エール ナレーション 津田健次郎。 エールのナレーション津田健二郎は声も顔もイケメンすぎ!評判を調査!

エールのナレーション津田健次郎はイケボでイケメン!過去の出演作も

エール ナレーション 津田健次郎

もくじ• 「エール」ナレーションの津田健次郎とは? 朝の連続テレビ小説『エール』の放送開始以来、ナレーションのイケメンボイスにはまる人が続出しているようです。 そのナレーションを務めるのは声優の 津田健次郎さんです。 津田健次郎プロフィール• 名前 津田 健次郎(つだ けんじろう)• 生年月日 1971年6月11日• 学歴 明治大学文学部文学科演劇学卒業• 職業 俳優、声優、ナレーター 実際のナレーションがこちら。 クラス替えで藤堂先生が担任になりました。 グッドニュースです! お金持ちの久志くんも クラスメート それはどうでもいいみたい。 あれ?あれあれ? バッドニュースです。 太郎くんと史郎くんもクラスメート はぁ〜。 つだけんさんの45秒間。 完璧すぎるナレーション。 — 風のささやきBH BH10377050 『エール』公式ツイッターに津田健次郎さんがナレーションに決定した時のインタビュー音声もありました。 さらに声だけではなくそのルックスも イケメン!ということで人気を集めているようです。 津田さんは幼少時代をインドネシアのジャカルタで過ごしています。 日本のヒーロー映画やハリウッド映画が当時の楽しみだったそう。 その頃から 映画が津田さんの生活に欠かせないものだったようです。 また学生時代には流行りを追う周りの友達と自分との感覚の違いに違和感を抱くようになり、 海外のアート系映画に心を動かされます。 そして自ら 映画を撮ることを始めたそうです。 映画監督を目指して活動されていた津田さんですが、どうして声優として活躍されるようになったのでしょうか? 津田健次郎が声優になったきっかけ 学生時代に映画を撮ることをはじめた津田さんですが、撮りたい気持ちは強いがうまくいかなかったとのこと。 そこで 「撮る方」ではなく映画に 「出る方」へと視点を変えたそうです。 そして明治大学在学中に 演劇の養成所に入り、演じることのおもしろさに気づきます。 俳優として活動していくなかで、事務所の人に勧められて受けたオーディションに合格し1995年、アニメ 「H2」で 声優デビュー、同年TVドラマ 『君を忘れない』で 俳優としてもデビューしています。 もとから声優を目指していたというわけではなかったようですね。 それから数多くの作品に声優や俳優として出演されています。 それでは津田さんの主な出演作品を見ていきましょう。 2001年 テニスの王子様(乾貞治)• 2010年 薄桜鬼(風間千景)• 2012年 K(周防尊)• 2013年 Free! (御子柴清十郎)• 2015年 GANGSTA. (ニコラス・ブラウン)• 2016年 ジョーカー・ゲーム(蒲生次郎)• 2018年 ルパン三世 PART5(アルベール・ダンドレジー)• 2018年 ゴールデンカムイ(尾形百之助)• 2005年 花より男子 第2話• 2008年 大好き! 五つ子2008(中沢 役)• 津田健二郎さん。 yoshi mimityu 朝ドラ「エール」見始めました。 早速、運動会のシーンの最後のナレーションがすごくよくて泣いてる…😭 — Wednesday autunn0 朝ドラの「エール」 ナレーションの津田健次郎さんの声が素敵すぎる。 録画を見る度に幸せ気分を味わってます😃💕 — ねこやなぎ nekoyana91 エールのナレーションはとっても好評! 朝から津田さんの声を楽しみにされている方が多いようですね! 今後の『エール』も楽しみです。 津田健次郎さんの今後のご活躍も応援したいと思います!.

次の

エールのナレーションは津田健次郎!経歴・学歴と代表作も紹介!

