タピオカ恫喝。 木下優樹菜のタピオカ恫喝騒動から何を学ぶか

木下優樹菜が恫喝したタピオカ店オーナーの息子がツイッターで証言

タピオカ恫喝

煮戻してや、、の浮身などに用いられる。 黒、白、カラフルなタイプとさまざまな色が着けられた製品がある。 タピオカパール、スターチボールをに入れた(: 珍珠奶茶)は、発祥の地であるはもとより、現在ではや他の、諸国などでも広く親しまれている。 乾燥状態で直径5以上の大きな粒の場合、煮戻すのに2程度かかる。 また、水分を少なめにして煮ると粒同士が付きやすくなるので、型に入れて冷やし、粒々感のあるゼリーの様なデザートを作ることもできる。 欧米では、風味のタピオカがよく知られている。 では小粒のものを煮てに入れて甘いデザートとして食べる。 他に、ののように豆類を甘く煮た汁と合わせたり、果汁と合わせたりもする。 タピオカパールと同様の食品として、のでん粉で作られるサゴパールが有る。 また日本ではタピオカパールの代用品として「こんにゃく」が使用されることが多い。 タピオカパールは茹でた状態で水中に放置した場合、水分を吸収してぶよぶよに膨張し、もちもちとした食感は失われる。 また空気中に放置した場合は水分が再度蒸発して乾燥してしまう。 このため「茹でてあるタピオカパールを注文を受けたその場でドリンク内に投入したりデザートにトッピングする」以外の「工場でドリンク内に投入されたりデザートにトッピングされパックされた状態で店舗へ納品されてくる」タイプの飲食製品に、本来のタピオカを使用することは不可能である。 これを補うため、「甘い味付けとイカスミなどの色素による着色を施したこんにゃく もちもち食感を出すために原料に少量のキャッサバを含める場合もある 」が代用品として使用されている。 この代用こんにゃくタピオカを食した場合は、本来のタピオカパールを食した際であれば発生し得ないアレルギー反応などを生じることがあるため、日本においては商品名にタピオカと書いてあっても、原材料名やアレルゲン表示を確認する必要がある。 食品加工 [ ] デンプンにはを吸着する性質があるため、乾燥状態の硬さがちょうどいいことからも、を作るための方法の一つのNTWP(ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス)加工法に用いられる。 工業利用 [ ] による化処理を経て用のとして利用される。 使用する際には水を加えて加熱し、化した上での中に混ぜたり、紙の層の間にスプレーする。 また、紙の表面に塗布して、吸水しにくくするためのとしても用いられる例がある。 チューブのりの原料としても利用されている。 日本での歴史 [ ] でを研究する長友麻希子によると、後期の、はタピオカに「答必膃加」の字を当てて医薬書を翻訳したという。 半ばには高級な食材として知られ、の料理の本に紹介された。 戦中は前線のがの代わりに空腹をいやした。 戦後も食品の加工に使われてきたという。 脚注 [ ] [].

