和風 豆腐 ハンバーグ。 ハンバーグの和風ソースレシピ7選!定番の人気レシピも紹介!

豆腐ハンバーグレシピ6選|子どももヘルシー&美味しい!木綿、鶏ひき肉使用などの和風/洋風ソースの簡単&人気レシピ

和風 豆腐 ハンバーグ

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の

ハンバーグの和風ソースレシピ7選!定番の人気レシピも紹介!

和風 豆腐 ハンバーグ

商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。 必ずご覧の上ご使用ください。 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。 調理時間はあくまでも目安です。 漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。 加熱時間は様子を見ながら加減してください。 オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0. 8をかけた時間が目安です。 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。 蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。 高温で火傷するおそれがあります。 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。 鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。 また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。

次の

ハンバーグ!つくれぽ1000以上だけ【殿堂入り】人気レシピ!1位は10000越え!簡単・和風・大根おろし・煮込みなど

和風 豆腐 ハンバーグ

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の