築 野 食品 こめ 油。 こめ油は選び方を間違えると危険!効能はすごいけど気を付けること。|体にいい油.com

こめ油は選び方を間違えると危険!効能はすごいけど気を付けること。|体にいい油.com

築 野 食品 こめ 油

米ぬかはもともと玄米を搗精 とうせい:玄米をついて白くすること した際にでた 副産物で、その米ぬかを原材料として作るこめ油は、 日本国内で唯一、 原材料を全て国内で揃えられる植物油なんです! 国内産の植物油と言うことで学校給食関係者からは喜ばれているものの、 大豆油と比べると値段が高くなってしまうため、使用されるのはほんの一部だとか。 米ぬかを確保するのも大変だった時期があった! こめ油の原油は強力なワックス分を取り除く必要があるため、 他の菜種油や大豆油の精製と比べて非常に手間がかかるものだそうです。 また、原材料の米ぬかは栽培業者と精油業者が取り合いをしたことがあるほど 確保することが難しくなった時期がありました。 収益性が高い野菜を作るのに米ぬかが必要なため、栽培業者が米ぬかを 買い占めてしまったのです。 精油業者にとっては深刻な事態に陥りましたが、いま現在は安定した供給を できるようになりました。 そしてここ最近の人気ぶりでほとんどが品切れ&値段高騰をしている模様です。 こめ油が気になる方は や などで調べてみて下さい。 では続けて気になるこめ油の危険性について調べてみました。 こめ油は糠 ぬか からではなく玄米から ノルマルヘキサン 劇薬 で 抽出しているからです。 このノルマルヘキサンが人体にとって危険と言われています。 ノルマルヘキサンとは ヘキサンと呼ばれるこの成分は有機溶媒 他の物質を溶かす物質の呼称 の 一種で、油脂の洗浄や抽出をはじめ、大豆の脱脂加工にも用いられます。 人体への有害性は 多量に飲む、または蒸気吸入により ・めまい ・手足の感覚麻痺 ・歩行困難 などの 多発性神経炎の症状が起こる。 経口摂取により毒性は低いです。 全てではありませんが、ほとんどのこめ油は糠ではなく玄米から このノルマルヘキサンを使用して抽出しているのだとか。 こめ油自体は健康によくても製造過程で栄養分が減少してしまいますね。 有効な成分を逃すことなく、不純物がないオイルをそのまま摂取できる方法です。 ビタミンEは 抗酸化作用があるビタミンEは、血管の健康を保ち、血液をサラサラにして 老化を防止します。 またビタミンEは体内において、生体膜の油に溶けて 存在していて、膜を酸化から守ってくれている大事なビタミンなんです。 中でも注目されるのがスーパービタミンEと呼ばれる トコトリエノール です。 トコトリエノールは ・動脈予防効果 ・美肌効果 ・美容効果 ・コレステロール値を下げる効果 などがあり、通常の油と成分含有量を比較すると 40倍から60倍ものスーパービタミンEがこめ油に含まれています!! サラダのドレッシングや、いつも使っている油の一部分を代用しても 効果が抜群のこめ油、 一日の摂取量はスプーン一杯程度と言われています。 メーカーによっても成分が異なるこめ油、料理にはいつもと違う油を 使ってみてはどうでしょうか? いかがでしたでしょうか。 健康に注目されている『油』ですが、 オリーブオイルをはじめ、こめ油、ココナッツオイルなど 豊富な種類や効果があるものを目にする機会が多くなりました。 自分の体調や健康に合わせて、また好みと照らし合わせてお使い下さい。 毎日口にするものだから、良い物を選びたいですね。

