ばん び とかげ あらすじ。 皿屋敷

【晩媚と影・全36話まとめ】1分でわかるあらすじ・ネタバレ感想|拷問ラブ史劇

ばん び とかげ あらすじ

概要 [ ] 古い原型に、を舞台とする話が室町末期の『竹叟夜話』にあるが、皿ではなく盃の話であり、一般通念の皿屋敷とは様々な点で異なる。 皿や井戸が関わる怨み話としては、の初頭頃から、江戸のあたりを背景にした話が散見される。 、での演目とされたことが知られ、そしてに浄瑠璃『播州皿屋敷』が上演され、お菊と云う名、皿にまつわる処罰、井筒の関わりなど、一般に知られる皿屋敷の要素を備えた物語が成立する。 にのが『弁疑録』において、江戸の牛込御門内のを舞台に書き換え、これが講談ものの「番町皿屋敷」の礎石となっている。 江戸の番町皿屋敷は、天樹院()の屋敷跡に住居を構えた青山主膳(架空の人物)の話として定番化される。 よって時代は17世紀中葉以降の設定である。 一方、播州ものでは、の事件としている。 姫路市の内のは、江戸中期の浄瑠璃に言及があって、その頃までには祀られているが、戦国時代までは遡れないと考察される。 については、播州でにおこった虫(アゲハチョウの蛹)の大発生がお菊の祟りであるという巷間の俗説で、これもお菊伝説に継ぎ足された部分である。 播州皿屋敷 [ ] お菊虫 『』画 播州皿屋敷の題材は、早くは歌舞伎として演じられた。 1720年6月 享保5年 、の座が、歌舞伎『播州錦皿九枚館』を上演している。 台本は現存しないが、その役割番付(所蔵)から人物・背景がうかがえ、この歌舞伎がすでに「皿屋敷伝説を完全な形で劇化した」ものだと考察される。 また、同年に座が題名も内容不詳の皿屋敷を上演している。 浄瑠璃・播州皿屋敷 [ ] 浄瑠璃『播州皿屋敷』は、元年()の豊竹座で初演がおこなわれた。 、のお家騒動を背景としており、一般に知られる皿屋敷伝説に相当する部分は、この劇の下の巻「鉄山館」に仕込まれている、次のようなあらすじである : の国、青山鉄山は、叛意をつのらせ姫路の城主にとってかわろうと好機をうかがっていた。 そんなおり、細川家の当主、巴之介が家宝の唐絵の皿を盗まれ、の不興を買って、流浪の憂き目にあう。 鉄山は、の宿敵、と結託して、細川の若殿を毒殺しようと談義中に、委細をお菊に聞かれてしまい、お菊を抹殺にかかる。 お菊が管理する唐絵の皿の一枚を隠し、その紛失の咎で攻め立てて切り捨てて井戸に投じた。 とたんに、井筒の元からお菊の死霊が現れ、鉄山を悩ます。 現場に駆けつけたお菊の夫、舟瀬三平に亡霊は入れ知恵をし、皿を取り戻す。 浄瑠璃では、家宝の皿が以前にも盗難などに遭う話や、その因縁がもりこまれた経歴が、上の巻の前半「冷光院館」 、および上の巻の後半「壬生村、楽焼家弥五兵衛住家」 に収録される。 西播怪談実記 [ ] 播州の春名忠成による宝暦4年()の『西播怪談実記』に「姫路皿屋敷の事」の一篇が所収される。 お菊虫 [ ] ジャコウアゲハの蛹、いわゆる「お菊虫」 お菊虫の元になったのはに大量発生したのサナギではないかと考えられている。 『雲錦随筆』では、お菊虫が、「まさしく女が後手にくくりつけられたる形態なり」と形容し、その正体は「蛹(よう)」であるとし、さらには精緻な挿絵もされている。 では戦前に「お菊虫」と称してジャコウアゲハのサナギを箱に収めて土産物として売っていたことがあり、も姫路で売られていた種をジャコウアゲハと特定する。 ただ、江戸期の随筆などには蛹以外の虫の説明も存在する。 お菊虫の件と最初の姫路藩主の家紋が平家由来の揚羽蝶であることとにちなんで、ではにジャコウアゲハを市蝶として定めた。 お菊井戸 [ ] お菊井戸 の本丸下、「上山里」と呼ばれる一角に「お菊井戸」と呼ばれる井戸が現存する。 播州皿屋敷実録 [ ] 『播州皿屋敷実録』は、成立時は明らかではないが 、江戸後期に書かれた、いわば好事家の「(げさく)」であり 、脚色部分が多く加わっている。 第9代城主の代(16年 以降)、家臣青山鉄山が主家乗っ取りを企てていたが、これをなる忠臣が察知、自分の妾だったお菊という女性を鉄山の家の女中にし、鉄山の計略を探らせた。 そして、元信は、青山がの花見の席で則職を毒殺しようとしていることを突き止め、その花見の席に切り込み、則職を救出、家島に隠れさせ再起を図る。 乗っ取りに失敗した鉄山は家中に密告者がいたとにらみ、家来の町坪弾四郎に調査するように命令した。 程なく弾四郎は密告者がお菊であったことを突き止めた。 以前からお菊に惚れていた弾四郎はこれを好機としてお菊を脅し、妾になれと言い寄るが、お菊に拒まれる。 その態度を逆恨みした弾四郎は、お菊が管理を委任されていた、10枚揃えないと意味のない家宝の毒消しの皿「こもがえの具足皿」のうちの一枚をわざと隠す。 そして皿が紛失した責任をお菊に押し付け、ついには責め殺して古井戸に死体を捨てた。 以来その井戸から夜な夜なお菊が皿を数える声が聞こえたという。 やがて達(の家臣)によって鉄山一味は討たれ、は無事、則職の元に返った。 その後、則職はお菊の事を聞き、その死を哀れみ、の中にお菊を「お菊大明神」として祀ったと言い伝えられている。 その後300年程経って城下に奇妙な形をした虫が大量発生し、人々はお菊が虫になって帰ってきたと言っていたといわれる。 このほか、幕末に姫路同心町に在住の福本勇次(村翁)編纂の『村翁夜話集』(年間)などに同様の話が記されている。 番町皿屋敷 [ ] 「百物語・さらやしき」 江戸の「皿屋敷」ものとして最も広く知られている のは、(宝暦8年)の講釈士・の『皿屋敷弁疑録』が元となった怪談芝居の『番町皿屋敷』である。 牛込御門内五番町にかつて「吉田屋敷」と呼ばれる屋敷があり、これがに移転して空き地になった跡にの御殿が造られたという。 