セフィロス。 セフィロスの名言集【FF7・FFAC・DFF・DDFF】

セーファ・セフィロス|ファイナルファンタジー7/FF7 完全攻略(インターナショナル/for PC版対応)

セフィロス

神羅カンパニーの宝条によりジェノバ細胞を移植された人間です。 対象としては、5年前のニブルヘイムの事件の被害者の中で意識があった者になります。 実験の内容としては、 ジェノバ細胞に耐える適性のない者にジェノバ細胞を埋め込みました。 ) ジェノバ細胞によって身体能力を向上したセフィロスの模倣。 セフィロスコピー作って何をしたいのか? 適性の無い者にジェノバ細胞を移植し、セフィロスコピーを作った理由は、そのままジェノバに精神を蝕まれ、自我を失い、そのコピー達がどこへ行くか観察するため。 そして自我を失った彼らが1つの場所に集まるリユニオン 再統合、再結集)を宝条は、証明したかったからです。 ちなみにクラウド【FF7主人公】、ザックス【クラウドの親友】もこの実験の被害を受けることになります。 実験に成功すると、ナンバリングされた入れ墨がほどこされますが、 ザックス:ソルジャーなのでジェノバ細胞に耐えられ、そして既に埋め込まれているので無害。 クラウド:適性がないので精神を蝕まれ精神が崩壊しました。 セフィロスの正体 セフィロスはガスト博士の研究の中では古代種の細胞を持った人間として扱われていますが、実際は古代種と勘違いされたジェノバ細胞を宿した人間。 セフィロス自身が自らの出生の秘密に憶測を抱き始めたのは、クラウド、ザックスと共に訪れた神羅屋敷の宝条博士の実験記録を見たことが始まりです。 セフィロスが見た資料にはジェノバ=古代種として扱われているものが沢山残されていたことから、自分自身が古代種のハーフであると思い込みます。 古代からこの星で重要な役割を果たしてきた自分の一族(古代種)が、現代では宝条博士を含む神羅などによって実験動物のような扱いをされていることを知ったセフィロスは絶望を越えて憎悪に変化した感情は後にニブルヘイムを焼き尽くします。 魔晄炉にあった母だと思い込んでいた【 宝条博士は母親がルクレツィアだということはセフィロスには告げず、ジェノバであるということだけを伝えていました】ジェノバの首を奪い去ろうとしたセフィロスでしたが、クラウドの攻撃によりセフィロスはジェノバの首もろともライフストリームに落とされてしまいます。 セフィロスの復讐目的 ライフストリームに落ちたセフィロスは全てを理解し、1度は肉体を失ったセフィロスはかつてジェノバが降ってきたクレーターである「北の大空洞」でそこに集まるライフストリームを利用することで新たな肉体を作り始める。 星と融合し神になる そして星は傷つくと、修復する為に、ライフストリームが集まりセフィロスはこれを利用して、究極の破壊魔法メテオ【発動には黒マテリアが必要】を星に落下させて星の全エネルギーを一箇所に集約させ、それを自分のものにしようと計画します。 そのためにメテオを唯一阻止出来るホーリーの発動が可能なエアリスをクラウドの前で殺害します。 (実際に殺したのはセフィロスではなくジェノバ、セフィロスの分身) そして古代種の神殿でメテオ発動の鍵となる黒マテリアを入手し北の大空洞を目指しますが、クラウド達に追われ「黒マテリア」を奪回されるが、セフィロスはクラウドに5年前の真実を虚偽と告げ、クラウドはリユニオンの為の実験体である事を受け入れ、「黒マテリア」は再度セフィロスに渡されます。 北の大空洞に集まるライフストリームの力を使い、セフィロスはメテオを発動させるが既にホーリーは、エアリスが命がけで発動させていた。 しかしセフィロスはホーリーを力で押さえ込み、メテオの落下を邪魔させないようにしてるところにクラウドが北の大空洞に到着しホーリーを発動しメテオを止めるためセフィロスと最後の直接対決をする。 激闘の末クラウドに破れます。 「堕ちた英雄」「神になれなかった者」などを象徴してセフィロスの代名詞片翼の天使が生まれました。 最後まで読んでいただきありがとうございました!!.

