ソプラノサックス おすすめ。 サックススタンドのおすすめ人気ランキング18選【HERCULES・K&Mも】

初心者におすすめのサックス3選|基礎知識や種類・選び方など

ソプラノサックス おすすめ

「サックス」と一言で言っても種類が様々あるんですよね。 だいぶ大雑把に言うと大きさが違うと種類が違うのですが、 種類が異なるとそれぞれ音域や得意とする音色や向いている役割なども異なってきます。 なんてことはご存知の方も多いと思いますが。。。 日本で「サックス」というとやはり「アルトサックス」ですね。 Wikipediaに出てくる画像もアルトサックスが出てくるようです。 これはやはり国内で人気のアーティストさんがアルトサックス奏者が多いという点があると思われます。 あとは管弦楽(オーケストラ)以上に吹奏楽が盛んな日本ではアルトサックスが花形のパートを勤めることが多いのも知名度が高い理由かもしれません。 国内ではそんなアルト奏者が持ち替えで担当することが多い直管のサックス。 「ソプラノサックス」です。 ソプラノサックスはアルトサックスより高音域となるため、 製造精度が低いと音程が悪く合奏などで使用することが難しいです。 今思い返せば私が学生時代の頃はその団体で 一番上手なサックス担当でないとソプラノは触らせて貰えませんでした。。。 近年は各社製造精度が格段に上がり、 以前と比べるとソプラノサックスも非常に安価で手に入るようになったので、 いい意味で敷居が下がり、よりたくさんの方に手にとっていただきやすくなっています。 個人的にも嬉しく思っているのですが、 本音を言うとやはり未だプレイヤーの求める音程精度を実現できているメーカーは一握りといったところでしょうか。 そんな ソプラノサックス。 (今に始まった話ではないですが)ものつくりに定評のある日本製が近年さらに世界的に注目されています。 他メーカーと同等、もしくは更にお求め安く高品質でハイクオリティ。 その上丈夫で世界中で修理が可能。。。 さらに音程や音の操作性を安定させたい場合には別売りのカーブドネックを搭載するとより安定した音程と抵抗感が得られます。 YAMAHAの上記2機種については約1年ほど品薄が続いており、 メーカーからのお取り寄せが難しい状態です。 現在石橋楽器WEBSHOPではどちらも1本づつですがご用意がございます。 ご予約も出来かねますのでご了承下さいませ。 Yanagisawaの代名詞となるブロンズ管を使用した直管ソプラノ ストレートながらこだわりの設計で若干の抵抗感を生み出し、扱いやすく設計されています。 艶っぽい柔らかな音色はYanagisawaならでは。 他にはないキャラクターを持ったモデルです。 ブラス管のデタッチャブルネックモデル 抵抗感が増し、より本格的な音の太さ、響きの豊かさが得られます。 ブラス管の為、エレクトリックなサンドやホールでの合奏など、ジャンルを選ばず使用出来るので音楽に幅が出ます。 息をしっかり入れても破綻しない許容の大きさがありますので普段テナーサックスでたっぷり息を入れている方でも楽器が受け止めてくれる感覚を感じられると思います。 ブロンズ管のデタッチャブルネックモデル S-991と同設計ながら、ブロンズ管を使用することで更に息を強く吹き込んでも刺々しくない芯の太いサウンドが期待できます。 使用用途も幅広く、S-902と比較するとより重心が低く、どっしりとしていてリミットの無い許容の幅を感じていただけると思います。 今後の入荷については未定でございます。 ちなみに冒頭で 「ソプラノサックスは基本まっすぐなサックス」 とご紹介しましたが、最近はこんなソプラノサックスも人気がございます。 「カーブドソプラノ」 アルトサックスのように「し」の形に曲がっているソプラノサックスです。 (参考画像) 左から 第一印象はおもちゃのように見えますが、まっすぐなソプラノよりかなり作業が細かい上に 精度が必要となる為製造が大変でラインナップしているメーカもかなり限られています。 ) そんなカーブドソプラノでもYanagisawaはクラシックのコンサートでも使える程の音程精度と チープにならない音色を実現させ、高い評価を得ています。 申し訳ございません。 店頭に並ぶことが珍しいのでぜひ在庫店舗へお問い合わせの上 手にとってご覧になって見て下さい。 小さくて抱きしめたくなるほどかわいいのに! 妥協の無い仕上がりの良さに驚いていただけると思います。 日本製のソプラノサックスが全体的に品薄で貴重な楽器になってしまっているという異常事態です。 販売店としては「こまっちゃうよ。。。 」っというのが本音ですが(汗; 個人的にはこんなに国内製造品が人気! 国外のお客様にも評価を得ているのは私は直接関係ないですが誇り高く思えます。 そんな貴重な楽器となってしまっている国産ソプラノサックス。 今現在庫が見当らない;; そんなモデルでも石橋楽器店全力でご用意致しますのでお探しの方はお気軽にご相談下さいませ。 もちろん!ソプラノサックスだけでなく、 他の楽器店では取り扱いのない商品 海外旅行で見たけど日本で見たこと無いメーカー ずっと探しているディスコンモデルなどなど。。。 また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。 既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。 現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。 また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。 WEBSHOPの記事 管楽器情報• 店舗のご案内• 店舗の最新情報.

