エイベックス自殺。 エイベックス松浦会長、大麻疑惑報道…警察の動きに注目集まる、沢尻エリカ解雇できない理由

《CEO退任》エイベックス松浦氏が「偽装離婚で税金逃れ」を告白した“幻の自伝本”インタビュー音声を公開

エイベックス自殺

もちろん、そうでしょうね。 「はい、一緒に大麻を吸いました」なんて事実であっても言う訳がない・・・ さて、この気になる元社員女性A子さんはどのような方なのでしょうか? 文春の方にも何度も「本社の情報をFacebookで公表されて」「松浦勝人の自伝の為の取材」などと情報が出ていたので・・探れるところを探してみました。 元エイベックスの社員女性A子と同じ31歳で、現在は2歳の子供を持つシングルマザーでありエイベックス社に新卒で入社して3年間だけOLをしたと言う方を見つけました。 現在の職業は、フリーとしてライターをしているとの事です。 元エイベックスの社員女性A子が、有名大学卒業と書いてあり私が推測する女性も高学歴の有名大学を卒業されています。 しかし、一般の方で確証がないのでここでは推測止まりになります。 元社員女性A子さんだと私が思っている方の写真がFacebookで見る事ができましたが、とても綺麗な方でした。 スポンサーリンク Sponsored Link なぜ元エイベックスの社員女性A子は告発したのか? エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》 — 文春くん公式 bunshunho2386 この音声を聞くとかなり生々しい情報が詰まっていますね。 でも、この音声やLINEの情報を提供したら自分だって大麻を吸っていた事がバレうじゃないか?なぜ、このように自分の元職場の取締役(エイベックス松浦勝人)を告発するのか?色々疑問になった事を調べてみました。 疑問1:なぜ録音してた? 元エイベックス社員女性A子さんは、退職する時に上司からパワハラを受けていた事を会社に提出しています。 その事が松浦勝人の目に触れて、色々と相談にのってくれたようです。 結果的には退職する事になってしまいましたが、退職してからはかなり松浦勝人との距離が縮まったと言います。 毎週末のように会っていたとか、ライターとして松浦勝人の自伝を出版しようと記事にしていた事が明らかになっています。 その自伝本の取材のために色々と質問したり、知られぬプライベートのことも書いていこうといつでも録音していたと言います。 疑問2:なぜ元社員女性A子は告発した? 松浦勝人の自伝本を執筆していたにもかかわらず、出版社からNGがでた。 実は、エイベックス社と松浦本人からのNGだったようですが。 そのことで、この本から収入が得られると思っていたにもかかわらずお金に困ってしまったので自身のFacebookでエイベックスで何があったのか?など色々と不満を述べていました。 このことから、時期から松浦勝人とは関係が悪くなっていき最終的にLINEで脅すようなメッセージが届いたとの事です。 仲良くしていたと思っていたのに、裏切られた腹いせですかね。 怖いですね。 疑問3:大麻を凝縮したシート? 大麻を凝縮したシートがあるのか?記事には、このような事が書かれていました。 しかし、公の場でありしかも大人数がいる状態で大麻を渡すほど松浦勝人も馬鹿ではないとおもいまが・・・。 この事実がどうであれ、現在はあまり驚かれないのかも?と言うネットの声も聞こえます。 エイベックスに所属していた大物アーティストの多くが大麻を使用していた事から、かなり信頼を失っているのかもしれないですね。 スポンサーリンク.

次の

エイベックス系の所属タレントが次々と不幸になっていく。。

エイベックス自殺

今年は会社としては最悪な年だったのかな。 でも、僕個人としては、 より自分が強くなれた年だったと確信している。 色々な酷いことがあった年だった。 でも、それはこれから僕らが、 この世界で生きていくには、 必要なことであったのではと、 どこかで思っている。 反論したい人はすればいい。 僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。 そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。 だから今の厳しく矛盾した世の中と闘っている。 いつの時代もそうだった。 ビートルズもLSDを使いリボルバーというアルバムを作り、スティーブジョブズやビルゲイツでさえ、仕事のアイデアにそれを使ったという。 何もそういうことを今時しろと言っているわけではない。 イノベーションはそういう中から産まれてきたことを否定はしないというだけだ。 そういう中から、人々の気持ちの中に永遠に残るエンタテインメントの世界が産まれたことを誰も否定出来ないということが言いたいだけだ。 時代は変わる。 手段も変わる さばきも変わる。 その中で我々は新しいエンターテインメントを作らなければならない。 くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンスのもとで。 僕からいえば、腐った偽善の正義としか言いようがない。 くだらない、くだらなすぎる。 失いかけつつあるクリエイティブを 今の時代で創造し続けるのは、死にゆく腐った政治を直すよりは簡単だろう。 だから、僕は今、原点に戻りクリエイティブに専念する。 これがフェイクニュースでなければね。 数々の疑惑や黒い噂 松浦勝人の右腕である社長室長が元稲川会系暴力団? 松浦勝人会長の実質的な右腕であり、エイベックスの子会社社長も兼任している、遠藤日出樹氏である。 この遠藤氏、インターネットで検索すると稲川会系出身であるとか、タレントの乙葉の父親が死んだ事で入ってきた通帳を管理しているとか、高校時代の同級生を副社長にしていたが、金の分配を巡って暴力を振るったなどの記事が出てくる。 真偽の程は分らない。 だが一部上場会社社長室長の記事にしては余りに相応しくない。 そしてもう一つこの遠藤氏が関与していたと思われるのが監禁脅迫事件である。 週刊誌の内容によると、広域暴力団三次団体組長と松浦社長 当時 が総会屋を監禁脅迫した事件で、その現場に八名の仲間が居たらしいが、その中の一人が実は遠藤日出樹社長室長だったらしい。 過去に起こした監禁脅迫事件とは 当時の総会屋が松浦に薬疑惑を始めとした質問状を出し、エイベックスの総会場に出た。 松浦は株主の前で恥をかかされたとどうしても許せず、総会屋を監禁脅迫した。 一部上場会社の社長とは思えぬ暴挙である。 その後元総会屋は警視庁麻布署に被害届を出し受理された。 