ご了承いただきたく存じます。 「いただきたく存じます」の意味と類義語、ビジネスにおける使い方

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

ご了承いただきたく存じます

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

次の

間違いの多い敬語「存じます」の意味と使い方・例文

ご了承いただきたく存じます

監査では、前年度決算を監査して頂き、その後理事会で前年度決算・当年度予算の原案作成および新役員・理事候補者の選出を行っております。 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、福岡県からの休業要請に基づき4月20日現在で大学も閉校している状況にあり、監査・理事会につきましては秋季に延期させて頂くこととなりました。 なお、これらにつきましては現時点での予定であり、今後社会情勢に伴い中止、または代替開催方法での実施判断となる場合もございますので、ご了承いただきたく存じます。 詳細未定です。 総会では、前年度決算、当年度予算および役員等の審議が行われ、その後、学部長等から教育方針・大学や学部の現状説明、学事報告を行っております。 また、総会当日は特待生等の表彰式、各学部教員による個人面談、保護者のための就職説明会を行っております。 個人面談では、学業成績・留学・進学・奨学金・資格・就職等についての質問や相談をお受けいたします。 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年の6月開催が困難であることから、11月7日(土曜日)に延期させて頂くことになりました。 保護者の皆さまには9月中旬に開催のご案内をお送りする予定です。 なお、これらにつきましては現時点での予定であり、今後社会情勢に伴い中止、または代替開催方法での実施判断となる場合もございますので、ご了承いただきたく存じます。 詳細未定です。

次の

「ご了承いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご了承いただきたく存じます

お断りメールの書き方3つのポイント はっきり断る 相手が目上や取引先の人だったりする場合、「断る」という行為はとてもハードルが高いです。 今後の付き合いがなくなるかもしれないと不安になるかもしれません。 だからといって言葉を濁して曖昧にすませてはいけません。 相手はYESかNOかを求めているため、 曖昧な返事をしてしまえばYESに捉えられてしまい、後々面倒になってしまうこともあります。 「断るほどでもないのでは?」という場合は別の案を提案するのも一つの手段ですが、そうでない場合は、 相手のためにもはっきりした断りの文言を入れましょう。 感謝の気持ちを述べる 「断る」「断らない」という選択が迫られるような状況のとき、相手は自分に対して時間を割いてくれたり、何かしらの労力を費やしてくれていることが多いと思います。 ただ断りの一言しかなければ、「配慮がなっていない」と思われてもおかしくありません。 対面でもメールでも、 断るときには必ずお礼も一緒に添えることを心がけましょう。 提案してくれたことに対するお礼を忘れなければ、たとえお断りメールだとしても、相手をそこまで嫌な気持ちにすることはないはずです。 また、お誘いを断るときには、感謝の気持ちを述べると同時にお詫びの形の文面にすると角が立ちません。 この度はイベントにお誘いくださりありがとうございます。 あいにくですが当日は地方へ出張に出ておりますので、参加を見送らせていただきます。 せっかく声をかけていただきましたのに申し訳ございません。 クッション言葉をうまく取り入れる はっきり断るといっても、「無理です」「できません」といった言葉だけでは相手を不快な気持ちにさせてしまいます。 メールは文面でしか伝えられないからこそ、 クッション言葉をうまく使いながら、なるべく優しい表現ではっきり断るのが理想です。 お断りメールでぜひ使いたいのが、「大変恐縮ですが」「せっかくなのですが」などのクッション言葉です。 これらをうまく取り入れることによって、相手に対する申し訳なさをしっかりと文面に取り入れつつ断ることができます。 クッション言葉の例.

次の