ジャーナル スタンダード。 ジャーナルスタンダード,luxe,L'essage,relumeの違いとは?

ジャーナルスタンダードとモッズヘアがコラボ、出先で使えるヘアアイロンなど ~ビックカメラ限定

ジャーナル スタンダード

ジャーナルスタンダードのブランドイメージや系統は? ジャーナルスタンダードは、ベーシックなアイテムと旬のアイテムをミックスしたセレクトショップです。 1997年にスタートして以来、常に世界のトレンドを取り入れたスタイルを提供し続けています。 ジャーナルスタンダードの服の系統は、 アメカジにワークテイストをプラスしたものです。 ミリタリー系やアースカラーのアイテムも得意で、最新のトレンドが組み込まれていてもモードに寄り過ぎません。 そのため、ジャケットなどのキレイめアイテムを選んでも、どこかラフな雰囲気で着こなせますよ。 ジャーナルスタンダードのアイテムは、以下のような雑誌に多く掲載されています。 Domani• BAILA• Marisol 大人が着る、上質なカジュアルやオフィスコーデにピッタリですね。 スポンサーリンク ジャーナルスタンダードの年齢層は?ターゲットや利用している年代&口コミ ジャーナルスタンダードをよく利用しているのは、 30~40代の年齢層です。 掲載雑誌からも、オシャレを楽しみながら働く女性が好むブランドであることが分かりますね。 しかし、鮮度の高いアイテムが豊富であることや長く使える上質な服が多いことから、20代女性の愛用者も多いですよ。 人気のポイントは、 ラフとキレイめのバランスが良く、使い勝手が抜群なところです。 ベーシックな部分は安定しているので、カジュアルなスタイルでも垢抜けた印象になります。 そこに絶妙な加減でトレンドが入っていて、ほどよい抜け感を演出できるんですね。 マイナスの口コミでは、シルエットがユル過ぎるアイテムが多いという意見がありました。 体型が変わっても着続けられるというメリットはありますが、華奢な人は寂しい印象にならないようにスタイリングを工夫しましょう。 ジャーナルスタンダードの価格帯!予算はどれくらい? ジャーナルスタンダードは、 カジュアルウェアとしては少し高い価格帯のブランドです。 しかし、セレクトショップの中では比較的お手頃なアイテムが多く揃っています。 アイテム別の予算は以下のようになっています。 トップス 5,000~30,000円• ボトムス 9,000~60,000円• アウター 11,000~140,000円• 靴・バッグ 4,000~60,000円 価格に大きく開きがありますが、 オリジナル商品のほうが安く、セレクト商品のほうが高価である傾向です。 カテゴリーにとらわれず高感度な洋服が国内外から集められているので、一点豪華主義の人にもオススメですよ。 スポンサーリンク ジャーナルスタンダードの通販購入方法! ジャーナルスタンダードは、首都圏を中心に27店舗展開されています。 住まいの近くにない人は、オンラインショップを利用しましょう。 姉妹ブランドも一気にチェックできますよ! 1.マガシーク マガシークでもジャーナルスタンダードは購入可能です。 アイテムの説明も詳しく、ファッション雑誌を読むような感覚でコーディネートのイメージができます。 セールやクーポンもよく発行されていますので、要チェックですよ! 2. 楽天市場 公式ショップは出店されていないため、リーズナブルなリユース品を探している人にオススメです。 メンズアイテムやインテリアも出品されているので、カテゴリーを「レディースファッション」で絞って検索してください。 元々質の良い洋服ばかりなので、リユース品といっても状態のランクが高いものがほとんどです。 掘り出し物が見つかりそうですね! まとめ 今回は、• ジャーナルスタンダードのブランドイメージや系統• ジャーナルスタンダードの年齢層&口コミ• ジャーナルスタンダードの価格帯や予算• ジャーナルスタンダードの通販購入方法 について紹介しました。 ジャーナルスタンダードは、大人のベーシックスタイルをキープしつつ、旬の要素を程よく取り込んでいるブランドであることが分かりましたね。 オンにもオフにも使える服が豊富なので、オフィスコーデに新鮮さをプラスしたい人にイチオシです。

次の

ジャーナルスタンダードとモッズヘアがコラボ、出先で使えるヘアアイロンなど ~ビックカメラ限定

ジャーナル スタンダード

ジャーナルスタンダードのトレンド推移 歴史 1997年に、ジャーナルスタンダードは、ベイクルーズ社のセレクトショップとして設けられました。 「ジャーナル」という言葉は新聞という意味であり、新しい商品を新聞の情報のように多くの人に提供したいという気持ちが込められています。 また、「スタンダード」は、流行に踊らされず時代の新鮮さを取り入れたベーシックなブランドアイテムを作り出したいという意味になっています。 つまり、それはこのブランドのコンセプトです。 アメリカンな雰囲気で時代に踊らされず、しかも世界的な流行りを敏感に取り入れ、創造的なファッションで常に注目を浴びるような商品を作り出したいと考えています。 アメリカンチックなオリジナルアイテムや輸入物なども取り扱い、世界の素晴らしいクリエーターたちのファッションアイテムがたくさん選ばれています。 ブランドの特徴 このジャーナルスタンダードの特徴として、アメリカンな雰囲気でカジュアルなアイテムが多いことが挙げられます。 それに様々なラインによって、ターゲット層やコンセプトなどが違ってきます。 ビームスやユナイテッドアローズの商品と比べると、あまり色合いが派手ではないのも特徴です。 メンズウェアには、ワーク系やミリタリー系の雰囲気のものも多いです。 また、ジャーナルスタンダードの魅力としては、ばっちりとしたキメ過ぎを避け、そして外しすぎることも避けた微妙なカッコよさがあります。 何げない素敵さや垢抜けた涼しい空気を漂わせており、過去のジャズミュージシャンたちがしていたようなファッションスタイルを思い出させます。 取り扱い人気商品 そんなジャーナルスタンダードの人気アイテムといえば、やはりダウンジャケットやトレンチコート、レザージャケットなどが挙げられます。 つまり、アウター類の人気が高いです。 バッグやネクタイ、シューズ、腕時計などの小物類もよく売れています。 関連リンク ・.