それに慌てた松浦は元総会屋に繋がる親分を探し出し、その親分に被害届取り下げを依頼した。 そこで究極の脅しを受けた元総会屋は調書が出来上がり押印するだけの状態であったにも拘わらず直前になって姿を消したのである。 その親分には一億円の謝礼がなされたという話が流れた。 ところがその親分が突然亡くなった。 元総会屋にすれば親分の呪縛と恐怖から解き放たれた瞬間である。 そこで交渉に行けば一発で「恐喝未遂」である。 一度裏切ったような恰好になるだけに今更警察は何処も受け付けてくれないだろう。 ということで元総会屋の反撃はこれしかなかったのである。 この事件は今なら完全に暴排条例に引っ掛かる案件だが、当時は何故かウヤムヤにされてしまった。 尚、松浦はこの件に関して、「事実無根」と否定している。 エイベックスに関わるスキャンダル報道でまず真っ先に思い浮かぶのは、株主総会前に財務状態などについて質問状を送ってきた株主の男を松浦氏が自社経営のレストランに呼びつけ、暴力団の男を同席させた状態で「この野郎、埋めてやるぞ」などと脅迫した事件だ。 これは「週刊文春」(文藝春秋)11年6月30日号で報じられている。 記事によれば、08年にコンサルティング会社を経営する本原克己氏がエイベックスの株主総会前に質問状を送ったものの、総会が開かれた当日は挙手をしても質問の機会を得られることはなかった。 そして後日、本原氏は暴力団組長の男を通して松浦氏から呼びつけられ、エイベックス経営のイタリアンレストランへ向かうことに。 そのVIPルームには酒に酔い怒り心頭の松浦氏が部下や暴力団組長とともに待っており、ボディガードの男に「こいつ殺しちゃってよ」と言ったり、「この野郎、埋めてやるぞ」などと脅迫してきたという。 本原氏はこれを受けて松浦氏に対し訴訟を起こしている。 「このことに対しては現時点の決まりだからもちろん真摯に受け止め対応はしている」とした一方で、昨年9か月間で労働基準監督署が監督指導をした8500事業場のうち、約75%に当たる6500事業場が、何らかの法令違反があるとされた事実を提示。 「そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか」と指摘した。 松浦社長はこれまで社内に病院を作ったり、定期的に社員にメンタルチェックを受けさせたり、時間に縛られない労働環境を作ってきたという。 その上で「僕らの仕事は自己実現や社会貢献みたいな目標を持って好きで働いている人が多い。 だから本人は意識してなくても世の中から見ると忙しく働いている人がいるのは事実」とした。 「望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。 ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。 好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。 僕らの業界はそういう人の『夢中』から世の中を感動させるものが生まれる。 それを否定して欲しくない」 出典: 薬物疑惑 沢尻エリカの元夫「エイベックスの芸人は MDMA やってる。 薬物の入手先は松浦社長。 」 元夫「沢尻はMDMAやってる。 その弱味をエイベックスに握られて言いなりにされてる」 エイベックス松浦「ドラッグならある」 >高城氏はすでに「沢尻の薬物依存は周知の事実」 >「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)なども使用していた」と証言しており、 >現在、沢尻が所属しているエイベックスの松浦勝人社長(47)を含む >関係者はそうした彼女の「弱み」を盾に、言いなりにさせていると明かしている >さらに松浦社長から「ドラッグならいつでも用意できる」と言われ、 >「タバコでも大麻でもないハーブ」を社長と二人で吸ったというそのうえ、 >愛人関係を迫られて「ドン引きした」沢尻が断ると、 >社長は「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 薬物の入手先は松浦社長。 」 スポンサーリンク 一部上場企業の代表とは思えないツイート一覧 何をしようと俺の自由。 いちいちそんなこと言ってくるあなたも暇だね。 文句あるあらいつでもどうぞ。 あなたのツイートもひどいもんだね。 RT : そんなこといちいちツィートしなくていい。 アホなの? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit はいはい。 おとなしくしてなさい。 RT : そんなこといちいちツィートしなくていい。 アホなの? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 知らせるべきこと、、しらなくてもいいこと。 そんなことが芸能界にはあるけど、それを理解できない人は訳の分からないことを言うね。 スタンブがなんだとか。 よく考えたらアホくさくて相手にもしたくないわ。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit ちょっと待て、バカにするから返してるんだよ。 やられたらやり返す。 これは俺の基本だ — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 薬はなんでも適用適量。 守れないやつに合わせるのが法律。 守れない人に合わせる法律がおかしいという意見は取り上げられない。 最大公約数でやってるからおかしくなるんだと思うけどね。 まぁ、こういうことを言うとまた叩かれるからやめとくわ。 どんだけ、科学の無駄をしているんだと思うね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit ほんとクソだなこの日本。 がんじがらめの牢獄だよ。 海外に住みたくとも出獄税とか払わされて、意味がわからん。 この国は大好きだか、なんせ、わけのわからん法律が多すぎる。 誰のせいなんだろうね。 えっ? 俺のせい? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 白を黒にするとか、 黒を白に出来るとか 言ってたやつは 結局なんも出来やしない。 田舎で歌でも歌っていればいいと思う。 ならあなたの出番は死ぬまでないよ。 さよなら。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 炎上上等。