次の

おすすめのサックスケース比較ランキング!人気で持ちやすいのは?

ソプラノサックス おすすめ

アルト・テナーを長らく吹いた後にソプラノサックスを導入しましたが、そのマウスピースにはまずまずの曲折がありました。 今まで使った事があるのは、ヤマハ4CMから始まり、セルマーS90-180、セルマーS80Cワンスター、ヤナギサワメタル6、セルマースーパーセッションE、GottsuHL8、バンドレンSL3。 クラシックからポップスまで幅広いジャンルにて使うため、様々なものにトライしてきました。 しかし最後にセルマーS90-170を入手した時、アルトやテナーに比べ飛び抜けて難しいと思っていたソプラノサックスが、見事にコントロール可能で美しい音色を奏でられる道具に変身して驚いたものです。 それまではクラシックにてS90-180を使っていましたが、たったひとつの番手の違いで世界が全く違います。 その衝撃は、「なんで最初から選ばなかったのだろう」と悔しさを憶えるほど。 ソプラノへの苦手意識が全く消えてくれましたね。 まあ、クラシックのプロ奏者も多くはこのS90-170を使っていますので、自分が熱く語るまでも無く世間で定評を得たマウスピースであるのは間違いありません。 ちなみに自分はバンドレン青箱(トラディショナル)3半との組み合わせで使っています。 アルトサックスでもクラシックではS90を使っていますが、170はのっぺりした吹き味で表情が付けづらい感じがして、180を愛用してきました。 そして個人的には、アルトではさほど両者の違いを感じません。 そんな経験があるのでソプラノでも180を導入して以来、170を入手するまでずいぶん年月を要してしまいました。 ソプラノは音程を安定させる事が第一なので、開きが狭いマウスピースでないと自身の実力では音をまとめきれないように感じます。 ただ、バンドレンSL3もカタログデータ上では狭いオープニングのようですが、こちらは吹いていてまるで面白くなく(コントロールの幅が極端に狭く、クラリネットを吹いているようだった)すぐに手放してしまいました。 そのあたりは奏者との相性もあるのかも。 かような経験をしているため、質問者さんの「オススメがあれば教えて下さい!」という問いには、「ぜひS90-170を」というのが個人的な回答かなあ。 当然ながら「サックスマウスピースは各個人の技量や体格、音楽性等に左右されるものであり、普遍性のある回答など存在しない」という前提を踏まえての意見ですが。 ただ、歌ものの間奏などでは今でも音量が出せ抑揚が付けやすいスーパーセッション(さすがにジャズ界のスタンダードといわれるだけあって良くできている)や、エレクトリックにも負けない硬い音質が得られるGottsuHLを使っています。 でも質問者さんは吹奏楽でしか使わないとの事なので、まずはS90-170を試してみて欲しいな、と思います。 長々と書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。 いつも思うんだが「柔らかく響きのある音」って表現する人はどんな音を想像してるんだろう。 ふやけたような締りの無い音?切れが悪くぼやけた音?周囲の音に簡単にかき消されるような貧弱な音? ソプラノサックスと言えばケニーGという奏者が居るのだが、彼の音はどう分類されるんだろう。 彼の使用マウスピースはデュコフD。 一般的にデュコフはハイバッフルのかなり派手でパワーのあるマウスピースなんだよね。 さて本題。 俺はソプラノは今はクラシックでもジャズでもセルマーsupersessionを使ってる。 以前はS90 190だったから、若干ショートシャンクで違和感あるし、ちょっと広めのだからコントロールに慣れるのに手間取った感じかな。 でも音は自分の理想に近づけた気はするね。 息の抜けも良い感じだし。 オススメするとすれば、知識が無いなら「中庸」「定番」のマウスピースを薦めるよ。 サックス暦がどのくらいで、演奏するジャンルが分からないから具体的には言えないけどね。

次の

サックスの種類と特徴を徹底解説!初心者向けはどれ?

