ヨルシカ ずっと 真夜中 で いい の に。 YOASOBIの『夜に駆ける』を聞いて思った転調に関するアレコレ

ずっと真夜中でいいのに。とかヨルシカのような匿名性のあるアーティストの話

ヨルシカ ずっと 真夜中 で いい の に

ヨルシカ『だから僕は音楽を辞めた』(通常盤) ここ最近、日本の女性ボーカルシーンに新しい波が訪れている。 端的に例を示すなら、ヨルシカや美波、ずっと真夜中でいいのに。 といったアーティストたちの台頭だ。 彼女たちはYouTube上で自作曲を発表し、その多くはアニメの映像を当てている。 特筆すべきは、それらの再生回数が軒並み数百万回を超えている点だ。 彼女たちは大々的にメディアに露出しているわけではない。 にも関わらず、その存在感はネット上で日に日に増していく一方である。 音楽性はさまざまだが、基本にあるのはエモやオルタナといった方向性のロック。 しかし、既存のバンドシーンに溶け込むことなくSNSを中心に独自の地位を築きつつある。 彼女たちがここまで人気を博している理由はいったいなぜか、そして彼女たちの登場が音楽シーンに与える影響とは何か、それぞれの特徴を分析して探ってみたい。 確かな作曲力と演奏力を見せるずっと真夜中でいいのに。 昨年6月にYouTubeに投稿した「秒針を噛む」が話題を集め、記事執筆時点で再生回数は1,900万回越え。 ボーカル兼フロントマンのACAねが作詞作曲を担当し、アレンジャーに外部のクリエイターを迎えることで幅広い音楽性を見せている。 ずっと真夜中でいいのに。 『眩しいDNAだけ』MV 打って変わって日本語ラップに挑戦した一曲。 ピアノとワウギターにリズミカルなリリックが乗ることでインディーズ期のDAOKOを彷彿とさせるような孤独で陰鬱とした雰囲気を作り出しているが、サビ以降で広がりを見せるバンドアンサンブルに音楽性の深みを感じ取れる。 作品にこうした奥行きをもたらしているのが、フロントマンであるACAねを中心として多くのクリエイターが集う特殊な形態に他ならない。 ACAねのTwitterにはしばしば弾き語り動画がアップされる。 つまり、シンガーソングライター的でありながらバンド的でもあるという、両者の性質を併せ持っているユニットなのだ。 独創的な表現と歌唱力が武器の美波 昨年6月に公開され瞬く間に話題となった「ライラック」は現在再生回数1,500万回を超える美波の代表曲。 尾崎豊に影響を受けたという彼女は、度重なる体調不良による公演中止もむしろその後の推進力に変え、1月放送開始のテレビアニメ『ドメスティックな彼女』のオープニング主題歌「カワキヲアメク」でメジャーデビューした。 その「カワキヲアメク」も近いうちに2,000万回に届こうとしている現在人気急上昇中の若手だ。 美波「ライラック」MV どすの利いた声から泣きそうな声まで変幻自在の声色、ファルセットと地声を自在に行き来するテクニック、巻き舌気味に歌い上げる歌唱法など、一聴して彼女のボーカル技術に心を奪われる。 歌詞には、周りの身勝手な意見に惑わされる主人公の、それでも自分のやりたい方向へ進んでいこうとする気持ちが自由な言語感覚で綴られている。 だからこそ、目まぐるしく変化する多彩なボーカルも、要所要所で乱高下する複雑なメロディも、すべて〈身勝手解釈receiver〉からの声を振り払って突き進む彼女の強い意志の表れとして聴くことができる。 楽曲の独創性が、自身の活動方針についてのある種の宣言のようになっているのだ。

