キングダム 642話 ネタバレ。 キングダムネタバレ642話最新話休載『信・王賁・蒙恬がそろって将軍昇格か?』

最新ネタバレ『キングダム』641

キングダム 642話 ネタバレ

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• キングダム642話ネタバレ「趙に移動する秦人の群れ」 鄴が陥落してから5カ月ほど後から、キングダムは再開します。 漫画の冒頭では、大勢の秦の人民が東に向かって移動していくのが見えます。 画面一杯に人、人、人、その人数の多さに秦の農民たちは動揺を隠せません。 移動する人々は、趙に移民すれば年貢が一年免除になると聞いて遠路遥々旅をしています。 こうして秦は、趙の領地に大量の秦人を入植させて既成事実を造り、趙が領地を取り戻すのが難しくするように仕向けているのです。 かつて魏の山陽を落として東郡を置いた時もやりましたが、今回はそれ以上の規模でした。 キングダム642話ネタバレ「河了貂 Meets蒙毅」 咸陽に戻って来た 河了貂 かりょうてん は軍師学校の同門の 蒙毅 もうき に再会します。 すっかり大人になった二人ですが、人目につかない場所で愛を 囁 ささや くかと思いきや、トークの内容は秦国の東側についてでした。 仕事熱心というか、それしか出来ないというか、遊び慣れた兄の蒙恬と違い蒙毅は仕事人間のようです。 さて、人口を新しい領地に移動させるのは、かつて魏から山陽を奪い東郡とした時と同じですが、当然、大量の人口が右も左も分からない他国に行くのですから混乱が生じます。 この混乱を収拾する為に、牢獄から出された李斯が秦国の東部へ向かい、ここが秦の土地になる事を内外にPRしていました。 もちろん、領土の半分を失った趙は、屈辱を感じ焦りますが王翦が守っている上に、李牧を投獄されているので手も足も出ません。 河了貂は李牧がいない今が絶好の好機で、今こそ秦国はさらに趙の領内深く攻めるべきと発言します。 それに対し、昌平君も同じ事を考えていると蒙毅も言いました。 これは、結果として桓騎を総大将とする事により実現します。 扈輒 こちょう を滅ぼした桓騎は勢いづいて 邯鄲 かんたん を窺うわけですが、それが李牧の釈放を招く結果となり、桓騎は討たれてしまうのです。 ただ、これは史実の話でありキングダムではどうなるか分かりません。 キングダム642話ネタバレ「いよいよ論功行賞」 蒙毅と河了貂の話もそこそこに、舞台は咸陽の王宮へと移ります。 そう、いよいよ 論功行賞 ろんこうこうしょう が開始されたのです。 論功行賞が始まる前の李信ですが、あんな大きな屋敷をつけたのに下僕時代と変わらない袖が破れた普段着をつけています。 おいおい、そりゃあガチガチに緊張していた以前から考えれば、堂々たる風格と呼んで差支えありませんが、いくらなんでも普段着はないんじゃないか?王翦も王賁も蒙恬も摩論も、バジオウは、、普段通りだけど、それ以外はちゃんとよそ行きの服装をしているのに、、 本来なら昌文君が「李信!なんじゃ、そのみすぼらしい服は着替えんか!」と怒鳴りつけそうですけど完全スルーで、秦王政も気にしている様子がありません。 それ以前に、飛信隊は誰も李信の服装について注意しなかったのでしょうか・・なんというか細かい部分では揃いも揃って抜けているというか。 細かい事はともかく、論功行賞の第一功は、もちろん総大将を勤め三軍を纏め上げて鄴を落とした王翦です。 秦王嬴政から直接に宝剣を贈られました。 それに続いて、副将2名、 桓騎 かんき と 楊端和 ようたんわ にも第一の大功が授与されますが、双方とも本人はなく代理で摩論とバジオウが宝剣を受け取ります。 この宝剣に何の意味があるのか?それについては今後のネタバレ予想で考えてみます。 【次のページに続きます】 飛信隊もいよいよ一万の大所隊になったけど、軍の中核をなす中堅どころはちゃんと育ってるのだろうか? 千人将クラスだけでも十人必要だし、それに加えて二千、三千人、四千人、五千人と幹部が必要になるみたいだし 千人以上の軍を率いるなら単純な武力だけではなく統率力や戦術眼などいよいよ力任せだけじゃ足りなくなったくるはず 省みると、軍を率いる将器があるように見えるのは、楚水、岳雷、我呂、那貴位しか あとは、千人将と明記されてる田有 今までの戦では、あまりにも信にスポットが当たりすぎてて配下の成長シーンが皆無だったのがここでネックになっててこのままじゃ並の軍どまりって印象を抱いてしまう 思えば、大将軍である王騎だと幹部はみんな並の将軍以上の実力と言われてたし、廉頗なんかも配下も実力者揃いだった 今の飛信隊のメンバーで果たして輪虎や録嗚未に張り合える配下はいるのだろうかって思う。 単純に武力だけでも勝てそうに見えないし、軍としての戦になりうるの郭備隊か麃公兵くらいにしか思いつかない•