それも空き地になった後、その一角に・青山主膳の屋敷があった。 ここに菊という下女が奉公していた。 二年()正月二日、菊は主膳が大事にしていた皿十枚のうち1枚を割ってしまった。 怒った奥方は菊を責めるが、主膳はそれでは手ぬるいと皿一枚の代わりにと菊の中指を切り落とし、手打ちにするといって一室に監禁してしまう。 菊は縄付きのまま部屋を抜け出して裏の古井戸に身を投げた。 まもなく夜ごとに井戸の底から「一つ……二つ……」と皿を数える女の声が屋敷中に響き渡り、身の毛もよだつ恐ろしさであった。 やがて奥方の産んだ子供には右の中指が無かった。 やがてこの事件は公儀の耳にも入り、主膳は所領を没収された。 その後もなお屋敷内で皿数えの声が続くというので、公儀はのに鎮魂の読経を依頼した。 ある夜、上人が読経しているところに皿を数える声が「八つ……九つ……」、そこですかさず上人は「十」と付け加えると、菊の亡霊は「あらうれしや」と言って消え失せたという。 この時代考証にあたっては、青山主膳という火附盗賊改は存在せず(『定役加役代々記』による )、火付盗賊改の役職が創設されたのは(寛文2年)と指摘されている。 その他の時代錯誤としては、向坂甚内が盗賊として処刑されたのは1613年であり 、にいたっては250年前の(応永27年)に没した人物である。 また千姫が姫路城主・と死別した後に移り住んだのは五番町から北東に離れた竹橋御殿であった。 内にはお菊の墓というものがいくつか見られる。 現在近くにもと刻まれた自然石の石碑がある。 元々ここに彼女の墓が有ったが、戦後近隣の晴雲寺内に移動したという。 これは「6年()、の宿役人眞壁源右衛門の娘・菊が、奉公先の青山主膳の屋敷で家宝の皿の紛失事件から手打ちにされ、に詰められてに返されたのを弔ったもの」だという。 近辺、四丁目との境界のから番町方面へ上る坂は、 帯坂と呼称されるが、お菊が、髪をふり乱し、帯をひきずりながらここを通ったという伝説に付会されている。 皿屋敷伝説の発生 [ ] 皿屋敷の伝説がいつ、どこで発生したのか、「いずれが原拠であるかは近世(江戸時代より)の類でもしかとはわからぬし、また簡単に決定できるものでもあるまい」とされる。 は、本来、皿の要素がないため播州や尼崎伝説の由来を排すが 、播州を推す者もあり、橋本政次は『史』において太田垣家に起こった事件が原点ではないかとしている。 竹叟夜話 [ ] 大田垣にまつわる事件については、永良荘(現兵庫県)の永良竹叟が天正5年()に著した『竹叟夜話』に記述があり、執筆より更に130年前の事件を語っている。 あらましは以下の通り:。 ()の後、小田垣主馬助 というの家老が播磨国青山(現・姫路市青山)の館代をしていた頃、花野という脇妾を寵愛していた。 ここに出入りしていた笠寺新右衛門という若い郷士が花野に恋文を送り続けていたが拒絶され続けていた。 ある時、小田垣が山名家から拝領していた貝の五つ杯の一つが見あたらないことに気づき、花野に問いただしてもただ不思議なことと答えるだけ、怒った彼は杯を返せと彼女を責め立てた。 実は笠寺がその一個を密かに隠していたのだが、彼は意趣返しに「杯が見つからなければ小田垣家も滅びる」と脅しながら花野を折檻し、ついには松の木にくくり上げて殺してしまった。 その後、花野の怨念が毎夜仇をなしたという。 やがてこの松は「首くくりの松」と呼ばれるようになった。 『竹叟夜話』の挿話は、末と成立年代が古いが、皿ではなく盃用のアワビだったり、女性がお菊ではなく花野であり、青山氏の名もない等、後の『皿屋敷』と符合しない点も多々みられる。 同じく播磨を舞台に、近世の形態にちかい物語は「播州皿屋敷実録」に書きとどめられるが、これは成立年代不詳 (あるいは江戸後期 )のものである。 牛込の皿屋敷 [ ] 皿屋敷伝説の、重要要素である10枚の皿のうちの1枚を損じて命を落とす部分は、江戸に起こったという逸話にみつかる。 早い例は、2年 の宍戸円喜『当世智恵鑑』という書物に収録される。 要約すると、次のような話である : 江戸の服部氏の妻は、きわめて妬み深く、夫が在番中に、妾が南京の皿の十枚のうち一枚を取り落として割ってしまったことにつけ、それでは接客用に使い物にならないので、買換えろと要求するが、古い品なので、もとより無理難題であった。 更に罪を追及して、その女を幽閉して餓死させようとしたが、5日たっても死なない。 ついに手ずから絞め殺して、に金を渡して骸を棺に入れて運ばせたが、途中で女は蘇生した。 女は隠し持った200両があると明かして命乞いするが、4人の男たちはいったん金を懐にしたものの、後で事が知れたらまずいと、女を縊りなおして殺し野葬にする。 後日、その妻は喉が腫れて塞がり、咀嚼ができずに危険な状態に陥り、その医者のところについに怨霊が出現し、自分に手をかけた男たちは既に呪い殺したこと、どう治療しようと服部の妻は死ぬことを伝えた。 三田村鳶魚は、この例は「井戸へ陥ったことが足りないだけで、宛然皿屋敷の怪談である」としている。 また、「牛込の御門内、むかし物語に云[う]、下女あやまって皿を一ツ井戸におとす、その科により殺害せられたり、その念ここの井戸に残りて夜ごとに彼女の声して、一ツより九ツまで、十を[言わずに]泣けさけぶ、声のみありてかたちなしとなり、よって皿屋敷と呼び伝えたり.. 」と17年()の「皿屋敷」の項に見当たる。 牛込御門台の付近の稲荷神社に皿明神を祀ると、怪奇現象はとだえたと伝わる。 皿屋舗弁疑録 [ ] 江戸を舞台とした皿屋敷の各要素のまとまった物語は、宝暦8年()、が表した『皿屋舗辨疑録』(皿屋敷弁疑録とも表記)を嚆矢とする。 