ソプラノサックス おすすめ

サックスの種類 まず、サックスはどのようなものがあるのでしょうか。 サックスの種類によって価格差もあるのでしっかり見ていきましょう。 音域別の種類 サックスは基本的に出せる 音域別に種類が細かく分かれています。 中でも一般的な物として 4種類のサックスがあります。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 ソプラノサックス ソプラノサックスは、一般的な4種類のサックスの中でも、 最も高音域を出すことができるサックスです。 形状は一般的にイメージされるU字のサックスのものもありますが、 ストレートなタイプが主流です。 ソプラノサックスは、サックスのアンサンブルなどで、他のサックスをリードするような役割を担当することが多いです。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 25~150万円ほどの価格です。 アルトサックス アルトサックスはサックスの中でも最も一般的に演奏されることが多く、音域も 中音域で幅広い演奏が可能です。 そのため、初心者の方にも扱いやすく、流通量も多いので価格も 初心者向けの安価なものが多くあります。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 14~200万円と仕様に合わせて幅広くなっています。 テナーサックス テナーサックスはアルトサックスより音域は下ですが、こちらも 中音域のサックスで、アルトサックス同様に 幅広い演奏に用いることができ、人気のサックスです。 流通量としてもアルトサックスに並び一般的なので、価格が安い 初心者向けのものも多くあります。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 20~250万円ほどの価格です。 バリトンサックス バリトンサックスは一般的に用いるサックスの中では、 最も低い音域のサックスです。 そのため本体も大きく、サックスを支える 体力や肺活量も必要とします。 流通量も 比較的少ないサックスです。 有名メーカーの新品のサックスを参考にすると 50万~180万円ほどの価格です。 その他のサックス 一般的な4種類のサックスの他に、ソプラノより高音域に ソプラニッシモサックスと ソプラニーノサックス、バリトンサックスより低音域に バスサックス、 コントラバスサックス、 サブコントラバスサックスがあります。 これらのサックスは 一般的に個人で所有したり、使用する人は少ないです。 そのため、ソプラニッシモサックスやソプラニーノサックスで 50~150万円ほどの価格になり、コントラバスサックスやサブコントラバスサックスは世界や国内にも数本しかない貴重な楽器のため 300~500万円もの値段が付きます。 サックスの種類による値段の差 サックスは基本的に 音域が低くなるにつれて、本体そのものが大きくなっていきます。 本体が大きくなるということは金属や塗料など使用される材料も多くなっていきます。 そのため 低い音域のものは高くなる傾向があります。 しかし、サックスの価格は材料の多さだけでなく、 希少性や 需要も関係しています。 一般的に量産されているソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックスは初心者向けの安価な物もありますが、それ以外のサックスは安価な物は少なく価格帯も高くなっています。 レベル別のサックスの値段 サックスの種類と価格帯について知識が深まったことでしょう。 では、次に初心者用のものから上級者向けのものまでどのぐらいの価格帯のものが主流なのでしょうか。 レベル別に見ていきましょう。 初心者向けのサックス 各楽器メーカーから出ている 初心者向けのサックスとしては、 数万円程度のものから20万円前後のものが多いでしょう。 しかし、品質で考えれば数万円前後のものは、それ相応の品質になります。 しっかりと始めて、これからも長く続けるのであれば、保障やメンテナンスがしっかりしたYAMAHAやYANAGISAWAなどの有名メーカーの20万円前後のものを購入するのが良いでしょう。 中級者向けのサックス 中級者向けのサックスは初心者向けのサックスより少し高くなります。 価格帯としては 30万円前後から60万円程度のものが主流でしょう。 初心者向けのサックスより少し高くなる中級者向けのサックスですが、余裕があれば初心者であっても、いずれ中級者になることを見越して、中級者向けのサックスを購入するのも良いでしょう。 上級者~プロ向けのサックス 上級者やプロのサックス奏者は、どのぐらいの価格のサックスを使っているのでしょうか。 