フリー スタイル ダンジョン id。 フリースタイルダンジョン ACE vs ID どっちがACEかどっちがFAKEか

お笑いMovies

フリー スタイル ダンジョン id

『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系/AbemaTV) 4月1日放送『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)は、前回JUMBO MAATCH(じゃんぼ・まーち)を撃破したbunTes(ばんです)の2戦目からスタート。 今回召喚されたモンスターはID(あいでぃー)だ。 アカペラで浮き彫りになった、チャレンジャーの胸の内 フロウ型ラッパー同士であるこの顔合わせは楽しみだ。 アカペラは怖い。 ラッパーのリズム感がむき出しになるからだ。 先攻のIDは素養を遺憾なく発揮する。 まるで曲が流れているのかと思うほど滑らかで、ビートがなくてもちゃんと乗っているのだ。 それでいて、耳に入ってくるのは言葉だけだから、より洗練して聴こえる。 特に、いとうせいこうが絶賛した「死後も思い出す 俺の言葉を」はパンチラインだったし、「チェックチェック ノックノック」から始まり「神様 Calling」につながる流れには神々しささえ感じた。 対するbunTesは、ビートのないラップに苦戦しているようだ。 どうもうまく乗せられない。 でも、言葉が良かった。 彼は内にあるナイーブさをさらけ出した。 「IDを見てるとやっぱり 俺はまだ凡人だなと思うところがある だが凡人っていうのを自分で理解してから そこからが勝負の決め手だと思ってる 残念ながら平行で見たいところもあるが 俺は上 IDがちょっと上に見えてるところはある」 また、2人の身長差がエグく、IDがものすごく強く見えてしまうのだ。 そんな構図でbunTesが放ったのは、凡人である自分が嫌だけど必死に好きになろうとしている葛藤。 ネガティブなようでいて、実は芯のある青臭さをリリックに乗せたのだ。 「自分のことが嫌いになりつつある そういう年にもなりつつある このまま続けていったらどうなるんだろう IDみたいになれるのか いや違う枝分かれ 邪魔なんてしてない お前の道 俺は俺の畑を耕し IDはIDの畑を耕し そして天まで登った時に 握手をしたいって俺は思ってるんだよ」 「まだ俺は凡人のまま 天才なんて言われたこともあった でもそんなのは皮肉にしか聞こえないんだ 皮肉をいいリリックに変えて また言い聞かしていく自分の言葉」 チャレンジャーのターンなのにモンスターたちがbunTesの言葉に耳を傾け、穏やかに首を振っている。 珍しい光景だ。 脳の回転、言葉の速さが人間離れしているフリースタイルバトルなのに、こんなに人間くささを感じさせる対決も珍しい。 これもまたヒップホップ。 勝敗は地力の差を見せたIDが2-0で勝利した。 しかし、bunTesもカッコ良かったし、凡人とは思えない破壊力が彼の言葉にはあった。 ラッパーの内面、本質が浮き彫りになるのが、アカペラだと思う。 いとうせいこうが言う「内面から自然に出てくる詩のきらめき」がアカペラでは頻出するのだ。 ビートがないとbunTesの良さは出ないと思っていたが、アカペラで人としてのカッコ良さが出た。 バトル後、R-指定が「胸の内を開いていくのを見て、みんなbunTesのこと好きになるんちゃうかな」とコメントした。 まさに。 番組史上2回目のアカペラ対決は、いいバトルだった。

次の

策士MC松島がモンスターを引っ掻き回す フリースタイルダンジョン雑感(2020/02/25放送)