牛込で起きた事件については、その皿屋敷にまつわる前歴が綿密と語られ、その後は一般に知られる皿屋敷の内容である。 その前歴とは概要すると 、 将軍の代に、番頭の吉田大膳亮の屋敷を召し上げ、将軍の姉である天樹院()に住まわせた。 この「吉田御殿」の天樹院のふるまいは、酒色に耽溺するなど悪い風聞が立つほどで、そのうち愛人の花井壱岐と女中の竹尾を恋仲と疑って虐殺し、井戸に捨てた。 他にも犠牲者は累々とで、「小路町の井戸」と恐れられた。 天樹院の死後、この吉田屋敷は荒廃し妖怪屋敷と呼ばれた。 「弁疑録」では、この屋敷は、吉田屋敷からいったん空屋敷となったので、そもそも「更屋敷(サラ屋敷)」という名で、皿事件とは関係なしにそう呼ばれる所以があったのだとしているが 、その語呂合わせについては「西鶴の『懐硯』に"荒屋敷"、『西播怪談実記』にも"明屋敷"」とあると考察されている。 その他の発生論 [ ] は播州ではないと断ずるものの、江戸説に肯定的であるわけではなく、独自の「紅皿缺皿」の民話を起源とする説を展開している。 そうした民話の痕跡として、が記憶からたどって中山に口述した宮城県亘理郡の言い伝えを引いている 幕末の『』では、土佐の子供の鬼遊び「手々甲(セセガコウ)」の皿数えに由来をもとめている。 類話 [ ] 日本各地に類似の話が残っている。 北はや、南はまでと、分布は広い。 そのほか、の2町1村、 、、兵庫県、の2町1村、、、の などに例がある。 の頃、の武士が秘蔵していた十枚皿の一枚を下女が取り落として砕き、怒った武士は下女を井戸に押し込んで殺す。 だが「此ノ女死シテ亡魂消へズ」夜毎に一から九まで数え、ワッと泣き叫ぶ。 そこで知恵者の僧が、合いの手で「十」と云うと、亡霊はそれ以来消滅した(二年『本朝故事因縁集』)• 幡多郡に元・伊予松山藩士山瀬新次郎が移り住んだが、妻の瀧が名主に奉公しているうち、名主の縁者の青山鉄三郎が、名主の妾と通ずるだけではあきたらず、瀧にも横恋慕したがみのらず、瀧が管理する秘蔵の皿の一枚を隠した。 名主は青山に取調べさせたが、青山の折檻に耐えられずに、滝のなかに投身自殺した。 その怨念が皿の数を数える(の「播多郡誌」)• 宮城県亘理郡。 亘理駅の近くに九枚筵という地名がある。 その昔、継母が「缺皿」という名の娘をいじめ、ある時、搗き麦を十枚の筵で干せと言いつけておいて、その一枚を隠した。 娘は井戸の身を投げた。 (談) 尼崎のお菊伝説 [ ] 以下にあげる「お菊」の物語は、「皿屋敷異聞」に分類されてもいるが 、皿ではなく食事にまぎれた針が悶着のもとである。 蜀山人こと『石楠堂随筆』上 1800年(寛政12年)にあるが 元禄9年()、尼崎の城主青山氏の老臣、木田玄蕃(喜多玄蕃 )の屋敷に奉公していたお菊が食事を進めたとき、飯の中に針がまぎれており、殺意ととがめたてて菊を井戸に投げ込んだ。 謝りにかけつけた母は、時遅しと知って後を追って井戸に飛び込んだ。 その後、木田家では怪異や祟りが連発したが、一件が不祥事として尼崎侯の耳に入り、木田は改易、屋敷は祟りがあると恐れられ廃屋となった。 のちに青山氏にかわり尼崎侯となった松平遠州侯が、木田宅の跡地に建てたのが尼崎の源正院であり、おかげで浄霊はかなって怪奇はおさまったが、菊を植えても花が咲かなかったという。 ほぼ同様の内容で、『耳嚢』にも書かれてるが、旧木田邸の古井戸の場所が「播州岸和田」と記されている。 いずれの史料も寛政7年()のの大量出現を、お菊の100年忌に定めている。 尼崎の伝説は、『譚海』にも詳しく書かれている。 元禄の頃は、が尼崎の城主であった。 鬼火として [ ] 皿数え(さらかぞえ) の『』にある怪火。 『皿屋敷』のお菊の霊がの中から陰火となって現れ、を数える声が聞こえてくる様子を描いたもの。 戯曲『番町皿屋敷』 [ ] による(大正5年)作の。 怪談ではなく悲恋物語の形を取る。 青山播磨と腰元は相思相愛の仲であったが身分の違いから叶わない。 やがて播磨に縁談が持ち込まれる。 彼の愛情を試そうとしたお菊は青山家の家宝の皿を一枚割るが、播磨はお菊を不問に付す。 ところが周りの者が、お菊がわざと皿を割った瞬間を目撃していた。 これを知った播磨は、自分がそんなに信じられないのかと激怒、お菊を斬ってしまう。 そして播磨の心が荒れるのに合わせるかのように、青山家もまた荒れ果ててゆくのだった。 (昭和38年)にで、主演で『手討』が製作された。 ただしすぐお菊の後を追う形で、青山播磨も切腹に向かう所で終わる、より悲恋物語の性格が強い作品である。 ビデオ、DVDになっている。 落語の『皿屋敷』 [ ] 落語の中に皿屋敷を題材にした話がある。 題名は『』、またはそのままの『皿屋敷』。 町内の若者達が番町皿屋敷へお菊の幽霊見物に出かける。 出かける前に隠居からお菊の皿を数える声を九枚まで聞くと死んでしまうから六枚ぐらいで逃げ出せと教えられる。 若者達は隠居の教えを守り、六枚まで聞いたところで皿屋敷から逃げ出してきたが、お菊があまりにもいい女だったので若者達は翌日も懲りずに皿屋敷へ出かけていく。 数日もすると人々に噂が伝わり、見物人は百人にまで膨れ上がった。 それだけ人が増えると六枚目で逃げるにも逃げられず、九枚まで数える声をまで聞いてしまう。 しかし聞いた者は死なず、よく聞くとお菊が九枚以降も皿を数え続けている。 お菊は十八枚まで数えると「これでおしまい」と言って井戸の中に入ろうとするので見物人の一人が「お菊の皿は九枚と決まっているだろう。 何故十八枚も数えるんだ」と訊くと、お菊は「明日は休むので二日分数えました」と答えた。 より古典的なところでは、旅の僧がお菊の霊を慰めようとして「」(=何枚だ)とを唱えると、お菊が「どう勘定しても、九枚でございます」と返す、という駄洒落(だじゃれ)落ちのものもある。 