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit もうない。 前澤みたいに金があればアホなことしたいけどね。 RT : 松浦さんは次に何が活かしたい事や、 夢、野望はまだありますか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 全く興味ない。 この国は終わるよ。 RT : A社に政治部門作って人材育成しましょう b — 松浦勝人 maxmatsuuratwit お金で買えたら毎年買います。 RT : 松浦さん!酔った勢いで教えて欲しいんですけどレコード大賞ってお金ですか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 多分、会社は困ってんだろうな。 こんな俺のツイートに。 でも、奴ら慣れてるからね。 俺たち普通の会社じゃないんで。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit SNSになって全ての人が評論家になれる時代。 それが悪いとは言わないけれど、なんかおかしな世の中になってきてる感じがするのは俺だけだよね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit yahooもそろそろそういうメディアを選別すべき頃だよね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit それあまりにひどい言葉で我々のアーティスト全てに対しての侮辱と受け止めますがよろしいですね。 RT : この国の若者を心配するより、エイベックス所属の芸能人の管理をきちんとしろ。 薬物、暴行、クソか。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 何度も言ったことあるけれど、知る必要のないことは知らなくていいと思う。 本当のことを知っても何も良いことは無いと思う。 エンターテイメントの世界はどこかそう言うものなんだよ。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 誤字脱字はごめん! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 誤字脱字はほんとごめん。 それよりも早くあげることに命かけてます! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 僕も暴露されまくってるので。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit なぜ国は動けないのか エイベックスには国税も公取も警察も調査に入るべきであるとは思うが、何故動けないのか それはエイベックスには元警視総監や最高検察検事の役員がおり、警視庁や東 京地検が手を出せる相手ではない。 そして日本のマスメディアを牛耳っている世界でも有数な大手広告代理店である某大手ブラック企業 国とズブズブ とエイベックスは繋がっている。 上級国民は人を轢き殺しても逮捕されないというのが明確になった今、驚きではないが、芸能界の闇は深い。 捕まるのはお金が払えなくなったり、配慮が効かなくなったお馬鹿さんだけだ。 世の中、悪い奴がキッチリ裁かれ 善人は模範の如く粛々と暮らしている。 取締役も稲川会関係者ばかり。 稲川会はクスリの供給元。 関連する人も多そう。芸能界の薬物汚染を徹底して排斥すべきだ。 政府へのそんたくなどすべきではない。

次の

岸博幸

エイベックス自殺

2017年11月1日に、現商号に変更。 エイベックス・グループ avex Group は、 エイベックス株式会社( Avex Inc. )をとしたの企業グループである。 略語は「 エイベックス」または、「 エイベ」。 グループの中核企業として音楽事業の 、マネジメント事業の 、映像事業の 、デジタル事業の エイベックス・デジタル株式会社がある。 エイベックスの由来は「 Audio Visual Expert」から。 タグライン(企業理念)は『 Really! 概要 [ ] 創立。 創業者であるのほか4名が役員を務める エイベックス・ディーディー株式会社が輸入レコードの卸販売業として会社設立。 より顧問だった(よだ たつみ)を経営者として迎え入れ、自社レーベル「avex trax」を設立し、ディスコブームの中、「」や「」のコンピレーションアルバム、「」、「」シリーズをリリース、またとともにダンスと歌を融合させた音楽をに急成長させた。 に エイベックス株式会社に商号変更し、1999年に一部へ。 後半から前半にかけては、マネジメント事務所・株式会社ホワイトアトラス(後の、現・エイベックス・マネジメント株式会社)を立ち上げた上で、やが基礎を造りを主力とし、レコード業界での一大勢力を築き上げた。 アニメのレーベルであるにおいても、一時期、権利者側の意向で販売用にCCCDを採用されていた。 から会長兼社長の依田は、同年(RIAJ)会長に就任。 かつてはの取締役を務めるなど音楽関連の経営畑の仕事を続けてきたため、業界、政界や海外への強い影響力を持っていると言われた。 しかしながら、創業者である松浦や他の役員との経営方針の対立が深刻化、松浦が退社したことで、を筆頭とする所属アーティストが移籍の動きを見せ、株価に影響を与えた。 それを受けに依田は会長兼社長を辞任、名誉会長となり、同日RIAJの会長も辞任した。 これにより、松浦はエイベックスに復帰を果たした。 、 エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社に商号変更し、持株会社体制へと移行。 中期より「」「」「」、そして後に続く「」など、レコード事業に限らず会員制の有料音楽配信・映像配信などのプラットフォーム事業を展開し、事業の多角化を行っていく。 エイベックス株式会社が出資しているディスクメーカーは、プロモーショングループの幹事会員であるため、次世代光ビデオディスクはHD DVDのみを販売するという観測があった。 しかし10月、・双方に参入することを発表した。 ただし、現在はどちらの陣営にも参加していない。 なお次世代光ビデオディスクの第1弾として、に大塚愛の「LOVE IS BORN 4th Anniversary 2007」のライブDVDが発売された。 上場以来、毎年株主総会後に同社所属アーティストによるシークレットライブが、などの大型会場で開催されていた。 