ホンダ n wgn カスタム。 「ホンダ N-WGNカスタム(ターボ)」試乗インプレッション~PART1~ HONDA N

ホンダ N

ホンダ n wgn カスタム

ラインアップには直列3気筒DOHCエンジンとCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせた「Gホンダセンシング」、「Lホンダセンシング」、「L・ターボ ホンダセンシング」を用意。 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、より安心して運転できる環境を実現。 また、リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせる「パーキングセンサーシステム」、スイッチを押してシステムを作動させると、坂道や信号待ちなどで停止した際、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持できる「オートブレーキホールド機能」、スイッチを引き上げるだけで作動し、アクセルを踏むと自動解除される「電子制御パーキングブレーキ」など安心感を高める駐停車機能を採用した。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 6BA-JH3 658cc 5 CVT FF 4名 29. 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、より安心して運転できる環境を実現。 また、リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせる「パーキングセンサーシステム」、スイッチを押してシステムを作動させると、坂道や信号待ちなどで停止した際、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持できる「オートブレーキホールド機能」、スイッチを引き上げるだけで作動し、アクセルを踏むと自動解除される「電子制御パーキングブレーキ」など安心感を高める駐停車機能を採用した。 インテリアは、ブラックを基調としながら、しっとりとした光沢感のチタン調ガーニッシュを組み合わせることで、上質かつ精悍な空間を表現している。 また、燃料タンクを前席の下に収めるHonda独創のセンタータンクレイアウトを採用し、毎日の運転をより心地よくする広い室内空間と使い勝手のよい荷室を可能とした。 運転席には、テレスコピック&チルトステアリング機構を採用し、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるよう配慮している。 荷室は、開口部を下げたことで重い荷物や高さのある荷物を載せやすく、備え付けのボードを使えば上下2段に積み分けることもでき、シーンに合わせた荷室アレンジが可能。 ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール」を含む全11色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 6BA-JH3 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、特別仕様車に「G特別仕様車SSパッケージII」、「G特別仕様車ターボSSパッケージII」、「G特別仕様車SSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージII」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージII」を設定。 「あんしんパッケージ」と「運転席&助手席シートヒーター」(4WD車は標準装備)を適用した。 また、インテリアには本革巻ステアリングホイールを設定。 ボディカラーは、「G特別仕様車SSパッケージII」、「G特別仕様車ターボSSパッケージII」、「G特別仕様車SSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSSブラックスタイルパッケージ」には、専用色として「サンセットオレンジII」を採用。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 特別仕様車では、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 今回、「G」、「G・ターボパッケージ」、「G・Lパッケージ」のカラー変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 特別仕様車では、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 今回、特別仕様車「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」のボディカラーに「ルナシルバー・メタリック&ブラック」、「プレミアムベルベットパープル・パール&ブラック」を追加した。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」には、「G・Lパッケージ」、「G・ターボパッケージ」の装備に加え、2トーンカラースタイル(ルーフ&スポイラー&ドアミラー)、14インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削+ブラッククリア塗装)、本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)を特別装備。 ボディカラーに「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」、2トーン専用の「ミラノレッド&ブラック」を含む全8色用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 インテリアにはLEDルームランプを採用した。 ボディカラーは、新色「シャイニンググレー・メタリック」を含む全7色を用意。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、「G・Lパッケージ」、「G・ターボパッケージ」にクロームメッキフロントグリルを装備した「G・Lパッケージ特別仕様車SSクールパッケージ」、「G・ターボパッケージ特別仕様車ターボSSクールパッケージ」を設定。 ボディカラーは「スマートブラック」を含む全7色を用意。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 今回、燃費性能の向上に加えて、「あんしんパッケージ」をメーカーオプションとして設定するとともに、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス」や「オートリトラミラー」といった快適装備をタイプ別に設定。 さらに、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 インジェクター噴霧の最適化やCVTサーモバルブの新規追加などにより、燃費を29. 4km/L(JC08モード)に向上。 また、軽く触れると3回点滅する機能付きのウインカー「ワンタッチウインカー」、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを標準装備(Gタイプを除く)。 ワンセグTV対応マイクロアンテナやリアワイドカメラなど、Honda純正ナビゲーションの使い勝手を高める「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を標準装備(ディスプレイオーディオ装着車と一部Gタイプを除く)。 ボディカラーに新色プレミアムホワイト・パールII、プレミアムベルベットパープル・パール、ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ミラノレッドを含む、全7種類のカラーバリエーションを設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わせで、スムーズで力強い走りと、29. 2km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を両立。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、充実した上級装備の「G・Aパッケージ」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 エクステリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマに、強い押し出しと上質なたたずまいを両立。 インテリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマにブラックとバーガンディの2トーンでコーディネートし、落ち着いたなかにも主張のある室内空間とした。 長距離運転でも疲れにくく座り心地の良いシートと、ゆったりとしたサイズのドアアームレストで、快適な居住空間を実現。 また、「N」シリーズとして初めてスライド量前後200mmのリアシートスライド機構を採用し、シチュエーションに応じてリア空間の自在なアレンジが可能。 安全装備では、ESS(エマージェンシーストップシグナル)、VSA(車両挙動安定化制御システム)、HSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備。 また、City-Brake Active System、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムをタイプ別に標準設定した。 ボディカラーは、全7色を用意。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わせで、スムーズで力強い走りと、29. 2km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を両立。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、充実した上級装備の「G・Aパッケージ」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 エクステリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマに、強い押し出しと上質なたたずまいを両立。 インテリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマにブラックとバーガンディの2トーンでコーディネートし、落ち着いたなかにも主張のある室内空間とした。 長距離運転でも疲れにくく座り心地の良いシートと、ゆったりとしたサイズのドアアームレストで、快適な居住空間を実現。 また、「N」シリーズとして初めてスライド量前後200mmのリアシートスライド機構を採用し、シチュエーションに応じてリア空間の自在なアレンジが可能。 安全装備では、ESS(エマージェンシーストップシグナル)、VSA(車両挙動安定化制御システム)、HSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備。 また、City-Brake Active System、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムをタイプ別に標準設定した。 ボディカラーは、新色を含む全7色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29.