次の

【楽天市場】こめ油

築 野 食品 こめ 油

油脂製造において、品質の良い製品を作るためには、原料や中間製品の分析による工程管理が欠かせず、酸価、よう素価、曇り点など多種多様な分析が用いられております。 一般的に普及している化学分析の場合は、対象項目ごとに検体を用意し、それぞれの分析法により有機溶剤等を用いて分析する必要があります。 複数成分の同時分析を可能にし、分析作業を効率化いたしました。 また、この分析方法は、廃棄物を大幅に削減できるため、環境に配慮したこめ油の製造が可能となります。 今後も、さらなる測定項目の追加や使用用途の拡大を目指して、研究開発を進めてまいります。 一般的な化学分析とは異なり、有機溶剤等の試薬を使用せず、測定対象そのものに近赤外光を照射し、光の吸収の度合いから成分を判別・定量する方法です。 近赤外分光法(NIR)は非破壊検査のため、選果場などでの果実の糖度選別、乳製品の脂質等の測定、ビールのアルコール濃度の測定などに応用されています。 この方法では、分析の結果が分析者担当者の分析技術による影響を受けないため、結果が均一化され、更なる品質管理体制の強化につながります。 また、近赤外分光法は非破壊分析のため、工程ロスや廃棄物が削減できます。 年間で削減できる溶剤や試料のインパクトは、酸価測定に限っても溶剤457. 5L、試料32. 5kg。 使用する溶剤や化学物質を削減し、環境へ配慮した製造工程管理を可能にします。 当社の事業はCO2の排出量を削減し、地球温暖化防止に貢献しています。 ゼロエミッションへの挑戦《燃料リサイクルシステム》 生産の工程で発生する産業廃棄物を最大限に活用し、 工場の燃料として有効活用しています。 油脂リサイクル《工業製品(脂肪酸)》 使用済み食用油や非食用油を石鹸、ペンキ、インクや潤滑剤などの オレオケミカル製品の原料として有効利用し、リサイクル事業に貢献しています。 「こめ油」につきましては、 原料である「米」 を農林水産省において、残留農薬分析 調査を行い安全確認が行われております。 素材の味を引き立てる風味の良さが特徴。 炒めもの、揚げもの、ドレッシングなど、どんなお料理にも 美味しくお使いいただけます。 食品分野以外にも米ぬかからつくったinahoというスキンケアブランド( )も展開しています。 設 立 : 昭和22年2月1日 代表者 :代表取締役社長 築野富美 URL :.