皿屋敷にちなんだ作品 [ ] 小説• 『』 舞台• 、『』 テレビ番組• (、2018年8月14日に放送) 脚注 [ ] 補注 [ ]• 管領は、細川家の家宝の唐絵の皿を召し上げて足利将軍家に献上しようとするが、皿の1枚が21年前に盗まれていた。 その探索に、当時はまだ細川の若殿だった巴之介と、舟瀬三平と、当時は恋人のお菊が遣わされる。 , 通号6、6-7頁• 盗人は、唐絵を写して模作したいがために1枚を盗んだ楽焼家弥五兵衛、つまりお菊の父であった。 弥五兵衛は盗みの功により、武士の地位を回復し、宗全の家来に召し抱えられた。 , 通号6、6-7頁• 現在の姫路城が出来る前• (『日本の皿屋敷伝説』p. 111)。 『竹叟夜話』の「小田垣」という改称は、実名をはばかってのものと思われる。 太田垣がによって青山に配されたのは(嘉吉元年)、その後(嘉吉3年)には・に攻められに逃れている。 2年という短い期間であったが、妾を囲って政務に不熱心であったという。 竹叟夜話と同等の話、およびお菊神社の由来は、『播陽万宝智恵袋』(宝暦十年 1760年編纂)にも記載される。 , 通号6、6, 10頁• 「九枚筵」の伝説。 に詳述。 「滋賀県彦根市の馬場町にも皿屋敷があって長久寺には、お菊の欠け皿と称するものが ある」, p. 159、武田清澄(1962年)『日本伝説の旅』下巻を典拠とする 出典 [ ]• 歴史博物館ネットミュージアム:ひょうご歴史ステーション. 2014年5月閲覧。 18世紀末~19世紀初頭に姫路在住の福本勇次が著した『村翁夜話集』に「是ハ近年祭リヨシ」と記される• , p. 148• , pp. 146—153• , 「紅皿塚から皿屋敷へ」、181-2頁、註2• , 『ジャコウアゲハ(お菊虫)と播州皿屋敷の民俗文化誌』、24頁。 姫路市ホームページ「」。 『姫路城史』• , 『日本の皿屋敷伝説』、87頁。 , p. 155• , p. 56、「いかにもこれは不自然であつたと見えて、蔵の「番町皿屋敷故実」ではこの[了誉の]部分が省かれ、明治期に今古実録の一冊として刊行された」• 「江戸の皿屋敷伝説」『日本の皿屋敷伝説』pp. 81 - 94。 , p. , 『足の向く儘』、434頁• 「あるいはこれ[竹叟夜話]が姫路皿屋敷の伝説の骨子になつたものではないかと橋本政次は述べている」(, 通号6、6頁)• 154頁に原典を『竹叟夜話』と指定;164頁に読売新聞社社会部 編『わたくしたちの伝説』、1959年 280頁 よりの要約を転載。 , p. 154• 154頁に原典を『当世智恵鑑』と指定;162-3頁に三田村『江戸ばなし』の要約を転載• , 『足の向く儘』、432-433頁• , p. 155-6。 新人物往来社、1993年、260-頁。 , pp. 50-• , 通号6、12頁• , 通号6、12頁• , p. , 「紅皿塚から皿屋敷へ」181頁、註1• , p. 181• 「皿屋敷伝説分布図」『日本の皿屋敷伝説』pp. 26 - 27。 ここでは南さつま市は合併前のとして記されている。 「長崎県、五島列島の福江島にも」, p. 159、久保清・橋浦泰雄(1934年)『五島民族図誌』を典拠• , p. (現代訳) 『日本神話と伝説』 趣味の教育普及会、1935年、532-3頁。。 (原文) 『本朝故事因縁集』。。 , 「紅皿塚から皿屋敷へ」、181頁、註1• , 「紅皿塚から皿屋敷へ」、181頁。 遠野のの記憶による。 154頁に原典を]『石楠堂随筆』と指定;162頁に三田村『江戸ばなし』の要約を転載。 , 『足の向く儘』、429-431頁• Blog鬼火~日々の迷走. April-2014閲覧。 , 『足の向く儘』、431頁• , p. 138. 『古典落語大系 第八巻』p. 153。 2018年8月28日閲覧。 2018年8月28日閲覧。 出典・参考文献 [ ]• 相坂耕作、赤松の郷昆虫文化館編 『ジャコウアゲハ お菊虫 と播州皿屋敷の民俗文化誌: 姬路市「市蝶」制定20周年記念。 ジャコウアゲハ お菊虫 のフォークロア』 姬路城下町街づくり協議会、2009年。 伊藤篤 『日本の皿屋敷伝説』 海鳥社、2001年。 江國編 「皿屋敷」 『古典落語大系』 第八巻 上方編巻 三一書房、1989年、145-153頁。 越智治雄 『文學』 38 9 巻、1-18頁、1970年。。 越智治雄 塙書房、1971年、55頁。。 に収録• 今野, 円輔『日本怪談集 幽霊篇』上、〈中公文庫〉、2004年(原著1969年)。 中山太郎, 1876-1947 『古典落語大系』 一誠社、1933年、169-184頁。。 橋本政次 『姫路城史』 上巻 姫路城史刊行会、1952年。 『足の向く儘』 国史講習会、1921年、427-頁。。 、「史實と芝居と」、青蛙房、1966年• 森山重雄 『(季刊)江戸文学』 通号6巻 ぺりかん社、2-17頁、1991年。 ; 「-続-」、通号7、38-49頁• 読売新聞社社会部編 読売新聞社、1959年、280-頁。。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『』、寛保1年 1741。 画作者・版元・本来の題名未詳、『日本小説年表』(『近代日本文学大系』第25巻 国民図書、1929)267頁の〔皿談記〕が相当するか。

次の

晩媚(ばんび)と影~紅きロマンス~

ばん び とかげ あらすじ