次の

「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫・藤本も巻き込み失う巨額マネー

タピオカ恫喝

今年7月20日オープンのタピオカドリンク店『#ALLRIGHT』(東京・西小岩)のオーナー夫妻側は、 「そもそも、この店の経営に木下さんや姉のA子さんはまったく関わっておらず、木下のSNSは一方的な見解だ」と主張しており、さやかさんと幼稚園のママ友というオーナーの妻・Xさんがトラブルの経緯を説明しています。 Xさんによると、さやかさんはここ最近、家庭内のストレスなどから精神的に疲弊した状態にあり、Xさんは度々その相談を受けていたといい、そうした中で少しでも気晴らしになればと思い、 「タピオカ屋をオープンするから一緒に働く?」と誘ったそうです。 これに対してXさんは、 「急に辞められるとお店の運営上も困ることや、木下優樹菜さんの姉の店だと聞いて来てくれたお客さんに申し訳ない」との思いから、仕事を続けて欲しいとお願いしたそうなのですが、 全く話し合いにならなかったため、さやかさんはそのまま9月にタピオカドリンク店を辞める結果になったとのことです。 木下優樹菜さんは10月6日に更新したインスタグラムやブログで、 「給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました」などと綴り、オーナー側の対応を非難していましたが、これについてXさんは、 「働いてもらった分の給料はもちろん支払うと伝え、手渡しするので営業中に取りに来てとA子さんには伝えていました。 しかし、彼女はなかなか取りに来ませんでした。 これを木下さんは《給料未払い》とインスタグラムに投稿されていましたね。 実際には、あまりに取りに来ないので、9月末にすべての給料を振り込みで支払っています。 」と反論しています。 また、木下優樹菜さんは 「盗んだ犯人みたいな扱いされたり、、意味がわからなくて。 とっても悲しい気持ちになりました。 」とも綴っていたのですが、その経緯についても、 「9月のある朝、店を開けるとレジの後ろに置いていた、A子さんの名前が書かれた衛生管理者のプレートが無くなっていました。 一応、警察に届けたのですが警察からは『合鍵を持っている人に確認をして下さい』という指示を受け、辞めた後も合鍵を持っていたA子さんにも『衛生管理者のプレートを知らないか』という確認をしました。 この経緯から、彼女は『犯人扱いされた』と感じたのか、優樹菜さんのインスタには《盗んだ犯人みたいな扱いをされたり、、》と書かれていました。 」としています。 A子さんも、私たちに対し、『私のお店みたいになっちゃってごめんね』と話していたのです」と語り、さやかさん本人も店のオーナーでは無いという認識だったとしています。 今回の件でオーナー夫妻が最も問題視しているのは、ツイッター上にも流出している木下優樹菜さんから送られてきた恫喝まがいのダイレクトメッセージだそうで、 「我慢も限界だと感じたのは、優樹菜さんから直接送られてきたダイレクトメッセージを見たときでした。 内容は、あまりにも幼稚な言葉遣いで《色々頭悪すぎなw》《あと逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ》などの脅迫じみたメッセージでした。 あまりの暴言に私たちも驚いています」と語っています。 続けて、 「騒動以降、店にはよくイタズラ電話がかかってくるようになりました。 怖いです。 その後、木下さんからは謝罪のDMが来ましたが、誠実な対応と言えるようなものではありませんでした。 法的措置も考えています」と明かしています。 それ以降も、店を訪れたお客から「優樹菜ちゃんの姉さんのお店ですよね!」と言われることがあったそうですが、さやかさんは必ず 「違うんですよ、オーナーさんに働かせてもらっています」と伝えていたとし、オープンから間もなく『週刊新潮』の記者から取材を受けた際にも、 「私のお店でなく、オーナーさんのものです。 私は働かせてもらっていて、木下優樹菜も関係ありません」と伝えたとのことです。 なお、『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が配信した記事では、さやかさんが店のオーナーだと伝えていたほか、取材に対して 「優樹菜は妹だからインスタにあげてくれただけで、何も語る気はありません」と言って、取りつく島もないとしていました。 この記事を見たXさんは、 「優樹菜ちゃん、軽はずみな行動を取ったね」と話していたそうで、さやかさんは迷惑を掛けてしまったと思い、オーナーやオーナーの母親に謝罪に行ったところ、 「雑誌なんて載りたくても載れるものじゃないし、売れてナンボなんだから大丈夫だよ!」と言ってもらったといい、木下優樹菜さんの宣伝を嫌がっている様子は無かったそうです。 一方で、オープン当初からXさんとさやかさんの意見には食い違いがあったとし、 「そもそも、一緒に経営をするというような誘い方をされたのです。 資本金も半分払うつもりでしたが、Xさんに『うちの会社で払うから大丈夫! 』と断られた。 内装のデザインなどもXさんが1人で決めていたので、そのときから私は経営ではないという自覚がありました。 」とさやかさんは語っています。 そして、オープンから7月末まではお金の話はほとんどせず、7月末にXさんの方から7月分の給料を手渡され、その際に来月の仕事について具体的な話となり、そこで 「給料は毎月25日締めでその月の月末払い」「時給1000円」という給与体系が決まり、さやかさんの出勤ペースは 「人が足りない時のパートとしてお願いします」「(子育てがあるため)17時までしか働けない」と伝え、8月中は毎週金曜のみ出勤することも決まったといいます。 こうして具体的な話をしてから1ヶ月後の8月30日に、Xさんの方から 「今月、ほとんど私1人でやるのキツかったから、来月からは日数多めに出勤して欲しい」と告げられ、これに対してさやかさんが子育てがあると伝えたところ、 「共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ」と言われたそうです。 さやかさんは「共同経営者」という言葉に引っかかったため、夫に「もうお互いによく分からなくなっている」などと相談し、もう店を辞めた方がいいのではと思ったことから、翌日の8月31日に再びオーナーと話し合いを行い、そこで初めて 「私は辞める方向だ」と伝え、その他のことについてもお互いに心の内をぶつけ合い、その上でXさんから 「じゃあ、出られるときだけ出てね」と言われたため、ここで和解できたとさやかさんは思ったとのことです。 