エール ナレーション 津田健次郎

名 前:津田健次郎 愛 称:ツダケン、つんちょ、ケン坊 誕生日:1971年6月11日 48歳 出身地:大阪府 血液型:O型 身 長:170cm 事務所:アミュレート 大人気アニメ『遊戯王』と『テニスの王子様』それぞれでメインキャラクターの声優を務めており、若者からの支持があつい津田健次郎さん。 名前こそ知らなくても、「どこかで聞いたことのある声…」と思う人は多いでしょう。 放送前から「津田健次郎さんだからエール観るわ」という声が多くみられましたね。 エールのナレーションは、ちょっと一風変わっています。 というのも、ナレーションが人物の性格や特性をいちいち?紹介してくれるのです(笑) 山…川… 初回のバタバタ展開から子役の喧嘩は女の子が勝つといういつもの朝ドラに落ち着いたエール😊むしろ現実の方のバタバタに最後まで撮影出来るのか心配になったきたよ😅相変わらず子役の頑張りが微笑ましいぞ👍それでもなんだかんだで人物紹介しているナレが今のところ一番目立ってる…😅 — ひろ hiromie0512 「裕一は運動が苦手で〜…」みたいなのとかですね。 それが多すぎる、目立ってしまっているという不満の声がちらほらありました。 見れば分かる事をナレで説明されるとイラッとするタイプです。 — ユカレンドラ(願えば叶う) yukarendra 前作の「スカーレット」は、役者の演技やちょっとした描写から状況や心情を読み取るというのが醍醐味と言われた作品でしたので、それとのギャップで「うざい」「耳障り」と思う方もいらっしゃるようでした。 「お年寄りは辛いだろう」なんて声も… 第4話 4月2日 の新学期・クラス替えの時はスタートからずっとナレーションが話していましたね。 (私も初めてちょっとこれはなぁ…と思いました) ナレーションが多いせいか、ダーウィンが来たに見えてきた。。。 のナレ、なんで私はずっと怖いんだろう…と考えてみたら、宮部みゆきの「長い長い殺人」の財布のナレを思い出して怖いのかも…と思い至りました。 キャラの心情を詳しく語り、行動を語り、常に一緒に行動してるものが詳細を喋りだす怖さですわ。 — ぽめぐり komegurikko 実は私も「なんか悪いことが起きるのかな…?」という雰囲気を感じました(津田健次郎さんは好きです…!) 落ち着きがあるのはとっても良いのですが、ちょっと落ち着きすぎなのかもしれませんね。 ナレーションの声が暗すぎて集中できない😂 — ジャスミン oomasasan1 しばらく聞いていると慣れるとは思いますが、確かに朝ドラにしては声が暗い方だなとは思います。 まずは、上記にも書きましたがとにかく「落ち着く」という声です。 「ナレーションが良い、NHKセンスが良い」などの意見もありました。 家に響き渡る蓄音機の音色に魅せられていくシーン、余計な台詞やナレがなくてよかったなー。 自分を表現するのが苦手、音楽に携わるとか娘も似たような感じだから親近感持ってしまう。 — Harumi H. umikaze14 「いつか津田健次郎さんが15分間語り続ける回がくるんじゃないか…」とまで言われていましたが、第2話で早速払拭できた?のかもしれません。 【エール】津田健次郎の経歴 そんなファンも多い津田健次郎さんですが、元々は役者としての活動をされていた方のようです。 元々、映画を観ることが大好きで中学時代から映画館に通っていた津田健次郎さん。 映画が大好きで、映画監督にも憧れていましたがそれが役者への興味に変化し、大学では演劇学科 明治大学文学部 を専攻しました。 大学卒業後は、舞台系の事務所に所属していましたが、そこで声優のオーディションの話があり、1995年アニメ『H2』の野田敦役で声優デビューとなりました。 以降は声優業を中心に、舞台やテレビドラマ、映画に出演、他にもテレビ番組やCMでのナレーションやラジオパーソナリティなど多方面で活動していています。 【エール】津田健次郎の代表作品 声優としてだけの活躍に止まらない津田健次郎さんの代表作品をまとめてみました。 アニメ声優 遊戯王(海馬瀬人) テニスの王子様(乾貴士) シュガシュガルーン(ロッキンロビン) もしドラ(加地誠) 八犬伝(犬村大角) バキ(シコルスキー) ワンパンマン(アトミック侍) 吹き替え スターウォーズ(カイロ・レン) ALONE(マイク・スティーブンス〉 ……まだまだ山ほどあるのですが多すぎて…汗 これくらいにしておきます、気になる方はWikipediaをご参照ください! 【エール】津田健次郎の語りナレが不評のワケは?まとめ 今回は、朝ドラ【エール】でナレーションを担当している津田健次郎さんの経歴や、評判等をまとめてみました。 エールでは、ナレーションが説明しすぎとの声が多く、それに対する不満の声は多少上がっているようです。 津田健次郎さんへの不評はほぼなく、それを楽しみに視聴している方も多くいらっしゃいました。

次の

津田健次郎、朝ドラ「エール」で“語り”を担当!「さらに明るく楽しく」

エール ナレーション 津田健次郎

ドラマ公式サイトやTwitterでは、津田さんのコメント映像も公開されている。 津田さんは、「テニスの王子様」乾貞治役や「ACCA13区監察課」ニーノ役、『フィフティ・シェイズ』シリーズのクリスチャン・グレイ役や『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役など、数々のアニメ作品や洋画の吹き替えを担当。 声優業を中心に、舞台など多方面で活躍中だ。 近年では「なつぞら」で内村光良、「まんぷく」では芦田愛菜、「半分、青い。 」では風吹ジュンが印象的な語りを披露し、本作にそっと寄り添ってきたが、本作の制作統括によると「今回の『語り』は、客観的なことに加え心情も語り、ときに登場人物に突っ込みを入れたり、ときに嘆いたり、それも音楽がガンガン鳴っているなかで、視聴者にも聞こえるように語らなくてはならない、一筋縄ではいかない『語り』となっています」と今作の語りはこれまでとは少し違うと明かす。 そんな語りを担当することとなった津田さんは「まったくの想定外で驚きました。 オファーをいただいたときは、『僕でいいんですか?』と戸惑いながらも、とてもうれしかったです」と驚きと喜びが一気に押し寄せてきたとオファー時をふり返る。 そして「すてきな物語が繰り広げられており、台本を見るのが毎回楽しく、一視聴者の気持ちで台本を読ませていただいております」と作品について明かし、「ナレーション的には、『エール』の世界観をさらに明るく楽しく、皆様にお届けできるように頑張っています」と現状を報告している。 主演の窪田さんが作曲家・古山裕一を、二階堂ふみが彼とのちに結婚する歌手志望の関内音を演じるほか、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、山崎育三郎、中村蒼、柴咲コウら豪華キャストの出演が決定している。 2020年度前期連続テレビ小説「エール」は3月30日(月)8時~総合ほかにて放送開始予定。 net》.

次の