明 蘭 あらすじ• 戦乱とかけ離れた白山村に住む老巫女・楊林氏は、 天女の血を受け継ぐと言われる孫の雪舞と、 斉・蘭陵王との不吉な運命を予見してしまう。 十数年後、美しく聡明な女性に育った雪舞は、 楊林氏が危惧していた蘭陵王と運命の出会いを果たしてしまう。 あらすじ この節の加筆が望まれています。 殺しの依頼を受けた南条は、香港へ飛び標的を射殺。 ところが、ホテルに帰った南条を待っていたのは、女の死体だった。 裏切りを知った南条は、麻薬ルートを手掛かりに、依頼主を探そう. こんばんは。 今日は娘の学校での運動会です。 と、感想を書いてたらもう夜中の3時を過ぎてしまってました。 朝起きられるかな。 しかし寝坊しても大丈夫。 働き方改革なのか、熱中症対策の時代なのかよくわかりませんが午前中のみでお昼のお弁当はなしです。 あらすじ 上流階級の家柄の息子や令嬢ばかりが通う私立桜蘭学院高等部特待生1年の藤岡ハルヒは、勉強ができる静かな場所を求めて南校舎の第三 音楽室に辿り着く。 しかしそこは「暇をもて余す美少年が、同じく暇をもて余す女生徒. 日本の雅楽でも知られる悲恋の物語「蘭陵王」をドラマ化!あまりの美貌のため、仮面をつけて戦ったなどの伝説があるほど美しすぎる悲劇の王・蘭陵王の切ない愛を描く。 そんな蘭陵王役を射止めたのは中国大陸No. 1美男子の呼び声高い「王の後宮」「美人心計」のウィリアム・フォン! TOP エンタメ 日本放送の中国ドラマ「明蘭~才媛の春~」、タイトルが再び中国ネットで話題「確かに的を得ているけれど…」 これまでも. 衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。 邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル 新着情報 02. 17新着:『韓チャン!』(#118)のプレゼントは、ドラマ『欠点ある人間たち(原題)』韓国語版. 「蘭陵王妃」が9月29日から中国で放送が始まったようです。 蘭陵王と聞くとどうしても、あの馮紹峰(ウィリアム・フォン)さん、林依晨(アリエル・リン)さんの「蘭陵王」を思い出してしまいますでもこちらは杨千紫さん原作の物語で雪舞は出てこないようです。 明蘭~才媛の春~(中国ドラマ)あらすじ 中国ドラマ『明蘭~才媛の春~』の あらすじ をご紹介します。 盛家では、正妻と第2夫人がずっと家の実権を巡って争っていました。 ある日、正妻の娘の婚約祝いが盛大に行われます。 そんな中、何故か婚約の祝いである贈り物を懸けた矢のゲーム. 🦌晩媚 ばんび と影|1分でわかる25・26・27話あらすじ・ネタバレ感想| この記事では【晩媚と影 ばんびとかげ 〜紅きロマンス〜】 原題:媚者無疆 全36話のあらすじとネタバレと感想を最終回までまとめていきます。 感想とネタバレ全開 宇文紫(うぶんし)が火事を逃れて助かったと知った斉震(せいしん)は一安心扶揺 あらすじ。 同時に毒矢を受けたはずの刺客を探すよう養子の雲痕(うんこん)に命じる。 その後、宇文紫こと扶揺(フーヤオ)は後宮入り前の身体検査を受けるため宮中に向かうが、何者かにさらわれる。 「明蘭~才媛の春~」は、關心則亂による同名小説を原作とした中国ドラマ。 新婚の馮紹峰(ウィリアム・フォン)と趙麗穎(チャオ・リーイン)が主演。 最高視聴率2. 2019年9月28日から衛星劇場にて日本初放送 【あらすじ】 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁に見初められて顧家の女主人. 衛星劇場で放送中の「明蘭~才媛の春~」原題「知否知否応是緑肥紅痩」32話まで視聴しました。 明蘭(趙麗穎チャオ・リーイン)の画策通りに事が進んでワクワクニヤニヤして見ていましたが・・・ことは大ごと盛家の人々の性格を把握している明蘭はそれを利用して画策します。 CS放送局「衛星劇場」では、話題の中国ドラマ2作品、「花不棄〈カフキ〉-運命の姫と仮面の王子-(原題:小女花不棄)」と「明蘭~才媛の春~(原題:知否知否応是緑肥紅痩)」を9月に日本初放送することが決定。 ビリギャルの主人公・さやか役を有村架純が演じ、清純派のイメージとは真逆の金髪ギャル姿に注目が集まりました。 ここでは、映画「ビリギャル」のあらすじとキャスト、そしてストーリーのネタバレについてご紹介します! 明蘭~才媛の春~のあらすじをおさらい! 盛家の娘・主人公の 明蘭 は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育ちました。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた明蘭は、 夫婦となった新婚のお二人馮紹峰(ウィリアム・フォン)さんと趙麗穎(チャオ・リーイン)さん. そんな二人が主演したドラマ「知否知否応是緑肥紅瘦 DVD」がとっても気になりますこのテレビドラマは昨年(2018年)12月25日、湖南衛星テレビでOAされたものです。 杉田 玄白『蘭学事始』の感想・レビュー一覧です。 ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 読書メーターに投稿された約29件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 諸情報、登場人物、相関図についてもまとめていきます。 中国ドラマや韓国ドラマ速報! の[ 華流ドラマ ]カテゴリ全13記事中1ページ目(1-10件)の記事一覧ページです。 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った 明蘭 あらすじ。 