト の 育て か た

以下がトマトの栽培カレンダーになります。 トマトの種まき さあ、初めてトマトを育ててみよう!と思い立ったのであれば、4月にホームセンターで苗を買うことをおすすめします。 その場合は畑づくりの項まで飛ばしてください。 トマトを種から育てる場合、植え付ける4月下旬に間に合わせるためには1~2月に種をまかなければいけません。 ハウスや暖房設備がある人は少ないでしょうから、3月以降にビニールを被せて種まきをしましょう。 どんなに遅くまいても、収穫できるのが遅れるだけでちゃんと栽培できるので時期は気にせずにトライしてみましょう。 購入したトマトの種をポットに一粒ずつまきます。 2~3粒まいて最終的に一本に間引きするのも良いですが、トマトの種って一粒あたりがとても高価なので私は一粒ずつまきます。 土の表面が乾かないように、毎日水やりを欠かさないようにしましょう。 また、3月以降は、晴れの日は日中はビニールを外し高温になりすぎるのを防いで、夜間はビニールで覆うなど、毎日管理を欠かさないようにしましょう。 トマトの実ごと土に植える 実は大玉トマトを輪切りして土に埋めておくだけでも芽が出てきます。 立派な果実が収穫できることはほぼありませんが、芽が出てくると結構感動するので一応紹介しておきますね! トマトのための畑づくり トマトを植え付ける2週間前から畑の準備を始めます。 もしそこが初めて作物を植え付ける場所であれば、牛ふん堆肥(たいひ)か腐葉土を1平米あたり20リットル、苦土石灰を100グラム散布して耕します。 普段から土づくりしている畑では特別必要ありません。 1週間前に、元肥として化成肥料を50グラム(窒素-リン酸-カリウムが8-8-8の場合)ほど施してよく耕し、畝を立てておきます。 猛暑の草管理を軽減するためにも、マルチシートという農業用ビニールで畝を覆っておくことをおすすめします。 プランターでトマトを育てる場合 プランターで育てる場合、一株育てるために土の量が最低20リットル程度必要になると考えてください。 野菜用培土がホームセンターで販売されていますので、それを利用しましょう。 トマトの植え付け トマトを畑やプランターに植え付けます。 深く植えすぎないように気をつけてください。 植え付けたらたっぷりと水をやって、土と根っこを密着させます。 ひもで支柱に固定してしっかりと直立するように支えておきます。 4月は強風も多いのでせっかく植え付けたトマトの苗が倒れてしまわないようにしましょう。 植え付ける際に粒剤タイプの殺虫剤を一つまみ入れておくと1カ月間虫の心配がないのでおすすめです。 棒4本を挿して、肥料袋などを切り抜いたもので四辺を囲ってあげると、保温効果によって初期の生育が充実し、春の害虫が寄り付きにくいのでこちらもおすすめします。 トマトの仕立て方 大玉トマトは、基本的に真上へ一直線に茎を伸ばしていきます。 もっとも簡易な方法は1. 5メートル程度の棒(市販されているイボ竹など)をまっすぐ立てる方法です。 風で倒れてしまうので下図のように組み上げ斜めに仕立てるか、ひもでがっちりと固定しましょう。 仕立てた支柱に、伸びてくるトマトの茎を30センチ間隔くらいで同様にひもで固定していきます。 トマトの芽かき トマト栽培においてとても大切な「芽かき」という作業があります。 まっすぐ一直線に伸びているトマトの茎ですが、四方に広がる葉の根元から「わき芽」が発生してきます。 これを放っておくと、果実をならせたいメインの茎の養分を奪ってしまうため、できるだけ早いうちに切除しておきます。 まだ小さいうちなら指でプツンとちぎれますので、気が付いたら適時除去していきましょう。 