次の

ジャーナルスタンダードとモッズヘアがコラボ、出先で使えるヘアアイロンなど ~ビックカメラ限定

ジャーナル スタンダード

ジャーナルスタンダード各ブランド 業態 ベイクルーズ社の各ブランド・業態のうち、 「ジャーナルスタンダード」もしくは「JS」という名前が付く、• ジャーナルスタンダード JOURNAL STANDARD• ジャーナルスタンダード・ラックス luxe• ジャーナルスタンダード・レサージュ L'essage• ジャーナルスタンダード・レリューム r elume のわかりづらい違いをまとめたページです。 「ジャーナルスタンダード JOURNAL STANDARD 」とは? 「ジャーナルスタンダード JOURNAL STANDARD 」とは、 オリジナルブランド商品もある、ベイクルーズ社の主力セレクトショップ業態。 メンズ・ウィメンズ両方あり。 オリジナルブランド商品の中心価格帯は、 各通販サイトを参考にする1万5000円から3万。 業態としては大都市に路面店があるほか、全国の駅ビル内などに出店。 公式通販リンク スタイルクルーズ マガシーク マガシーク 【会社HPでのブランド説明】 ジャーナルスタンダードオリジナルと国内外から集められた商品による、 ベーシックでスタンダードなアイテムと旬のブランドをミックスした独自のセレクト。 カテゴリーに囚われないグローバルな商品と情報を常に提案しています。 「ジャーナルスタンダード・ラックス luxe 」とは? 「ジャーナルスタンダード・ラックス luxe 」とは、 ベイクルーズ社による女性向けセレクトショップ オリジナルブランドあり。 単独直営店はわずか。 オリジナルブランドの価格帯は「ジャーナルスタンダード」と特に変わりは見られないものの、 一部10万円以上の商品もあり。 公式通販リンク スタイルクルーズ 【会社HPでのブランド説明】 BALANCE・STANCE・RELAXをコンセプトに、 着ること・暮らすことを楽しむ人の為に向けた、ライフスタイルを提案するセレクトショップ。 着心地の良い上質な素材やハンドクラフトを中心とした ウェア・シューズ・アクセサリーに加え、 アンティークのリネンやツール類など時代にとらわれず展開。 アンティーク什器に囲まれた空間で、 "LUXURY=ゆったりとした贅沢な時間"を楽しんでいただけるようなショップを提案します。 *単独公式サイトはなし 「ジャーナルスタンダード・レサージュ L'essage 」とは? 「ジャーナルスタンダード・レサージュ L'essage 」とは、 会社HPの情報によると大人の女性向けブランド。 オンラインストアにはスーツ・ジャケット多めなので、働く女性層ターゲットと思われます。 こちらもluxe業態同様に店舗数はわずか。 オンラインストアを参考にすると1 万円から3万円の商品が多いものの、 スーツ・ジャケット系商品など5万円前後の商品も多め。 トラディショナルもトレンドもそつなく、メンズライクもレディライクも自分らしく着こなし、 ファッションもライフスタイルとして捉え、楽しむ・・・・・。 「ジャーナルスタンダード・レリューム relume 」とは? 「ジャーナルスタンダード・レリューム relume 」とは、 ベイクルーズ社の大人の男女向けの低価格系ブランド。 ショッピングセンターや駅ビルが主要出店先で、 他のショッピングセンター系ブランド同様に価格帯は安く、5000円から1万円くらい。 公式通販リンク スタイルクルーズ アイルミネ 【会社HPでのブランド説明】 relumeは背伸びをしない「ちょうどよい」大人のファッションを提案するブランドです。 カジュアルでベーシックだけど品質にはこだわったアイテムと、 ちょっと先を行くトレンドを「relumeらしく」独自に解釈したアイテムなどを提案します。 メンズ・レディス・ユニセックスと、 全ての大人に楽しんで貰えるように豊富なラインナップを取り揃えております。 各ブランド 業態 の比較 項目 JOURNAL STANDARD luxe L'essage relume 位置づけ セレクトショップ 女性向け セレクトショップ 大人の女性向け ブランド 大人の男女向け 低価格ブランド 男女区分 メンズ ウィメンズ ウィメンズ ウィメンズ メンズ ウィメンズ 男女兼用品 中心価格帯 自社商品 1. 5万-3万円 1. 5万-3万円 *スーツ少ない 1. 5-5万円 *スーツ多い 5000円-1万円 高価格帯商品 一部アウターは 3-5万円 一部アウターは 5-10万円 一部アウターは 5-10万円 一部アウターは 2-3万円 低価格帯商品 1万円前後 1万-1. 同一ブランド用語 衣• [マドモアゼルユリア系] GIZAとGROWING PAINS• DRESS CAMPとDC by DRESS CAMP• サイト全体メニュー トップページへのリンク。 是非、ブックマーク宜しくお願いします。 2020年春新設。 年度別の流行商品・流行色・ファッション業界の出来事、モデルのトレンド、活躍したデザイナーなど。 この分野の歴史を大雑把に把握したい人向け 2020年春新設。 この分野の「なるほど! 」と思う面白いデータやエピソード・歴史をご紹介。 在宅中にヒマである中、何か面白い文章を読みたいかたにおすすめ。

次の