しかし、その翌日の朝になるとLINEで「共同経営だと言った」「言っていない」といった意見の食い違いが再び発生し、9月2日にさやかさんの夫を含めて話し合おうということになり、その場でさやかさんが再び店を辞める意向を伝えたものの、解決とはならなかったそうです。 その後も曖昧な状態が続いていましたが、9月14日に店の合鍵を届けに行き、同3日時点で 「(8月分の給料は)いつでもいいので取りに来て下さい」との連絡を受けていたため、14日には給料をもらえるだろうと思っていたものの、その時には支払われなかったため給料について話をしたところ、 「今日、渡すって言っていないよね?」と言われたため、さやかさんは 「もういりません」と伝えたといいます。 その後、後日振込みをするとの連絡があったそうで、結局給料の問題は解決したそうなのですが、店から無くなったというさやかさんの名前が書かれた衛生管理者のプレートに関しては、 「私は衛生管理者のプレートに触ってもいません」と関与を否定しています。 さやかさんはこうした経緯を木下優樹菜さんにも伝えていたそうで、 「優樹菜のインスタを見て来てくれたお客さんもいたので、私はすべての経緯を優樹菜に報告しました。 すると、感情的になった優樹菜はインスタの投稿やDM(ダイレクトメッセージ)を送るなどしてしまった。 これらの行動は、すべて優樹菜が悪いと私も思っています。 芸能人という自分の立場を深く考えず、事務所などにも迷惑をかけ、軽率過ぎる行動だったと思います。 そこは姉としても注意したいと思います」と語っています。 『週刊文春』はさらに、木下優樹菜さんと親しい業界関係者にも話を聞いており、 「あまりにも感情的になりすぎてしまい、自分の立場を考えず、相手方に大変失礼なことをしたと木下も反省しています。 謝罪の気持ちが強くあり、その旨は相手方に伝え続けている最中です。 また、事務所や関係者にも多大な迷惑を掛けたと後悔している様子です。 家族のことで熱くなりすぎましたが、今後は節度ある行動を心掛け、相手方にも謝罪の気持ちを伝えていくと話していました」と現在の状況を明かしています。 この報道を受けてネット上では、• 内容は関係無い。 半グレと事務所総出で人を脅すと言ってる時点で終わってる• 姉も調子いい話過ぎない?1円も出してなくて(出さなくていいと言われても)共同経営と勘違い。 パートでもさすがに、いきなり金曜日だけとか仕事に責任無さすぎな気がするけど。 木下さんの姉とオーナーのトラブルの内容は、解決するしないはどうでもいい 木下優樹菜さんが、「事務所総出」とか言って恫喝してたのがヤバイ• ことの次第は当人達で解決すれば良い。 問題は恐喝、威力業務妨害した元ヤンタレント• 言った言わないでオーナー側にも責任があるという流れをつくりたいのかもしれないけど、確実に証拠の残っているユッキーナの強迫じみた文章が悪いのは全く変わらない。 ヤンキー上がりで口は悪いけど、実はサバサバしたしっかり者のママ、というキャラクターがあったからタレントとして成り立っていたのだと思いますが、恫喝DM見る限り、見た目通りの人だったというのが露呈されてしまいましたね。 実姉のことだからと冷静さを欠いていたとしても、あまりにも酷い内容。 今後テレビでまともなコメントされたとしても、恫喝の文面がチラつきそうです。 夫婦でオープンしたのなら、そんな簡単にママ友を経営に誘わないでしょ。 子育てで忙しくて働けないと言ってる人が資本金を半分払うつもりだったとかおかしい気もするけど… 細かいやりとりを説明してないで、お姉さんからもオーナーに脅迫DMの事を謝るべきでは。 友達同士なあなあで始まってトラブルになったという経緯。 問題は木下氏が芸能人である事を利用して、ファンを巻き込み集団で恐喝まがいの行動をした事でしょう。 自分が気に入らない事は集団イジメで解決しようとする、彼女らしい発想 などのコメントが寄せられています。 オーナー側とさやかさんのトラブルが今回の炎上騒動の発端ではあるのですが、両者の言い分などを見てもそこまで大事にするような話ではなく、第三者の木下優樹菜さんがさやかさんの話を鵜呑みにし、直接関わりの無い一般人に対して恫喝メッセージを送ったことが一番の問題です。 木下優樹菜さんは問題のダイレクトメッセージで、 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから、これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 」「いい年こいたばばあ」「 色々頭悪すぎなw」「週刊誌に姉がこういう目にあったって言えるから」などと脅しており、いくら家族に起きたトラブルだと言っても、幼い子供2人を抱える母親、いい歳した大人が使う言葉ではなく、ましてや複数のCMやレギュラー番組を持つ人気ママタレして活躍しながら、こうした恫喝をするのはあり得ないことですね。 『週刊文春』は木下優樹菜さんと親しい業界関係者の話を伝え、現在は深く反省し、強い謝罪の気持ちを持っているとのことですが、フォロワー数530万人超えのインスタグラムアカウントで店の印象を悪くし、店には行かなくてもいいとも呼び掛け、それによって店は一時閉店を余儀なくされたほか、木下さんのファン等から寄せられた誹謗中傷などによって、Xさんは体調を崩してしまったことも明らかになっています。 木下優樹菜さん側は今後も話し合いを続けていき、訴訟沙汰にならないよう解決に向けて動いていくのだろうと思いますが、もしオーナー側とのトラブルが解決したとしても、木下さんは今回のトラブルによってママタレとしては致命的な傷を負い、好感度が急落してしまったため、これまでのようにタレント活動するのは難しくなっていくかもしれませんね。 ID:ODI4NTQ4Njg5 お姉さん、妹の為を想って 裁判沙汰にならない様 週刊誌に語ったと思うんだけど、燃料投下しただけだわ…。 この問題は共同経営の行き違いではなく、恫喝と営業妨害の呼びかけをしてしまった事で妹は叩かれてるわけ。 ファンに呼びかけ、ファンと共に脅迫し店の損失 休業中もテナントの使用料だってかかる を出してしまった時点で威力業務妨害。 そもそも精神的に不安定だったら働くよりまず医者行け。 妹は、「くらべてみました」の件でもそうだけど正義感を勘違いしてる。 自分の思う正義感を仲間を集めて押し付けるのは正義ではない。 独裁者のやる事だ。 子供を持つ親ならば周りをよく見て、自分より知識、常識のある年上の人に相談と話を聞き学びなさいな。 SNSは辞めとけ。

