サカイ引越センター 不用品。 アート引越センターの不用品処分サービスと回収費用を安くするコツ

引越し業者と不用品回収業者どっちがいい? 調べてみました。

サカイ引越センター 不用品

サカイ引越センター品川支社 株式会社サカイ引越センター サカイ引越センター品川支社 東京都大田区 の引越 サカイ引越センター品川支社 東京都大田区 の特徴やPRをはじめ、対応可能な引越サービス、引越対応エリア、料金支払方法、受付時間、車両台数、従業員数、電話番号、見積もり情報、免許番号などの引越情報。 引越業者数: 1114 引越エリアカバー率: 100. 引越の無料見積なら引越専業のサカイ引越センターへ。 TEL: 03-5713-2190 東京都大田区にある 引越業者の「 サカイ引越センター品川支社」。 サカイ引越センター品川支社は、ご家族、単身、事務所の引越など、予算に合わせたコースをご用意。 徹底教育されたスタッフが安心サービスをご提供します。 引越のことなら、引越専業のサカイ引越センターにお任せください。 お見積もり無料。 引越のサカイことサカイ引越センターは、自社保有のトラックと自社採用のサービススタッフにより、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国にて高品質な引越サービスをお届けしております。 サカイは、「まごころこめておつきあい」をモットーに、引越一筋に40年。 車両の充実配備をはじめ、各種専門技術の開拓、さらに人材教育なとせ積極的に取り組み、独自の引越ノウハウを開発。 5つの安心に裏付けれた安心と満足をご提供致します。 サカイは業界初の国際品質規格ISO 9001と国際環境規格ISO 14001 本社地区)の認証をダブル取得しました。 サカイ引越センター品川支社の特徴・PR 徹底した教育。 技術だけでも、気持ちだけでも。 「お客様に安心してお引越しいただくこと。 」そのために、サカイは引越しの現場を再現した研修施設を完備。 全スタッフが実践を意識した確かな技術を磨きながら、誇りある教育を受けています。 サカイの全車両保有3304台。 長距離用10tクラスの大型トラックから狭い道に対応した軽四貨物まで、安心いただける引越サービスをお届けするために全車自社保有と、自社採用のサービススタッフの自社便システムを採用しております。 ご希望により大手路線便との連携可能です。 サカイの梱包。 サカイのらくらくコースは食器類から小物まですべて専門の梱包スタッフが丁寧に梱包します。 さらにさまざまなご要望をお引受けします。 だから、お客様はらくらく。 電話一本で気軽にお引っ越しください。 万全のサービス。 今では常識になったダンボールの無料サービスを最初に始めたのはサカイです。 他にも、キルティングを利用し優しく家具を包むワンタッチ梱包も業界初の実績です。 サカイは常に一歩進んだ引越しサービスを提供いたします。 全国160支社を超える強力ネットワーク。 全国160支社を超えるサカイの強力ネットワークを活かし、日本全国のお引越をお手伝い致します。 九州から北海道まで万全のサービス体制で大切な家財を安全にスピーディーにお運びできる、 サカイ引越センターならではのサービスです。 ご予算に合わせてコースを色々ご用意。 優れたサービスと明快な料金。 安心・安全のサカイなら、全国どこでもお客様のニーズにお応え出来るよう基本コースの「らくらくコース」に加え、経済的な「せつやくコース」等、様々なコースをご用意しております。 詳細はサカイ引越センター品川支社までご確認願います。 引越プランや料金例 安心・安全のサカイなら、全国どこでもお客様のニーズにお応え出来るよう基本コースの「らくらくコース」に加え、経済的な「せつやくコース」等、様々なコースをご用意しております。 引越対応エリア 全国対応 引越用トラックサイズ 軽トラック 2トントショートラック 2トンロングトラック 3トントラック 4トントラック 豊富な車種(7車両・軽四・H・N・K・S・SL・GL)の中から、様々な荷物量・道路状況に最適に組み合わせ、対応しています。 引越料金の支払方法 現金 クレジットカード 一括払い 引越業者の概要 引越業者名称 サカイ引越センター品川支社 さかいひっこしせんたーしながわししゃ URL 所在地 〒144-0045 東京都大田区南六郷3丁目17-5 電話番号 FAX番号 - 受付時間 8:00〜20:00 定休日 年中無休 車両台数 3,304台 サカイ引越センター全体 大型車6台 普通車,723台 小型車521台 軽自動車36台 スカイポーター・スーパーデッキ6台 その他6台 ブログ - twitter Facebook 備考 運営会社概要 商号 株式会社サカイ引越センター 英文名 Sakai Moving Service Co. ,Ltd 通称 サカイ引越センター 市場情報 - URL 本社所在地 大阪府堺市堺区石津北町56 設立 1956年 昭和31年 3月26日 業種 陸運業 事業内容 引越運送 引越付帯サービス業務 資本金 39億6,321万円 免許番号 備考 所在地・周辺地図 【地図の使い方】 地図左上の矢印キーで、上下左右に地図を移動できます。 「+」で地図を拡大、「-」で地図を縮小。 ルーラーでも拡大、縮小ができます。 地図上にマウスを置いてドラッグすると、地図を自由に移動することもできます。 表示されない場合はから。 サカイ引越センター品川支社を含む引越料金の一括見積もり 複数の引越業者に無料で一括見積もり依頼ができます。 200社以上の引越業者の中から厳選した業者に見積もり依頼ができるので、料金の比較が簡単です。 引越の準備や各種手続きの手順などもご確認いただけます。 引越業者の口コミやランキング、料金をお得にするコツなど引越情報が満載。 無料の引越一括見積もりで一番安い料金を探したり、自分の条件にピッタリの引越業者が見つかります。 引越の見積もりならHOME'Sにお任せ。 全国100社以上の引越業者が提供するサービスをネットで簡単に料金比較できる無料一括見積もりができます。 また、引越のノウハウやお役立ち情報も公開中。 引越メニュー 引越することが決まったら 引越に必要な手続き 引越の準備 引越でかかる費用 引越見積もりの依頼と契約 引越見積もりの効率化 引越業者の選択とプラン決定 引越マナーと引越前後の最終チェック 引越料金を安く抑える 引越業者の選び方 引越業者の上手な利用方法 引越料金の内訳 用途別の引越 引越の注意点 引越業者を選ぶ注意点 引越に関する疑問・質問 引越業者のキャンペーン・特典 引越に関するトラブル 引越時における部屋探しのポイント 引越業者のサイト登録申請 引越の王様では、引越業者のご登録をお待ちしております。 市区町村別の地域別検索が可能なため、引越業者を検索される方へ高いアプローチが見込めます。 引越の王様について ・引越の王様は、引越業者と引越関連情報の提供を目的としています。 引越業者のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。 ・掲載されている引越情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。 引越の王様 引越の王様は、引越業者の一覧をはじめ、引越時の必要な手続きや手続き、見積の依頼と契約、プランの比較と費用の内訳、引越前後のマナー、引越トラブル解決方法、格安引越の方法など引越の情報サイトです。 Copyright C 2013-2016 All rights reserved.