次の

ヨルシカ パレード 歌詞

ヨルシカ ずっと 真夜中 で いい の に

前説 スポンサーリンク 最近、YOASOBIが人気になっていることもあって、ヨルシカ、ずっと真夜中でいいのに。 、YOASOBIを並べて語られることが多い気がする。 いや、それはお前だけだよ、っていう人もいるかもだけど。 まあ、少なくとも自分はこの三組に似たものを感じるわけだ。 それは女性ボーカルだったり、アニメのMVが主体だったり、ネット発はイメージで存在感を強めたり、匿名性を維持した活動を行っていたりと、そういう要素から言えると思うんだけど、一方で別に似たなくない?と思う部分もあるわけで。 というわけで、この記事では三組の違いというか、ずば抜けている特徴の着目した記事を書いてみたい。 本編 ヨルシカ ヨルシカの歌はとにかく情景が頭に浮かぶ。 物語調の歌詞で描写を丁寧に行うからというのもあるし、絵を想像する余白が歌にはあるからそう思うのだ。 あと、suisの歌声は女性視点の歌にも、少年や青年が主人公にハマるのである。 別に中性的な声ってわけではないんだけど、男主人公の心情にもぴったりとハマるのだ。 だからこそ、楽曲の中にある景色がより解像度が高く、蘇るのかなーと僕なんかは思うのである。 あと、「だから僕は音楽を辞めた」と「エルマ」の二作品の、音楽作品を超えた物語としての完成度の高さが、よりヨルシカのストリテラーとしての才能を世に知らしめたイメージがある。 だって、あんな作品、他のアーティストじゃそう真似できないもんなあ。 アルバムとしての完成度の高さはさることながら、一曲一曲の中毒性も高いというのがあのアルバムの凄さであり、2019年を代表する名盤だったと今でも思うのである。 ずっと真夜中でいいのに。 ヨルシカの楽曲って比較的邦ロック成分が強いように思うのだ。 もちろん、いわゆるロックなアレンジの歌じゃない歌もあるんだけど、ベースにあるのが邦ロックの延長線上にあるボカロの文脈に組み込まれる気がする。 それに対して、ずとまよは比較的速い段階で邦ロック以外の文脈、具体的に言えばダンス・ミュージックやトラップ的なビートを取り入れていたりと、わりと海外サウンドのトレンドにも目配せているアレンジを攻めている気がするのだ。 少なくとも、正しい偽りからの起床」と「今は今で誓いは笑みで」は相当にサウンドの意匠が大きく変わっていることは理解できると思う。 つまり、ジャンルにこだわらず、様々な音楽を昇華する貪欲さこそがずとまよの魅力であると言えると思うのだ。 というよりも、あまりこういう立ち位置の人たちが取り入れなかったサウンドも取り込み、きっちりそういう音楽を支持する人たちにもウケるものを作る職人気質のようなものを僕はずとまよから感じるのである。 その中でも歌詞に対する鋭い眼差しは通底しているものがある。 音楽だけは様々な変化をみせるが、言葉選びであったり、MVのテイストには一貫性をもたせるというところも、巧みだなーと思う。 ここのコンセプトがしっかりしているからこそ、色んな試みを行っても散らかった印象を与えていないからだ。 スポンサーリンク YOASOBI ヨルシカとずとまよが圧倒的な人気を博した中で、きっちり存在感を示したYOASOBI。 個人的に最近のYOASOBIは、明確にダンストラック的な意識を感じる。 ヨルシカのサウンドはどちらかというと、本物のバンドサウンドっぽさを感じるのだとしたら、YOASOBIは徹底的に打ち込み的なサウンドを感じるのだ。 そのため、音のバランスも両者と違っていて、言ってしまえば低音がぶりっとしている印象を与えるのだ。 「演奏的」というよりも、「トラック的」とでも言えばいいだろうか。 そしてこのトラック的なサウンドがikuraの声には似合うのである。 suisは弾き語りだとしても十分に語りすぎる表現力がある。 それに対してikuraの歌声は比較的淡々としている。 それ故、語り部としての性質が肌にあっており、故にサウンドも起伏が激しいものよりも作り込まれているものがフィットする、というイメージなのである。 ヨルシカがバンド的なのだとしたら、YOASOBIはよりボカロ的、とでも言えばいいだろうか。 自分には、そういう違いを感じるのである。 まとめ 一聴だけだと同じジャンルのように聴こえる音楽も、聴き込めば聴き込むほどその違いって見えてくるものだ。 この三組もそれは同じである。 同列に語ることも可能だが、じっくり聴けば聴くほどその違いは鮮明に見えてくる。 自分の感じたことが的を射ているかはともかく、三者三様の個性があることは間違いない。 改めてそれぞれの楽曲を聴き込んで、それぞれの楽曲から感じたものを言葉にすると面白いかもしれない。 そんなことをふと思うのである。 スポンサーリンク.