漢詩タイトルの意味「知否知否応是緑肥紅痩」と「寂寞空庭春欲晚」 2019年11月14日 2019年11月14日 中国ドラマ 赵丽颖(チャオ・リーイン)と 冯绍峰(ウィリアム・フォン)のドラマ 「知否知否応是緑肥紅痩」の日版タイトル、 あらすじ 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁に見初められて顧家の女主人に. 【あらすじ】 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合っ. この映画の原作小説は読んでないのですが、あれだけの小説を2時間程度の映画に凝縮するのは難しかったのでしょうね。 小説の好評判に比べると、私的にはまぁまぁだったなという感想です。 映画『天地明察』の簡単なあらすじと感想 まずはあらすじから! 盛家の娘・主人公の 明蘭 は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育ちました。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた. 中国ドラマ「明蘭~才媛の春~ DVD」人気の趙麗穎(チャオ・リーイン)、馮紹峰(ウィリアム・フォン)が主演の中国ドラマ。 (全73話)激安DVD日本語字幕! 無料放送のBS12 トゥエルビでは、韓国・韓流ドラマももちろん無料放送!恋愛・ラブコメ、時代劇、愛憎劇等ラインアップも豊富です!韓国ドラマを無料で見るならBS12! 韓国ドラマ・中国ドラマ あらすじ一覧・おすすめ 付 韓国・中国・台湾イチオシドラマ 私が見たドラマを勝手におすすめ 付け。 「杉杉来了」「花千骨」の 趙麗穎と 「蘭陵王」の馮紹峰が、 映画「西遊記之女兒国」に続き共演。 日テレ 2015年1月土曜ドラマ「学校のカイダン」公式サイトです。 そんな彗に対して、「これが最後の戦いだ」と戦線布告するツバメ。 彗というスピーチライターを失ったツバメは、自分たちの学校を守るために、廃校を進める蜜子に、そして彗に対してどんな「コトバ」をぶつけるのか。 関西では暖かいお天気が続いています。 既に目がかゆい日もあったので、花粉症の薬をもらいに行かないといけないのですが、インフルが怖くて病院に入れない~ さて、中国で高視聴率をたたき出している『知否知否应是绿肥红瘦』、42話まで視聴しました。 あらすじ感想あり。 かなり面白かったです! 4日前 シューカイチェン(シュイカイチョン)の《旦那様はドナー2》中国放送開始!日本未放送・上陸ドラマを知る 11日前 《働く女子流ワタシ探し》の詳細あらすじを知る!第1話の感想とメイン この記事では衛星劇場で放送中の「明蘭〜才媛の春〜」について、あらすじとネタバレを掲載していきます。 それでは、あらすじとネタバレ感想始まります。 13話から先の続きは下のリンクから!随時更新していくのでチェックしてください。 中国(華流)ドラマ「蘭陵王妃」全体のあらすじ概要 時は北斉と北周が対立する西暦420年。 北朝北周の第2代皇帝の弟、宇文邕に嫁いだ美しい女、元清鎖。 元清鎖は実は仮名で、その正体は、斉の端木吉の末裔、端木怜だった。 乱 特集2人目は黒澤明を取り上げます。 《杉杉来了》や《楚乔传》の主演をした赵丽颖とそのだんなさま、《兰陵王》の主演もつとめた冯绍峰が主演の中国ドラマ、《知否 知否 应是绿肥红瘦》を見ました。 めちゃくちゃ面白くて夢中で見てしまいました~! 《知否 知否 应是绿肥红瘦》の基本情報 原作:关心则乱作《知否? フジテレビドラマ『リカ』ネタバレ、あらすじ、感想を1話〜最終回までまとめてみた。 主演に高岡早紀。 共演に小池徹平、大谷亮平、夏菜、徳永えり、柏原収史、西岡德馬ほか。 盛家の庶出の娘・明蘭は子供の頃から賢くて可愛いが、嫡母や姉妹に陥れられ、父親に無視され、実母をなくした環境で育った。 彼女は自分の才気を隠して、屈辱を受けながらもじっと堪え忍び、大家族の争いで生き残る。 中国時代ドラマ時代と時系列をまとめてみました。 主に私が見たドラマだけを書いています。 紀元前、夏の前は黄河文明の時代とかになります。 製作年があんまり古いのは見たくないので、 なるべく新しいものを見るようにしています。 歴史と言いながら、小説を元に作られたもの、 完全に. 永遠の桃花~三生三世~のあらすじ 九尾狐族の子孫の娘・白浅は、男装して司音と名乗り、天族の聖地・崑崙虚で武神・墨淵の弟子として修行を始める。 2万年後、天族と翼族との戦いが始まり、墨淵は翼族の王・擎蒼を封じるために犠牲となる。 馮紹峰(ウィリアム・フォン)さんと趙麗穎(チャオ・リーイン)さん共演の時代劇です。 去年の年末から放送されたドラマですが、公開前に主役のお二人が入籍というおめでたいニュース付きでしたね。 お子様も生まれましたね。 王様の耳はロバの耳 韓流、華流、中国ドラマ、タイドラマにハマってます。 K-POPでは2PMとJYJ、T-POPではJaonaayくんを応援中 コメント残してくださると、嬉しいです。 辛い治療が多々あると思いますが、病気が寛解して一日も早く元気に あらすじ 第1話〜第20話 第21話〜第47話 第1話:末裔のさだめ 西暦420年、北斉と北周との間では長い戦が続いていた。 あらすじ・ストーリー ご意見・ご感想 NEWS 2019-10-02 9月20日都内にてプレミア上映会およびトークイベントを開催しました。 あらすじ 約1400年前の乱世、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけてる不敗戦神・蘭陵王がいた。 彼は予知能力を持つ祖母に育てられた楊雪舞と出会い、惹かれていくのだが…。 蘭陵王のキャスト ウィリアム・フォン 馮紹峰 蘭. 