初穂料 封筒書き方。 初穂料の封筒の書き方。裏や金額の書き方を中袋なし、ありで解説。

初穂料?玉串料? その違いとは・・・

初穂料 封筒書き方

初穂料をおさめるのに封筒が必要な理由 初穂は、文字通りその年に収穫された初めてのお米のことを指します。 昔は、お米に限らず、初物の野菜や魚などを神様に奉げ、感謝を表しました。 そして、参拝者が神様にお願い事をするときには、お米や海の幸、山の幸を奉げるようになりました。 時代が下って、今は普通、食品の代わりにお金を神社におさめます。 これは初穂の代わりのお金なので初穂料というのです。 初穂料は、合格祈願や厄除け、商売繁盛などの昇殿祈祷を受けるときにおさめるお金や、神前式の代金としておさめるお金のことも指します。 通常、こうした儀式は前々から計画して受けるもので、急に思い立って祈祷を受けるということは、ちょっと考えにくいと思います。 ですから、「きちんと準備して心構えができていますよ」ということを示すために、封筒を準備するのがいいとされます。 裸のお金をおさめたのでは、失礼に感じる神社も多いようです。 ただ、広い意味での初穂料は、授与所で御守りや御札、破魔矢、絵馬などを受けるときの代金のことも指します。 こうしたシーンでいちいち封筒にお金を入れていたのでは、参拝者も神社スタッフも手間です。 授与品を受けるときのお金は裸のままで大丈夫です。 封筒に入れるのは、祈祷や神前式、神葬祭のときのお金だけでOKです。 また、祈祷のときにおさめるお金も、ケースバイケースだと思います。 どういうことかというと、封筒に入れて行っても、トラブルを避けるために通常スタッフがすぐに金額を確認します。 正月の繁忙期だと、封筒に初穂料を入れるという気遣いが、かえって双方の手間を生み出し行列を長くしてしまうのです。 今回、「終活ねっと」では以下の項目を中心に解説します。 初穂料の封筒の種類• 初穂料の封筒の表書き• 初穂料の封筒に関する注意点 神社で初穂料をおさめる機会がある方もいらっしゃると思います。 この記事を最後までお読みになり、ぜひ参考にしてください。 初穂料を入れる封筒の使い分け 初穂料を入れる封筒は、市販の祝儀袋や不祝儀袋を使います。 使い分けは神式だからといって難しいことはありません。 結び切りの祝儀袋 結婚式のときに使います。 花結び(蝶結び)の祝儀袋 結婚式以外の慶事に使います。 初宮や七五三のような明らかなお祝いごとのときにも使えますし、お祭りに参加するときや、厄除け、商売繁盛などの祈祷一般、地鎮祭、事務所開きなどにも使えます。 外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。 淡路結びの祝儀袋 淡路結びの祝儀袋は、上記結び切りの祝儀袋の代用として利用できます。 また、地域によっては花結び(蝶結び)の祝儀袋の代用としても使えるようです。 不祝儀袋 仏教の葬式に相当する神葬祭や、回忌に相当する年忌祭で使います。 もちろん、市販の不祝儀袋を使用して構わないのですが、1つだけ注意があって、蓮の絵柄が入ったものを避けるということです。 蓮の模様は仏式です。 初穂料の封筒の表書き 以前、神社に勤めていたとき、祈祷の代金として「初穂料」、「祈祷料」、「玉串料」、「神前」、「御供」など、様々な表書きの封筒を目にしました。 また、御をつけて「御初穂料」とする参拝者もいました。 どれも間違いではありませんが、違いはあるのでしょうか? 初穂料と玉串料の違いとは? 玉串も初穂と同じく神様への捧げものを意味し、玉串とは榊(さかき)に紙垂(しで)をつけたもののことです。 正式には玉串奉奠(ほうてん)という儀式が祈祷の最中にあるのですが、これを略す代わりにおさめるお金が玉串料です。 玉串料は初穂料と似ていて、意味の重なる言葉です。 違いは、初穂料に感謝のニュアンスがあるということだと思います。 従って、弔事で感謝するというのもおかしな話なので、神葬祭や年忌祭では玉串料という表書きを使います。 慶事や一般の祈祷では、初穂料でも玉串料でも構いません。 この辺りを誤解して、慶事で玉串料は「縁起が悪い!」、「常識がない!」といっているマナーサイトが多いですが、その記述が誤りです。 他に使える表書きは? 祈祷の場合、「祈祷料」、「御礼」などもよく使われます。 表書きの結論はこれ! まとめると、悩んだら、慶事・弔事・祈祷の全てのシーンで使える玉串料が一番便利かと思います。 因みに玉串料が使えない場面とは、御守りや御札などの授与品だけを受ける場合くらいです。 このときは初穂料といいます。 初穂料の封筒準備の注意点 その他、初穂料の封筒に関する注意点を紹介します。 筆かサインペンを使う せっかく封筒を用意しても、ボールペンだと慌てて用意した印象を与えます。 表書きや氏名は、失礼にならないように筆かサインペンで書きます。 弔事の場合は、仏式同様に墨を薄めます。 氏名は本人の名前をフルネームで 祈祷の場合、祈祷を受ける人の名前をフルネームで書きます。 七五三はお子さんの名前です。 お金の入れ方 お金の入れ方も、神式以外の結婚式や葬式と変わりません。 神前式や祈祷はお札の顔を正面に向けて入れ、折り返しは上を折ってから下を重ねます。 弔事はこれと反対にします。 初穂料の封筒のまとめ いかがでしたか? 毎年祈祷を受ける方はもちろん、そうでない方もご家族の通過儀礼のために、初穂料について知っておいた方が安心ですよね。 せっかく祈祷を受けるのに失礼にならないように、ぜひ覚えておきましょう。

