トヨタ シエナ 2020。 新型シエナ日本導入熱望!! 10年ぶりに発表した巨大ミニバンのゴツい実力

トヨタ シエナは北米モデルの大型ミニバン!サイズ・新車価格・燃費は?

トヨタ シエナ 2020

米インサイダー情報「TFLnow」が、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV『ヴェンザ』を復活させ、ミニバン『シエナ』新型はハイブリッドモデルとして2020年に登場すると伝えている。 レポートによると、「Venza」(ヴェンザ)、シエナ新型ともにハイブリッドモデルとして販売されるという。 ヴェンザは2008年のデトロイトモーターショーで発表、同年11月から販売されていた5人乗りのミッドサイズ・クロスオーバーSUVだ。 2013年にはフェイスリフトが執行されるも、2015年に米国向けの製造を終了、2017年にはカナダ市場での販売も終了している。 新型のシートレイアウトは、2列5人乗りを採用、ホンダ『パスポート』やフォード『エッジ』などと競合することになるはずだ。 ハイブリッドパワートレインは、『RAV 4』または『ハイランダー』と共有し、2. 5リットル直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせ、最高出力219hp~234hpを発揮すると予想されている。 また同サイトでは、ピックアップトラック『タンドラ』もフルモデルチェンジ版が登場するとも伝えている。 タンドラは2007年にデビュー、フォードやシボレーの牙城を崩すべく新型モデルの登場が期待されているが、発売は2021年12月となりそうだ。 《Spyder7 編集部》.

次の

なぜトヨタは超高級ミニバン レクサスLMと北米専売ミニバン シエナを日本で販売しないのか?

トヨタ シエナ 2020

シエナ(SIENNA) 2020年モデルは トヨタセーフティーセンスを強化してあり、エアフィンスタビライザーが風の流れを滑らかにし走行の効率を高めています。 SEグレードでは、スポーツ用のサスペンションが装備され、ダイナミクスなハンドリングと横方向の安定性を向上させています。 足回りにはガンメタリックの6本スポーク19インチアロイホイール・ブラインドスポットモニターが標準装備 内装はハイテクとモダンが調和した、ラグジュアリーなワイドダッシュボードに、高機能のカー・エアコンのクライメイトコントロールを装備。 SEのオプションで利用できる人気のナイトシェードエディションパッケージはフロントがスポーツブラックのハニカムメッシュグリルと、ブラックホイールにドアハンドルやミラーキャップ・スポイラーまでスタイリッシュにこだわった外装で他のグレードと違いクールな印象に。 Limitedではデュアルムーンルーフや、レザートリミングシートが車内の空間をより快適にしてくれます。 7インチタッチスクリーンディスプレイ5つのUSBポート・バックアップカメラ・Wi-Fiコネクトも標準装備。 スライドショーには JavaScript が必要です。 US トヨタ シエナ 2020 US TOYOTA SIENNA の新車は 完全注文販売です。 お客様のご希望のオプション・内外装をお伺いし,アメリカ本国の提携取引先よりお車を探しお見積もりを出します。 当社に在庫を置かないため、維持管理費等がコストダウンされており、お客様にはUS トヨタ シエナ 2020 US TOYOTA SIENNA がお安く提供できるシステムです。 また自社工場を持っているので、ドレスアップパーツも同時輸入して、お客様好みの車にカスタムし納車することもでき、ローンも一括で組むことができます。 後で取り付けるより、輸送費がかからないため断然お得で、最初からお好みのUS トヨタ シエナ 2020 US TOYOTA SIENNA に乗ることができます。 BPコーポレーションではそのまま車を販売するのではなく、 鈑金塗装・整備工場を自社で持っているからこそできるサービスを強みに、お客様の車を全面的にサポートしていきます。 US トヨタ シエナ 2020 US TOYOTA SIENNA スペック スタイル ミニバン サイズ 高さ:68. 9インチ 幅:78. 1インチ 全長:200. 6インチ 搭乗定数 7人〜8人 エンジン デュアルVVT-i3. 5L V6 DOHC 24バルブ。 【 L】• 7人乗り FWD• サイドロックパネル• デイタイムオートライト• ブラインドスポットミラー• デュアルスライドドア• シエナロゴ ブラックガーニッシュ• 17インチ5スポークホイール• ウォッシャーリンク間欠ワイパー• プライバシーリヤガラス• 3ゾーンオートエアコ• クロスシート• クルーズコントロール• ハンズフリーBluetoothコマンドコントロール• リモートキーレスエントリーシステム• USBポート 5• 12Vコンセント 3口• ライト付きバニティミラー• 6カップホルダー• トヨタセーフティーセンス• ヒルアシストコントロール• エンジンイモビライザー 【 XLE】 SE装備プラス• XLEナビゲーションパッケージ• オートパワステアリング• エンジンイモビライザー• ダイナミックナビゲーション• プレミアムオーディオ• ウッドアクセントパネルセンターコンソール 【XLE With Auto Access Seat】• XLEオートアクセスシートFWD 7-助手席 【 Limited】 XLE装備プラス• AWD 7人 乗り• FWD 7 人 乗り• デュアルムーンルーフ• サイドロッカーパネル• Siennaロゴリフトゲート クロームアクセントガーニッシュ• レインセンシング 可変間欠ワイパー• 4インチ デュアルブルーレイディスプレー• バックポケット付きヒートフロントレザーシート• ロングスライド プレミアムレザーセカンドキャプテンシート• ダイナミックナビゲーションプレミアムオーディオ• 前後 駐車支援ソナー• アクティブトルクコントロールAWD US トヨタ シエナ 2020 US TOYOTA SIENNA カラー スライドショーには JavaScript が必要です。