フリー スタイル ダンジョン id

PONEYの挑戦、JUMBO MAATCHはどう止める? 過去にも何度かフリースタイルダンジョンに登場しているB-BOY PARK 2011(冬の陣)の覇者「PONEY」。 近年は楽曲制作をメインに活動することが多くなり、MCバトルはやや調子を落としてるようにも思えるがUMB2019は順当に本戦出場の切符を手に。 PONEYは変わらず安定して主要大会に出場するだけあって、今回のフリースタイルダンジョンも旋風を巻き起こしそう。 そんなPONEY、一番対戦したくない相手はタッグでバトルに出場したり、楽曲制作しているIDとの勝負は避けておきたいとのこと。 とは言え「誰が来ても殺すだけ」と気合い十分。 一方で、初陣となるJUMBO MAATCHは「ミュージシャンとしての質、声量やフロウのダイナミックさなど、今までとは違うスパイスを取り入れていきたい」と述べ、こちらもバイブスは満タン。 では、この2人、どんな戦いとなるのか早速バトル内容をプレイバックしていこう! 1stBATTLE ROUND1 バトルビート「ハルマゲドンfeat. 初めてのフリースタイルダンジョンのステージということもあって、少し焦りがあったのか熱いバイブスは見せてくれたもののビートにうまく乗れない点や少しネタっぽさが浮き彫りになってしまったのが痛かった...。 PONEYの挑戦、続いてはFORK! JUMBO MAATCHに見事勝利したPONEY。 次なる相手は2代目モンスターに続き、3代目も継承したFORK。 そんなFORKのことをPONEYは「変わってねぇをキープしたまま、やばいレベルに到達してる」と公言したが、その言葉はあながち間違いではない。 対して、FORKはPONEYについて「平均的にラップが上手い。 何かのきっかけでパンチがハマると厄介」と述べ、かなりPONEYを警戒している模様。 JUMBO MAATCHとは状況は違うがFORKも3代目になってから初のダンジョンステージということもあり、どんなアプローチをするのか楽しみなところだ。 2ndBATTLE ROUND1 バトルビート「」 【FORK】 始まったな 3代目 任せとけ 他にやれる奴なんかいねぇ 2代目からの居残り 着火するぜ火元に 一発で終わらせる必殺仕事人 抜いてく刀 何回もやれば分かる いやお前にも分かったな ナイスパニック いつも混乱してるかもしんねぇけど 何かがどうなるかな? 【PONEY】 ナイスパニック拾ってくれてありがとう だけどそれ以外の言葉はどうだろう さっき裏で適当に書いた歌詞と変わらなさそう 中身ってのはどこに行ったんだろう 求めるもの落とし込むだけっすね 目の前にいたら全部割って刺していいっすけど それをしないモンスター あれ何かが変 異常事態かもね 3回目 【FORK】 何かが変 知らねぇ お前とやる気はねぇよ チャンバラで 常に真剣勝負 お前がこのシーケンサーの上でやったって無理だぜ 実験か?何かのフリースタイルなんだろ? お前の中身がない 何にも中身がねぇから代わり映えもしねぇぜ パニックしてる山梨 お前は俺に負けて形無しだ 【PONEY】 韻を踏んで綺麗に凄いね 何年も前からもそのスタンスならば知ってる BigupしてるぜICE BAHNそれでも やる事果たす為己を誇る己 底が何だか見えずれぇ 状況Ahshit 増えちゃってるね下手に韻踏む小僧 まぁいい それがHIPHOPって言うならばな 俺は俺の道 突き進んで言う「おさらば」 結果 3:2でFORKの勝利 FORKとPONEYの1stバトルは、お互い様子を見ながらの展開に。 PONEYはこれまで同様に何かを試してるような戦法で戦う一方、FORKもまたPONEYのスタイルを分析しているようにも見えた。 圧倒的なオーラを放つFORKが雰囲気といつものスタンスで1本目をもぎ取った。 2ndBATTLE ROUND2 バトルビート「」 【FORK】 8小節3ターン 乗せるのは簡単 お前は返事しても判断 誤ってるぜ 常にチェンジしても俺が出て来てる まだまだこれは前戯だ こっからが本番 こんばんはFORKです 通用しねぇ お前の魂胆 今回で終わるぜ お前の8小節がどんなもんか見せてくれよ 【PONEY】 呼ばれたらサッと出て来て 負けてもいい仕事してる人Ahshit どこまで考えて来てる 俺には分からねぇ1からのチャレンジ 3度目の正直 それさえ破れた だからこそ もぎ取る次のステージ そのまま返すよ俺こそ前戯 まだ2回戦目くだらねぇ 【FORK】 お前が前戯 2回戦 お前はベンチ 出てこない方がいいぜ 全治何ヶ月も食らわしてやる お前がいつまでも挑戦者 モンスターはいろんなもん背負ってんだ この足腰 踏ん張って掲げる神輿 お前は既に負けてるに等しい クリティカルヒットしてるぜ 賭けてもいい スーパーヒトシを置くぜ 【PONEY】 勝手に賭けとくれ お前のそのギャンブルには乗らねぇ 俺が乗るのはこのBeatとSoulをフロウ 遊んでるぜ 華々しい音楽の祭典のはずなのに何かラップが臭ぇ 固いだけ え? それがMusic? Oh shit 俺には分からねぇ 【FORK】 俺には分かる一か八か それでフリースタイルやる意味がないんだ 賭けるギャンブラー グラップラー 全員がフラッフラになるまで ぶっ飛ぶラップだ マジでこれがカウンター MICってのはこうやって使うんだ お前の独りよがり お前の語り口調酷いよまじ 【PONEY】 え MICってのはそうやって使うんすか? 全部被せて まるでど素人音聞こえねぇ Ahshit 専門知識すぎて伝わらなかった皆様 ごめんね それでも信じてやってるだけ 重いもん背負ってる割にはあれ 大した事言わずに去って行く姿 あれ未来が見えたんだぜ 結果 3:2でFORKの勝利 第二ラウンドではFORKの本領が発揮された形になった。 特に「クリティカルヒットしてるぜ 賭けてもいい スーパーヒトシを置くぜ」は、まさにサブイボ...。 きっとこれにはPONEYもお手上げだったであろう。 さすがです、FORK。