次の

【キングダム最新話649話ネタバレ速報】呂不韋の死後秦はどう攻める?|ワンピースネタバレ漫画考察

キングダム 642話 ネタバレ

スポンサーリンク 秦人の大移住計画 鄴攻略から五ヶ月後。 ここは秦国の列尾近くにある村。 畑を耕す男たち。 手を休めてふと顔を上げると、道には人がゾロゾロ歩いていました。 道を覆いつくほどの人数。 もう半日は流れが途切れていません。 家族総出でゾロゾロと歩く人々は、まだ見ぬ新天地を目指していたのです。 新天地こそ、秦国の新領土。 列尾・橑陽・鄴の三角地帯でした。 三角地帯を着実に秦国のものとするべく、多くの人が送り込まれていたのです。 早く移住すれば得があると考え、破格の好条件に自ら動いた者。 ほかにも、強制的に村ごと移住させられた者達もいました。 その規模は、「三陽東群化」の比ではない人数だったのです。 原泰久『キングダム』642話より引用 そして、移住した人々を守るべく、軍隊も途切れることなく派遣されていました。 これはまさに、秦人による未知の地への「大移住計画」だったのです。 一方で、場所は咸陽。 城内では、河了貂と蒙毅 もうき が久しぶりの再会。 お互い元気な様子に喜んでいました。 河了貂が城を訪れたのは、先生に呼ばれたから。 ちなみに、先生とは昌平君のこと。 河了貂は、昌平君の軍師学校で知識や技術を学びました。 蒙毅は蒙恬の弟で、同じく軍師候補生として河了貂と一緒に学んだ仲になります。 河了貂は少しでも蒙毅と話ができたらと思い、早めに城を訪れていました。 二人は近くにあるイスに腰掛け、互いの近況を報告し合います。 河了貂が先生に呼ばれたのは、朱海平原の報告のため。 今後のためにも、事後の戦局解説は大切です。 他の隊はもちろんのこと、飛信隊では軍師の河了貂が何度も呼ばれていました。 蒙毅も先生の手伝いをしていますが、とても忙しくしているようです。 話の途中で、ふと蒙恬の話を思い出した河了貂。 悲しそうな表情で、故漸 こぜん 副長の話を始めました。 原泰久『キングダム』642話より引用 故漸とは、蒙恬と蒙毅を親代わりに育てたお爺さん。 蒙恬と共に朱海平原にて戦っていましたが、龐煖の奇襲によって命を落としました。 無論、故漸が亡くなったことは蒙毅も兄から聞いています。 さらに、信が龐煖を討ったこと。 龐煖を討つために、信が仮死状態になるほど激闘だったことも知っていました。 本来であれば、蒙恬自身が龐煖を討ちたかったことでしょう。 蒙恬は、仇を討ってくれた信に対して感謝していたのです。 なにより、犠牲者は故漸だけではありません。 飛信隊も多くの仲間を失いました。 だからこそ「立ち止まらず前に進まないと」と、河了貂は力強く言ったのです。 「その通り」と、納得する蒙毅。 久しぶりの再会です。 列尾の向こう側で何が起きているのか、蒙毅が状況を教えてくれることになりました。 蒙毅は、持っていた地図をテーブルの上に広げます。 待っていましたとばかりに、嬉しそうな河了貂。 蒙毅に会いに来たのは、これが目的だったようですね。 スポンサーリンク 昌平君の次なる作戦 原泰久『キングダム』642話より引用 まずは、新領土を地図で確認。 列尾・橑陽・鄴の三角地帯が秦国の領土になりました。 しかし、よく見てみると、魏国によって山陽近くまで領土を取られているではありませんか。 魏軍の相手をしていたのは騰軍。 列尾貫通のため、仕方なく持ち場を離れました。 その隙を狙って、魏国の呉鳳明が攻め込んでいたのです。 現在は列尾一帯が落ち着いたため、騰軍は再び現場へ急行。 魏軍の侵攻を止めている状態です。 