有名サックスメーカーが上級者、プロ向けとして販売しているのは 80万円前後から200万円前後のモデルが多いです。 一般的でないサックスが必要な場合もあるので、種類によっては、さらに高いこともあるでしょう。 サックスに必要なアイテムと値段は? サックスを始めるにあたって、サックス本体以外にも必要なものがあります。 これらの費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 また、消耗品など定期的にかかる費用はないのでしょうか。 マウスピース サックス本体に息を吹き込むのに必要なのが マウスピースです。 マウスピースは使用頻度にもよりますが、摩耗したり、リードとの相性を考えたりして交換が必要な場合があります。 そうした場合には別途購入することとなるでしょう。 マウスピースは一般的なもので 安くて約5,000円から、高いもので5万円ほどのものがあります。 リード リードは、振動してサックスの音を発生させている薄い板のようなものです。 このリードも、使用するごとに消耗していきます。 音の元になっているので、しっかりとメンテナンスして悪くなれば交換しなければいけません。 10枚や5枚など複数本セットで販売されていて、 安いもので10本2,000円ほど、高いもので5本5,000円ぐらいの価格です。 リガチャー リガチャーは、リードをマウスピースに固定するための金具です。 このリガチャーはあまり消耗することはありませんが、リードやマウスピースとの相性によって変えることもあります。 価格帯としては 3,000円から高いもので2万円ぐらいの価格です。 ストラップ サックスを持つ際は、 ストラップをつないで首にかけて持ちます。 1,000円程度のものから2万円前後の価格帯で販売してあります。 自身が持ちやすく、負担の少ないストラップを選びましょう。 コルクグリス コルクグリスは、マウスピースをネックに取り付ける際の滑りをよくしたり、マウスピースとネックをしっかりと密着させて、息を漏らさない役割があります。 価格としては 500円程度です。 ケース 楽器を持ち運ぶ際や保管する際に必要なのが、 ケースです。 種類もソフトケースやハードケースがありデザインも様々です。 価格も 5,000円前後から5万円ほどの幅があります。 メンテナンス用品 楽器を綺麗な状態で保つためには、 メンテナンス用品も必要です。 サックスは表面に、ほこりや汗などの汚れが付いたり、管楽器なので管の中に水分が溜まります。 使用した後はしっかりと クロスや ブラシ、 給水シートなどを使ってよく拭いて、 ポリッシュや オイルを使ってメンテナンスしましょう。 どれも1,000円ほどで購入できます。 サックスの練習にかかる費用 サックスや周辺アイテムを購入して、これから始めようとする場合に問題になるのが、 練習に掛かる費用です。 近隣の迷惑にならない家であれば問題ありませんが、サックスは生音が大きい楽器であるために、 騒音にならないよう気をつけて練習しなければいけません。 練習アイテムの値段 自宅で練習しようとする際に必要になってくるのが、サックスの音を抑える ミュートと呼ばれるアイテムです。 サックスの音が出るベルの部分に取り付けて使うタイプのものや、サックスを本体を覆うケースのようなタイプのものなどがあります。 ベルに取り付けて使用するミュートは、 おおよそ1~5万円で購入することができます。 サックスを覆うタイプのミュートは 約5万円ぐらいで購入できます。 また、練習アイテムとして 教本や 楽譜、 メトロノームもあるとよいでしょう。 特にスクール等に通わずに独学で弾きたい曲を練習しようと考えるのならば、 数千円ほどで楽譜や教本を購入するのが良いでしょう。 練習場所にかかる費用 自宅以外で練習する際にかかる費用はいくらぐらいでしょうか。 自宅以外に騒音対策ができている室内となると 貸スタジオや カラオケになります。 どちらも 1時間1,000円ほどで利用できます。 また、 近隣の公共施設を利用することも考えられます。 こちらの方が安く練習できる場合も多いので、近くに楽器練習が可能な施設がないか確認してみましょう。 スクールに通う費用 最も上達のスピードも速く、しっかりした基礎が身につくのは、専門の講師の方がいる スクールに通うことでしょう。 スクールはおおよそ 1時間4,000円ほどで通うことができます。 スクールによっても練習内容やサックスのレンタルサービスの有無など内容は違うので、よく確認して自分に合ったスクールを見つけましょう。 自分のレベルと好みに合ったサックスを選ぼう サックスは様々な種類があり、品質や仕様によって価格も様々です。 そうした中で、適正な価格とトータルでどのぐらいの費用が掛かるかを理解して、今後大切にして気持ちよく練習できるような、自分に合ったサックスを選びましょう。

次の