次の

お宮参り お金》お祝い/親/封筒の書き方/誰が払う/祖父母/新札/入れ方/袋/食事

初穂料 封筒書き方

スポンサーリンク 厄払いの「のし袋」の書き方はコレ! 買ってきたのし袋を確認すると…1.中袋(中包み)があるものと2.中袋(中包み)がないモノがあります。 中袋の表面に「金額(金〇〇円)」 裏面に「住所」「名前」を書きます。 金額は漢数字で書いてもよいです。 金額を書くときは「金 〇〇円」と書きますが数字は普通の文字でもいいですし難しい漢数字を使ってもよいです。 (難しい漢数字を使うのは後で不正等されないようにする為です。 2.厄払い「のし袋」の書き方!中袋がないパターン 中袋がないパターンの場合は、のし袋の表面の水引の上側に「初穂料」・水引の下側に祈祷を受ける人の「名前」 裏面に「金額(金〇〇円)」と「住所」を書きます。 ここまでは厄払いの「のし袋」の書き方を見ていきました。 次は白封筒で準備される方の書き方をお伝えしますね。 スポンサーリンク 厄払いの「白封筒」の書き方はコレ! 白封筒にする場合は表面に「初穂料」と祈祷を受ける人の「名前」 裏面に「金額(金〇〇円)」と「住所」を書きます。 これはあとで事務方が整理する際に必要だからです。 なのでこれらの情報をきちんと書いておけば、あとは特に問題はありません。 厄払い「のし袋へのお金の入れ方」には決まりがある! 祈祷料として納めるお札は 新札を用意して下さい。 厄払いの金額の相場はおおよそ3,000円~1万円程度です。 ) のし袋のお金の入れ方には決まりがあり、 お札の表側(人物が載っている側がお札の表側です。 )と のし袋の表側が同じ向きになるようにします。 このような方向で入れて下さい。 (中袋がない場合も同じようにお札の表側とのし紙の表側を合わせて下さい。 ) また千円札などお札が複数枚になる時は全ての向きをそろえて お札の表側とのし袋の表側が同じ向きになるように入れましょう。 注意点をまとめておくと…• のし袋は蝶結びを選ぼう!• 神社なら「初穂料」と書こう!• お寺なら「御布施」と書こう!• 必要なのは「名前・金額・住所」です。 お金の入れ方は表側に! ということぐらいです。

次の

安産祈願の初穂料の書き方で封筒が中袋なしの場合は?お金の入れ方も紹介!