次の

【試乗記】ホンダN

ホンダ n wgn カスタム

「軽自動車は我慢」も今は昔 今、日本の自動車市場で圧倒的存在感を示しているジャンル。 言うまでもなく軽自動車だ。 車両価格を見ると結構高めで、一部コンパクトカーをも超えているが、とにかく売れている。 そもそもその昔、軽自動車は我慢を強いられる乗り物だった。 パワーはないわ、室内は狭いわ。 おまけに質感もチャチで貧相。 だから長く乗る(所有する)クルマではなかった。 ところが今はパワーは十分、室内は下手な3ナンバー車より広いし、質感も立派で豪華…とまでは行かなくてもチャチで貧相は当たらない。 そもそもその昔、クルマの平均保有年数はいいところ最初の車検まで。 中には1年に一度は乗り換えるという猛者もいた。 我が家のケースでも最初の数台は1年半程度しか乗らなかった。 ところが今はその保有年数がグンと伸びて、平成27年の統計では乗用車の平均使用年数は何と12. 38年である。 軽自動車の統計を見ても自家用車の平均車齢が8. 50年であるから、如何に1台のクルマを長く乗り続けているかがわかる。 つまり、今の軽自動車が十分に自家用車としての性能と耐久性が上がっている上、所有することに不満が無いクルマとなっているか…ということだ。 オールラウンダーのハイト系『N-WGN』 ご存知の通り日本で一番売れているクルマランキングを見るとトップ3は軽自動車が占めている。 さらにベスト10でも5台がランクインするほど。 売れ筋は俗に言うスーパーハイト系だが、個人的にオールラウンダーだと思うのはやはりハイト系、即ち『N-WGN(Nワゴン)』のようなクルマだと思っている。 因みにホンダの軽自動車はセダン系の『N-ONE』スーパーハイト系の『N-BOX』の中間にこのNワゴンがいるのだが、同じFF同士で車高を比べてみると、N-ONEが1610mm、Nワゴンが1655mmに対してN-BOXは1790mmと突出して高いことがわかる。 言ってみればスーパーハイト系は軽自動車でもミニバン的要素が含まれているから、その車高の高さもわからないではないが、全体の広さに対して車高が突出して高いので、デザイン的にも走り的にも少しアンバランスとなることは否めない。 その点Nワゴンはセダン系とスーパーハイト系の中間より少しセダン寄りで、それでも十分に室内空間が広く、かつバランス的にも優れている。 Nワゴンの中でもカスタムはシンプルなノーマルに対し、どちらかと言うとギラツキ系の顔立ちだが、ホンダのそれは十分に抑えがきいていて、他メーカーのギラツキ系よりは大人しい顔立ちと言っても過言ではない。 使い勝手と性能は文句なく最高の部類 それにしても良く走る。 良く走るという意味は、単にパフォーマンス的に良いという意味だけではなく、そのスムーズな乗り心地だったり、どっしりとした安定感だったりを含んでの「良く走る」だ。 ワンサイズ小さいエコピアとテッチンホイールの組み合わせのとなるノーマルNワゴンよりもなぜかこちらの方が乗り心地が良い。 そしてキビキビ感でもこちらが上。 それはターボによるパワーアップのみならず、ステアリングの切れが良く、中心付近のルーズさもこちらの方が少ない。 というわけなので、少し勇ましく走りたいとか、あるいは運転も楽しみたいユーザーには文句なくこちらがお勧めである。 一方で全車速対応のACCが装備されているから、長距離などでもクルマ任せに出来ることはかつての軽では考えられなかった。 勿論今だって全車速対応のACCとなると、コンパクトカーやさらにその上くらいでも装備しているクルマは限られる。 室内の広さだけでなく使い勝手も十分に考慮されていて、後席を畳んでしまえば相当に大きなラゲッジスペースを確保することも出来るし、あらかじめ2段に仕切られていて上下に使い分けることも出来る。 などなど、移動手段としての使い勝手と性能は文句なく最高の部類と言っても過言ではない。 その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。 1977年にジャーナリズム業界に入り、以来42年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める 《中村 孝仁》.