そのため、等を抑えて日本一多くの株主が出席する株主総会となっていた。 しかし、の総会を最後にシークレットライブは開催されなくなった。 、エイベックス・デジタル株式会社とによるAWA株式会社によって、サブスクリプション型音楽配信「」を開始。 また、LINE、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージックと「LINE MUSIC」もスタートするなど、プラットフォーム事業を展開。 2017年11月、 エイベックス株式会社に商号変更すると共に、4代目ロゴを制定した。 ただし、2020年5月13日発売の「」およびそれに関するプロモーションでは2代目ロゴを使用している。 音楽・映像レーベル [ ] 音楽部門については「」を、映像・アニメソング部門については「」を参照 レコード会社のには、メインの、クラブ系J-POPの、ロック・レゲエ・ヒップホップなどの、クラシック専門のなどのレーベルがある。 映像ソフト会社のには、メインのavex pictures、アニメ・声優系のDIVE II entertainmentなどのレーベルがある。 沿革 [ ] 出典• 10月 - 松浦勝人ら数人のメンバーがにて創業。 - 法人化。 輸入レコードの卸会社として エイベックス・ディー・ディー株式会社を設立。 9月 - およびの系列からの出資・経営支援により、レコード部門 を設立し、レコード制作を開始。 ダンス系音楽のブームにのり高成長を遂げる。 11月 - 東京都町田市に音楽出版社の株式会社ミュージック・フォリオ (現・連結子会社)を設立。 avex trax第一弾発売となる 「スーパー・ユーロビート」()VOL. 09を発売。 当時の販売元は(現・)。 7月 - 、系専門、 「スーパー・クラブ・グルーヴィン」()VOL. 01を発売。 (楕円形の中に小文字の「a」が入る)マークを制定。 それと合わせてからに販売元が移管。 2月 - 「スーパー・クラブ・グルーヴィン」シリーズが、Vol. 14から 「スーパー・クラブ・グルーヴィン ハウスレボリューション」(Super Club Groovin' HOUSE REVOLUTION)として改称。 5月 - 本社をに移転。 9月 - 依田巽が代表取締役会長に就任。 12月 - 新たなレーベルとしてを設立。 (現・)に製造・販売委託。 6月 - 「スーパー・クラブ・グルーヴィン ハウスレボリューション」が、Vol. 25から 「ハウスレボリューション」(HOUSE REVOLUTION)として改称。 4月 - に正会員として加盟。 依田会長が社長を兼任。 7月 - 東京都港区にアーティスト・マネジメント会社、株式会社ホワイトアトラス (現・連結子会社)を設立• 9月 - 香港にAvex Asia Ltd. (現・連結子会社)を設立• 1月 - 「ハウスレボリューション」が、Vol. 50から 「スーパー・ダンス・フリーク」(SUPER DANCE FREAK)として改称。 - 株式会社ヴェルファーレが(新)エイベックス・ディー・ディー株式会社に商号変更。 - エイベックス・ディー・ディー株式会社が(旧)エイベックス・ディー・ディー株式会社及び株式会社カッティング・エッジを合併。 10月 - それまで独自の流通網がなく(に関しては当時の(現・)に販売委託)に販売を委託していたが、販売会社として株式会社エイベックス・ディストリビューションを東京都港区に設立(始動は翌年4月1日から)。 4月 - 株式の額面変更のためエイベックス株式会社(1973年6月1日設立)が、エイベックス・ディー・ディー株式会社を合併。 7月 - にAvex Taiwan Inc. (現・連結子会社)を設立• 10月 - にを店頭登録。 11月 - 製作事業に参入(第1弾作品は「」)。 12月 - 市場第一部に上場• 1月 - 新CI()およびマークを制定。 2月 - これまで(現・)に製造・販売委託していた「Cutting edge」の販売を株式会社エイベックス・ディストリビューションに移管。 3月 - 東京都港区にインターネット情報サービス会社としてエイベックス ネットワーク株式会社を設立• - にてエイベックス所属のアーティストがトップ10中7作品を占め、全盛期にが記録したトップ10中6作品を上回る記録を達成。 - ダンスのプロ職業化を目指す目的で、「日本ストリートダンス協会」(JAPAN STREET DANCE ASSOCIATION)を設立。 2月 - 「スーパー・ダンス・フリーク Vol. 3月 - (CCCD)を発売。 3月 - 本社が入居していた青山ビルを購入してエイベックスビルとする。 取得価額は205億円。 2」が発売。 本作品に「SUPER DANCE FREAK」というネーミングが記載されておらず、事実上Vol. 90をもって10年位続いてきたシリーズの歴史に幕を閉じることとなった。 8月 - 専務だった松浦が売り上げ中心の経営方針に異を唱え、新会社を設立するために辞表を提出、付けで受理され退社。 、辞表を取り消し復帰するというエイベックスからの発表が有り、一方で会長兼社長 も辞任し名誉会長に、新たにが社長に就任。 - 臨時株主総会が開かれ、同日付で松浦が代表取締役社長に、当時社長だったが同副社長に就任する人事が承認され、同時に前社長だった小林は常務取締役に就任。 さらに、株式会社有線ブロードネットワークス(現・)と業務提携、その上で同社が筆頭株主となり、資本提携を伴う業務提携を発表。 - 会社分割により体制に移行( エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社に商号変更し、エイベックス株式会社を設立)。 エイベックス株式会社が、エイベックス・エンタテインメント株式会社へ商号変更し、株式会社アクシヴのアーティストマネジメント業務を継承。 音楽ソフトの発売元がエイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社(同日付で株式会社エイベックス・ディストリビューションから商号変更。 現・エイベックス・マーケティング株式会社)へ。 アーティストグッズの販売、ファンクラブの運営などを担っていた株式会社ハウディ・インターナショナルをエイベックス ネットワーク株式会社が合併。 - が出資した「アイチューンズ株式会社」のオンライン音楽ダウンロード配信サービス「」に楽曲提供を発表。 2月 - が保有株式の過半を売却して、議決権比率で10. - USENが全保有株式を売却、資本関係がなくなる(業務提携は継続中)。 - ネットワーク事業を担ってきたエイベックス ネットワーク株式会社と、音楽・映像ソフトのパッケージ企画・製造・販売事業を展開してきたエイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社が、後者をとする形で合併。 同日付けでエイベックス・マーケティング株式会社に商号変更。 - エイベックス・エンタテインメントのマネジメント事業をへ分割、継承させた。 - 35億円にて、エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが合弁会社(現・連結子会社)を設立。 - 開局。 - 荒木隆司上級執行取締役が代表取締役専務に。 - 所属歌手のが同年午後3時ごろ、東京都の前で行ったイベントが道路使用許可を取っていなかったとして、警視庁渋谷警察署などから違反(道路不正使用)の疑いで、などの関係先が家宅捜索を受ける。 動機は、「サプライズ効果を狙った。 事前に警察に知らせたら中止になると思った」からであった。 - 所属タレントのとの契約を解除。 押尾は直後に違反の疑いでされた。 - 社員が道路交通法違反でされたこと、及び、押尾が麻薬取締法違反容疑でされた。 - コンプライアンス体制の問題から、小林敏雄本人の申し出により、常務取締役から取締役に異動した。 - コンプライアンス体制の見直しにより、所属するタレントのを実施。 - ヴェルファーレ・エンタテインメントを解散• - が所属していたの株式を売却。 売却益は7億8300万円。 4月 - 簡易分割によりエイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社(現・連結子会社)を設立• - エステ newMe DAY SPA を開店• - 2011年以降定時株主総会後の株主限定ライヴの取りやめを発表。 - SMエンターテインメントと緊密な提携関係を構築すると発表。 - にて音源の使用許諾• - JYJチャリティーイベントの対するエイベックスの行動が業務妨害に当たるとしてJYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントに仮処分を裁判所に申し立てされる。 - JYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントが、エイベックスを相手に申請していた仮処分を取り下げ本案訴訟提訴• 10月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社がエイベックス・クラシックス・インターナショナル株式会社(現・連結子会社)を設立。 - dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV 開始。 - Avex Shanghai Co. , Ltd設立発表。 - BASE ENTERTAINMENTと業務・資本提携を行い、海外展開の軸足をライヴ・エンタテインメント事業に移し、東アジア市場の開拓を共同で行うことを発表。 10月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社が株式会社UULA(との合弁会社、現・連結子会社)を株式取得により子会社化。 - JYJの韓国エージェンシーであるC-JeSエンターテイメントに提訴されていた訴訟で、東京地方裁判所は、エイベックスはC-JeSとの契約に違反し平成23年2月24日には専属契約解除の効力が発生したと認め、エイベックスに対しJYJの日本におけるマネージメント権を主張する行為などを禁止し、C-JeSエンターテイメントに6億6千万円の賠償金を支払うように命じた。 また、C-JeSエンター代表に対するエイベックスの名誉棄損行為を認定し100万円の損害賠償を命じた。 新たなレーベルDimension Pointを設立し、を第一号アーティストに。 7月 - Avex International Holdings Ltd. がAvex International Holdings Singapore Pte. Ltd. (現・連結子会社)を株式取得により子会社化。 10月 - エイベックス・マネジメント株式会社の会社分割(新設分割)により、エイベックス・ヴァンガード株式会社(現・連結子会社)及びエイベックス・スポーツ株式会社(現・連結子会社)を設立。 1月 - Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. 及びAvex Hawaii,Inc. を直接子会社化。 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. がAvex Taiwan Inc. 及びAvex Shanghai Co. , Ltd. を直接子会社化• - の株の出資比率を下げ、ドワンゴは2006年2月からのAGHDの持分法適用関連会社ではなくなった。 4月 - エイベックス・エンタテインメント株式会社及びエイベックス・マーケティング株式会社の映像事業のうち、映像パッケージに関わる事業を会社分割 共同新設分割 し、エイベックス・ピクチャーズ株式会社を設立• 7月 - 連結子会社間の事業移管に伴いエイベックス・マーケティング株式会社を、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社(現・連結子会社)に、エイベックス・エンタテインメント株式会社をエイベックス・デジタル株式会社(現・連結子会社)に商号変更• - ドワンゴの株式の4. - 同社の本社の再建を発表した。 仮社屋として、のの27、30、36-40Fに移動。 12月 - エイベックス・デジタル株式会社と株式会社サイバーエージェントがAWA株式会社(現・持分法適用関連会社)を設立• - は、エイベックス・グループ・ホールディングスが保有する全株式を売却すると発表。 2006年のドワンゴとの資本提携以来続いていたエイベックスとKADOKAWA・DWANGOの資本関係が終了する。 3月 - エイベックス・ピクチャーズ株式会社と株式会社講談社、株式会社集英社及び株式会社小学館の3社が株式会社アニメタイム社(現・連結子会社)を設立。 エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社が株式会社イーライセンス(現・持分法適用関連会社)の株式を取得。 4月 - エイベックス通信放送株式会社が、『dビデオ powered by BeeTV』を『dTV』にリニューアル。 