次の

日本未発売の特大ミニバン トヨタ・シエナの4代目がデビュー

トヨタ シエナ 2020

トヨタ自動車の米国部門は5月18日、新型『シエナ』(Toyota Sienna)を発表した。 シエナは主に、北米市場で販売されているミニバンだ。 初代シエナは1997年、『エスティマ』の後継モデルとして登場した。 エスティマよりもひと回り以上、大型のボディが特長だ。 シエナは『カムリ』のプラットフォームをベースに開発されてきた。 新型は4世代目モデルとなる。 日本の新幹線からインスピレーションを得たフロントマスク 新型のデザインは、カリフォルニア州のキャルティとミシガン州アナーバーのデザインスタジオが共同で手がけた。 車台は、「TNGA」の「Kプラットフォーム」をベースにしている。 フロントのデザインは、日本の新幹線からインスピレーションを得て、滑らかでスピーディかつ、自信あふれる造形とした。 ヘッドライトは高い位置にレイアウトされ、横長デザインを採用する。 LEDフォグランプが組み込まれたアンダーグリルは、ワイドで安定感あるスタンスを強調している。 ボクシーなデザインを避けながら、室内の広さを実現するために、リアには傾斜したピラーを採用する。 スリムなLEDテールライトは、彫刻的なボディからリアに連続的に流れ、特長的な造形を作り出す。 テールライトに、カナードが組み込まれており、空力性能を向上させている。 一体成型のスポイラーを備えたテールゲートは、新しい樹脂成形プロセスによって可能になった。 インパネとセンターアームレストがつながった「ブリッジコンソール」 インテリアは、「バスを運転しているような気持ちになりたくない」という米国のミニバンの顧客の意見を重視した。 トヨタによると、ミニバンの実用性と、よりパーソナライズされたドライブ体験を求めるエモーショナルさを組み合わせる手法について、慎重に検討を重ねたという。 モダンなインストルメントパネルは、水平基調とした。 ワイドなセンタータッチディスプレイ、各部に設けられた収納、「ブリッジコンソール」を備えた開放感のあるインテリアを追求している。 ブリッジコンソールは、一般的なミニバンレイアウトとは異なるデザインだ。 ブリッジは、使いやすさのために、人間工学に基づいて運転席と助手席の間に配置されており、インストルメントパネルはセンターアームレストにつながっている。 このデザインにより、ドライバーはストレスの少ない快適なドライブ体験を得ることができるという。 シフトレバーをはじめ、カップホルダーやワイヤレス充電器、収納スペースは、ドライバーの手の届く場所にレイアウトする。 ブリッジの下には、財布やバッグなどの大きな身の回り品を置くのに便利な広いオープンエリアが設けられた。 2列目キャプテンシートには、スーパーロングスライド機能を設定する。 このシートは、前後に635mmスライドする。 オットマン機能と組み合わせて使用すれば、これまでにないレッグルームと快適性を実現するという。 5リットルエンジン+2モーターのハイブリッド 新型シエナのパワートレインは、全車がハイブリッドとなる。 5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに2つのモーターを組み合わせ、ハイブリッドシステム全体で243hpのパワーを引き出す。 トヨタによると、クラスをリードする燃費性能を備えているという。 オプションで、「エレクリック・オン・デマンドAWD」と呼ばれる4WDが選択できる。 前輪をエンジンとモーター、後輪をモーターで駆動する4WDだ。 通常走行はFFを基本とし、滑りやすい路面などで追加のトラクションが必要な場合、瞬時に後輪を駆動し、4WDとなる。 前後の駆動トルクの配分は、100対0から滑りやすい路面での20対80まで、路面や走行条件によって変化する。 前後のトルク配分は、マルチインフォメーションディスプレイに表示される。 また、このハイブリッドAWDシステムは、アンダーステアを低減することにより、コーナリングの俊敏性を高め、新型シエナのハンドリング性能を向上させる、としている。 《森脇稔》.

次の