初穂料 封筒書き方

(初穂料=読み方は「はつほりょう」) (初穂=その年に初めて収穫された農作物) ・古来より、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が供物として奉納されてきました。 初穂とは、その年に最初に収穫した農作物をさします。 もともとは、主として稲(米)、さらに穀物をさす言葉でしたが、やがて野菜やくだものなどの農作物全般をいうようになりました。 ・神社に対し、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼として渡す金銭の表書きに「御初穂料」という名称を用います。 一般的に良く用いられるのは「初穂料」「玉串料」「御礼」です。 現在ではその代わりとする金銭を初穂(はつほ)、初穂料、お初穂料などと言います。 また、お守りや、お札を神様から授かる時にも「初穂料」という言葉を使います。 こうしたことから、神社で販売しているお札(おふだ)や、お守りなどの値段を「初穂料」としている場合もあります。 (これに対し、玉串料は文字どおり「玉串の代わりとして納める金銭」なので、お守りやお札を授かる際には用いません。 玉串料はこの玉串の代わりとして納める金銭のことを言います。 また、通夜際、葬儀(葬場祭)に参列する人が持参する香典の表書きにも用います。 (これに対し、葬儀の際、参列者が持参する香典の表書きには、初穂料という表書きは使いません。 白封筒でもOKです。 「のし」はなくても構いません。 ここでいう「のし」とは、右図の熨斗袋の右端にある赤い紙を折り畳んだ部分をさします。 会社の場合は正式な社名に並べて社長名を書きます。 水引きは「 蝶結び」になっています。 一般的な祈祷や祝詞ならこれを用いますが、婚礼の場合は「 結び切り」のものを使います。 間違えないようにご注意下さい。 会社の場合は10,000円〜が多いようです。 (地方では3,000円〜)もちろん、消費税はかかりません。 なお、料金は御祈祷を受ける人数によっても異なります。 そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要です。 予約の際に確認してください。 また、神社での神前結婚式と、ホテルや結婚式場で神式の結婚式を挙げる場合では玉串料が異なります。 ホテルや結婚式場で行うほうが玉串料(初穂料)がややお手ごろで、50,000円くらいから設定されています。 神前結婚式の場合に用いる初穂料の熨斗袋は、水引が「結び切り」のものを用います。 下記の見本画像の水引きは蝶結びになっていますが、結婚式のように「一度だけで良いもの」については、一度結んだらほどけない「結び切り」を用いる…と覚えて下さい。 会社の場合には、もう少し高額になります。 建物の規模や、施主の企業や団体の大きさによって異なります。 神社に予約をする際に規定料金があるかどうかを確認してください。 [はみだし知識] 安産祈願・お宮参りと氏神様 氏神様とは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことをいいます。 産土神(うぶすながみ)とも呼ばれます。 生まれた土地の守り神のことをさします。 生まれた土地の守神にお参りすることをさします。 健やかな赤ち誕生と無事な出産を祈ります。 赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土神様にお参りするのが一般 的なのですが、このお宮参りの際に、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする風習もあります。 お宮参りの際には神社に電話をし予約が必要かどうかを尋ねます。 神社によっては初穂料の金額が決まっているところもありますので、予約の際に確認をしましょう。 」と声をかけ「本日は宜しくお願いします。 」と初穂料を渡します。 初穂料は赤ちゃんの両親が出すことが多くなりましたが、地方ごとの慣習に従う他、赤ちゃんの祖父母が出すケースもあります。 詳しくは税理士などの専門家に確認または税務署に確認して下さい。 1)地鎮祭の場合の初穂料 …「建物」の取得価額に含めて処理。 税区分は対象外 2)車のお祓いを受けた場合の初穂料 …原則として「寄付金」。 税理士の考え方によっては、車を購入した時のお祓いは「車両費」にすることも(上記の建物と同じ考え方に基づく処理)。 それ以外は(本来の処理の仕方とは違うものの)ごく少ない金額であり年間トータルでも金額が少なければ「雑費」で処理することも。 3)神社に、祭礼などに際して納める初穂料 …一般的には「寄付金」 4)神社参拝の際の初穂料 …基本的には寄付金。 但し、本来の処理の仕方とは違うもののごく少ない金額であり年間トータルでも金額が少なければ「雑費」で処理することも。

次の