韓国ドラマあらすじ-感想-キャスト-愛の不時着-僕を溶かしてくれ-ヘチ王座への道-君の歌を聴かせて-新米士官ク・ヘリョン-ある春の夜に-ロマンスは別冊付録-アルハンブラ宮殿-の思い出を視聴済みです。 NEW 4時間前 浪漫ドクターキム. このドラマもか… と愕然とした件。 しかも 顧廷燁の側妻。 すでに顧廷燁との間に子どもが2人。 見たくないのに… 登場回数多いのかなぁ… 病弱で早死に ってことになりそうにないしなぁ。 あらすじ 魏晋南北朝末期。 北朝では戦乱が続いていた。 その中で、北斉の皇族であり、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけている不敗戦神・蘭陵王がいた。 蘭陵王は宿敵・北周との交戦中、ひょんなことで北斉と北周の国境線上の仙人の村に迷い込んだ。 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った 明蘭 あらすじ。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁に見初められて顧家の女主人. 韓国ドラマ・中国ドラマ あらすじ一覧・おすすめ 付 韓国・中国・台湾イチオシドラマ 私が見たドラマを勝手におすすめ 付け。 ドラマ放送年・ドラマ話数・メインキャスト・あらすじ付きでご紹介 明蘭~才媛の春~(中国ドラマ)あらすじ 中国ドラマ『明蘭~才媛の春~』の あらすじ をご紹介します。 盛家では、正妻と第2夫人がずっと家の実権を巡って争っていました。 ある日、正妻の娘の婚約祝いが盛大に行われます。 そんな中、何故か婚約の祝いである贈り物を懸けた矢のゲーム. 諸情報、登場人物、相関図についてもまとめていきます。 「明蘭~才媛の春~」は、關心則亂による同名小説を原作とした中国ドラマ。 新婚の馮紹峰(ウィリアム・フォン)と趙麗穎(チャオ・リーイン)が主演。 最高視聴率2. 2019年9月28日から衛星劇場にて日本初放送 まずはあらすじから! 盛家の娘・主人公の 明蘭 は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育ちました。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた. この記事では衛星劇場で放送中の「明蘭〜才媛の春〜」について、あらすじとネタバレを掲載していきます。 それでは、あらすじとネタバレ感想始まります。 13話から先の続きは下のリンクから!随時更新していくのでチェックしてください。 盛家の庶出の娘・明蘭は子供の頃から賢くて可愛いが、嫡母や姉妹に陥れられ、父親に無視され、実母をなくした環境で育った。 彼女は自分の才気を隠して、屈辱を受けながらもじっと堪え忍び、大家族の争いで生き残る。 明蘭~才媛の春~のあらすじをおさらい! 盛家の娘・主人公の 明蘭 は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育ちました。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠したまま、耐え忍び生きてきた明蘭は、 こんばんは。 今日は娘の学校での運動会です。 と、感想を書いてたらもう夜中の3時を過ぎてしまってました。 朝起きられるかな。 しかし寝坊しても大丈夫。 働き方改革なのか、熱中症対策の時代なのかよくわかりませんが午前中のみでお昼のお弁当はなしです。 TOP エンタメ 日本放送の中国ドラマ「明蘭~才媛の春~」、タイトルが再び中国ネットで話題「確かに的を得ているけれど…」 これまでも. あらすじ 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。 亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の頃に知り合った寧遠候府の御曹司・顧廷燁に見初められて顧家の女主人に. 馮紹峰(ウィリアム・フォン)さんと趙麗穎(チャオ・リーイン)さん共演の時代劇です。 去年の年末から放送されたドラマですが、公開前に主役のお二人が入籍というおめでたいニュース付きでしたね。 お子様も生まれましたね。

次の

【最終回】🦌晩媚(ばんび)と影|1分でわかる34・35・36話あらすじ・ネタバレ感想

ばん び とかげ あらすじ

「晩媚と影」第1話 血に染まる傘 五代十国時代、血に濡れた暗黒の時代に暗殺組織がひそかに現れた。 民を虐げる有力者を始末するのだという。 ある話では一人の女、また別の話では群衆の女とも言われ、皆赤い傘をさしているという。 蘇 七雪 しちせつは骸を埋める仕事に付くため墓地にやってきた。 仕事の途中、誤って遺体を入れた袋を落とし、中の女人が転がり出てしまう。 その女は不思議な宝玉を握っていた。 仕事を終えて家に戻ると、薬草を届けに 鼎香 ていこう閣に行けと父・蘇 旺 おうが言う。 弟・小八は幼く、父は体を壊しているようだ。 七雪は薬を売りに来たと酒楼の者に言うが、売られたのはお前だと連れて行かれてしまう。 七雪は粟と引き換えに妓楼に売られたのだ。 「処女の血は不老長寿の薬になる」男はそう言うと七雪の腕を切り、血を抜き始めた。 七雪は抵抗し男の頭を殴りつけ逃げ出す。 無我夢中で逃げた七雪は酒宴の間に入ってしまう。 そこでは校尉・黄勇が女を品定めしていた。 七雪はその相手に選ばれてしまう。 手を拘束され黄勇の相手をさせられそうになったところへ、赤い花が描かれた傘を持った女がやってくる。 女は不思議な力で黄勇を殺してしまった。 女は、日没までに墓地に来ることができれば命を救い、姽嫿城に連れて行くと言った。 七雪は黄勇の武具を身に着け、変装して抜け出した。 