次の

サカイ引越センター(9039)の株主優待紹介

サカイ引越センター 不用品

アート引越センターの不用品回収サービス 引越しサービスの人気オプションメニューが不用品回収サービスです。 引越しででた不用品を、引越し業者に処分してもらえるのでとても便利ですよね。 残念ながら、アート引越センターは同サービスを行っていません。 基本的に、アート引越センターに依頼して不用品を処分してもらうことは出来ません。 引越しででたダンボールは回収してくれる ただし、すべての不用品を回収・処分していないわけではありません。 引越しででたダンボールは、引越し後3カ月以内であれば無料で回収・処分してくれます。 その他の不用品がない方は、安心してアート引越センターを利用できます。 不要な家具の引き取りは行っていない 一方で、不要な家具の回収・処分は行っていません。 代わりに行っているのが、提携するリサイクル業者の紹介です。 こちらを利用すれば、他の引越し業者が行っている不用品回収サービスとよく似たサービスを利用できると考えられます。 とはいえ、全く同じサービスではないので、紹介してもらう前に詳細を確認しましょう。 一部の家電製品は回収・処分してくれる 家電リサイクル法の対象になる家電製品は、アート引越センターが回収・処分をしています。 具体的には、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機・エアコンの回収・処分に対応しています。 回収・処分は有料サービスです。 これら以外の家電製品には対応していません。 回収・処分してもらえない不用品の処分方法 アート引越センターが回収・処分してくれる不用品は、家電リサイクル法の対象になる家電製品だけです。 その他の不要品は、別の方法で処分する必要があります。 出来るだけお金をかけず処分するにはどのようにすればよいのでしょうか。 使える不用品は売却する 引越しをすると、新居に合わないなどの理由でまだ使える家具や家電が不要になります。 これらの不用品の中には売却できるものがあります。 まだ使える不用品がある方は、次の方法などで売却すると良いでしょう。 家具・家電以外に、洋服・食器・CD・DVD・本なども売却できます。 リサイクルショップの利用 最も簡単に不用品を売却する方法がリサイクルショップの利用です。 買取金額は、利用するリサイクルショップや商品の状態などにより異なります。 価値がないものでも0円で引き取ってもらえることがあります。 査定を自宅で受けることもできます(リサイクルショップにより異なります)。 リサイクルショップのメリットは、沢山の不用品を手間をかけずに売却できることです。 デメリットは、業者の仕入れ価格になるので高額買取を望みにくいことです。 近くにリサイクルショップがない方は、アート引越センターに紹介してもらうとよいかもしれません。 オークションサイトの利用 オークションサイトを利用して不用品を売却することもできます。 オークションサイトのメリットは、直接取引なのでリサイクルショップより良い価格で売れる可能性が高いことです。 デメリットは、アカウントの開設や連絡、配送などに手間と時間がかかることなどです。 フリーマーケット 以上のほかでは、フリーマーケットを使って売却することもできます。 メリットは、不用品をまとめて処分できることです。 デメリットは、開催時期が限られていることと出店に手間とお金、労力がかかることです。 売却できない不用品は粗大ごみとして処分 売却できない不用品の多くは、自治体のルールに従い粗大ごみとして処分することになります。 基本的な粗大ごみの処分方法は次の通りです。 1.自治体の担当部署(粗大ごみ収集センターなど)に連絡して回収を依頼。 2.コンビニエンスストアやスーパーなど「粗大ゴミ券取扱店(名称は自治体により異なります)」で「粗大ごみ券」を購入する。 3.必要事項を記載した粗大ごみ券を粗大ごみに貼り付ける。 4.粗大ごみを、指定日に収集場所へ出す。 粗大ごみに該当する不用品や粗大ごみ処分の方法は自治体により異なります。 引越しででた不用品を粗大ごみとして処分する方は、自治体で相談してください。 申し込みから回収まで時間がかかることがあるので、粗大ごみの回収依頼は出来るだけ早く行いましょう。 パソコンの処分方法 身近な家電のひとつパソコン(PCリサイクルマークがついているもの)は、家電リサイクル法の対象でも粗大ごみの対象でもありません。 パソコンは、PCリサイクル法に従い処分することになります。 基本的な、処分方法は次の通りです。 1.不要なパソコンがPCリサイクル法の対象機器であることを確認する。 2.対象機器のパソコンメーカーなどに回収を依頼する。 3.自宅にエコゆうパック伝票が届く。 3.パソコンを梱包してエコゆうパック伝票を貼りつける。 4.「郵便局に戸口集荷を依頼する」「郵便局に持ち込む」のいずれかでパソコンを処分する。 パソコンの回収依頼は、パソコンメーカーのウェブサイトなどから行えます。 不用品は引越し前に処分する アート引越センターで処分できない不用品は、以上の方法などで処分できます。 手元に不用品がある方は、引越し前に処分を完了しましょう。 引越し料金は移動する距離と荷物の量などで決まるので、不用品があると引越し料金が高くなる恐れがあります。 また、新居へ不用品を持ち込むと貴重なスペースを使ってしまいます。 新居へ運んでも良いことはないので、不用品は引越し前に処分しましょう。 まとめ アート引越センターは、不用品回収サービスを行っていません。 回収を行っているのは、家電リサイクル法の対象家電製品と引越しで使用したダンボールだけです。 その他の不用品は、別の方法で処分する必要があります。 その他の不用品の処分方法としておすすめなのが売却です。 不用品は、リサイクルショップやオークションサイト、フリーマーケットなどで売却できます。 良い値段が付けば引越し費用の一部をねん出することも可能です。 売却できない不用品は粗大ごみとして処分することになります。 処分方法は自治体により異なります。 新居へ不用品を持ち込んでもメリットはないので、引越で出る不用品は引越し前に処分しましょう。