トマトのホルモン処理 葉にかけると、葉焼けという現象を引き起こす可能性があるので、手のひらで受けて噴射する だんだんと茎が伸びていき、葉が茂ってくると、一カ所に黄色い花がたくさんつきはじめます。 一番最初に咲いた花はなんとしてでも結実させましょう。 トマトの花は何もしなくても受粉し、結実しますが、大玉トマトを栽培する場合は植物ホルモンの「トマトトーン」(商品名)を使用することを強くオススメします。 咲いた花に一吹きシュッと吹きかければ完了です。 花がついている茎にかかるだけでも効果がありますので、かたまって咲いている花全体に一吹きで終わらせましょう。 何度もかけてしまうと奇形などの不具合が発生してしまいます。 トマトの摘果・肥料・葉かき 摘果 大玉トマトを育てる場合、咲いた花をすべて収穫することはできません。 一カ所に3~4個程度ならせることを前提に品種改良されたトマトなので、トマトの大きさがピンポン玉くらいの大きさになったときに、形の良いものを3つほど選び、残りを手でとってしまいます。 追肥 最初のトマトがピンポン玉の大きさになったころ、というのがトマト栽培の重要なポイントで、このタイミングで摘果すると同時に、追肥としてスプーン一杯の化成肥料を株元にパラッと散布してあげます。 葉かき 最初のトマトの色がつき始めたころから、葉かきという作業を開始します。 現在着色しているトマトより下位の葉は、上にあるトマトへ養分を送る役割がありませんので、全部切除してしまいます。 ただし、最初のトマトより下にはたくさんの葉っぱがあり、いっぺんに外してしまうとダメージが大きいので、1週間ほど間をおいて2回に分けて切除すると良いでしょう。 葉が青々としていて木の元気がよさそうに見えるのでしたら、いっぺんに終わらせても問題ありません。 この作業の繰り返しがトマト栽培で、いかに長くこの作業を続けられるかが成功のカギとなります。 5段のトマトがとれれば成功と言えるでしょう。 トマトの病害虫・生理障害 できる限り長くトマトをとり続けたい、と誰もが思うのですが、やはり虫や病気、またさまざまな生理障害に悩まされるのもトマト栽培です。 代表的な病害虫についてだけ、ここでは取り上げておきます。 オオタバコガ、ハスモンヨトウなど トマトの実を食べる大型のイモムシです。 ガの幼虫なのですが、せっかくできたトマトに穴をあけられて食害されてしまい、ガッカリ度No. 1の害虫です。 お手持ちの殺虫剤で対応しましょう。 農薬の毒性が怖い方は、手でつぶすか、ゼンターリという生物資材(最近はホームセンターでも見るようになりました)をかけることでも死滅します。 灰色かび病、うどんこ病 トマトにはよく発生します。 苗のころから発生するカビの病気です。 灰色かび病は、葉に発生すると被害箇所が褐色化してカビが付着します。 花や果実が枯れているときはこの病気を疑ったほうがよいでしょう。 うどんこ病はわかりやすく白い粉が付着します。 どちらの場合も市販薬ではベンレートやダコニール1000で対応します。 尻腐れ病 トマトのお尻が黒ずんで腐ってしまう症状で、カルシウム欠乏によって誘発されます。 家庭菜園ではほぼ出ると言ってもいいくらい多い障害で、普段からカルシウム剤を散布していない限りは発生します。 ただし、多くの場合土中のカルシウムが足りない訳ではなく、水不足のせいでカルシウムが吸えていないだけです。 梅雨明け以降は晴れ間が続いているようであればしっかりと水やりをしましょう。 大玉トマトを夏場に5段も収穫できれば大成功だと思ってよいでしょう。 肝心なのは梅雨時期を乗り切る水はけの良い畑選びと、梅雨明け以降の乾燥対策です。 頑張って育ててみましょう!.