5月 - AWA株式会社が、サブスクリプション型音楽配信サービス「AWA」を提供開始。 エイベックス・スポーツ株式会社が、トップアスリートとの月額会員性コミュニティプラットフォーム「athlete club」をスタート。 6月 - エイベックス・ニコ株式会社を設立• 8月 - エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社が、ハードウェルなどが所属するEDMに特化したレーベル「avex EDM」を設立。 9月 - (JPSA)とオフィシャルパートナー契約を締結。 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. をAvex Asia Pte. Ltd. に商号変更。 - に委託していた約10万曲の管理を系列会社のに委託することを表明した。 2月 - エイベックス・デジタル株式会社が、と映像配信サービス「ゲオチャンネル」を開始。 10月 - エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社がアーティストやクリエイターのマルチマネタイズプラットフォーム「BIG UP! 」を開始。 12月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社を設立。 - 平成29年1月1日付で、業務執行体制を変更することを発表。 コーポレート執行役員を廃止し、新たにグループ執行役員を設置。 また今後の予定としてとエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社の合併を検討していると発表。 1月 - より、競技大会に係る「文部科学大臣特別表彰」を受章。 2月 - エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社が、米国大手出版社Downtown Music Publishing LLC. と協業を開始。 - 会社分割についての詳細をリリース。 平成29年4月1日より、を持株会社として、がエイベックス・ライヴ・クリエイティヴとエイベックス・ニコを吸収合併し、 エイベックス・エンタテイメント株式会社として事業開始。 またが、、を吸収合併。 エイベックス・デジタルもUULAを吸収合併。 3月 - エイベックス・ライブ・クリエイティヴ株式会社が、株式会社CyberZとe-Sportsイベント「RAGE」において協業を開始。 エイベックス・ベンチャーズ株式会社が、ロックバンド「」メンバーによって設立する株式会社JIJIへ出資。 エイベックス・ピクチャーズ株式会社が、アニメソングを取り扱うレコード会社・関連企業と世界初のアニソン専門定額配信サービス「(アニュータ)」を開始。 5月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社が、VR ソーシャルルームアプリ「Cluster. 」を運営するクラスター株式会社へ出資。 - エイベックス・グループ・ホールディングスの商号を、「エイベックス株式会社(Avex Inc. )」に変更することを6月23日の株主総会に提示、10月31日までに行われる取締役会で日程を正式決定することを発表。 6月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社がSTYLICTION株式会社とスマートフォン向け短尺動画サービスを行う株式会社FIREBUGに出資。 - エイベックスの新しいロゴを制定、前述の社名変更同様、10月31日までに行われる取締役会で日程を正式決定する。 - 前述の新ロゴ及び新社名に関して、同日に行われた取締役会で2017年11月1日を以て変更すると決定。 本店所在地も東京都港区南青山三丁目に移転する。 - エイベックス株式会社に商号変更、同時に新ロゴ変更と本店移転を行った。 - 爱贝克思 北京 文化传媒有限公司(Avex China Inc. 愛貝克思香港有限公司(Avex Hong Kong Limited)を2018年2月8日に設立。 5月 - エイベックス・ベンチャーズ株式会社を吸収合併。 5月 - 株式会社メタップスとの合弁会社として株式会社meeを設立。 6月 - エンタメコイン株式会社を設立。 7月 - エイベックス・ピクチャーズ株式会社と株式会社グラフィニカとの合弁によるFLAGSHIP LINE株式会社を設立。 12月 - Avex International Inc. を解散、新たにAvex USA Inc. を設立。 - 株式会社MAKEY、株式会社TWHを子会社化。 - エンタメコイン株式会社をエイベックス・エンタテインメント株式会社に吸収合併。 所属アーティスト [ ] エイベックスに所属する主な、・は以下の通り。 avex trax所属 [ ]• (の専属音楽プロデューサー・が所属していた音楽デュオ。 2005年10月に解散)• (1999年 解散)• (2018年7月 解散)• (2004年1月 解散)• (misono(倖田來未の実妹)や(tearbridge production専属音楽プロデューサー)の所属していた音楽ユニット。 2005年8月に活動休止)• 2013年 へ移籍• (音楽プロデューサー・(Tourbillonキーボード担当)の主催した音楽ユニット。 2010年4月に活動終了)• (2005年1月 解散)• (2005年12月 解散)• (2002年5月 m. eのHPで活動終了を発表)• (所属事務所のが関連するへ移籍)• 2002年に活動休止)• (2000年11月 解散)• (2018年3月 解散)• (2013年12月 解散)• (解散)• (の主催した音楽ユニット兼作曲集団)• (樋井明日香の主催した系ダンスユニット)• シリーズ• (スーパーユーロビート)シリーズ• with• (2002年放送開始の『』より担当)• (、GIRLS NEXT DOOR、エイジアエンジニアがCFソングを制作・提供)• 2007年4月、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ株式会社とエイベックス ネットワーク株式会社が合併。 エイベックス・マーケティング株式会社に商号変更した。 を運営している。 エイベックス・クラシックス・インターナショナル株式会社 株式会社の子会社。 