コペン gr スポーツ。 トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】

トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)/ダイハツ・コペンGRスポーツ(FF/5MT)【試乗記】 スキのない遊びグルマ

コペン gr スポーツ

ランプ類はブラックアウト。 一体感のあるデザインとしている。 グリルデザインはGRシリーズに共通のファンクショナルマトリックス コペンGRスポーツはダイハツ初のGRモデル。 エクステリア&インテリアはGRスポーツ専用のものが装着されスポーティさが増しています。 エクステリアからはダイハツを示すエンブレム類はすべて排除されました。 これには大きな理由があります。 じつはコペンGRスポーツの販売はダイハツディーラーだけではなく、トヨタの全ディーラーおよびGRガレージでも行われるのです。 例外を除き、ダイハツブランドのクルマがトヨタディーラーで正式に販売されるのは初めてのこととなります。 リヤコンビランプもブラック化、左右をブラックのガーニッシュで連結している タイヤサイズはスタンダードと同様ながら、ホイールはBBSの鍛造タイプに変更されている ボディの補強は下まわりを中心に行っている 今回の試乗は、まず大磯ロングビーチの駐車場を使っての定地比較テストから始まりました。 安定感も乗り心地もコペンGRスポーツがもっとも優れていました。 GRスポーツでは、段差通過時にクルマに入ってきた入力が一瞬にして消えることが特徴的でした。 またダブルレーンチェンジではローブはリヤが流れてしまう挙動を示しましたが、GRスポーツはリヤのスタビリティを失うことなく、グリップし続けました。 スッキリした走りが魅力。 余分な動きが感じられない 走りのポテンシャルアップ手法は、ボディ下まわりへの補強パーツの追加による剛性アップが基本です。 そうして骨格をしっかりさせたうえで、サスペンションのスプリングを柔らかくしています。 ショックアブソーバーはローブはショーワ、ローブSはビルシュタインを使っていましたが、GRスポーツはKYBとなりました。 今まで、ボディで受け止められなかった入力をサスペンションで受けていたのをボディで受け止められるようになったのでサスペンションを柔らかくできた……というような考えでいいでしょう。 さらに、ボディの余分な動きを抑制するために前後にパフォーマンスダンパーもオプションで用意されます。 GRのロゴが取り付けられたモモのステアリングを採用 シートはレカロを奢る。 しっかりとしたホールド性が何よりの魅力だ 一般道を試乗した印象は「軽自動車っぽくない、これなら長距離移動が楽しい」というものでした。 コペンはたしかに楽しいクルマで、空いている郊外路を流したり、ワインディングを走ったりすると、その魅力にやられちゃうタイプなのですが、さすがに軽自動車の2シーター、それもオープンカーは長距離にはキツい乗り物です。 ところがコペンGRスポーツは、その長距離でも快適な雰囲気です。 今回は実際には走っていないのですが、快適な乗り心地そしてしっかりしたレカロシートのホールド性が長距離移動を助けてくれるだろうと感心しました。 欲をいうならステアリングにテレスコピック機構があれば、より正しいドライビングポジションが取れるようになることでしょう。 価格はCVTが238万円、MTが243万5000円です。 絶対値はちょっと高めですが、内容を考えるとなかなかの充実度と考えられます。 (文・諸星陽一/写真・平野 学) by カテゴリー : , , , タグ : , , ,.