追手を巻くため鎧を着せたわらを馬に乗せて走らせ、自らは墓地へ向かう。 だが目前で意識を失い落馬してしまう。 約束の時間は過ぎてしまった。 雨が降りしきるなか、黒装束の男たちが一台の輿を狙っている。 だがいくら矢を放っても輿に垂れ下がった布が邪魔をして仕留められない。 同じ時に七雪も墓地にやってきた。 刺客たちはみな殺され、輿からは李嗣源と言う男が出てきた。 皆殺しにされた斉家の一族が所有していた九命というものを探しに来たらしい。 側には「若様」と李嗣源を呼ぶ女護衛・月影もいる。 九命が見つからず墓地を去ろうとした李嗣源は七雪を見つける。 助けようとするが七雪は崖から落ちてしまう。 月影は助けたいようだが、李嗣源は明日生きていれば姽嫿城に迎え入れると言った。 虐げられひどい目にあった七雪は、それでも生きたいと崖の淵にしがみついていた。 翌朝、赤い傘をさした月影が迎えに来る。 「晩媚と影」第2話 暗殺者の城 姽嫿城で目覚めた七雪。 寝台に寝かされていたが部屋を見回すと人影がある。 その男は長安。 七雪を見て貧しい家の出だと見抜き、冷静になるよう言った。 姽嫿城で「地殺」となれば生きる道があると。 着替えをして連れて行かれたのは姽嫿城城主の吹杏楼だった。 城主・姹蘿は新入りの二人に「晩媚」「晩香」という名を与える。 だが、月影が七雪を連れて来たことで新入りの1人は名を奪われ追放された。 七雪は新たに「晩媚」という名を付けられる。 城主と李嗣源は敵対しているらしい。 晩香は昨夜の酒楼で舞を披露していた遊女だった。 晩媚が迷い込んだことで彼女の試験を邪魔したらしい。 残り一席の「地殺」は私が貰う、と晩媚は敵視される。 晩媚は長安を「影」に選んだ。 影は暮らしや修練、任務まで共にする護衛のような存在らしい。 長安は七雪の疑問に答えてくれる。 地殺は最下層の刺客、晩媚の容色と度胸は武器になる、武術は影が、ここは仮住まいで地殺になれば地殺院に行ける、明日の宴で認められれば何でも話す。 長安は晩媚に、肌が荒れているので湯浴みをするように言った。 李嗣源は聴竹院で暮らしている。 目が見えないため月影が世話をしているらしい。 李嗣源は、晩媚を連れて行ったのは城主への警告だという。 李嗣源のやり方が気に食わない城主は、晩媚に蠱毒入りの頬紅を送ることに。 褒美としてそれをもらった晩媚は、幸運だと喜ぶ。 だが、目をかけることで七雪を非難の的にしたいのだろうと城主の思惑も推察している。 城主に認められた晩媚を連れて、長安は姽嫿城をめぐる。 姽嫿城は則天武后の時代に隠密機関として誕生した。 そして数百年存続し、今ではこの一帯が姽嫿城の土地だという。 仮住まいは雲璟館、新入りが住まう場所。 地殺などの身分が与えられれば別の場所に移る。 刺客は下から、地殺12席・天殺4席・絶殺2席となる。 一席ずつ棟が与えられる。 地殺は美貌と知恵で、天殺は気功と武術で任務を遂行する。 昇格するには地殺になると与えられる傘に10人の標的の血を吸わせ花を咲かせる必要がある。 絶殺の1人は月影。 山の上には今までの戦いに敗れた城主の祠堂があった。 明日から晩媚の修練が始まる。 美女 今の所、好みの美女がいません、残念でなりません。 主役の子が一番可愛いかなあ。 瓔珞の皇后様が今年最大の美女だわやっぱり。 大好き。 今回は転校生初めての学校見学ということで、そんなとこまで説明する必要ある?ってくらい色々案内してくれました、長安が。 とりあえず任務に成功してればいい暮らしができるみたいですな。 「晩媚と影」第3話 水中の試練 晩媚は琴・舞・碁・書写などあらゆる教養を叩き込まれる。 厳しい修練に毎日同じ食事、晩媚は「なぜ私をいじめるのか」と聞くが長安は意に返さない。 ある日湖に飛び込むよう言われた晩媚。 戸惑っていると長安に突き落とされる。 水の中で意識を失った晩媚は長安に助けられ、そのまま寝込んでしまった。 長安に腹を立てた晩媚は彼の胸にかんざしを突き刺す。 長安は避けることなく刺された。 そして「殺しは一撃必殺」と言い出ていく。 晩媚は耳に聴覚が鋭くなる薬を入れられる。 それは晩媚の代わりに姽嫿城から追放された晩媚の爪と崑崙の氷虫を混ぜて作られたものだった。 それを聞いて衝撃を受け、出ていくという晩媚だが、長安はある場所へ連れて行く。 そこでは、あらゆる残酷な仕打ちで殺されたものや四肢を切断されたまま放置されているものもいる。 もう後戻りはできない、と長安は言った。 城主の褒美としてもらった頬紅は、水に入ると視力を奪うという特殊なものだった。 地殺になるための試験は、湖の底に沈む石碑から、かつての城の名前を探してくること。 石碑には「虫二」と刻まれており、晩香はそれを答えた。 だが晩媚はそれが隠語であると気づき「風月無辺」と答え、候補に残ることができた。 長安は試験の内容を知り、それを見越して晩媚に修練をさせていた。 人身を読む訓練をしていなければ勝てなかったと晩媚は笑う。 始末するつもりだった晩媚が残ってしまった。 城主は気に入らない。 刑風は、若様の例の任務を二人にやらせ競わせては?と提案する。 李嗣源と姹蘿の関係はこうだ。 かつて姽嫿城の主は李嗣源の母・ 藍禾 らんかだった、そして姹蘿を城主にしてやったが刑風を毒で犯した。 姹蘿は藍禾を恨んだが、武術に優れ後ろ盾もある藍禾に手が出せなかった。 そして母が行方不明となった今、好機を見て動いている。 晩媚と晩香は彼岸殿で傘を渡された。 これに一人目の血を吸わせれば紅魔傘となる。 そして最初の任務が与えられる。 禁断の愛 あらすじとか人物相関図とか事前情報あんまり仕入れないタイプなので見始めはいつも何が何やらです!なので禁断愛ってことで影と恋愛するのはわかるんだけど、長安はイケメンなのか?あれでいいのか?.

次の