次の

【楽天市場】こめ油

築 野 食品 こめ 油

こめ油は「日本の油」です! こめ油は、玄米を精米するときに出る「米ぬか」から搾った油です。 あなたも米ぬかを料理に利用することがあるかと思いますが、あの中には約20%の油分が含まれているんです。 たしかに触ったときに少し油っこい感じがしますよね? それはそうと、こめ油は我ら日本が誇る油です。 なぜかというと… こめ油は他の植物油とちがってそのほとんどが「国産原材料」でまかなわれているから! 日本はお米の国ですからね。 「米」だけは他の国の輸入に頼る必要がないんです。 大豆やとうもろこしなど、その多くは「アメリカ」からの輸入です。 …となると?心配なのが「遺伝子組み換え」の問題。 ポテトチップスや揚げ菓子によく使われてる 唯一、自給自足ができる油だと言っても、こめ油の生産量はそんなに多くありません。 でも、じつはこんな商品にこめ油は使われています。 それは… ポテトチップスを含めた揚げ菓子全般です。 こめ油は含有成分のおかげで熱に強い性質があります。 なので、揚げ物によく利用されているんです。 みんな大好きポテトチップス!なかなか裏の原材料を見る人は少ないと思いますが、今度ポテトチップスを買ったらぜひ見てみてください。 そこには…• パーム油• 植物油脂• 植物油脂(こめ油)• そう、ポテチにはこめ油以外に「パーム油」が使われているものが多いです。 というか、パーム油優勢です(笑) こめ油だけだとコストがかかるので(価格が数倍違う)使われていますが、パーム油には気になることが多いので、できれば 「こめ油100%」で揚げたポテトチップスを買うことをおすすめします。 ここでは、こめ油に含まれる栄養とその効果について書いていきます。 数ある植物油の中で唯一含まれているのがこめ油。 強力な抗酸化力を持つと言われていて、その効果も多岐にわたります。 自律神経の中枢にダイレクトに働きかけ、めまい、動悸、倦怠感、頭痛、不眠などの不快な症状を緩和する。 抗ストレス作用があり、更年期障害、自律神経失調症、不安や緊張、うつ、認知症などの治療に効果的。 血管を広げて血流をスムーズに、脂質異常 高脂血症 、高コレステロール血症の改善に効果的。 善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす。 トコトリエノール こめ油には、 一般的なビタミンEのおよそ50倍もの抗酸化作用を持つ「トコトリエノール」が含まれています。 体をつくる細胞の酸化を抑えてくれるので、がんや動脈硬化、脳血管系の病気予防の効果が期待できます。 また、こめ油は酸化と熱に強いのが特徴なので、炒め物はもちろん、高温の揚げ物料理にも安心して使うことができるのがいいところです。 植物ステロール 「油の食物繊維」と言われている植物ステロールも豊富です。 植物の細胞膜を作る成分の1種(ファイトケミカルの1種)で、 コレステロールの吸収を抑える効果、がん予防の効果が期待できます。 体に良い栄養たっぷりで健康効果が高そうだし、何より加熱に気兼ねなく使えるのは、油を選ぶうえでの重要なポイントとなります。 ただ、世の中にあるこめ油のすべてが体にいいか…というと、そうではないので注意が必要。 ここでは、あなたが体に悪いこめ油を選ばないように… 「こめ油の正しい選び方」についてご紹介します。 抽出方法 まずは抽出方法です。 食用油の抽出方法には主に2通りあります。 それが 「圧搾法」と 「溶剤抽出」です。 圧搾法は、原材料に物理的に圧力をかけて搾る方法で、余計なものを使わないので安全性が高く、原材料が持つ栄養素も壊れないのがメリット。 ただ手間とコストがかかります。 溶剤抽出は、ヘキサンという溶剤を使って油を溶かし出す方法。 圧搾法よりも素早く大量の処理が可能なので、油の抽出方法としてはこっちのほうがメジャーです。 ただ、ヘキサンは毒物なので、使うと必ず高温処理をしなければならず、そうなると油の品質がグッと落ちます。 栄養素は破壊され、体に悪い物質が生まれてしまいます。 …と、こめ油に話をもどしますが、 当然選びたいのは「圧搾法」で搾られたこめ油ということになります。 ただ、いかんせん、圧搾法のこめ油は少ない(汗)そのほとんどは溶剤抽出で精製されたものです。 これはこめ油に限らずですが、商品説明に「一番搾り」「圧搾」の文字がない場合は、100%溶剤抽出だと思っていいです。 精製方法 抽出された油が私たちの口に入る状態になるには、「精製」が必要です。 一般的な安いサラダ油は、この精製のときに何度も高温処理がされるのですが、油の性質を考えると加熱は最小限に抑えたいところ。 そこで、こめ油の場合は 「スチームリファイニング」という装置を使って最小限の加熱にとどめているものがおすすめ。 調べたところ、「圧搾法」と「スチームリファイニング」はセットになっているようなので、これらの文字を探すようにすると間違いないです。 (その他の油は、低温圧搾(コールドプレス)の表記が安心の油の鉄板条件となっていますが、こめ油でコールドプレスのものはありませんでした。 何でだろう?原材料の性質から低温での精製は難しいのかもしれませんね。 ) こめ油は、「圧搾」で搾られて「スチームリファイニング」で精製されたものがおすすめ! こめ油を買うなら通販がおすすめの理由 こめ油はほかのサラダ油とちがって、取り扱っていないスーパーも多いようです。 もし 「近くのスーパーに普通にあるよ~」という場合でも、それは溶剤で抽出された危険なこめ油の可能性が高いので注意。 これはこめ油に限らず…良質な油は一般的なスーパーには置いていないのではないでしょうかね? 良質なものはその分デリケートなので、保管とかにも気を配らなければいけないはずです。 …と、それはさておき。 以上の理由から「体にいいこめ油が欲しい!」という場合は通販を利用するのがやはり安心です。 ここではamazonで見つけた人気のこめ油ご紹介します。 こめ油にデメリットはあるの? 安心の圧搾法(+スチームリファイニング)のこめ油を買ったよ。 じつは、健康効果の高いこめ油でも気を付けなければいけないことがあります。 オレイン酸:40%• リノール酸:30%以上• 飽和脂肪酸:20% そうなんです、こめ油にはリノール酸が30%以上も含まれているんです。 リノール酸は普段の私たちが摂る食事にたっぷり含まれているので、「過剰」が恐ろしい健康被害を招くと問題になっています。 なので摂りすぎは当然NG。 でも、ほかのサラダ油にはない「加熱に強い」メリットを最大限活かすのはOK。 毎日適量を賢く使うのがおすすめです。 どんな作られ方をしているのか?そしてリノール酸の含有量。 以上のことを意識して、こめ油は賢く活用していきましょう!.

次の