次の

引っ越し費用を抑えるコツ。不用品はあの引越業者に買取を依頼する!

サカイ引越センター 不用品

見積もり金額が高いか安いかがわからない場合には 複数の業者に見積もりを取り相場を理解しておくと良いでしょう。 そして、見積もり内容に内訳まで記載してあるか確認しましょう。 積み放題プランなどで見積もりを取った場合には、どこまで積めるか、何トントラックで来るか、などを細かく聞いておくとトラブル防止になります。 実際に利用した人の感想や実体験を書いてくれている人がいるので参考になります。 回収だけではなく買取を行う業者であればさらに古物商の資格も必要となります。 古物商の資格などはホームページに必ず記載しなれければいけないものなので業者のホームページを見てみるとわかると思います。 1-3.便利屋に処分してもらう方法 不用品回収業者とは少し違った便利屋さん依頼するにも1つの方法です。 大手便利屋の「ベンリー」と「便利屋 お助け本舗」では基本的な料金体系が異なります。 「ベンリー」は一般的な料金体系で、サービス内容ごとに料金が決まっていますが、「便利屋 お助け本舗」の場合には時間と人数で料金が決まります。 依頼する内容で安い方を選ぶことでお得に処分することができます。 便利屋に依頼するメリットとしては、便利屋なので不用品処分以外にも依頼することができることです。 料金は別途発生してしまいますが、不用品処分以外にも清掃や害虫駆除など処分と併せて行いたいことなどを依頼することができるので利用しやすいかと思います。 2-1.リサイクルショップに買取・引き取りしてもらう方法 不用品を処分する前にまだ利用できる物であればリサイクルショップや買取専門店に査定してもらうと良いでしょう。 総合リサイクルショップの「ハードオフ」などであればどんな物でも取り扱っているので、再利用できる物であれば売ることができるでしょう。 「ハードオフ」以外だとリサイクル出張買取をメインで行っている「ファイトサービス」などがあります。 遺品整理をメインで行っている業者ですが、回収した家具や家電を引き取りではなく買取で扱ってくれる業者となります。 値段が付かない物は無料で回収してくれたり、有料での回収となりますが、買取に力を入れている分、回収費用は安くなっているように感じます。 リサイクルショップを持っていったり、海外への輸出も行っている実績があるので安心できる業者だと思います。

次の