ポケモン 剣 盾 ピクシー。 【ポケモン剣盾】ピクシーの入手方法・わざ詳細とタイプ相性【ポケモンソードシールド】|GAMY

【ポケモン剣盾】シーズン3 最終32位 鬼火ドラパルト+天然ピクシー(作成者:るどるふ)【構築記事】

ポケモン 剣 盾 ピクシー

ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるピクシーの育成論と対策について掲載しています。 ピクシーのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 目次• 直接攻撃以外でダメージを受けない「マジックガード」は様々用途で活躍 します。 どく・やけどのダメージを受けないことから積み型との相性がよく、またかえんだまを持つことで自らやけど状態になればダメージを受けずに相手のあくびを無効化することができます。 いのちのたまによるダメージも受けないため、特殊アタッカーとして採用することもできます。 多彩な積み技で相手を起点に ピクシーはめいそうやコスモパワー、ドわすれと 多彩な積み技を習得します。 ひかりのかべ・リフレクターやあくびなどを覚えた起点作りポケモンでサポートした後にピクシーを場に出すことで、安定して積み技を使うことができます。 どくどくでの突破ができないことから一度積むことができれば相手に突破不可能だと思わせることができます。 フェアリータイプと相性補完の良いわざを豊富に覚える ため、相手は軽減で受けることが難しく、多くのポケモンに弱点を突くことができます。 いのちのたまの効果によって、すぐに高火力を出すことができるため相手を削りやすくなっており、サイクル戦では有利に立ち回ることができます。 一度めいそうを積むことができれば多くの特殊技をつきのひかりで受け切ることができるようになります。 また、マジックガードにより、 のろいやどくどくのダメージを無効にできる ため、相手に殴り合いを強要することができます。 努力値は物理方面へ 物理ポケモンに一撃で倒されないようにするためにHPと防御に厚く育成をしています。 ムーンフォースの代わりとして、積み技と相性の良いアシストパワーを採用することも可能で、 充分に積んだ後はあくタイプ以外は受けられない技となります。 また、打点が低くなりますが、受けに特化させる場合にはコスモパワーやドわすれを採用できます。 持ち物は、全体の耐久を上げる場合にはたべのこし、物理をさらに重くみる場合にはアッキのみ、あくびなどの催眠対策をする場合にはかえんだまを採用することができます。 ピクシーのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ムーンフォース ・思い出しで習得 ・シングルでのフェアリー技 マジカルシャイン ・で習得 ・ダブルでのフェアリー技 シャドーボール ・で習得 ・ゴーストタイプへの打点 だいもんじ ・で習得 ・はがねタイプへの打点 かえんほうしゃ ・で習得 ・はがねタイプへの打点 ・積み型なら命中安定のこちら 10まんボルト ・で習得 ・みずやひこうへの打点 マジカルリーフ ・で習得 ・トリトドンとヌオーへの打点 アシストパワー ・思い出しで習得 ・積み型で強力なエスパー技 サイコキネシス ・で習得 ・初ターンから火力の出せるエスパー技 ・どくタイプへの打点 ドわすれ ・で習得 ・特殊耐久を高める積み技 コスモパワー ・思い出しで習得 ・耐久を高める積み技 めいそう ・で習得 ・特殊耐久、火力を高める積み技 このゆびとまれ ・思い出しで習得 ・ダブル専用 ・使用できるポケモンが少なく優秀 つきのひかり ・思い出しで習得 ・即時回復技 ・晴れ以外の天候に弱い いのちのしずく ・思い出しで習得 ・安定回復技 ・ダブルで強力 ピクシーのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・回復きのみやランク上昇きのみがおすすめ ・耐久やアシストパワーと相性が良い ・場持ちを良くするアイテム ・積み技と合わせて要塞化 ・アタッカー型で採用 ・マジックガードで自傷しない ・マジックガードと合わせて状態異常対策 ・流されないため場持ちが良い ピクシーの対策 注意点 特性「マジックガード」により、攻撃以外でのダメージが効かないため、どくどくなどで突破を試みる場合には注意が必要です。 反動ダメージがなくなっていることからいのちのたまを持たせやすく、技範囲が広いため不意の弱点で削られないよう注意しましょう。 また、時間を与えるとバトンタッチなどで繋がれる可能性があり、非常に厄介です。 対策方法 高火力のはがね技で処理 物理特化をしていた場合でも積まれる前であれば突破は難しくありません。 高火力の技でねじ伏せましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ピクシーの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ピクシー