次の

個人的に思うヨルシカとずとまよとYOASOBIの違い

ヨルシカ ずっと 真夜中 で いい の に

で「ヨルシカ」の曲を聞いていたら、おすすめ欄に「ずっと真夜中でいいのに」「YOASOBI」が表示されて魅了されて… よく聞くようにはなったのですが、改めて考えてみると詳しくは知らないことに気付きました。 ということで、今回はこの3つのアーティストについて調べてみました。 ヨルシカ ボカロPとしても活動されているn-buna ナブナ さんが、ボーカルのsuis スイ さんと共に2017年に結成。 バンド名は、2017年発売の1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』の収録曲「雲と幽霊」の歌詞の一節「夜しかもう眠れずに」から取られているそうです。 2019年4月に1stフルアルバム「だから僕は音楽を辞めた」を発表。 特徴としてヨルシカの楽曲には物語があり、ストーリーが繋がっています。 ボーカル、作詞作曲はACAね(アカネ)さん。 MVのアニメーションはWabokuさんが担当しています。 メンバーの構成が明確に発表されていない謎多きアーティストです。 「秒針を噛む」では、クリエイターのぬゆりが作曲(ACAねと共作) ほとんど無名の状態から動画が拡散し、ヒットとなりました。 マスコットにうにぐりくんと言うキャターがおり、様々なMVに出演しています。 2018年11月1stミニアルバム「正しい偽りからの起床」を発表。 2019年10月1stフルアルバム「潜潜話 ひそひそばなし 」を発表しました。 YOASOBI PのAyaseさんとシンガーソングライターのikura(幾田りら)さんからなるユニット。 com」に投稿された小説を原作として作曲を行っています。 2019年、星野舞夜の小説『の誘惑』を原作とした1stシングル「夜に駆ける」でデビューしました。 11月にMVをへ公開し、ヒットとなりました。 そしてYOASOBIは小説を土台としており、それぞれが曲に物語を持たせています。 そのストーリー性が「どんな物語なのだろうか?」「この歌詞や映像にはどんな意味があるだろうか?」と考察の余地が生まれ、視聴者を惹きこみます。 MVにアニメーションを採用 それぞれのアーティストはMVにアニメーションを採用しています。 楽曲だけでなく、映像としても楽しめると言う点が、が流行している今の時代にマッチしているのでしょう。 世代に受け入れられる 楽曲にストーリー性があり、PVがアニメーションというのは全盛期のを思わせます。 ボカロPが作曲に関わっているのも大きいでしょう。 若い世代だけでなく、ニコニコでボカロを聞いて育った世代にとっても馴染み深いものであり、受け入れやすかったように思います。 また、「ずっと真夜中でいいのに」「YOASOBI」のヒットの早さは、と拡散との流行、 「素晴らしいアーティストを見つけた古参になりたい!」と言う視聴者の思考など、様々な要因が重なっています。 おわりに 個人的には、最初は歌詞ではなく曲の方に惹き込まれる視聴者が多いように思います。 それぞれのアーティストの今後に目が離せませんね。 これからもボカロPがボーカルを迎えて、でアニメーションMVを発表していくパターンは増えてくるかもしれません。 あなたはどのアーティストが好きですか? 最後までお読みいただきありがとうございました。 matatabi6785.

次の