日向坂 チーム8 オードリー。 欅坂46×澤部・土田、日向坂46×オードリー……グループ力を際立たせる坂道×芸人の関係性

【日向坂46】最大の解散危機…オードリー「金スマ」出演にリトルトゥース過ぎる松田好花も大興奮!

日向坂 チーム8 オードリー

日向坂46の松田好花(20)はグループきっての優等生メンバーです。 冠番組内の「キン肉マン」企画で大活躍し、MCのオードリーから優秀ぶりを称賛されました。 グループを支えていきます。 【横山慧】 「キン肉マン」と同じガッツポーズする松田好花(撮影・中島郁夫) 「ソンナコトナイヨ」のパフォーマンスは、激しいダンスが特長だ。 「フルで踊ると、息切れがすごいです。 私自身、身体能力は、飛び抜けていいわけでもなく、悪いわけでもなく…」と申し訳なさそうに話し、「ちょうど中くらいで、バラエティー的には、おもしろくない身体能力ですかね」と笑った。 バラエティー番組に真面目に取り組む姿勢が、「日向坂で会いましょう」での活躍につながっている。 昨年2月、同番組名が「ひらがな推し」だった当時に放送された、オードリー春日俊彰(41)がメンバーに「キン肉マン」の魅力を教える企画。 慣れない少年漫画の用語に苦戦するメンバーが多い中、完璧に予習した松田が次々と問題に答えていった。 「確か年末に、番組の方からメンバーに『正月休み中にできれば読んできてください』って資料とか漫画を渡されたんです。 私は宿題とか課題みたいな感じだからやらなきゃダメだと思って、休み中に詰め込みました。 だから、収録当日にみんなが案外覚えてきていなかったのが衝撃でした。 私が真面目すぎたのか、と思いました(笑い)」 結果的には、高い適応力でオードリーから絶賛された。 番組スタッフからは「あれだけやってきてくれたおかげで番組が成立したから、本当に助かった」と感謝されたという。 「間違ってなかったんだ、と思えました。 あれがターニングポイントです。 ファンの方からも『あそこで好きになった』って言ってくださる方が多いです。 頑張ってよかったです」と笑った。 真面目な性格は学生時代から変わっていない。 中学受験を経て、京都の有名私立校に入学した。 当時から宿題や課題は必ずやるタイプだったという。 「成績は、バラエティー的におもしろくない、中くらいでした」と言うが、中3の時には生活委員長に選ばれた。 「基本的にはペットボトルのキャップを集めたり、健康診断の器具を体育館に持っていったり…」と活動内容は地味? だが、各クラスから委員が集まった生活委員会ではしっかり議長を務めていたという。 アイドルになる以前は、3歳から始めたクラシックバレエが生活の軸だった。 運動部とは両立が難しく、高校では軽音部でギターを習得した。 高3の夏、けやき坂46(ひらがなけやき)のオーディション中に、バレエの発表会にも出席。 加入するまで約15年間ストイックに続けた。 スタッフや関係者からも評判の優秀さは、乃木坂46のキャプテン秋元真夏(26)に例えられることもある。 ある雑誌のスタッフからは「秋元真夏さんに似ている。 ブログにも求められることをちゃんと書いているし、普通にうちの会社に欲しい人材」と言われたこともあるという。 楽曲での振り付けを披露する松田好花(撮影・中島郁夫) 自分の役割もしっかり分析している。 「日向坂46の中では、思ったこととか、ここはダメだなっていうところを口に出せるほうだと思います。 ダメだと思った時はちゃんとメンバーに伝えていきたいです。 あいさつとか、静かにしなきゃいけない時とか」。 グループのためなら、嫌われ役も買って出る。 「普段の生活から、ちゃんとしていこうと思っています。 楽屋とかでも、お弁当や差し入れのお菓子の箱が空のまま残っていたら、『なんで全部食べたのに捨ててないの!』って言いながら、たたんで捨てています。 生活委員長から、ちょっとつながっているんですかね(笑い)」 もちろん、アイドルとしての意欲も高い。 「やりたいことはめちゃめちゃあります。 日向坂46の冠でラジオ番組を持ちたいとか、もっと演技のお仕事にも挑戦したいとか…」。 18年の舞台「七色いんこ」ではヒロイン役を好演した。 「大きな刺激を受けました。 あれも転機の1つです。 また1人で作品に出られることがあれば、たくさん学んで成長したいです」と力を込めた。 日向坂46は、昨年3月「キュン」でのシングルデビューから破竹の勢いで駆け上がり、NHK紅白歌合戦にも初出場した。 今年12月には初の東京ドーム公演も控えている。 「2020年も『ソンナコトナイヨ』でいいスタートを切りたいですし、デビュー年に負けないくらいの活躍がしたい。 ここからさらに坂を上って、東京ドームに見合うアーティストになりたいです!」。 17年8月、日向坂46改名前のけやき坂462期生として加入。 愛称「このちゃん」「松田この」。 157センチ。 血液型A。

次の

日向坂46 影山優佳、『日向坂で会いましょう』復帰でどう変わる? 企画でも活躍しうる演技力やキャラクター(リアルサウンド)

日向坂 チーム8 オードリー

センター 東村芽依 2. セカンド 丹生明里 3. ショート 渡邉美穂 4. ピッチャー 小坂菜緒 DHありなら加藤史帆 5. ファースト 佐々木美玲 6. キャッチャー 佐々木久美 7. サード 金村美玖 8. ライト 松田好花 9. レフト 潮紗理菜 ピッチャーは先発が小坂菜緒、中継ぎが高本彩花、抑えが加藤史帆 殺人投法にならない事を願いたい 補欠ピッチャーは山口陽世、上村ひなの 変化球だからナックル投げられたらかなり強い 、河田陽菜、富田鈴花 原付並の速度だったけど実際はもっと速度あった感じする キャプテンはもちろん佐々木久美 マネージャーが宮田愛萌 補欠 残りメン 特徴はメンバーの運動神経で選んでみました。 そして、セカンド、ショート、サードは埼玉トリオで外野に抜けさせないようにしました! 笑 ブラックトライアングルが守備をするポジションとは多少違いますが守備が堅いです!.

次の

日向坂46松田好花、高い適応力にオードリー絶賛

日向坂 チーム8 オードリー

お笑いコンビのオードリーが、5月1日放送のTBS系バラエティー番組『中居正広のキンスマペシャル』(後8:57)に出演。 番組では今年4月で結成20周年を迎えた2人に、13時間にも及ぶ超ロングインタビューを敢行。 それをもとに知っているようで知らないオードリーの半生から、両親の話、それぞれ既婚者となった2人のプライベートエピソードまで、NGなしですべて激白する。 売れても家賃3万9000円の安いアパートに住み続けた春日俊彰と、気が合う友人は山里亮太、バカリズムだという若林正恭。 そんな2人に人生で影響を受けた人物を聞くと、春日は「祖父」、若林は「父」とそれぞれ語る。 2人はどのような家庭で育ったのか、実家から堀り起こした超貴重な映像や写真とともに、2人の半生に迫る。 2人が出会った中学時代のエピソードでは、初対面での2人のやりとりに、中居正広が「若林の方もヤバイな」とぶっちゃけ。 春日が中学時代に憧れていた芸人を明かすと、驚きと笑いが起こる。 昨年立て続けに結婚を発表し、世間を驚かせた2人だが、興味津々に聞いてくるスタジオパネラーに、若林は恥ずかしがりながらも「交際3ヶ月スピード結婚」について語る。 記事全文は より引用しました•

次の