次の

「ホンダ N-WGNカスタム(ターボ)」試乗インプレッション~PART1~ HONDA N

ホンダ n wgn カスタム

ラインアップには直列3気筒DOHCエンジンとCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせた「Gホンダセンシング」、「Lホンダセンシング」、「L・ターボ ホンダセンシング」を用意。 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、より安心して運転できる環境を実現。 また、リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせる「パーキングセンサーシステム」、スイッチを押してシステムを作動させると、坂道や信号待ちなどで停止した際、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持できる「オートブレーキホールド機能」、スイッチを引き上げるだけで作動し、アクセルを踏むと自動解除される「電子制御パーキングブレーキ」など安心感を高める駐停車機能を採用した。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 6BA-JH3 658cc 5 CVT FF 4名 29. 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とし、衝突軽減ブレーキ<CMBS>は、軽乗用車として初めて横断中の自転車に対応。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、より安心して運転できる環境を実現。 また、リアバンパーに搭載した4つの超音波センサーでクルマ後方の障害物の接近を検知し、アラーム音とメーターディスプレー表示でドライバーに知らせる「パーキングセンサーシステム」、スイッチを押してシステムを作動させると、坂道や信号待ちなどで停止した際、ドライバーがブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持できる「オートブレーキホールド機能」、スイッチを引き上げるだけで作動し、アクセルを踏むと自動解除される「電子制御パーキングブレーキ」など安心感を高める駐停車機能を採用した。 インテリアは、ブラックを基調としながら、しっとりとした光沢感のチタン調ガーニッシュを組み合わせることで、上質かつ精悍な空間を表現している。 また、燃料タンクを前席の下に収めるHonda独創のセンタータンクレイアウトを採用し、毎日の運転をより心地よくする広い室内空間と使い勝手のよい荷室を可能とした。 運転席には、テレスコピック&チルトステアリング機構を採用し、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるよう配慮している。 荷室は、開口部を下げたことで重い荷物や高さのある荷物を載せやすく、備え付けのボードを使えば上下2段に積み分けることもでき、シーンに合わせた荷室アレンジが可能。 ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール」を含む全11色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 6BA-JH3 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、特別仕様車に「G特別仕様車SSパッケージII」、「G特別仕様車ターボSSパッケージII」、「G特別仕様車SSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージII」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージII」を設定。 「あんしんパッケージ」と「運転席&助手席シートヒーター」(4WD車は標準装備)を適用した。 また、インテリアには本革巻ステアリングホイールを設定。 ボディカラーは、「G特別仕様車SSパッケージII」、「G特別仕様車ターボSSパッケージII」、「G特別仕様車SSブラックスタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSSブラックスタイルパッケージ」には、専用色として「サンセットオレンジII」を採用。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 特別仕様車では、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 今回、「G」、「G・ターボパッケージ」、「G・Lパッケージ」のカラー変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 特別仕様車では、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 今回、特別仕様車「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」のボディカラーに「ルナシルバー・メタリック&ブラック」、「プレミアムベルベットパープル・パール&ブラック」を追加した。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、「G特別仕様車SSパッケージ」、「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」を設定。 「G特別仕様車SS2トーンカラースタイルパッケージ」、「G特別仕様車ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ」には、「G・Lパッケージ」、「G・ターボパッケージ」の装備に加え、2トーンカラースタイル(ルーフ&スポイラー&ドアミラー)、14インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削+ブラッククリア塗装)、本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)を特別装備。 ボディカラーに「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」、2トーン専用の「ミラノレッド&ブラック」を含む全8色用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 インテリアにはLEDルームランプを採用した。 ボディカラーは、新色「シャイニンググレー・メタリック」を含む全7色を用意。