山陽近くを魏国に奪われましたが、それでも趙国の領土を奪えた方が得といえるでしょう。 とにかく、今は新領土を秦人で埋めるため、移住が最優先となっていました。 ただし、列尾より先はまだ不安定な場所。 人々が安心して生活できる環境を整えることが大切です。 そこで、李斯 りし が現地に派遣されました。 山陽の経験もあることから、無駄なく効果的に秦国化が進んでいるようです。 蒙毅の話を真剣に聞いていた河了貂。 鄴付近まで秦国化が進んだとはいえ、趙国の王都・邯鄲を占拠できたわけではありません。 すなわち、新たな国境の前線が生まれたことになります。 当然、土地勘がある趙軍のほうが有利。 気を抜けば、趙軍に攻め込まれる危険性がありました。 そこで現在は、王翦将軍を筆頭に趙軍の逆襲に対抗していたのです。 鄴城は桓騎軍。 橑陽城は楊端和が守っていました。 二つの城の間を、王翦軍が守っていたのです。 戦況は今のところ悪くありません。 原泰久『キングダム』642話より引用 なぜなら、李牧がまだ地下牢に閉じ込められているから。 河了貂は驚きます。 李牧が連行されたことは、先生から聞いていました。 しかし、未だに生きていることに驚いたようです。 噂では「死罪」になるはずでした。 しかし、李牧の腹心達が騒いだため、斬首は執行されていなかったのです。 邯鄲に迫る勢いで戦う王翦軍。 捕らえられたままの李牧。 蒙毅は河了貂に尋ねました。 「この状況をどう思う?」 河了貂は眉間にシワを寄せて考えます。 あの大戦から五ヶ月しか経っていません。 いや、むしろ五ヶ月経ってしまったといってよいでしょう。 軍師として、河了貂の気持ちは決まっていました。 「李牧が欠け、ゴタついている趙には 今こそ攻め刻だ」 原泰久『キングダム』642話より引用 同意見だった蒙毅。 先生も同じ考えだったようです。 そのため、すでに先生は大戦略の思案に入っていました。 ついに、王都の邯鄲を標的にするということでしょう。 河了貂は驚いて立ち上がります。 緊張が走るなか、「フッ」と笑い出す蒙毅。 いずれは邯鄲を攻め込むことになるでしょうが、それはまだあと。 今は先生も蒙毅も忙しいため、行動に移すのは少し先になりそうです。 大事なことは、手前のやることを一つずつ。 式典も大事な一つといってよいでしょう。 キョトンとする河了貂。 蒙毅は笑顔で言いました。 「ずっと先送りになってた 『論功行賞』だよ!」 原泰久『キングダム』642話より引用 スポンサーリンク 待ちに待った瞬間 論功行賞が行われる当日。 本殿には、多くの文官と呼ばれた兵士たちが集まっていました。 式典に出席するため、控室で待つ李信。 着替えを用意されていたにも関わらず、いつもの服装のまま出席するようです。 控室から李信が外を眺めていると、話しかけてきたのは政。 大王らしい華やかな衣装を身にまとっています。 しかし、準備はまだ終わっていないようで、数人の側近が焦っている様子でした。 政は周囲を気にせず、李信へ近づき肩に触れて言ったのです。 「いよいよだな」 原泰久『キングダム』642話より引用 目が合う李信と政。 それだけ言うと、政は正殿に戻って行きました。 呆然と立ち尽くす李信。 手すりに寄りかかり、空を見上げて「ふー」と息を吐いたのです。 おそらく、政の一言で李信は察したのでしょうね。 そして、本殿に集まった多くの人々。 ついに式典が始まります。 まず、政と向き合って立っていたのは王翦将軍。 跪いて頭を下げます。 邯鄲付近にある前線は気が抜けない状態のため、三将全員が持ち場を離れるわけにはいきません。 総大将の王翦だけが出席。 