特性「てんねん」は、相手の能力上昇を無視して攻撃を受けられるので、 相手の積みアタッカーを起点に、一方的に能力を上げて戦うことができます。 努力値をHPと防御に特化させ、さらに「アッキのみ」を持たせることで、物理アタッカーに対しても耐久しやすくしています。 ただし悪タイプに無効なため注意が必要。 「ヌオー」などの受けの強いポケモンに有効。 炎技の選択肢。 「だいもんじ」より威力は低いが、命中率は安定している。 受けが成立したあとは、隙をみて「めいそう」で特攻をあげて攻撃に転じます。 HPと防御に努力値を振り、物理アタッカーの攻撃を受けやすくしています。 さらに 特性「てんねん」により、相手の積みアタッカーを起点に、一方的に能力を上げて戦うことが可能です。 積みアタッカーや、対面の有利な相手を起点にして戦いましょう。 ただし悪タイプに無効なため注意が必要。 「ヌオー」などの受けの強いポケモンに有効。 炎技の選択肢。 「だいもんじ」より威力は低いが、命中率は安定している。 HPを回復できる。 「まもる」と一緒に採用することで、回復ターンまでの隙をカバーできる。 特性「マジックガード」により、「いのちのたま」によるHP減少効果を受けずに、技のダメージを上げることができます。 素早さの努力値を4振った「アーマーガア」に先制できるように、素早さを調整しています。 氷技の選択肢。 技の通りが悪いため優先度は低い。 主にエスパータイプへの有効打になる。 特攻を上げて、相手を倒しやすくなる。 ダイウォールを使用できる。 ピクシーの役割と立ち回り 積み性能の高い特殊アタッカー 「ピクシー」は、「めいそう」や「つきのひかり」などの補助技を活用して戦う特殊アタッカーです。 特性「てんねん」「マジックガード」が、補助技を使用するのに適した特性となっています。 そのため、積みアタッカーに受けを成立さながら、「めいそう」などで積んでいく動きが強力です。 たとえば、毒や呪いのダメージを受けないので、受けポケモンなどを積みの起点にすることが可能です。 広い技範囲を活かした立ち回りが可能 「ピクシー」は技範囲が広く、タイプ不一致ではあるものの「かえんほうしゃ」「10まんボルト」を始めとした、様々な攻撃技で弱点をつくことが可能です。 また、補助技も豊富で、自己強化を行う「めいそう」や、後続のサポートをおこう「ステルスロック」も使用できます。 ピクシーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ピクシー」より素早さの高いポケモンで弱点をつきましょう。 ピクシーは防御を上げる手段が少ないので、物理アタッカーで攻撃するのがおすすめです。 ピクシーの特防が上げっていなければ、特殊アタッカーの「てっていこうせん」で倒すことも可能です。 また 鋼タイプのポケモンで対策する場合は、ピクシーの炎技を警戒して立ち回りましょう。

次の

【剣盾S3使用構築】カビピクシーリフレイン【最終340位】

ポケモン 剣 盾 ピクシー

ポケモンhomeが解禁されてから数日が経ちました。 対戦環境の変化は少しあります。 その中の一つに「一部ポケモンの夢特性が解禁される」というものがあり・・ てんねんピクシーが少し流行っています。 これからどんどん個体が出回っていくと考えています。 今回はそのピクシーの性能と対策を記載。 ピクシーのステータス タイプ:フェアリー HP:95 A:70 B:73 C:95 D:90 S:60 特性 -メロメロボディ 直接攻撃を受けると30%で相手をメロメロ状態に -マジックガード 攻撃される以外のダメージを受けない。 じばくなどは除外 -てんねん 相手の能力変化の影響を受けない てんねんとマジックガードの採用率は過去作では五分五分、両方強い。 見分けるのも割と困難で相手が技を出さないと分かりにくい。 的確に見抜かないとターンを無駄に消費しがちになるので そこがピクシーの強いところ。 てんねん型は -めいそうorみがわり -ちいさくなる -つきのひかり -ムーンフォース といった害悪構成。 持ち物は大半がたべのこし。 対策必須。 てんねんピクシー対策 ・ドヒドイデ くろいきりでちいさくなる、瞑想を無効にし、毒で倒せる。 みがわりを持っている場合PP勝負になることもある。 相手の特性がマジックガードだと毒が効かないのできつめ。 ・ヒートロトム フェアリーキラー。 こだわりトリックもよし、天然を利用してオーバーヒートを撃ちまくるもよし。 ・ふきとばし 相手のポケモンが裏に残っているときに限るがかなり有効。 ・ちょうはつ 安心と信頼のちょうはつ。 これでムーンフォースを撃つ機械になる。 まとめ S60以上のポケモンでちょうはつを持たせておけば対策としては完璧でしょう。 今作はダイマックスというシステムで攻撃が3ターンの間必中になるので ダイマックスのみで対策することも一応可能。 とはいえピクシーにダイマックスを切らされるのはいかがなものか・・.

次の