次の

セフィロス・コピー計画

セフィロス

どちらもある条件を満たすとHPが加算されていく仕様になっているため、条件を把握しておきましょう。 「セフィロス戦」の前に立ち塞がる「ジェノバ戦」は下記の記事を参考にして下さい。 入手アイテム・ギル・経験値 経験値やギルは入手できません。 リバースセフィロスの攻略 リバース・セフィロスのHP変化 リバースセフィロスは最大で3パーティ分割して戦います。 何パーティで戦うかは、この戦いの前のジェノバSYNTHESIS戦で決まります。 そして、リバースセフィロス戦でのパーティ数によってHPも決まります。 パーツを破壊するごとに他チームへ切り替えることが可能ですが、切り替えることなく正面チームだけで戦うことも可能です。 装備や手持ちのマテリアなどから全キャラクターの強さを平均的に行き渡らせるのは中々に苦労するので、クラウドのいるパーティだけに戦力を集中させましょう。 リバースエナジーの回復量を上回る攻撃を行う クラウドチーム 正面 だけでリバースセフィロスを倒すにはコアが毎ターン行う「リバースエナジー 6000前後回復 」の回復量を上回る攻撃を本体に仕掛けなければなりません。 おすすめはやはり「ナイツオブラウンド」による攻撃です。 魔力が高ければHPが最大の可変でも2〜3回で倒せるでしょう。 なお、本体以外のパーツは一切無視して構いません。 本体への攻撃を重視しましょう。 リボンなどで状態異常対策をしよう セフィロス戦は1戦目〜2戦目にかけて状態異常攻撃をしてくるため、状態異常を防止できるアイテムを装備させましょう。 「えんきょりこうげき」を装備するか、魔法を使って戦いましょう。 混乱対策をしよう 「セーファ・セフィロス」が使用してくる「スーパーノヴァ」は混乱などの状態異常を付与してきます。 壊滅しかけている中で味方が「混乱」して負けてしまう事も考えられるので、対策はしておきましょう。

次の

セフィロス・コピー計画

セフィロス

FF7のストーリー上でもっとも重大な事件だと言える「エアリスの死」 ヒロインであるエアリスが物語の前半終了間際で居なくなってしまうという驚嘆のストーリー展開は当時から賛否両論だったけれど、FF7という作品のシナリオが非常に高いレベルで完成されていたことから結果的には商業的大成功したポイントの1つとも取れます。 スポンサーリンク エアリスの死の真相 エアリスの死は当時の初代PS版ではDISC1の終盤に唐突に起こります。 忘らるる都にたった1人で使命を果たしに向かったエアリスを追っていたクラウド達。 最深部で祈るエアリスを見つけるもクラウドはジェノバ細胞の暴走によって操られそうになる。 そんな中、仲間の声に自分を取り戻したクラウドだったが、振り向いた先にあったのは天井から降りてきたセフィロスの正宗によって身体を貫かれたエアリスの姿だった… っと、ここまではプレイしていれば誰もが見ることになるストーリー上の演出です。 しかし、このエアリスの死には真相が隠れています。 知らない人の為に以下解説。 (一部は独自解釈です、ご容赦ください)• 真相その1・・・エアリスに手を下したのは直後に戦闘になるジェノバ・LIFEである 【解説】 スポンサーリンク 忘らるる都に当時いたのはジェノバ細胞の1つであり、セフィロスの支配下にあったジェノバ・LIFEという存在です。 この事件の当時、セフィロスは既に大空洞にて着々とメテオ発動への準備をしていました。 古代種とのハーフであるエアリスは世界で唯一メテオに対抗するホーリーを発動出来る存在だった訳です。 このことから、ジェノバの精巧な擬態を利用してエアリスの殺害を命じました。 真相その2・・・何故、セフィロスの姿である必要があったのか? 【解説】 セフィロスにとっての明らかな脅威は当時エアリスだけでしたが、セフィロスには過去に一般兵で名もなかったクラウドにライフストリームに落とされたという事実があります。 セフィロスからしてみれば一切の警戒の必要も無いはずの存在=クラウドに傷を付けられたのは警戒に値したのでしょう。 クラウドの体内にあるジェノバ細胞はセフィロスに支配下であることや、その記憶がザックスのものであることは既に知っていた筈。 真相その3・・・坂口氏の手法転換 ファイナルファンタジーシリーズの生みの親である坂口博信氏の身内に不幸事があり、坂口氏はその自分自身が経験したこともゲームに盛り込もうとしたと言われています。 大切な人との別れにどうやって向き合うのか?どうやって乗り越えるのか?といった教訓をゲームに持ってきた訳ですね。 これに関してはなかば都市伝説ですけど、狙ってたとしたらめちゃくちゃ凄くないですか? エアリスの死はセフィロスにどう影響したのか 間接的にはジェノバを利用してセフィロスが真犯人だ!っと考えてしまいそうですけど、よくよく考えるとホーリーを発動させないだけであれば忘らるる都だけを破壊すればよかったのでは?っと疑問になってしまいます。 しかし、ホーリーとはライフストリームそのものであるという解釈からすれば、エアリスという存在を生きた個体ではなく生命として星と1つにしてしまったことで 最終的にはメテオから星が守られた訳です。

次の