里芋 簡単 煮物。 ポイントは下ゆでと味付け?「里芋の煮物」基本のレシピ

里芋の下処理はレンジで簡単に!時間は?あく抜きは必要?

里芋 簡単 煮物

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の

里芋の簡単レシピ特集!お弁当・おつまみにもおすすめの絶品料理をご紹介♪

里芋 簡単 煮物

秋から冬にかけて旬を迎える里芋。 肌寒くなってきた今の時期、無性に食べたくなるのが「里芋の煮物(煮っころがし)」ではないでしょうか。 あのホクホク感、たまりませんよね! 「味付けがうまくいかない」「煮崩れてしまう」という失敗談もよく聞かれますが、いくつかのポイントをおさえれば、味も見た目も文句なしの里芋の煮物が作れるんです。 今回は、失敗しないポイントをおさえながら、里芋の煮っころがしの基本的な作り方を紹介しましょう。 *** おいしさを左右する第一歩!里芋の下ごしらえ まずは、里芋の下ごしらえの方法からご紹介。 里芋はそのまま煮ると大量のアクが出てしまいます。 ていねいに下処理することが、おいしい里芋の煮物を作る第一歩です。 【下処理の時間】 10分 【材料】 ・ 里芋(中)…10個くらい ・ 塩…適量 ・ 米のとぎ汁…適量 (なければ生米をひとつまみ) ・ 水…適量 【下ごしらえの手順】 1. 里芋を水で洗ったら、皮を厚めにむいていきます。 上部と底部を切り落として面を作ると簡単です。 (水洗いする時に、皮のケバケバした部分は手でこすり落としておきましょう) 2. 里芋の皮がむけたら、ぬめりをとるために塩で軽く揉みます。 米のとぎ汁と水を鍋に入れて沸騰させ、2を入れて竹串がスッと通る柔らかさになるまで茹でます。 とぎ汁を使うと、キレイにアクが抜けます。 アクや余分なぬめりなどを取りのぞく際に行います) 4. 里芋のアクが取れたら、水でぬめりを洗い流します。 これで里芋の下ごしらえはバッチリ! *** 煮崩れないポイントも!「里芋の煮物」基本の作り方 【調理時間】 15分 【材料】(2〜3人前) ・ 下ごしらえをした里芋…10個 ・ 水…300〜400cc ・ 酒…大さじ 2〜3 ・ 砂糖…大さじ2 ・ しょうゆ…大さじ2 ・ みりん…少々 ・ サラダ油…小さじ2 【作り方】 1. 熱した鍋にサラダ油をひいて、下ゆでした里芋を軽く炒めます。 炒めることで、油が皮膜を作り 旨みを逃がさず、煮崩れもしにくくなります。 鍋に水と酒を加えて加熱します。 沸騰してきたら砂糖を加え、落し蓋をして弱火で5〜6分煮ます。 [調理のポイント!] ・ 味付けはまず「甘み」から。 先に塩気を入れてしまうと、里芋の甘みが薄れてしまうので注意しましょう。 その後に、落し蓋を取り、しょうゆを加えて里芋が柔らかくなるまで煮ます。 煮汁がほぼなくなるまで煮詰めたら、みりんを加え、強火で軽く煮詰めてできあがり。 [調理のポイント!] ・最後にみりんをまわしかけることで、里芋に照りが出て見栄えがぐっと良くなります! *** ポイントは、下処理&味付けの順番 自分で作るのは難しそうに思える里芋の煮っころがしですが、作り方はとてもシンプル。 ホクホクの食感とほっとする味わいの里芋の煮物は、これからの寒い季節にぴったり! 今日の夕食の献立にひと品加えてみてはいかがでしょうか。 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん(Uchila) 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。 (文:近藤世菜).

次の

ポイントは下ゆでと味付け?「里芋の煮物」基本のレシピ

里芋 簡単 煮物

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の