クラシックに特化したアーティストの発掘・育成、マネジメント、コンサートプランニング及び原盤制作等を行っている。 株式会社 エイベックス・グループの芸能事務所。 株式会社 映像コンテンツの企画・制作・販売を行っている。 株式会社アニメタイムズ社 株式会社の子会社。 映像配信サービスに対するアニメ作品の供給を行っている。 株式会社 エイベックス・ピクチャーズ株式会社の子会社。 ゲームソフトウェアの企画・制作・販売。 FLAGSHIP LINE株式会社 エイベックス・ピクチャーズ株式会社の子会社。 アニメーション、ゲーム及びVR等の企画開発・制作。 エイベックス・デジタル株式会社 デジタルコンテンツの企画・制作・販売・配信を行っている。 を運営。 エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社 エイベックス・グループ各社が保有する音楽著作権の管理・開発を行っている()。 エイベックス・トラベル・クリエイティヴ株式会社 観光旅行事業などを行っている。 の運営及び劇団員のマネジメント。 エイベックス・アスナロ・カンパニー株式会社 エイベックス・AY・ファクトリー合同会社の子会社である芸能事務所。 株式会社TWH ライヴ配信者マネジメント、ライヴコマース、VTuber事業、イベント制作・スタジオレンタル・映像制作、MD事業等。 株式会社MAKEY インターネット上でのメディア事業。 日本国外連結子会社 [ ] Avex USA Inc. Avex Asia Pte. Ltd. シンガポール。 エンタテインメントに関する事業全般。 2015年8月まではAvex International Holdings Singapore Pte. Ltd.。 Avex Taiwan Inc. エンタテインメントに関する事業全般。 2012年2月1日に愛貝克思文化伝播 上海 有限公司(Avex Shanghai Co. , Ltd. )を設立し 、2014年1月1日に事業をAvex Taiwanへ移管した。 Avex China Inc. (爱贝克思 北京 文化传媒有限公司) 中国本土。 2018年1月26日設立。 2006年11月〜2011年11月までは爱贝克思音乐影像制作(中国)有限公司があった。 Avex Hong Kong Limited(愛貝克思香港有限公司) 香港。 2018年2月8日設立。 関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社 - AGHDの持分法適用関連会社。 株式会社 - AGHDの持分法適用関連会社。 設立当初から出資しており、一時期エイベックス本社ビル内に本社を構えていた。 株式会社• 株式会社mee• HI&max株式会社 過去のグループ会社 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• エイベックス・ベンチャーズ株式会社 事件・騒動 [ ] のまネコ騒動 ので親しまれてきた「」などのに酷似した作品を、エイベックスのグループ会社が「」「米酒」と自社の著作権表示をつけて販売し、一時ネットユーザーより批判が沸き起こった。 その後、騒動に託けた脅迫文が掲示板で幾度となく投稿される事件が起きたため、多くのメディアで騒動の経過が報道されるほどの事態に至った。 詳細はの項を参照のこと。 内部からの記事削除 、Wikipediaの記事「エイベックス」の「不祥事・問題・疑惑」の項目が丸ごと削除された。 によって、削除を行ったIDが、エイベックス・ディー・ディーからのものであることが発覚した。 盗作疑惑検証サイト事件 avexに所属するアーティストの楽曲、もしくはプロモーションビデオに盗作が多いなどの検証をインターネット上で行っていた「盗使哀」というサイトに対し、avex側が検証サイト側に対し【「報道・批評・研究目的の引用」として当社管理楽曲を使用しているようですが、貴殿が「批評」等を掲げる以上、匿名ではなく貴殿の名前を明らかにし、自らの責任を持つ形で行うべきだと考えます。 それが為されないようでしたら、「批評としての引用」に該当しないと判断し、当社は貴殿に対し、楽曲使用の中止を要望します。 】という要請をした事件。 内紛劇(クーデター騒動) 会長兼社長だった依田巽と、専務(当時)の松浦勝人、常務(当時)の千葉龍平の経営面での対立が深刻化。 2004年7月30日に行われた取締役会で依田が、千葉の利益相反取引を理由にアクシヴ(現エイベックス・マネジメント)代表取締役を解任する動議を提出。 松浦を除く取締役全員が賛成し、可決。 これに対抗し、松浦が依田の代表取締役解任動議を提出。 松浦、千葉のみが賛成し、否決された。 依田は松浦に対し、千葉に代わってアクシヴの社長就任を要請するが、松浦はこれを拒否。 8月1日、松浦、千葉は揃ってエイベックス取締役を辞任した。 これに続き、浜崎あゆみら所属アーティストが松浦支持を表明し、移籍を示唆したため株価が急落。 事態を重く見た依田は会長職のみならず取締役辞任を表明。 代わって常務(当時)の小林敏雄が代表取締役社長に就任。 他の取締役が松浦を説得し、執行役員として復帰することになる。 この際、千葉に利益相反取引の事実はなかったと発表している。 コンピレーション・アルバム [ ] この節のが望まれています。 ( 2019年2月) の曲を集めたアルバム「SUPER EUROBEAT」は会社創業より発売。 現在、ベスト盤等を除く本編だけで243タイトル(2017年8月現在)が発売されており、特にから頃には主にユーロビートの曲に合わせて踊る「」ブームが巻き起こり、エイベックスからなどのカリスマダンサーも登場した。 しかし、数度のブームを経たパラパラは現在は下火で、パラパラに頼らない商品展開など、今後の動向が注目される。 これまで発売されたユーロビート・コンピレーション・アルバム(現在発売中のも含む)• SUPER EUROBEAT presents SUPER GT(2008年はSUPER GTのみの表記となるが、2009年より元の名称に戻った) - 2011年終了• 俄然パラパラ!! (現在は超然パラパラ!! に名称変更)• EUROBEAT FLASH - 1999年終了• SUPER EUROBEAT presents EUROMACH (一旦2002年に「完結」と発表されたものの、その後2009年に新たなベスト盤が発売されている)• PARAPARA PARADISE - 2002年終了 ほか多数発売。 それ以外でも、などのダンスナンバーの曲を集めたコンピレーション・アルバムも発売していた。 