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)を組み合わせる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 今回、「G・Lパッケージ」、「G・ターボパッケージ」にクロームメッキフロントグリルを装備した「G・Lパッケージ特別仕様車SSクールパッケージ」、「G・ターボパッケージ特別仕様車ターボSSクールパッケージ」を設定。 ボディカラーは「スマートブラック」を含む全7色を用意。 「N」シリーズの第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」と、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えた「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」。 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わる。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 今回、燃費性能の向上に加えて、「あんしんパッケージ」をメーカーオプションとして設定するとともに、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス」や「オートリトラミラー」といった快適装備をタイプ別に設定。 さらに、歓び深める充実の上級装備を備えた「G・Lパッケージ」を設定。 インジェクター噴霧の最適化やCVTサーモバルブの新規追加などにより、燃費を29. 4km/L(JC08モード)に向上。 また、軽く触れると3回点滅する機能付きのウインカー「ワンタッチウインカー」、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを標準装備(Gタイプを除く)。 ワンセグTV対応マイクロアンテナやリアワイドカメラなど、Honda純正ナビゲーションの使い勝手を高める「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を標準装備(ディスプレイオーディオ装着車と一部Gタイプを除く)。 ボディカラーに新色プレミアムホワイト・パールII、プレミアムベルベットパープル・パール、ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ミラノレッドを含む、全7種類のカラーバリエーションを設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わせで、スムーズで力強い走りと、29. 2km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を両立。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、充実した上級装備の「G・Aパッケージ」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 エクステリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマに、強い押し出しと上質なたたずまいを両立。 インテリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマにブラックとバーガンディの2トーンでコーディネートし、落ち着いたなかにも主張のある室内空間とした。 長距離運転でも疲れにくく座り心地の良いシートと、ゆったりとしたサイズのドアアームレストで、快適な居住空間を実現。 また、「N」シリーズとして初めてスライド量前後200mmのリアシートスライド機構を採用し、シチュエーションに応じてリア空間の自在なアレンジが可能。 安全装備では、ESS(エマージェンシーストップシグナル)、VSA(車両挙動安定化制御システム)、HSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備。 また、City-Brake Active System、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムをタイプ別に標準設定した。 ボディカラーは、全7色を用意。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29. 軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラスの軽乗用車として開発。 軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備える。 ホンダの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステム、ナトリウム封入バルブを採用。 クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わせで、スムーズで力強い走りと、29. 2km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を両立。 「N-WGN(エヌ ワゴン)カスタム」のライアップは、スタンダードモデル「G」、充実した上級装備の「G・Aパッケージ」、最上級モデル「G・ターボパッケージ」を設定。 エクステリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマに、強い押し出しと上質なたたずまいを両立。 インテリアは、「アバンギャルド・エモーション」をテーマにブラックとバーガンディの2トーンでコーディネートし、落ち着いたなかにも主張のある室内空間とした。 長距離運転でも疲れにくく座り心地の良いシートと、ゆったりとしたサイズのドアアームレストで、快適な居住空間を実現。 また、「N」シリーズとして初めてスライド量前後200mmのリアシートスライド機構を採用し、シチュエーションに応じてリア空間の自在なアレンジが可能。 安全装備では、ESS(エマージェンシーストップシグナル)、VSA(車両挙動安定化制御システム)、HSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備。 また、City-Brake Active System、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムをタイプ別に標準設定した。 ボディカラーは、新色を含む全7色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-JH1 658cc 5 CVT FF 4名 29.

次の