次の

アイコトマトの育て方【収穫量を増やすコツも解説】

トマト の 育て か た

ミニトマトは日当たりがよく、風通しのよいところを好みます。 直射日光が当たるような場所でも育ち、日当たりの加減によって赤いハリのあるトマトができるかどうかが決まるほど重要です。 地植えはもちろん、鉢植え・プランターなどで栽培ができます。 鉢のサイズの目安は、苗一株に対して10号程度で、丸型の深鉢がおすすめです。 プランターの場合でも、ミニトマトの根は深く伸びていくので、高さが30cm以上ある深型のものを選びましょう。 ミニトマトの水やり ミニトマトはもともと高原地帯で自生している野菜です。 したがって、基本的には乾燥気味に育てることで、甘みの強いおいしいミニトマトへの収穫に繋がります。 水やりは午前10時より前に、泥はねしないように低い位置から株元に水をあげてください。 鉢植え ミニトマトを鉢植えやプランターで育てる場合、成長段階によってあげる頻度を調整するといいでしょう。 最初の果実がなるまでは、鉢内の土全体が乾いてから、底穴から水がもれ出すくらいたっぷりとあげてください。 最初のうちは割り箸などを土にさして抜き、割り箸のしめり具合で土の乾燥を確かめるといいでしょう。 果実が大きくなってきたら、土が乾燥していても気にせず、葉先がすこし萎れてから水をあげる目安でいいでしょう。 地植え ミニトマトを地植えで育てる場合、植え付け2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり100gまいて耕してください。 その1週間後に1㎡あたり堆肥2kg、化成肥料100gを畑全体にまいて、よく耕したら畝を作ります。 畝は高さ10〜15cmほど、幅は80cmほどになるように作るといいでしょう。 ふたたび1週間時間をおいて、土をよくなじませてから植え付けをしてください。 ミニトマトの肥料 ミニトマトは5月下旬〜7月下旬に追肥を行ってください。 一番花の果実がふくらみ始めたころが目安です。 リン酸が多く含まれた化成肥料、液体肥料が望ましく、生育の様子を見ながら1〜2週間に1回程度のペースで施すといいでしょう。 ミニトマトの植え付け 良い苗の選び方 ミニトマトの場合、初心者は苗を購入して栽培するの無難です。 下記の良い苗の特徴を参考に選ぶといいでしょう。 ・茎の太さがえんぴつ程度 ・花が蕾がついている ・根がポットの底穴から見える また、ミニトマトは接ぎ木苗と実生苗が販売されていますが、接ぎ木苗のほうがおすすめです。 実生苗は接ぎ木苗に比べて安価ですが、収穫量が少なく、比較的病害虫の被害を受けやすいので注意してください。 植え付けの手順 ミニトマトの植え付けの適期は4月下旬〜5月中旬ごろです。 適温は昼間の気温が20〜30度くらいです。 苗の本葉が6〜7枚でたら植え付けましょう。 植え付け 前述の用土を準備したら、植え穴をあけて水をたっぷりあげます。 地植えの場合、植え穴の間隔は50cmとってください。 苗はわき芽 主枝と葉の間から出る芽 をすべて摘み取り、苗ごとバケツなどに浸してたっぷり水を含ませておきましょう。 根鉢を崩さないように植え付けたら、株元に土寄せして軽く手で押さえます。 植え付け後は、植え付け後1週間は、鉢植え・地植えともに、表面の土が軽く乾いたら水をたっぷりあげてください。 マルチ・敷きわら・寒冷紗 地植えの場合、植え付け後の水やりがすんだら、株元にわらを敷いていきます。 こうすることで過度な温度変化に対応でき、雑草の繁殖や雨水の跳ね返りによる病気も防げます。 なおマルチシートを使う場合は植え付け前に、支柱立てとともに行いましょう。 鉢植えの場合は、支柱をたて、上から鉢全体に寒冷紗をかけるといいでしょう。 支柱立て 敷きわらや、マルチシート張りが終わったら、支柱を立てていきます。 支柱は180cmほどのものを2本用意し、株から10cmほど離れたところに、深めに挿してください。 目ほどの高さで交差させて紐でしっかり固定します。 ミニトマトの手入れ 誘引・芽かき ミニトマトの誘引と芽かきは、植え付け1週間後から、週に1回繰り返し行いましょう。 ひとつの節に茎が2本生えている場合は、細い方のわき芽を手でかき取って芽かきをしてください。 次に、花がついた部分の上下の節に、紐をかけて誘引していきます。 その際、支柱と茎はぴったりくっつけずにゆとりを持たせて、八の字に縛りましょう。 わき芽を2本ほど残して、成長させ、それぞれの本葉が8枚くらいでたら、挿し木のようにして育てることができます。 人工受粉 ミニトマトの結実をたしかなものにするため、人工授粉を行うと安心です。 5月上旬〜中旬の時期に、支柱を軽く叩いて株全体を振動させて受粉をうながします。 日照不足などの場合には、着果ホルモン剤を霧吹きで花だけにかけてあげるといいです。 ミニトマトの種まき・植え替え.

次の