Vol. 1 - 13• Vol. 14 - 24• Vol. 25 - 49• Vol. 50 - 90 - 2002年終了• Vol. 1 - 16 - 1996年終了 夏の企画・イベント [ ] より、毎年夏に大がかりな企画・イベントを行っている。 ほとんどの場合、グループを代表するアーティストが出演するのが特徴である。 :avex rave '93• :avex rave '94• :avex daNce Matrix '95• :avex dance net '96• :avex dance carnival '97• :avex dance non-stop 150h in velfarre '98• :avex 夏祭り '99• :avex summer paradise 2000• :avex rave 2001• :a-nation '03• :a-nation '04• :a-nation '05• :a-nation '06 powered by• :a-nation '07 powered by ウイダーinゼリー• : a-nation '08 powered by ウィダーinゼリー• : a-nation '09 powered by ウィダーinゼリー• : a-nation '10 powered by ウィダーinゼリー• ウィダーinゼリー• : a-nation musicweek・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー• : a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー• : a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー• : a-nation island・stadium fes. powered by ウィダーinゼリー• : a-nation island・stadium fes. シリーズ• シリーズ• シリーズ• 備考 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年2月)• かつて所属タレントはエイベックスからよくCDを出していたが、現在吉本関係のCDは系列会社のに集約している。 やと同様に商法を主とする。 オリコンのシングル・アルバムチャートともに1000作目の首位を獲得したのはエイベックス所属のアーティストである(シングルはEXILE、アルバムはV6)。 2001年から2003年頃はのドラマ主題歌、挿入歌はエイベックス所属のアーティストが担当することが多く、サウンドトラックもエイベックスから発売することが多かった(ただ、日本テレビの音楽、映像などはが担当している)。 しかし、最近は比較的、とのつながりが多く、サウンドトラックも現在は日本テレビとTBSがそれぞれ固定のレコード会社のレーベルから発売しているため、ほぼフジテレビの作品が多くなっていたが、2010年頃から、からの発売が中心となっており、エイベックス所属のアーティストが劇中音楽を担当する作品やの作品(主にエイベックス所属のアーティストが主題歌を手掛けた作品)のみとなっている。 グループ創業20周年記念事業の一つとして「エイベックス創立20周年映画」の製作を決定し、2006年7月から最高賞金1000万円でストーリーの公募を行う等していたが、結局その後何の発表も無いまま立ち消えになっている。 1999年7月頃までavex networkとして事業を行っていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 平成5年10月に株式会社プライム・ディレクション、平成17年4月にエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社へ商号変更• 東芝EMIに販売委託していた2000年までの12cmCDのタイトルの帯の背部分には、東芝EMIの商品を示す三色のマークが付けられていた。 ただし、8cmCDのタイトルには三色のマークがない。 同日に加盟したのは• 平成9年10月に株式会社アクシヴ、平成17年4月にエイベックス・マネジメント株式会社へ商号変更• 平成20年11月、Avex Hong Kong Ltd. に商号変更• trfや安室奈美恵などの作品を発売していただけでなく、シンガポールやマレーシアなどの現地のレコード会社へライセンス業務を行なっていた。 規格品番はAVTCD-〇〇〇〇〇。 1999年より稼働し、avex作品以外にやからの受託商品も取り扱っている。 流通は系列の上華唱片(What's Music)が担当。 台湾に於いて現地法人を設立する前は、系列の魔岩唱片にライセンスした上で販売されていた。 魔岩唱片はavex作品以外に、の作品も請け負っていた。 魔岩唱片にライセンスしていた・の旧譜はavex taiwanより再発売されているが、・・などの旧譜作品は廃盤になっており再発売されていない。 、、2000年1月31日。 (のキャッシュ)• 産経新聞 2009. ,日本経済新聞,2014年12月8日• - エイベックス・グループ・ホールディングス 2017年5月25日• エイベックス株式会社. 2019年3月8日閲覧。 エイベックス株式会社. 2019年3月8日閲覧。 エイベックス株式会社. 2019年3月8日閲覧。 エイベックス株式会社. 2019年3月8日閲覧。 エイベックス株式会社. 2019年3月8日閲覧。 2019年7月13日閲覧。 2019年7月13日閲覧。 エイベックス株式会社. 2019年6月25日閲覧。 関連項目 [ ]• (avexブーム)• (・テレビ番組)• (選手との個人スポンサー契約を結ぶ。 (2005年10月から所属契約を結ぶ、2009年1月に契約満了。 (旧、のブランド名)(avex clubと業務提携となり、、、HARMONYなどとしてを取扱いされている)• (大学院メディアデザイン研究科教授。 2007年6月より10年3月末まで取締役)• 同社のカード会員向けポイントシステム「メンバーシップリワーズ」の交換アイテムとして、エイベックスのスタッフの協力の元アーティストになるトレーニングを受けたり、個人のプロモーションビデオを作る事が出来る。 外部リンク [ ] 日本• (日本語)• (英語)• - チャンネル シンガポール• (英語)• - 台湾• (中国語)• - チャンネル 中国• - (中国語) - 2018年以降• - (中国語) - 2011年以前.

次の