第一功の特別大功を授かりました。 桓騎と楊端和も同等の特別大功を授かりましたが、会場にはいません。 代わりに摩論とバジオウが受け取っていました。 原泰久『キングダム』642話より引用 次に呼ばれたのは、王賁・蒙恬・李信の3人。 蒙恬と王賁は正装。 李信だけいつもの服装で浮いています。 式典会場が盛り上がっている頃、飛信隊の多くは少しでも早く結果を聞こうと集まっていました。 いくら仲間とはいえ、隊員全員が式典への参加は許されません。 咸陽深部の許されるギリギリの場所まで入り、皆で待機していたのです。 式典会場にいるのは河了貂。 そこから、一定間隔で中継役を配置。 河了貂のGOサインによって、外で待つ飛信隊に伝えられるようになっていました。 みんな緊張した表情で、固唾を飲んで待っていたのです。 そして、いよいよ声高らかに功績が称えられ始めました。 まずは、楽華隊の蒙恬。 朱海平原では、五千人将でありながら秦左翼の将となって活躍。 紀彗軍三万の軍勢と十五日間に渡って戦いを繰り広げ、閉じ込めることに成功。 勝利の立役者といってよいでしょう。 よって、第一等の特別功となりました。 微笑む蒙恬。 心の中で、故漸こと「じィ」に呼びかけていました。 次に、玉鳳隊の王賁。 朱海平原では、秦右翼にて独立遊軍として活躍。 原泰久『キングダム』642話より引用 亜光将軍が倒れてからは、筆頭となって秦右翼を牽引しました。 さらに、趙将の尭雲を討ち取っています。 よって、第一等の特別功となりました。 無表情の王賁。 後方では歓声を上げる玉鳳隊。 感極まる番陽の姿がありました。 最後に、飛信隊の李信。 朱海平原では、玉鳳隊と同じく秦右翼にて活躍。 黒羊では趙将岳嬰を討ち、さらには趙峩龍まで仕留めました。 そして、強敵である趙三大天の龐煖を自らの手で討ったのです。 もちろん、泣いているのは李信ではありません。 河了貂のGOサインによって、各中継役が両腕で「丸マーク」をジェスチャー。 城壁から見えた「丸マーク」に、飛信隊全員が同じタイミングで号泣。 尾平、田有、田永などが互いに喜び合ったのです。 会場にいた河了貂や渕も泣いていました。 原泰久『キングダム』642話より引用 周囲が喜ぶなか、「へへ」と笑うだけの李信。 蒙恬は笑顔で「感動してる?王賁」と、からかう始末。 王賁は相変わらず無表情で「うるさい、ふつうだ」と返事するのみ。 三者三様の反応ですが、若きエース達がついに将軍へ。 大きな一歩を踏み出したのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 642-643 話のまとめ 今回は、朱海平原での功績が認められ、三人仲良く将軍に任命された瞬間が印象的な回でした。 予想はできていたものの、信が将軍になれたことは自分のことのように嬉しいです。 最初に漂と約束した、天下の大将軍になる夢。 今やもう、信と漂の夢だけではなくなりましたね。 原泰久『キングダム』642話より引用 支えてくれる多くの仲間。 そして、犠牲になった同志たち。 たくさんの人々が、李信を応援してくれているといってよいでしょう。 やはり、大きな夢であればあるほど、一人だけの力では叶えられません。 李信が将軍になれたのも、飛信隊の支えがあってこそ。 きっと天国にいる漂、朱海平原で散った松左や去亥も喜んでいるのではないでしょうか。 ただし、将軍はあくまで夢の通過点。 これからも、大きな壁に挑み続けなければいけません。 少しずつ着実に成長し続ける李信。 はたして、邯鄲に挑むのはいつになるのか!? 次回がとても楽しみです!.