次の

木下優樹菜が恫喝したタピオカ店オーナーの息子がツイッターで証言

タピオカ恫喝

目に余る言葉づかいの悪さに加えて、脅迫罪や侮辱罪を問われそうなフレーズが並ぶなど、弁解の余地はありません。 ただこうした怒りの感情は木下さんに限らず多くの人々が「口に出さない、メール書かないだけで、心の中で思っている」ものです。 その意味で木下さんが犯した1つ目の失敗は、「ダイレクトメールを二者間のクローズなもの」と捉えていたこと。 しかも相手が面識のない人ならなおのこと、「不特定多数にさらされるリスクがある」と思っておくべきでした。 LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのやり取りは、すべて書面同様の物証。 これがよほどわかっていなかったのか木下さんは後日、「対面で謝罪するのではなく、再度メッセージを送る」という2つ目の失敗を犯してしまいました。 しかもそこに書かれていたのは、謝罪の言葉だけではなかったのです。 結果的にこれも世間にさらされてしまい、木下さんはさらなるダメージを負いました。 短期間で同じ失敗を繰り返してしまったのは、「初期対応における真剣度が足りなかったから」と言われても仕方がないでしょう。 「ユッキーナ」のタレント戦略にも問題が 木下さんは「530万人ものフォロワーを持つママタレント・木下優樹菜」のことを俯瞰して見ることができていませんでした。 木下さん自身は第三者に過ぎないにも関わらず、店長に強気の言葉を浴びせてしまったのは、おごりの表れ。 「私は強い権力を持った特別な人間」「インスタで宣伝して稼がせてやっている」という自負がそうさせてしまったのです。 木下さんが犯した3つ目の失敗は、「自分はそれだけ大きな権力を持っている」というメリットにしか目がいかず、「自分はそれだけ大きなリスクを抱えている」というデメリットを自覚できていなかったこと。 これは成功を収めたビジネスパーソンも同じで、自分を取り囲む支持者(SNSならフォロワー)が増えるほど、権力とリスクは表裏一体となって増え、たった1本のメールで影響力を見せつけることも、大バッシングを食らうこともありえるのです。

次の