次の

フリースタイルダンジョン

フリー スタイル ダンジョン id

概要 5人のラップモンスター・、、、、に対して、新進気鋭からベテランまで、多くのラッパーが勝負を挑んでいく。 5人抜きすると100万円。 プロの5人のラッパーをモンスターと称すなど、従来のMCバトルにゲーム要素などを取り入れたのが特徴的。 シーズン2からは新たにモンスターが追加。 新モンスターにかつて挑戦者として登場した、が参戦することとなった。 対戦ルール チャレンジャーとなる挑戦者がモンスタールームから召喚されたモンスター1人ずつとフリースタイルバトルを行い、勝てば賞金獲得。 一回戦目には戦ってみたいラッパーが誰かと挑戦者に対して聞かれているが、必ずしも希望の対戦相手を指名できるシステムではないことが見て取れる(のライムで判明)。 バトルは8小節2ターンの3本勝負で、フリースタイルを行う。 2本先取したラッパーの勝利となる。 ジャッジは5人の審査員の票による多数決方式(1人1票)。 ただし、審査員の判定が5人全員一致した場合は クリティカルヒットとなり、その時点で勝利が確定する。 先攻後攻はチャレンジャーで選択することができ、2本目以降は先攻後攻が入れ替わる。 勝てば次のモンスターと対決でき、全員を倒すと 賞金100万円を獲得できる(Rec1のみ50万円)。 1人勝ち抜く度に賞金を獲得でき、ドロップアウトも可能だが(ZEEBRAからドロップアウトするかしないかを訊かれる)、Rec6までドロップアウトしたチャレンジャーは存在しない。 モンスターに負けると獲得した賞金は全て没収となってしまう。 また、突如「隠れモンスターシステム」が発動することによって、レギュラー出演しているT-PABLOW、サイプレス上野、漢 a. a GAMI、R-指定、般若以外のラッパーがモンスターとして登場する場合もある。 出演 出演者の多くが有名ラッパーで構成されている。 MC・オーガナイザー• 「フリースタイルダンジョンはじめるぞー!」の掛け声で番組が開始する。 進行・ナレーション• 「うぇいよー!」の掛け声を多用する。 モンスター• R-指定(Creepy Nuts)• 漢 a. GAMI• サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)• T-PABLOW(2WIN)• 般若 ラスボスである般若以外の出順はランダムとなっているが、フリースタイル最強との呼び声が高いR-指定の出番が極端に少ないことから、調整されていると考えられる。 隠れモンスター• ACE• Q()• 焚巻 謎の通訳 山下新治(ACE) 審査員• LiLy• ERONE()• SN-Z ゲストライブ 番組の終わりに毎回ゲストライブが行われる。 ゲストも「フリースタイルダンジョン」を観覧している。 出演アーティスト• AKLO• KOWICHI• EGO• KGE THE SHADOWMEN• Y'S• YOUNG HASTLE• 晋平太• ZORN• KEN THE 390• ISH-ONE• OMSB• ERONE• UZI• Dragon One• SKY-HI• Creepy Nuts• JAZEE MINOR• SIMON• RINO• IO from KANDY TOWN• CHICO CARLITO• ACE• AK-69• DJ RYOW feat. SOCKS.

次の