次の

キングダム 646話ネタバレ最新確定速報!趙を滅ぼす遷の登場と李牧の逃亡!

キングダム 642話 ネタバレ

こういうふざけたヤツは実はめっちゃ冷静で恐い。。 知らんけど。 ついに人々が待ちに待った瞬間が訪れたのです! それは、秦国王都の咸陽に信たちが凱旋すること。 戦士たちによる華やかな雰囲気の先頭にいるのは、もちろん信でした。 その隣には河了貂もおり、後に続く飛信隊の隊員たちも誇らしげ。 「信五千人将、よくぞ龐煖を倒してくれたー」 「渕副長もよくやってくれた!」 というように、戦士達を褒め称える声が鳴りやみません。 干斗達は初めての経験のようで、女性に囲まれてデレデレ。 橋の上で凱旋を眺めていたのは政でした。 昌文君も隣にいて、穏やかな表情をしており「信に会わないのか?」と聞いています。 もちろん、信とは後で時間がある時にゆっくり会おうと決めていると。 そして、帰還した兵達を待っていたのは、それぞれが武功に合わせた褒賞でした。 しかし、論功行賞は全ての武将が揃っていないのでまだ先のようです。 信の家が新しく? 干斗は信に「隊長の家はご出身の城戸村にあるんですか?」と聞きます。 信は、自分の家があるのは風利という場所で、城戸村には住んでいないと答えます。 言われてみれば、信の家を見た事がないと言い出す男たち 笑 信はある程度の武将ですから、報酬についてもそれなりにあるはずだと。 飛信隊の新人たちは、隊長なら立派な屋敷に違いないと気になっていたようです。 とはいえ、信自身も家に帰るのは1年ぶりのことで、お金を大工の田有に渡して新築を頼んだままでした。 久しぶりに自分の家に帰った信の家は、鄴攻めに行っている間に田有の組で家を仕上げ、完成させていました。 そして、飛信隊のみんなで信の屋敷を見に行くことになったのです。 到着して、目の前に現れたのはボロい小さな家・・・ まさか・・・あまりの衝撃で言葉がでない尾平たち。 信自身は全く気にしていないようで、むしろ「前より渋くなってる気がする」と田有をほめています 笑 新人達の予想に反して、ボロい建物にすっかりテンションがダウン。 しかし、小屋が新築ではありませんでした、 左側を見ると、目の前には立派な新居が建っていました! とてつもなく広大な敷地の中には、塀に囲まれた立派な建物がいくつも並んでおり、あまりの凄さび絶句しています。 その夜は信の新築の家で、宴を開催することになりました。 それぞれが家族を連れて来てきており、豪華な食事においしいお酒で、子供達も大はしゃぎです。 尾平は、東美と友理を連れてきたようです。 東美と言えば尾平の婚約者で、友理は亡くなった尾到の婚約者です。 厨房で腕を振るうのは竜有と河了貂。 新居ということで、かなり厨房も使いやすいようで次々に料理を作ります。 信のように五千人将となれば、ここまで立派な屋敷に住めるということに新人の干斗たちは、夢を膨らませていました。 王宮に呼ばれた信 信が活躍したことで、王宮に呼ばれていました。 その際に、河了貂も一緒に行くことになりましたがある問題が・・・ というのも、信には姓が無いということ。 ここまで上り詰めて、将軍にもなった信に姓が無ければ付いてくる者たちに対して、示しがつかないということらしいです。 信はもし姓をもらうことがあれば、漂の姓を受け継ぐと決めていました。 漂はいつも信と共に歩む存在として、共にいました。 これまで信が地獄に迷い込みそうになった時は、羌瘣と一緒に助けてくれました。 これまで幾度となく漂に救われてきた信。 どんなことがあろうとも、2人の行き着くところは同じだと決意していました。 絶対に2人の名前を歴史に刻むのだと、宣言していた漂のためにも姓を受け継ごうと考えていたようです。 こうして信は、漂の姓から「李」を受け取って、「李信」と名乗るようになります。 いきさつを聞いた嬴政は「了解した」と、これまでの話にも納得している様子です。 李牧の処刑が執行? 登場していない李牧ですが、王からの命令で邯鄲へ召集されて、現在でも恐らく牢獄に閉じ込められたままという状態でしょう。 李牧は罪人扱いなのは間違いない事実ですが、このあと李牧の身に起こるのは一体どのようなことなんでしょうか? 気になったのは、悼襄王が李牧に言ったある言葉でした・・・ それは「鄴を失ったらお前を切り刻む」というもの。 このような残酷な言葉を受けて、李牧は戦いを行っていたのです。 この発言は李牧だけに向けられたものではなく、一党ごと皆殺しするというようなニュアンスの発言だったそう。 極めて非道な宣言だと思います! とはいえ、趙にとっても秦にとっても、鄴というのはそれだけ重要な要所であったことには変わりないです。 しかし、現在はご存知の通り鄴はすでに崩落して、奪い返すこともほぼ不可能。 もしあの時、李牧が捕まらなかったら、李牧の忠告を聞いていれば・・・ 再び鄴を取り戻すチャンスはあったかもしれません。 列尾の扈輒将軍には、李牧が斬首されるという情報も入ってきており、かなりヤバイ状況なのは間違いないでしょう。 救出される李牧 扈輒将軍は李牧を助けると公言していました。 王に進言して斬首を免れるという展開はあり得るのでしょうか? 実際の歴史を見てみると、李牧は史実では鄴攻めの段階ではまだ死ぬことはありません。 仮に、史実通りの展開であれば、扈輒将軍たちの進言か救出によって助かる可能性も高いと思われます。 しかし、これから秦が本格的に攻めてくるという状況で、内戦状態になれば負けるのは確実です。 なので、さすがに反乱することはないかと思いますが、李牧を解放するためひと悶着あるかもしれませ! 個人的には、このまま李牧が斬首された場合は趙は、すぐに滅びてしまうのが目に見えていると思います。 李牧の生死の行方については、今後の趙の存亡にも関わると思いますので気になるところですね。

次の