次の

トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】

コペン gr スポーツ

~現車をみれば新型「コペンGRスポーツ」の存在感の強さがよくわかる~ 10月15日に発表・発売されたばかりとなるToyota Gazoo Racingとのコラボモデル・ダイハツ新型「コペンGRスポーツ Daihatsu Copen GR Sport 」を見てきました。 公道ではまだ目撃したことの無い っというか納車されていない? ハイパフォーマンス・コンパクト軽スポーツモデルの「コペンGRスポーツ」ですが、そのアグレッシブな顔つきとGRスポーツならではの特徴的なデザインが見事にマッチした一台となっています。 価格帯だけを見ていくと、7スーパーアクティブシフト付CVTで2,380,000万円、5速MTで2,435,000円と、「えっ、軽自動車なのにこんな高いの?」と思うかもしれませんが、十分それだけの価値ある一台に仕上がっていると思えたのが正直なところ。 簡易的ではありますが、早速内外装インプレッションしていきたいと思います。 ~まずはエクステリアから見ていこう~ 早速新型「コペンGRスポーツ」のフロントフェイスを見ていきましょう。 パッと見た感じでは非常にコンパクトですが、インパクトは凄いですね。 元々のベースとなっていた「コペン・ローブS」から更にアグレッシブ且つヤンチャな顔つきに変化し、これからのドライビングをワクワクさせてくれそうな、そんな期待感を持てるデザインに仕上がっています。 とりあえず歌舞伎顔っぽいというのが正直な感想ですが、こうした釣り目で大口化 空冷効率の向上 されたグリルの組合せは、トヨタやダイハツに限らず様々なメーカが積極的に取り入れているポイントとなっています。 サイドから見たスタイリングはこんな感じ。 ただ、遠目から見たときのコンパクトさは可愛げのあるヤンチャ坊主といった感じでしょうか。 かなりワイルドな顔つきといっても、マツダ「デミオ」やホンダ新型「フィット4」のように愛嬌のある顔つきに思えます。 そして足元には、16インチのBBS製専用鍛造アルミホイール。 Y字スポークでマットグレー塗装が施されたスポーティなデザインで、運動性能向上にも寄与する自信作だそうです。 確かオプション設定であれば20万円もする代物ですから、これが標準装備されるというのは嬉しいですね。 リヤデザインも中々にアグレッシブ。 少し画像では見えにくいですが、両サイド1本だしとなるデュアルエキゾーストテールパイプがインストールされていたのは驚き。 実際に試乗車のサウンドを聴かせていただきましたが、低回転時のサウンドや抜けるような高回転サウンドは聞いていて気持ちよかったですね。 純粋にこのモデルで峠を走ってみたいと思えます。 ~インテリアの完成度も非常に高そうだ~ 最後はインテリア。 インテリアカラーはオールブラックというシンプルなデザインで、展示車両のトランスミッションはCVT、サイドブレーキはハンド式となっています。 MOMO製の3スポークステアリングとパドルシフトの組合せも中々にクールで、スポーツマインドを刺激するようなこだわりが見れるのもGRスポーツの良いところなのかもしれません。 こちらはRECARO製スポーツシート。 上質なスエード調の生地を使用したシートとなっていますが、実際に乗ってみたときの座り心地としては非常にタイト。 シートも少しカタメで、ホールド感はかなり強めなのですが、「C-HR GRスポーツ」に比べるとシート地が薄いのでしょうか…長距離ドライブになるとちょっと腰を痛める可能性が高そうです。

次の

【ダイハツ コペンGRスポーツ】GRで何が変わったのか まとめ…価格やスペック、コペンSとの違い

コペン gr スポーツ

内装は、スポーツカーとしての機能性を追求した専用アイテムや上質感を演出する専用加飾を施しました。 GRエンブレムを刺繍した、ホールド機能が高い専用レカロシート。 MOMOステアリングのセンタースポークにGRエンブレムを配置した、スポーツマインドをくすぐる専用MOMO製革巻ステアリングホイール。 GRロゴを配したスポーティな専用意匠自発光式3眼メーターは、ブラックリングと赤色の針・照明を用い、スポーツカーらしさだけでなく上質感も表現。 ピアノブラック調加飾センタークラスターは、漆塗りを思わせる深みのあるツヤが美しい仕上げ。 カードキーの裏面にもGRロゴを配置しました。 洗練された走りとともに、プレミアムな空間が オーナーズマインドを高めます。 モータースポーツのノウハウが生きるボディワークと空力性能、そして接地性の良い足回りがコペンに新たな走りをもたらしました。 ボディは、フロントブレース、センターブレースで補強することでステアリング操作に対する応答性が向上。 イメージ通りの正確で気持ちの良いハンドリングを堪能できます。 そして、フロント・リヤバンパーの形状により空力性能が向上。 とくにフロントは左右側面への整流効果を高めるだけでなく、 バンパーの裏側に通気孔(フロントバンパーエアアウトレット)を設け、床下スパッツと合わせてダウンフォースを発生。 高速域で、路面にしっかりと追従して操縦安定性を高めます。 さらに高剛性ボディだからこそ可能になったしなやかな足回りが、フラットな車体姿勢を維持。 加えて、専用チューニングした電動式パワーステアリングで高い応答性と正確な操舵フィールを実現。 取り回しのしやすさと高速安定性を両立するとともに操舵とクルマの挙動に一体感をもたらします。 高剛性ボディに合わせてスプリングレートを最適化し、KYB製ショックアブソーバーと組み合わせたサスペンションは、路面からの入力に対してしなやかに動いて追従し、路面との接地感を確保しています。 また、スプリングを赤色に塗装し、細部までスポーティさを表現しています。

次の